きみといっしょに。〜死別。旦那が突然死にました〜

突然天国に行ってしまった旦那のまーくん、そして残された子供達と私の物語。

運命

私の人生仕組まれています。でなければ一人の人生にこんなに素敵な偶然が続くことがあるでしょうか?8月22日の命日に作った動画がまさかの8分22秒。 本のイベントをしようと思った日(命日)が週末希望だったらまさかの週末。 本に印字される発行日が9月1日になりそうでその ...

私の人生仕組まれています。

20200509_2



でなければ
一人の人生に
こんなに素敵な偶然が続くことがあるでしょうか?



8月22日の命日に作った動画がまさかの8分22秒。


本のイベントをしようと思った日(命日)が
週末希望だったらまさかの週末。


本に印字される発行日が9月1日になりそうで
その日はまさかの結婚記念日。


そんな記念すべき年に
テレビのウェディング企画。



そして今、関わってくれてる二つの編集社の
担当者の名前がどちらも『愛』さん。



あげたらキリがない。
偶然というなの奇跡が至るところで起こります。


素敵な偶然の重なり。





だから
どこへ行っても何を選んでも
私は幸せになれるんです。


だって仕組まれてるのだから。


幸せが決まってる。
こんなに心強いことない。


仕組まれてるってことは
仕組んでいる人がいて

仕組んでいる人はまーくんなわけで
ということは、まーくんはいることになる。



だから
どんなに辛くても
「守りなさいよ」と言える。
まーくんに守ってもらえる。

20200509_3


改めて凄い人生になったもんだなと思います。



自分の人生に絶対的自信がある。

たとえ、どれも本当にただの偶然でも
そうやって思って生きていける人生。

これは確実にまーくんにもたらされたもので
いてもいなくても、やっぱりほら、仕組まれているんです。 

20200509_4

↓自分の人生が信じられるほどの幸運続き



●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

※コメント返信をしばらくお休みします。
『せせらぎの部屋』ではコメント返信します。
20191204_5

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




昨日、テレビ出ました。気づかれた方もいらっしゃる様なのでスルーするのもなと思いお伝えしますね。せせらぎテレビに出てました。笑録画したのでまだ見てないのですが一体どう編集されているのやら…見てくださった方は、偶然に出会えた奇