きみといっしょに。〜死別。旦那が突然死にました〜

突然天国に行ってしまった旦那のまーくん、そして残された子供達と私の物語。

ADHD

ADHD&ASDのけーくん。保育園時代は、一人遊びが多く新品で買ったカーペットに「大切に使おう」と話を聞いたその日に一人で穴を開けるようなみんなと同じことはやらない(ダンス。お遊戯など)そんな我が道をいく子。そんな自由人けーくんが小学校にあがり母の目から離れるこ ...

ADHD&ASDのけーくん。

保育園時代は、一人遊びが多く
新品で買ったカーペットに「大切に使おう」と話を聞いたその日に
一人で穴を開けるような
みんなと同じことはやらない(ダンス。お遊戯など)
そんな我が道をいく子。

そんな自由人けーくんが小学校にあがり
母の目から離れることになりました。

不安しかなかった。



けど、予想外にもしっかり授業は受けていた様子。
学童行かない問題とか色々あったけど、学校内では無問題。


持って帰ってくるプリントはしっかり渡してくれるし
宿題も最終的には『やらなくちゃいけないもの』と思ってるっぽい
言わなきゃだけど、ランドセルも割と早い段階で片付けてくれる

今日やった授業
先生が言っていた言葉
教えてくれます。

「ここが出来てなかったんだよー」とか。
「こういう時はこう言うんだよ」とか。

しっかり話を聞いてるやん。。

初めてのテストは花マル!(100点)
あ、もちろん算数。
それでも問題飛ばしや、読んでなかった等のミスはなく
文句なしの全問正解。


学校外は問題勃発で心を削ったけども
学校では予想外にちゃんとやっていて驚いています。



けーくんに合っていたのかも
保育園とは違い、『ルール』をしっかりめに教えられること。

周りを見て「みんなは宿題をファイルに入れてるからそうして!」だなんて!!!!
あの、いつも一人で、一人だけ荷物がほっぽらかされていて
みんなが遊んでいる輪から離れて、空をずっと見ていたような子が!!!

20200908_1



そして、ふと自分を振り返る。

あれ?私けっこう良い療育をしてきたのかも?(結局自分を褒める。笑)


集団行動が取れず、やりたくないことは断固としてやらない
自由奔放なけーくん。

1、体操教室に入れました。(年中)
 簡単な体の動き(飛んだり投げたり)を列になって
 順番に繰り返していくようなところ(障害物走みたいな)

 ここで、周りと同じに動くことを覚えた


2、ダンスを習わせた(年長)
 より合わせることが必要になる。
 周りを見て、真似をする。息を合わせる。
 ちゃんと聞かないと一人踊れない。


3、そろばんをやらせる(年長)
 数字大好きけーくんの算数問題(永遠と繰り出される式の問題。)に疲れて
 自分で説けよと放り込んだけど
 机に座ること、1時間机にいることに慣れた。
 しかも『そろばん』という自分の好きな数字と
 多動の注意が向けられる動く動作のあるもの(指だけど)


4、近所の英会話
 月に数回だけど、母のいない場所で、
 子供達だけで大人の授業を受けるという感覚を
 遊びの中で経験


5、進研ゼミ
 苦手な国語、初めての勉強に取り組むこと
 進研ゼミは完全なる『予習』なので
 ここで解けなくても、つまずいても
 授業を受ける段階では『知ってるもの』になる。
 注意散漫なけーくんも初見よりは頭に入りやすい。
 自信も削がれないし、むしろ『できる』という肯定になる。
 やらせるのは面倒でも、やってないと全然違ったと思う。
 ちなみに我が家はタブレットではなく紙ベースをチョイス。




必要なものが完全に必要になる前に
ちょっとづつ植え付けられた感。

『合わせる』を主軸とする習い事をさせてきた。
グッジョブ自分。


全部1からだったら
本当に今の比じゃないくらい大変だったと思う。
私も、けーくんも。



子供のやることは
小さい頃は親の意向が大きい。
「よかれと思って」が大部分。

そうして、少しづつ成長してきた今
けーくんの気持ちを大切にしていきたいと思いました。


ダンスは続けて欲しいし(キンプリ踊るまではぁぁああ…私欲。笑)
そろばんもあるところまではと思ってる。
でも、けーくんの気持ち次第にして色々相談していけたらなと。




だって
けーくんは素敵だから。

とっても手がかかるけど
本当に私が持っていないものをたくさん持っている。


初対面の子にすぐ懐いていくし
工事現場の人にご挨拶もしっかり
車の窓を開けて、そこにいる人に大きな声でご挨拶。(ほんとやめて。笑)


ほぼほぼ初対面のお母さんに
「心が優しい」そう言ってもらえました。

本当純粋。邪気がありません。
やっちゃいけないことも、やりたいことも、全部自分の心がままに動いているだけ。
他人を訝しんだり、機嫌を伺ったり、姑息な駆け引きなんてしない。

どかーんとぶつかって
どかーんと怒られるだけ。


それがめっちゃ大変だけど
それでも、そこがめっちゃ良いところ。


心のままに臆せず、どかんとぶつかれる人であって欲しい。
周りがどうのじゃなくて、自分を持っていて欲しい。



そこを潰さずに関わっていきたい。

難しいけど…
めっちゃ難しいけど…

だって、やっぱり手がかかるし
怒ることもいっぱいあるんだもーーーーん!

20200908_2



それでも、かけがえのない良いところを大事にしてあげたい。

けーくんの為の良き選択をこれからも
し続けられるといいな。

大丈夫か!
だって、私は最強のお導き守護神がいるもの〜。

20200908_3




●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




けーくんの小学校の初めての保護者面談ドキドキです。だって親の目が届かないから逐一報告されていた保育園とは訳が違うADHD(注意欠如・多動)でASD(自閉症スペクトラム障害)のけーくんは入学してから一ヶ月半ほどで学童行かずに帰ってきたり頻繁に漏らしたり声かけのお願 ...

けーくんの小学校の初めての保護者面談
ドキドキです。


だって親の目が届かないから
逐一報告されていた保育園とは訳が違う



ADHD(注意欠如・多動)でASD(自閉症スペクトラム障害)のけーくんは

入学してから一ヶ月半ほどで
学童行かずに帰ってきたり
頻繁に漏らしたり
声かけのお願いや、報告やらで
先生とも何度も電話をしました。


先生と電話するの嫌なんですよ。
いや、先生と話すのが嫌なんではなくて
そんなことで、何度も連絡するのが申し訳なくて…
お忙しいでしょうに


そんな先生との面談。
先生は素敵な方です。
シャキシャキ、はきはきハツラツとした女性。


ADHDのことはお伝えしていて
改めてASDのことも伝えました。

結局学童問題は
下駄箱に『学童』とう札を貼ってもらう(視覚的情報)
学童に行く友達に声をかけてもらう
で、問題なく行っております。


「行きたくない」というよりは
「行くこと」がけーくんの頭の中に入らないだけだったようです。

そして驚くほどの視覚的効果!



学校での様子も教えてもらい
どうやら、こちらが思っているよりしっかりやっている様子。

他でワー!と騒ぐと便乗しちゃう多動的要素はあるものの
話を聞く姿勢
集中力
何も問題ないと。


小学一年生は自分の気持ちが先に立つから
他の子を注意する時は強めに、例えば「走っちゃだめーー!!!」となるそうですが
その中でけーくんは
「走ると危ないから、だめだよ」と優しく注意するそうです。

(お前が走る方なのに?)と若干の驚きです。



ルールも守ろうという姿勢を見受けられると

(家のルール全然破ってこようとするじゃねいか)と耳を疑います。




「学校での様子で
大体ご家庭の中がわかる」

そう言われました。


入学してからのコミュニケーション難に
一時頭を抱えてワーーっとなったけど

結局向き合うのは「親でしかない」と気づき
『どう直そうか、正そうか』ではなく
『そのままを良しとしよう』に気持ちが変わったと話しました。


その経緯を「素晴らしい」と言ってくださって

「お母さんが、ちゃんと受け止めてこようとしてきたのがわかります」

「話を聞こうとする向き合い方
落ち着いた行動
一生懸命頑張ってる
一生懸命頑張れるって、家でちゃんと受け止めてもらえるから。
優しい声かけもお母さんの接し方が見えます。」




先生…!?




………泣いてもいいですか?涙
20200807_1


先生という職業柄
その子一人一人に良いところを見つけることが
保護者間での良好関係にも必要でしょう(ひねくれ者か!)

でも嬉しかった。


一人で育ててきたこの日々。
間違ってなかったのかな。やれていたのかな。



目の前に出されたのは
けーくんが描いた朝顔の観察記録
「ハートの形をした葉っぱが好きです」と書いてありました。(確かそんなん)


「すき」という言葉
すごい使いますよね?
「先生好き」と言ってくれて嬉しいです。と



けーくんは確かにすごい「すき」という言葉を使います。
お手紙には必ずと言っていいほど「すき」と書いてくれます。

おかあさんすき
しーちゃんすき
ゆーくんすき

私がめちゃめちゃ言っているからだと思います。

20200807_2


けーくんの中には
大切なものがちゃんと育ってる

それで十分な気がして
少し報われた様な気がして
涙しながら帰りました。



とはいえ、学校の中が全てじゃないので
学校でうまく出来てなくても
ご家庭に全ての問題があるとは思いませんよ。

苦しんで対峙して
うまく行かなくて
思い悩んで涙して
それでも周りに迷惑かけて

それなのに、そこに
「接し方が悪い!」だなんて思えるものか

私も言葉の遅いけーくんに
「もっと接して話しかけて触れ合って」と言われました。
…しとるわ!!!と憤りました。
20200807_3
学校での今の問題無さも
けーくんが学校でやることが嫌じゃないから。
ルールを聞く
何かをちゃんとやる
に興味が向かっているのだと思います。


もともと衝動性も動より静タイプ。
やりたいことが大人しいのです。

周りの子が集まって指示を聞いている時に
一人外れてぼーっと空を眺めたり(宇宙と交信してると言われてた保育園時代)

学校でも動き回るというより
黙々と何かを書くとか。

入学して用意した自由帳は
二日目にして使い切りました。
一ページ一ページに数字が書いてある。(怖!笑)

新しく与えた自由帳がちょっと画用紙っぽい良いもので(家にあった)
大切に使って欲しいから、これは与えたくないなと思っていたけれど
その想いを感じてか
「お母さんがくれた自由帳」として大切に嬉しそうに使っているそうです。(先生談)
かわいいじゃねいか。




子供に対峙するのは親で
結局誰もかれも他人でしかないです。


育てにくい子とされる子を育ててると
心削れらることが沢山ある
それでも、たまにちょっぴり報われる時がある。



先生の話では
「素直でかわいくて、懐いてくれる時期は本当に短い。
小学3年、4年になってくると「ババア」って言われます。」

それくらいのお子さんを育てている先生の実体験も含め。

大変だけど可愛い時期は本当に子育ての中で一時。
あと二、三年。

可愛がらずしてどうする。
可愛く思わずしてどうする。


そう思うと、何かあるたびに
お母さんに泣きついてくる今は
たまらなく愛しい時期なんですよね。


大変だけど
大切にしなくちゃですね。



「けーくんは人懐こくて愛されキャラですよ」
そう言ってもらえて
良くも悪くもけーくんは空気読まず
天真爛漫に人に向いていくので、今の所うまくやっているようです。

これが年齢があがると
コミュニケーションも複雑になってくるけど
そうなって壁にぶち当たったらその時に考えたらいい。

今はひたすらに
好きを浴びせかけて
嫌がられるほど抱きしめていればいいや。

20200807_4


↓「なんとかしなきゃ」から「それでもいい」に考え方を変える


**************
ご予約受付中!!
まーくんが死んでからのことを
綴り続けたものが本になります。

予約開始になった日に
Amazonカテゴリーランキング
一位になりました。(マジか!)

ご予約はこちら↓
旦那が突然死にました。
せせらぎ
エムディエヌコーポレーション
2020-08-24


サンプル(毎日先行配信しています)
●Twitter→こちら
●アメブロ→
こちら

************* ●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




ADHDのけーくん『注意散漫、多動傾向(ADHD)』………だけじゃ説明できなくない?と思っていました。ADHDと診断された時成長過程からの自閉症の診断はグレー。 後追いなし抱っこよりも一人寝が好き笑うことも泣くことも少ない子供だった何かをアート的に整列して並べたり決ま ...

ADHDのけーくん
『注意散漫、多動傾向(ADHD)』



………だけじゃ説明できなくない?


と思っていました。


ADHDと診断された時
成長過程からの自閉症の診断はグレー。



後追いなし
抱っこよりも一人寝が好き
笑うことも泣くことも少ない子供だった
何かをアート的に整列して並べたり
決まった道をずれると喚き
保育園でも友達と遊ぶより、基本的に一人遊び
言葉が出るのもすこぶる遅かった

でも
通常範囲といえばいえなくもないくらい。
それにおいて物凄く困ったことがないから
コミュニケーションもちぐはぐは多いけど取れるから


でも、
小学校にあがって
学童行かないで帰ってくる問題
おしっこ漏らす問題が降りかかり

どうにもかみ合わなくて
うまくいかなくて
私の精神もギリギリで

ちょっと一回診て欲しいと受診してきました。


学校と学童間の送迎をお願いする為にも
医師の診断書が欲しいということで
書いてもらうついでに、自閉症的にどうなのか。



そして出た


『自閉症スペクトラム(ASD)』という診断。



だよね!
これも診断がついてホッと胸を撫でおろしました。

いや、だっておかしいもん。
こっちのストレス尋常じゃないもん。
全然会話が噛み合わない。
注意散漫というか明らかにコミュニケーションに支障がある。

494a0a0a


診断がついて良かったと思います。

自分の子供が障害児ではないに越したことはないけども
でもそうなんだから仕方ない。

一種の諦めというか
じゃあ、ここからどうしようとふんどしを締め直せるというか

自分が感じていたものが
主観の苦しさではなく
診断書と言う形で客観的に捉えられて
楽になった気がしました。

20200806_1

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
目で見て理解し、考える力が得意な一方で
耳で人の話を聞いて覚える力は苦手です。

言葉で理解し、考える力に関しては
辞書的な理解はよく理解できているのに対し
日常的な問題解決や社会的なルールを理解することは苦手です。
(診断書一文)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そうそう!もう本当にそう!
誰から見てもそうなんだ!

スッキリしました。


ちなみに
特別児童扶養手当の診断書も書いてもらいました。

特別児童扶養手当は障害を持つ子に出る国からの手当ですが
知的障害を伴わないと認定されないことが多く
けーくんは却下されるだろうと思いつつ
申請をするつもりはないけども診断書だけいただきました。


診断書5000円。


決して安くはない。
そして別にどこに出すわけでもない。
(学童の送迎も、以前に療育実績があれば診断書はいらないとなりました)

でも欲しかった。


客観的に見た状況。
何かあった時に、見せられるもの。

ーーーーーーーーーーーーーーー
多動で、家から逃走し
警察に保護された経験あり。
(診断書一文)
ーーーーーーーーーーーーーーー

結構な手を焼く多動児にみえる。笑

というか、客観的に見たら
結構な手を焼く多動児でした。

20200806_2

主観だとやっぱりどうしても
子供なんて育てたことないし

これが普通か?
大したことじゃないのか?
そんなことでこんなに悩んでいるのか?

と苦しかったのかもしれません。
これで堂々と苦しめます。

苦しみながら向き合える。


20200806_3


とはいえ自閉症スペクトラムといえど
知的障害を伴わない、重度の自閉症ではない
そういう特性を持った子という感じ。


それを良しとするのか悪しとするのかは
やっぱり親の考えるところ



けーくんのことを
『異世界から来たコメディアン』と思ってから
『ADHDでASD』と診断がついてから

この子はそういう子なんだと
温かく見れることが増えました。


「普通と同じは無理です!」そう突きつけられて

改めて、そうだとは思う方だったけども
「普通にならなくていい」と楽になった気がします。



『普通にならなくていい』て物凄く楽。


できなくていい。
同じじゃなくていい。
けーくんのペースでやればいい。

たとえ、それが誰かの迷惑だろうとも
私が謝り倒す日々になったとしても。


『そのままでいい』
そう思える診断書という印籠をもらった。




そのままでいい。
そのままのけーくんでいい。


少しづつ覚えていけばいい。


最悪覚えられなくてもいい。



それでも幸せに生きていける道を探そう。
一緒に。


20200806_4


↓私も相当な曲者でした。でも自分のこと好き。


**************
ご予約受付中!!
まーくんが死んでからのことを
綴り続けたものが本になります。

予約開始になった日に
Amazonカテゴリーランキング
一位になりました。(マジか!)

ご予約はこちら↓
旦那が突然死にました。
せせらぎ
エムディエヌコーポレーション
2020-08-24


サンプル(どどーーんと第1章分配信しています)
●Twitter→こちら
●アメブロ→
こちら

*************

●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




ウチには骸骨が沢山あります。まーくんが生前メキシコ旅行に行って買って来た大量のガイコツの置物。今やリアル骨も我が家にあります。そんなガイコツ。可愛いんですよ。カラフルだったりおしゃれだったり。大切に飾っていました。それをけーくんが家の中で傘を広げて壊しま ...

ウチには骸骨が沢山あります。
まーくんが生前メキシコ旅行に行って買って来た
大量のガイコツの置物。

今やリアル骨も我が家にあります。

20200731_1

そんなガイコツ。
可愛いんですよ。カラフルだったりおしゃれだったり。

大切に飾っていました。


それをけーくんが家の中で傘を広げて壊しました。


傘を広げるのは、今の子供達のマイブーム。
傘をうまく使って空間演出をしています。

20200731_2

それはいいの。

問題は壊したこと、でもなく

それを悪びれなかったこと。



我が家は
『やってしまったことは仕方ないから、その後が大事』と伝えています。



壊したことで、怒られると思って逃げたこと。
近くに呼び寄せても
気もそぞろだったり、ポーズだけのごめんなさい。

それが許せなかった。

20200731_3

やっちゃったことじゃなくて
その後の言動が自分のことしか考えていことが許せなかった。


大したことじゃないと思っていても
何とも思ってなさそうなけーくんをそのままにしておくことは出来ない。
たとえ理解できなかったとしても、そのままには出来ない。


低めのトーンで話をしました。
壊したことじゃなくて、その態度が許せないと。

それでも違う場所へ意識が飛んでいるけーくんに
一緒に直したり片付けたりするつもりだったけど
一人でやってと放置しました。
「けーくん嫌い!」と我慢できずに言ってから。


事態の深刻さに気づき出して
先ほどよりは申し訳なさそうに謝ってくるけーくん。



「もう二度とお父さんから貰えないんだよ」

「お母さんはとっても大切にしていたのに」 


ちょっと大袈裟目に悲しい顔をして言っていたら
段々本当に悲しくなって来て
最後の方はボロボロ泣きながら言っていました。 

20200731_4

一人で片付けることに納得して
一人でできる限り元に戻しています。
手伝うというしーちゃんに「けーくんの責任だから」と言いながら。

できる限りやらせた後は
一緒に片付けをし

その時もけーくんは率先して掃除機を階上まで持って来ました。
(6歳一人じゃ持って来づらいやつ)

そして
まだ涙を流している母に
こう言いました。


「けーくんサンタさんにお願いするよ」


自分の願いを捨てて
お母さんのお願いを叶えると。


言わせたわけじゃありません

自分で考えた。


想像力が乏しく
気持ちを汲めないけーくんが
泣いている私を前に必死で考えて
出してくれた提案。


嬉しかった。



いいの?けーくんのお願い叶わないよ?
お母さんにくれるの?


そう聞いても「いいよ」と 


さらに涙出ました。




「けーくん誕生日にもらうから(9月)」


…一瞬涙引っ込む。笑

20200731_5


でも嬉しかった。
一生懸命考えてくれた。

何が母の気持ちを救うだろうと。




ちょっとづつ覚えていけばいい。

物を壊すということ
大切な物を壊すということ
誰かの大切な物を壊すということ 


ここぞとばかりに伝えました。 


けーくんには大切なものではなかったとしても
人が大切にしているものは、同じくらい大切にしなさい。
自分を守るための嘘と、逃げるのはやめなさい。
そう伝えました。


いつもよりは真剣に聞いてくれていました。



それにしても
もう二度と手に入らない死んだまーくん関連のものは
サンタくらいファンタジーじゃないと
叶わないんだなと、ちょっぴり切なくなりました。


↓失敗は『教える』チャンス

●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




ADHDのけーくん(6歳)に疲弊してやっとこどういう心持ちで向き合えば良いのかが少し見えてきたところ そんな時に小学校のちょっとしたイベントがあって小学校にいるけーくんを見ることが出来ました。他のママさんとも世間話的に「ウチの子は〜」と話せてどこの家庭も、困り ...

ADHDのけーくん(6歳)に疲弊して
やっとこ
どういう心持ちで向き合えば良いのかが
少し見えてきたところ




そんな時に
小学校のちょっとしたイベントがあって

小学校にいるけーくんを見ることが出来ました。



他のママさんとも世間話的に
「ウチの子は〜」と話せて
どこの家庭も、困りごとと事情を抱えている。

そんな当たり前のことに
改めて気づきました。

当たり前だけど
子供ってたくさんいる。
たくさんの子がいて
けーくんはその中の一人にすぎない。




良いところが見えなくなっていたけれど
けーくんはとっても素敵な子。

話が聞けない。自分中心。
確かに手がかかります。

それでも
その中でも

乱暴なことはしないし、言わない。
悪意も持たないし
人をばかにすることもありません。


やりたいこと中心なのに
根っこはすこぶる優しい。
(いつだったかもそんな記事を書いた気がします。忘れてたんだな。)


ただ、やりたいことが先に立っちゃうから
迷惑をかけたり
結果、ちょっと乱暴になっちゃうこともある。(結局乱暴…)
優しさが隠れちゃう。

20200727_1


多くの子供がいて
集団生活があって
それぞれに家族がいて


改めて、家族は味方でないとなと思いました。


これから先、彼の家庭外の時間の中で嫌なことも
辛いことも出てくるでしょう。

そこで親まで怒鳴り散らして、ため息ばかりついていたら
子供の行き場がない。


何が出来なくたっていい
うまくいかなくたっていい


楽しそうに生きていてくれればそれでいい


ちょっと気持ちがすっきりして
一足先にしーちゃんと学校からの帰り道に考えたのは
やっぱりまーくんのこと。


楽しそうに水鉄砲をしていたよ。(そういうイベントだった)
まーくんがいたら何て言うだろう。
一緒に話せないことがたまらなく寂しい。


唇を噛み締め、拳を握りしめて
涙をためて、しーちゃんを見ながら歩く。

もうどうしたって、そういう人生になったんだ。
やっていくしかない。


20200727_2


そんな矢先に
けーくんがよく知りもしないのに
「ちびまるちゃん(ちびまる子ちゃん)が見たい」というものだから
録画して一緒に見ました。



いや、久しぶりに見ましたけど
ちびまる子ちゃんのクラスってとんでもない子ばかりですよね。笑

それをそういうものだと受け止めて
なんでもなく接していく子供達。

それでいいんだなと
なんだか心救われた思いでした。


個性豊かすぎる。
永沢君なんてほぼ玉ねぎだし…笑
ブーブー言ってる子いるし…笑





ちなみに手を焼く、話を全然聞かないけーくん。

ダンス教室では「けーくんは天才」と言われてます。
超上手に踊れるわけじゃないですよ?

ただ、練習ゼロな割に踊れるんです。

運動能力も高いとは言えないから
それなりにこなしているという感じでもないけども

目で見てそれを真似ることができる。
普通できないそうです。

指示全然聞いてないし、練習もしてない
けど
その割についていける。その場のレッスンだけで。

なかなか出来ることじゃない。
目で見る力がものすごい。

そう言ってもらえました。(他クラスの先生からも)


出来ないところがあれば
出来るところもある


みんな同じじゃなくていい。
みんな同じじゃない方がいい。


ビバ!ちびまる子ちゃん!


↓個性を受け入れて笑って接していきたいものです


●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




ここのところの心の不調。原因は梅雨とオッパッピーなADHDけーくんと体の不調。(↓低迷期の始まり) ずっと浮いたり沈んだりを繰り返しやっと見えてきたものがあります。気持ちは上向いてきたのに体が整わなくて大分更新が遅れました。(ちょいちょいしていたけど。笑)やっ ...

ここのところの心の不調。
原因は
梅雨と
オッパッピーなADHDけーくんと
体の不調。
(↓低迷期の始まり)


ずっと浮いたり沈んだりを繰り返し
やっと見えてきたものがあります。


気持ちは上向いてきたのに
体が整わなくて
大分更新が遅れました。(ちょいちょいしていたけど。笑)

やっとこさ回復期です!
梅雨も終わりが見えてきた!
でも今月いっぱいはコメント返信お休みしますね。



ずっと苦しかったけど

私は自分の苦しさを
自分でなんとかする方法を知っています。


まーくんが死んで、ずっとそれでやってきました。
助けなんてないも同然。
自分を前に向かせるのも
自分を鼓舞するのも自分。

20200726_1


基本的に全部言葉です。
言葉に救ってもらってる。
楽になるための言葉をずっと探してます。


『まーくんが死んだのは失ったことではなく
何かを得るため』

『これからが無くなったわけじゃなくて
今までが特別に与えられた時間だった』


同じ状況も
考え方と感じ方で全ては変わる。

20200726_2

だから
けーくんのこのオッパッピーを
どうにか楽に感じる言葉はないかと
ずっと考えていました。


苦しかった。
言葉は伝わらない。
分かち合う人もいない。


20200726_3


沢山の助言をいただいて
放課後デイサービスと
ADHD診断書を提示しての学校と学童の送迎をお願いすることにしました。


「理由は説明できない」
「なぜと言われてもわからない」
「話を聞きなさいと言われても聞けないし」
「目を見なさいと言われるから、目の辺りを見ながら、別のことを考えてた」

発達障害経験者の方からのコメントに
笑っちゃいました。
もうお手上げ。笑


学童のことをどう思ってるかも分からない
本当にいやなのか
ただ家が楽なだけか

けーくんの心に寄り添おうとしても
全く寄り添う場所がわからない。

20200726_4


考えれば考えるほど深みにハマり
居心地の良さを与えることも大事だし
頑張る環境で学ぶこともある
療育?
習い事?
療育的塾?

何がけーくんに足りなくて
何を補ってあげれば本人も私も楽になって
必要なものはなんだ。


発達に障害はあるけども
知能はある。
それを潰したくはない。
その知能を伸ばすことがいずれけーくんの助けになる。


20200726_5


誰か助けてほしい。

けーくんはこうだから、こういう風にしたらいい。
こういう道筋がある。

一般論や制度じゃなくて
けーくんの楽だけを考えず
本当に必要なものを見極めて
教えてほしい。

冷静な判断を欠いて
民間の高額学童も考えちゃいましたよね。

月5万。

たっかい。

けど、けーくんに必要なら…
区の学童で行き届かないものが補えるかも。
けーくんの能力が伸ばせるかも。
まーくんの残してくれたお金を今使う時なのでは!?


もう訳がわからない。
誰か教えて
誰に聞けばいい?

学校の先生?
療育の先生?
病院の先生?
区の保健師さん?


苦しくて苦しくて
一番手軽な区の保健師さんに相談に行きました。

放課後デイサービスを教えてもらい
学校の連携とか
療育とか
私の気持ちとか

聞いてもらって楽になった部分もありますし
放課後デイサービスと学童送迎もお願いしようと思いました。




けど、相談してわかったことは
やっぱり結局


『親でしかない』



何を選択するにも
どうしたいのかも

辛いねと言ってもらえても
辛いのは私だし
毎日、毎時間、毎分対峙するのは私です。

けーくんを変える薬はないし
どこかに放り込んでも、すぐに何かが改善する訳じゃない。


それでも、その変わらない毎日に
向き合っていかなくちゃいけないのは私でしかない。

20200726_6


どんな制度も手助けも
フォローであって
けーくんを育ててくれるわけじゃない。

良い意味で頼れないなと思い
ある種吹っ切れた気がしました。


20200726_7



私が今、この状況をどう思うか
どういう心持ちでいるかが
何よりも一番重要じゃないかと



頼れるところは頼りつつ
このモンスターにどう向き合っていくか
私はどう考えたらいいのか。


そう思った矢先に降りてきましたよ。お言葉が。


一昔前は猿だと思おうなどと
なんの捻りもない言葉しか思いつかなかったのに
突如雷に打たれたかのようにお達しが!!!










『異世界から来たコメディアン』





!!!ドンピシャ!(え?ちがう?笑)



異世界!それもコメディアン!


異世界から来たのだから
この世界の習わしややり方なんて知りもしないし
定着するのも時間がかかる
こちらの常識なんてあってないようなものです。

8割話が通じない?
そりゃそうさ異世界だもの。
2割通じたらすごくない?


的外れな言動も
全然笑えないおふざけも

だって仕方ない。
異世界の住人なんだから感性が違うさ。
でもコメディアンだから
笑わせようとしちゃうのさ。

そんな異世界の生き物をお預かりすることになったのです。
ホームステイ。

ホームステイに来た客人を
怒鳴り散らして言うこときかせようなんて思わないじゃないですか。

異文化交流
伝える生活習慣

そして
目指すは地球での就労!!



今回の件でドツボにハマって
けーくんのいいところが見えなくなってた。

できないところ、なってほしいものにばかり
目が向いてお互いを追い詰めてた。


いつだか私も
『礼儀とマナーと命に関わること以外
気にしてない』
みたいなことを言ったら
まぁ、批判されましたよね。
親として云々て…。



親としてってなんでしょう?



確かに社会生活、集団活動
守らねばならないものは沢山あります。

それでも
一番守らないといけないものはなんなのか。



けーくんが手紙を書いてくれました。

『まま すき すごい』

って書いてあった。


これしかないのじゃないか。

けーくんはわからないことも
伝わらないことも
出来ないことも沢山ある。


それでも
私はけーくんにとって、たった一人の親。
一番味方でいてほしいはず。


だから
けーくんが笑っていること
家族で笑えること

それを一番に考えるようにします。




それ以外は結構どうでもいい。


ここだけの話(とはいえブログ。笑)
ぶっちゃけコロナ渦中の自宅自粛期間も
学校から出た宿題を三分の一はやりませんでした。

やりなさい。やりなさい。やりなさい。
お互いのストレスだったから。
まぁ、これはいいか。というものは勝手な判断で見なかったことにしました。


それをどうかと思うと言われる方もいらっしゃるでしょう。

でもいいのです。
大切なのは健全な精神で
健やかな環境にいることだから。


人に迷惑をかけることをしたら謝り倒します。
けーくんにも教える。何度でも教える。

でもわからないからといって無理はしない。
だって異世界の生き物だから。


20200726_8



出来ないところをおぎなう手立てを考えるのは大事かもしれない。

でも
先回りはし過ぎなくていい。
考え過ぎなくていい。

その時起こったことにちゃんと向き合って
それでも笑ってやっていけたらいい。


けーくんという子を私が面白がって肯定的にとらえなくちゃ
きっとやっていけない。


「どうしてなのよーーー!!怒」


じゃなくて


「どうしてなのよーーー!?笑」




そんなけーくんに

「けーくんは時空の狭間から生まれたんだよ」

と言うと(正確にはゆーくんと話していると)


何がツボにハマったのか大笑いして

「タイムマシーンから生まれてないし!」
「東京で生まれたし!」

と転げ回っています。


時空の狭間=タイムマシーンに繋がったの凄くない!?
時空の狭間って難しくない?笑


異世界からのコメディアンの説明として
『異世界=ここではない素敵な場所』
『コメディアン=人を笑わせ、幸せにする人』

と用意してましたが、そんな必要もなく
よく分からないところでツボってました。




状況は何も変わらないし
イライラすることも
声を荒げちゃうことも
腹が立つことも
変わらずにあります。


それでも
ちょっと笑える。


『異世界のコメディアン』



異世界ってどこだよ。笑


そんな貴重な人材を我が家は預かることになったのです。

まさに保護者。(保護する者)

何かにさせようとしなくていい。
ただ保護すればいい。

すっげー特別な任務。



留学って、限られた人の、それも能力のある人がするものです。
それを異世界に来れるだなんて相当な人材(けーくん)
それを預かれるだなんて、こちらも選ばれし家庭。

選ばれちゃったんですよ。特別に。



そう考えればいいと思っても
相変わらず話は通らないし
何度も言わないといけない。
疲れもするし、辟易もする。

試され、鍛えられるのはこちらの忍耐力です。

体の不調が治らずにいる段階では
考え方がわかっても気持ちが追いつかない。


疲れていない状態が難しくて
ブログ更新が少し遅れちゃいました。
体の不調がなかなか治らなくて…


今回の休眠期間に沢山考えて、思ったことがあって
しばらくはそれを綴ろうかと思います。


にしても読者様様たちには感謝しかない。
(勢い余って二回『様』を付けちゃったわ)

本当にお言葉、助言
心強かったです。
他のブロガーのことは知らないけど
世界一幸せなブロガーだと思ってます。

なんなんでしょうここは…
癒しの空間?
カウンセリングルーム?

私も何か返したいなぁ…



ひとまずは
またよろしくお願いします!
通常運転再開です!(きっと!)



余談
けーくんだけ特別視するとしーちゃんがむくれるので
しーちゃんは『甘党の星』から来たことにしてます。

20200726_9

※らさん
私に何を期待しているのでしょう?
私は自分の人生の為に生きています。
大切だと思う人たちの為に一生懸命もがいて生きています。
自分の人生をどう生きていくのかは自由です。
でもそれを押し付けないで欲しい。
ましてや自分のことを胸糞悪いと言う人相手に
変わろうだなんて一ミクロも思いません。

一年経ったら、もう考えちゃいけない?
それが三年なら?五年なら?十年引っ張ったら?
らさんは、らさんの思うように好きに生きてください。

私は変わるつもりも、変わろうとも思ってないので
一生まーくんのことをグチグチ言って生きていくので
読んでくださるのは嬉しいですが
期待はしないでくださいね〜。




↓いやー、きつかったー!


↓そして甘党男子


●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




体が悲鳴を上げるほど疲弊していると呟いた後(『ADHD』体の悲鳴)しーちゃんを保育園に迎えに行きました。着いたら泣いているしーちゃん。どうやら私のために用意していたお弁当をお友達にひっくり返されてパニックで泣いているそうです。お弁当の作り直しを待っている間に ...

体が悲鳴を上げるほど
疲弊していると呟いた後(『ADHD』体の悲鳴


しーちゃんを保育園に迎えに行きました。


着いたら泣いているしーちゃん。


どうやら
私のために用意していたお弁当を
お友達にひっくり返されて
パニックで泣いているそうです。


お弁当の作り直しを待っている間に
しーちゃんのクラスの女の子に話しかけられました。




「しーちゃんのお父さん死んじゃったの?」



!!!!?




今!!!?



もうしばらく、そんな攻撃を受けていなかったのに
ダメージにやられている今!!
久しぶりのタイミングが今!!!?
もう一年近く言われてこなかった気がするのに

一番まーくんがいなくてキツイ今なのに…




「どうして死んじゃったの?」


と聞かれ


病気だったんだ。
誰も気づけなかったんだ。


そう伝えました。




その子が
「しーちゃんのお母さん」と言って
一枚の女の子が描かれている絵をくれました。 


「しーちゃんのことをいつも慰めているから」


そう言って。



涙が滲む。


人生苦行、修行。
これに耐えたら私は一体何になるのでしょう…仙人?


しーちゃんのお弁当が出来上がり
泣きながら作り直したそのお弁当を
私も泣きながら食べました。



頑張らねば。
そう思いつつ
重い頭と体を抱え帰ってくると


ご近所さんからお菓子をいただきました。
美味しそうなおしゃれなチョコレート。

御近所さんからのいただき物。
これも相当な久しぶり

ご褒美。

そう思っています。


夜、おしっこ漏らして早々とお風呂を済ませたけーくんを置いて
しーちゃんとお風呂に入りました。

シャワーにうたれてるしーちゃんの体を洗っていると
唐突に


「あいしてる。結婚してくだしゃい。」


プロポーズされました。
まーくんにもされたことのない
真っ当なプロポーズ。


うん。

結婚しよう。



もう戸籍一緒だけど…
 

チューもしてくれた。


どこのジゴロや…



↓絶不調の始まり
 

体が痛い…吐きそうADHDのけーくんが学童に行かなくて友達宅でおしっこ漏らして私の体調が悪くて梅雨で精神ガッツリやられての最近少し上向いて来てけーくんに対しての向き合い方も見えて来て出口が見え始めたかなと思えて来た最近考えたこと、思ったことはまたちゃんと記事 ...

体が痛い…


吐きそう





ADHDのけーくんが学童に行かなくて
友達宅でおしっこ漏らして
私の体調が悪くて
梅雨で

精神ガッツリやられての最近



少し上向いて来て
けーくんに対しての向き合い方も見えて来て
出口が見え始めたかなと思えて来た最近


考えたこと、思ったことは
またちゃんと記事にしようと思っていますが

わかっちゃいるのにキツくて吐き出しです。




けーくんは学童に行きません。


学童に行ってね。「行くよ」と朝に言っても帰って来ます。
先生に帰り際、玄関で「学童だよ」と声をかけられても
校門出たら家に帰って来ます。


学童に行くのが嫌なのか
何が嫌なのか
聞いてもわかりません。


本当に嫌で心がキツイなら行かなくてもいい。
仕事も辞めてもいいとすら思っているのに
「しばらく行ってないから学童行こうかな」と言ったりします。


連日おしっこを漏らしています。
学校で行かないから。
何が嫌なのか
聞いてもわかりません。


おしっこ大丈夫?と聞いたときは「大丈夫」だと言ったくせに
漏れると言うから「おトイレどこかで借りる?」と言っても
「大丈夫」と言ったくせに
ほらやっぱり漏らします。

毎日おしっこ汚れの掃除をしています。 
何なら大も漏らしました。



別にいいんです。
どれもちょっともう予想できることだし
わかっていることは腹も立たない。



でもわかってはいても
けーくんに話が届かない現状に触れると
怒りはしないものの

痛い体が、もっと痛くなり
頭がぐーーっと重くなります。
動悸がして息苦しくなる。


いつも全部微妙に食い違う会話。 

私が投げた言葉のキャッチボールが出来ない。
ボールは投げ返してくれるんです。
でも全然違うところに飛んでいく…


国語の宿題で
間違えたとこや、汚い文字は先生が赤字で直し
それをなぞるというものがあります。
あまりに多くて、それも一問につき一個あるから
直しなのか、注意ポイントということなのか

「全部間違ってるってこと?」


と聞きましたら


「昨日、やった」


…………そっか。(もうそれ以上聞かない) 



合わせて、昨日「宿題ない」と言っていたものが
けーくんの衣装タンスの中から発見してしまったり

学校から「目が悪い」と眼科検診を受けるようにとお達しが…


パンチに次ぐパンチ。



宿題をしなくてはいけないことも分かってるし
何なら音読の宿題を教科書見ずに暗記で言っています。(音読でない…笑)
それも、他の宿題をしながら。
 
すごいと思うところはある。


けど

当たり前で
根本的なことを


何度も

何度も

何度も

何度も

言っても

聞いてない。


伝えたはずなのに
「わかった」と言ったはずなのに
少し時間が経つとなかったことになる。


それが会話の大半。


ケロリとした顔で違う話をし始め
ついさっきした約束をなかったことにされる。


それが蓄積すると
何でもない一つ一つの言葉が重くのしかかり
頭がしめつけられる。


わかってる。
どうしようもできない。


でも
体が一気に重くなる。 


同じことを何度も言って
全然話が伝わらなくて
心寄せて丁寧に言っても聞いてなくて

さっき言ったことを
もう一度言って
言ったら「聞いてない」って言われて
最終的に違う話される

脳がギューってなるのがわかる。
ずっしり重いものが乗っかる。

一気に何もやる気が起きなくなって
何も考えられなくなる

息が苦しい

深呼吸しようにも
梅雨で多湿の重い空気
気持ちなんて晴れやしない



体が痛い


吐きそう…




放課後デイサービスの利用と
学童と学校間の送迎もできるようになりそうだけど

向き合い方や
けーくんに求めるもの、求めちゃいけないものもわかっているけど



体がただ悲鳴をあげてる。


辛いって体が泣いてる。 


体が痛くて仕方ない…


 

始まりはけーくんの『学童行かない』から… 連日の体調の不調ADHDけーくん(6歳)の学童行かない問題話聞かない問題読者さんからの助言もあり説明は出来ずとも衝動的に帰ってきてしまうというのであれば衝動が『学童に行きたい』ではなく『家に帰りたい』であることは確か。 ...

始まりはけーくんの『学童行かない』から…



連日の体調の不調
ADHDけーくん(6歳)の学童行かない問題
話聞かない問題


読者さんからの助言もあり
説明は出来ずとも
衝動的に帰ってきてしまうというのであれば
衝動が『学童に行きたい』ではなく
『家に帰りたい』であることは確か。

本当の理由はわからないし
聞いたところで思ったような返答は得られないし
家に帰りたいのであれば
帰っていいことにしよう
仕事も最悪退職したって構わない。


学校大変?との答えに
「5時間授業が大変」と言っていて
4時間授業より、給食後も授業がある5時間に疲れるようです。

お家がいい?お家好き?帰ってきたい?

と聞くと、帰りたいと言ったのでと
学童をしばらく休むことに決めました。


だったら行かなくていい。お家に帰ってきていいよ。

ただ学童の時間にテレビやゲームがやりたいはダメ。
やりたいから学童行かないはなし。

学童に行かない代わりに
お家に帰ってきたら勉強やお母さんのお手伝いをしてね。

そう伝えると、嬉しそうに「はーーい!」と返事をしていました。




少しはけーくんの心に寄り添えただろうか。




そう思っていると
けーくんの様子や言動から
どうやら、学童だけでなく学校も行かない気でいるようです。


いやいや、学校は行くから。
休むのは学童だけだから。
「えーーーーーー!!!」

私が学童は行かなくていいよと言ったことより
学校には行かないといけないと言ったことに不満があるようです。


学童行かずに帰ってきて早速

「ゲームしたいな」

いや、学童行く時間はゲームしないって言ったよ。


「えーーーーーーー!!」



「しばらく学童行ってないから明日は行こうかな」

いや、明日はそろばんだから帰ってきてね。
行きたくないんじゃなかったの?
じゃぁ、そのかわり次の日に学童に行こう。

「えーーーーーーー!!!」




こっちがもう全部に「えーーーー!!!」だよ…


……………行きたい、行きたくないで
その時に気持ちで決めないで。それはわがままだよ…

けーくんの「えーーーー!!!」が不愉快で仕方ない。
何聞いてたんだよ。わかってるよ何も聞いてないんだよ。



こちらが思いを寄せたって、深く考えたって
予想をはるかに超えて何とも思ってないけーくん。



私の口からでる言葉の大半は伝わってない。




夕食時に先に食べ終わったけーくんは
食卓の隣でバタバタと秘密基地を作り始め
他のみんなが食べている時、今はやめてと
甥っ子のゆーくん(15歳)と一緒に注意を散々したにも関わらず
割とマジトーンでゆーくんも言った矢先に
ケロッと作り始めました。

「………呆れるわ」とゆーくんも苦笑い
ゆーくんの弟もADHDで、似たような環境で対峙してきたにも関わらず苦笑い。



何も響かない。
何も伝わらない。



極め付けはしーちゃんが似てきたこと。


何とも思ってなく振る舞うけーくんを常日頃見ているしーちゃんは
それでいいもんだと学び、ふざけるようになりました。
「しーちゃん、そんな子じゃなかったじゃん。」とゆーくんが言う始末。



けーくんには私の話の2割でも伝わったらいい方。
8割無駄…なんなら9割無駄…
伝わらない言葉を飲み込むことも多くなってきてしまった



耳の奥が今朝から痛い
このままじゃ鬱になる

そう危機感があるだけマシかもしれない



梅雨の低気圧に
体調の不快
けーくんの状況


何か一つでも改善したらいいのに
全部が悪循環を招いている気がする


このままじゃ鬱になる



やることは溜まっているのに
何もやりたくない
体と心が動かない



ひとまず今日は整骨に行きます。
何かをどう出来るか、自分で何かやれるのは体調だけ。




しばらくブログをお休みします。実は昨日、体調がかんばしくなくて夕飯はお弁当を買ってきて今日も家で休んでいました。連日のけーくん(6歳)『学童行かずに帰ってくる問題』という名の『話聞かない問題』に疲弊もしていて 全日学童!先生にも昨日電話して新たにお願いして ...

しばらくブログをお休みします。


実は昨日、体調がかんばしくなくて
夕飯はお弁当を買ってきて
今日も家で休んでいました。


連日のけーくん(6歳)『学童行かずに帰ってくる問題』という名の
『話聞かない問題』に疲弊もしていて



全日学童!先生にも昨日電話して新たにお願いしての今日。




やっぱり帰ってきましたよね。




しかもまた一度、ママ友宅に行った様子。


毎日学童。(先生に促してもらう)
うっかり帰ってきたら学童に戻る。
お友達の家には行かない。
連日漏らしてるから学校を出る前はトイレ。(先生に促してもらう)


全部守られることはなく
トイレを我慢して帰って来て
家で漏らしました。

バタバタして水筒をこぼし
お茶がこぼれた畳とオシッコで濡れた足で歩いた跡に呆然とする。

そのままお風呂直行。

体調がよくないのと(体がすこぶる痛い)
「またか」という思いで辟易して涙が出ました。




何を言っても思ったような反応がなくて
何を聞いても思ったような答えが返ってこない




鬱屈する精神にイカンイカンと
少し話でもしようかと
けーくんの後を追いかけ「一緒に入っていい?」と
ゆっくりした時間を作ろうと思い
一回風呂場に入ったものの
トイレに行きたくなって
「トイレ行くね。ちょっと待ってて」と
トイレに行って戻ってきたらいませんでした。


うん。やっぱりね。
私の気持ちなんてどうでもいいよね。


先に入った時に
「お母さん、けーくんと入りたいでしょ?」と嬉しそうにしてたのに
一緒に入りたいって言ったのに…


涙が出ます。



この後お風呂から出て
けーくんの心に寄り添って話をしようとしたとて
けーくんは全然求めてないだろうし
話をする間も無く違うことをするでしょう。

お風呂から出たらお絵かきをしていました。
私を置いて出たことは何とも思っておりません。
そして、私の元気のなさ具合に勉強を始めました。



お風呂から出たらパジャマを着る。
勉強を先に終わらせる。
ランドセルをしまう。


何度も何度も何度も何度も何度も言って
ちゃんと分かって出来るところもあります。


でもね。
お母さんは勉強なんかよりお話をしたいんだよ。

どうして帰ってきてしまうのか
何を考えているのか
どうしてほしいのか
どうしたらできるのか

お話がしたいんだよ。


「どうして帰ってきたの?」との問いに
やっぱり『帰ってはいけない』ということは頭の片隅にあるのか
「次は絶対に行くから!」との答え。


次の約束じゃなくて、理由を聞きたいんだ。
そして、その約束の効力のなさを母は知っている。



『話が通じない』



わかっちゃいるけど
体が痛くて、穏やかな心で受け止められない。



諭すように
何度も伝えて
優しく
寄り添って
キツめに
端的に
もしくは順序立てて


どれもけーくんの心には届かない

独り相撲をとってるようで
私はけーくんを見ているのに
けーくんが見ているのは違う方向で


けーくんにかける言葉が出ず
涙がひっきりなしに出ます。



『コミュニケーション能力に難あり』
自閉症薄いグレーが、少し濃く感じました。



取り組んでいるチャレンジの丸つけも
間違っているところを教えようにも
明らかに注意が散漫。
話終わる前に、話聞く前に「こうでしょ!」と適当にやろうとする。



『けーくんはできていない』


そんなこと言いたくないのに
私の涙がそれを物語っています。




同じことが繰り返し起こると
こちらが諦めてしまう。

伝えることを
話しかけることを
教えることを

あぁ、またどうせ
そういう反応するんでしょ。
聞いてないんでしょ。



先生に電話したら
声はかけて、朝から「昨日電話したよねー」とけーくんも嬉しそうにしてて
帰りぎわ、玄関先まで送った時も「学童ー!」と分かって出たそうなのに
校門を出たら家に向かって帰ってきました。

何度言っても何を言っても
けーくんの心には届かない。



体が痛いから心に余裕がない。

何をしなくちゃいけなくて
何をしなきゃいけないが
わからない。
学校の勉強、生活の質、対人関係
我慢と自主性、どこを目指したら
将来を潰さず、私もけーくんも楽になるのだろう。


ひとまず良好な精神状態に戻るまで
ブログお休みします!

愛…すり減ってます。出てこなくなりそう…





だから今日は豚しゃぶ食べよう。


そして、吐き出せたから
オシッコで汚れた床掃除してこよう。(一旦放置した)




 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




今日は七夕ですが会いたいと恋い焦がれる旦那のことではなく気持ちの通じない長男について話そうと思います。タイトルに子供を嫌いになりそうと付けましたが嫌いじゃないですよ?愛してますよ?かわいいですよ?ただ疲労が困憊しての盛大なる魂からの愚痴です。疲弊している ...

今日は七夕ですが
会いたいと恋い焦がれる旦那のことではなく
気持ちの通じない長男について話そうと思います。


タイトルに
子供を嫌いになりそう

と付けましたが
嫌いじゃないですよ?
愛してますよ?
かわいいですよ?


ただ疲労が困憊しての
盛大なる魂からの愚痴です。


疲弊しているので
今回の記事のコメント返しお休みします。。



けーくん(6歳)はADHDです。

ややこしいのは
一見すると天真爛漫な純粋無垢な子供らしい子に見えること

暴れまくって体張って押さえつけないといけないとか
硬いもので殴ろうとするとか
明らかなる問題行動があれば
こちらも割り切って療育に務めるし、周りもそういう対応になるでしょう。


でもけーくんは
静かなる自分勝手なので
ただのわがままに映ります。

基本的に話を聞いてない
聞いていても覚えてない
覚えていても何とも思わない

人の気持ちや状況を汲むのが苦手で
自分のやりたいこと、やりたくないことが最優先。



小学校が始まって
学童に通うようになって

学童に行く日に帰ってきてしまって
私は家にいなかったので
近くのお友達宅に行ったそうで
その家のトイレでオシッコ漏らし
報告することもなく、そのまま遊びソファーに座り
何事もない顔で帰ってきました。


謝りに行き
学童と家に帰る日がバラバラで分かりづらかったねと
ランドセルの時間割に学童と書きたし
今日が学童かどうか確認してねと言い
「今日は学童だよ」と朝に確認し
「今日はどっち?」「がくどー!!」と本人にも言わせ
安心して送り出したら
やっぱり帰ってきました。

万が一帰ってきて家に入れなかったら
学童に戻りなさいねと散々伝えたにも関わらず
家の外で知らないおばさんと待っていたらしく
一足早く帰ってきた甥っ子ゆーくんが家に上げ
我慢していたようでウ◯コを漏らす大惨事。

私が帰った頃には、楽しそうにシャワーを浴びてたyo。
私がウ◯コの処理をしたyo。



うん。
そうだね。時間割に書いたけども
いつ帰って、いつ学童とか分かりづらいもんね。
もう全部学童!全曜日学童!
早く帰る日はお母さんが迎えに行くね。
けーくんが学校から家に帰ってくる日は1回もありません!
全部学童だよ。
今日も学童だよ。
「わかったー」


そう言った日は丁度家でガシガシ仕事をしていて
あぁ、もう少ししたら学童にお迎えに行かなくちゃ(ダンスの日で早帰り)
と思った矢先にスマホのBotがピコン(BotはGPSで、ランドセルに仕込んでます)


『自宅に着きました』


ホラーか!!!
来るはずのないものが来る感覚。それも今まさにすぐそこに…

したら、オシッコ漏らしたママ友から連絡があり
またウチのトイレにいるよと。


うわぁああぁぁぁあ


何事もなく帰ってきて「どうして帰ってきたのか?」と聞くと
「オシッコ漏れそうだから、おトイレ行ったの」とずれた答えが帰ってくる。


学校の先生は学童の子たちを一応は促すそうで
連絡帳にも『全曜日学童にしました』と書いたその日に帰ってきたから
これは通ってないなと改めてお願いしようと先生に電話をしました。

連絡帳はご家庭で用件を書かれた子のものに目を通すので
朝、連絡あるか聞いたものの「ないー」との返答にチェックはしていなかったと。
もちろん朝「先生に見せてね」と伝えて持たせております。


肩ががっくり落ちる。



そんな日々が続き
セカンドハウスで家族と夕飯後
「ダンス見たい!」と言うけーくんに
もう寝る準備だからテレビは見ないよーと言うも
「見たい見たい。見せたい!」ということで
最近けーくんがどハマりしているUSA(歌:DA PUMP)をYouTubeで流しました。
毎晩永遠リピートして踊っているので一回じゃ足りないだろうと
「二回だけね!二回見たらおしまいね」と約束をして。


そして一回見て、次の別の動画を見ようとしていたので
おいおい、話が違うだろうと
一悶着しました。

くだらない話です。
USAを二回って言ったか、動画を二個って言ったのか。

約束を守りなさい!USA二回って言った!
聞いてなかったとしても、勘違いしたとしてもUSA二回なの!!

と頑なに譲らない私を見て母が
「いいじゃない〜あと一個くらい」と手を差しのべようとするけども
見せたところで、見終わったらじゃあ次…って見ようとするし
おしまいだよ!って切ったら「えーーーー!!!!」って文句を言う。

最初の言っていることなんて関係ない。
こちらが伝えたことも関係ない。

ちゃんと話を聞いて!と何度も言っても
えーえー言いながらYouTubeをいじっています。


けーくんの言うことが信用出来なくて
ダメな言動に我慢が出来なくて
それを抑えて、グッとこらえて
優しめに語りかけるように指摘や注意をしても
はい、聞いてねー。
完全に違うことを考えているのが丸見えです。


何度言っても何度言っても何度言っても伝わらず
匙を投げたところで
「聞くから〜!」と泣きついてきて
ちゃんと聞いてね。と改めて腰をすえて話し始めたら
ものの数秒で意識が違うとこ行ってる
聞いてないくせに
自分の気持ちが通らなかったら癇癪を起こす。
辟易です。


お母さんだって人間だもの。


こんなことを何十回、何百回と繰り返していたら
もう何も話したくない。




他人からしたら大したことじゃない。
実際大したことじゃない。


けど、それに毎度毎度対峙するのは親で
何度も何度も言ってもわからない子に
何度も何度も言わないといけないのは親で
何度も何度も言っているのに
一歩外に出せば躾のなっていない子になって
やっているはずのことが『足りない』『できていない』と言われる。

全部放り投げたいけど
そうするわけにもいかず
一緒に向き合う旦那は死んで(バカヤロー!)


それでもちょっとづつ成長する子に
何度も何度も同じことを伝えます。
その成長が間違った方向に行かないように
たとえそれが、人の何倍もの時間がかかろうと…



何度言っても聞いてくれない
今まさに話してるのに聞いてないけーくんを嫌いになりそう

けーくんに注意することが多くて
しーちゃんを守る状況が多くて

そんな事態が続くと
けーくんは怒られることだけに敏感になり
しーちゃんは自分の方が正しい、けーくんをダメだと思うようになる。


それはイカンと
中立に、なんならけーくんの立場になって話そうとするも
はい、ほらやっぱり聞いてない。

一瞬で辟易する。
けーくんなんて嫌い!
そんな風に思う自分も嫌い。



同じADHDを子に持つ姉も
何度も何度も違うお宅に頭を下げに行き
頼れる旦那もいなく
ノイローゼになりかけたと
いやなってたと。

「人が何を言ってきたって
結局他人事で
やっていかなくちゃいけないのは自分

私もやってきたから
せせらぎの大変さはわかる。
けーくんは大変だ。」



叱ることが常態化すると
何を言っても、強く言っても、声を荒げても通じなくなる。

「もっと強く叱ったほうがいい。」

叱って話聞けば世話ないさ…


親が一人しかいないけーくんは
私が常日頃MAXで怒ってたら心の行き場がなくなる。

外で辛いことがあっても甘えられる場所でいてあげたいのに
外で迷惑をかけないように厳しくしないといけない

でも厳しく言おうが、優しく言おうが
結局は『THE・聞いてない』




そんな中
しーちゃんと何気ない会話をして
涙が溢れました。


しーちゃん、今日ね
にーにの鼻血がシーツに付いたでしょ?

「うん」

保育園に行く前に
シーツをコインランドリーに入れていきたいから

「うん」



……………涙出た。


え?どこに?って?


なんでもない話、大人の都合
いつもなら独り言になる一方的な話に(けーくん相手だと)
相づちしてくれたんですよ!!?

話を聞いているよという姿勢。
けーくんにはないもの。4歳なのに!!!



けーくんだってコミュニケーションが取れないわけじゃないけど
やっぱり、しーちゃんと比べて取りづらい。

「けーくん!聞いて!」
「けーくん聞いてる?」
「おーーい!」
「聞きなさい!」
「けーくん。けーくん!けーーーくん!!!」

親の私だけじゃなく
関わる大人みんながけーくんに対して言う。



でもちょっとづつ、ほんの少しづつ成長は見られるから
あんまり根詰めずに
呑気に関わっていきたいです。



今日は鍋にしよう。
豚しゃぶ。ポン酢に大根おろしに温野菜。
あぁ、楽しみ。
美味しいものだけ考えよう。



まーくんと話したいよう
けーくんの大変さとオッパッピーを
まーくんと分かち合って笑いたいよう
なんで死んだんだよう…





**************
ご予約受付中!!
まーくんが死んでからのことを
綴り続けたものが本になります。

予約開始になった日に
Amazonカテゴリーランキング
一位になりました。(マジか!)

ご予約はこちら↓
旦那が突然死にました。
せせらぎ
エムディエヌコーポレーション
2020-08-24


第1章分どどーんと試し読み公開中
●Twitter→こちら
●アメブロ→
こちら

*************


●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




けーくんはADHDでした。でも別に何かが変わったわけじゃありません。 私の接し方も、周りの接し方も今までとなんら変わりありません。『障害』という名がついたけど(発達障害)ただの個性です。起きられない子癇癪を起こす子きれい好きすぎる子体が不自由な子偏食な子注意 ...

けーくんはADHDでした。

でも別に何かが変わったわけじゃありません。 
私の接し方も、周りの接し方も今までとなんら変わりありません。


『障害』という名がついたけど(発達障害)
ただの個性です。

起きられない子
癇癪を起こす子
きれい好きすぎる子
体が不自由な子
偏食な子
注意散漫な子
空気を読めない子
傷つけてしまう子
傷つきやすい子
...etc.


全部ただの個性だと思ってます。
対応がそれぞれ変わるだけ。

その子の持った性質において
経験するものが変わり
得る経験値が変わり
多種多様な人へと成長し社会を動かしていく。


全ての人が一辺倒で、違う人を排除して
みんな同じで、同じ大人になったら
そんな社会怖くてならない。つまらなそう。

20200621_4



『障害』と名のつくものがつくと
そりゃあ人よりは大変なことが増えます。


私は我が子たちだけしか育ててないので
他の育児がどれだけのものかは分からない。

ただ、次男のしーちゃんに比べると
ほんっと大変…


20200621_5



けど、それが障害であろうがなかろうが

けーくんはけーくんで
けーくんでしかない。

何も変わりません。


だから『障害』とつこうが、つかなかろうがどっちでも良い。


ただ体当たりで真正面からぶつかっていくしかない。
一人でな!
20200621_6


本質は何も変わらないのに『障害』がつくことに拒否反応を示す方がいるそうですが
本質が変わらないなら付いた方がお得じゃない?とすら思っちゃいます。

拒否する方が一番『障害』というものを否定的な特別な目で見ているのだろうなと。


私は障害児として育ったので
そこら辺はフラットなのかもしれません。

それにおいて傷ついたことや得た経験は
他では得ることのできない宝だと思っています。

むしろこうで良かったと。
それが今の自分を作ってくれている。
強くしてくれている。


今の自分の個性を作ってくれている自分の障害
やっぱり障害も個性ですね〜。



さぁ個性的な我が子に向き合わなくっちゃ〜

20200621_7


↓ダメだとされているところは、裏を返せば良いところ。


※ひとみさん
メッセージありがとうございます!
貴重な情報!子供達はいずれどっかにぶっこみたいと思っていたので
子供達の経験と、私の自由時間のために。笑
検討させていただきます!!


●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




ちょっと子育てに手がかかるけーくん(6歳)。子育てって大変なものでしょ?男の子なら尚更。だから一般的に大変なのか、一般以上に大変なのか分からなかった。でも次男だからなのか性格か、しーちゃんは本当に育てやすい。ブログの過去記事を振り返っても、『けーくんガー ...

ちょっと子育てに手がかかるけーくん(6歳)。

子育てって大変なものでしょ?
男の子なら尚更。


だから一般的に大変なのか、一般以上に大変なのか分からなかった。

20200621_1


でも次男だからなのか性格か、しーちゃんは本当に育てやすい。
ブログの過去記事を振り返っても、『けーくんガー!!!』の私の息詰まり記事が多い。




言葉の遅かったけーくんは療育に通い始め
2年弱通い、小学校に上がった事で卒園しました。


後のことは追々問題が起こったらどこか考えようと思ってました。
果たしてけーくんは何かを必要としているのか。ただの手のかかる子供なのか。


そんな中、療育児専門の歯医者に行って、
先生と話して療育の必要性を感じ始めたことで

ちょうど、歯医者の入っているビルは障害児専門機関が多数入っていて
診察をしてもらうことにしました。

療育を請け負っているのは自閉症児専門だけど
診察はできると。診断はしてくれると。



療育に通っていたセンターから以前に受けていたテスト結果を携え
けーくんの状態を見て
私の話を聞いて
今までの成長過程も伝え

やっぱり出ました。
やっと出ました。


『ADHD』という診断。



でしょうね!と少し楽になった気がします。

今までのけーくんに全部説明がつく。
療育で受けたテスト結果も、ADHDで見られる傾向だと。


そして新たに出た『けーくん自閉症説』。


いわゆる重度自閉症ではないけども
赤ちゃんの時のコミニュケーションの淡白さから若干怪しい。
(私にはただの育てやすいスーパーベビーでした。
後追い、夜泣き、ぐずりなど全然なし。)

20200621_2


ADHDにしても、自閉にしても
それを補っている知能がけーくんにはある。

だから、できる部分は飛び抜けてるのに
基本的なことができなくて誤解を招くこともあるかもしれない。
(九九は出来るのに、下駄箱に上履きがしまえないとか。)


自閉症は他者とのコミニュケーションの難しさが主だけど
けーくんは知能で「こういう時はこうする」で補っている。
もし自閉傾向があっても、まだ分からない。
小学校に行って、もっと友達との複雑なコミュニケーションが必要になって
そこで、もしかしたら何か浮き彫りになるかもと。

『ADHD』は黒で
『自閉症』は薄いグレー。

でも疑いが若干でもあるということは、そういう種を持っているということ。


国語力(想像、理解、汲み取り)の低さも、すぐ他に注意が向くことも
何度も何度も同じ注意を繰り返さないといけないことも
そうか。やっぱり発達障害でした〜!



世の中には自分の子がいわゆる『障害』と名がつくことを嫌がる方もいると思いますが
私はむしろ診断が欲しかったです。


状態は結局変わらないのだから
大変さに太鼓判を押された様で楽になりました。
大変さをわかってくれた様な。
仕方のないことなんだと、子供に優しくなれる様な。


ここからは「そうなんだ」と分かった上で接していく。


ま、堪忍袋の尾は変わらずに切れますけどね〜。


20200621_3

汲み取ったり感じ取ったりすることが出来ないけーくんは
経験を知識として蓄えていくことが重要になる。

改めてゲームさせてる場合じゃないなと思いました。
外に出て、沢山の経験をさせないといけない。
彼の力になると信じて。


にしても、
旦那突然死んで
私持病持ってて(一応障害認定)
子供発達障害って
どんだけ〜!


↓ただ呑気に子育てしてたのに、急浮上した療育必要説。
 

●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→
こちら


 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2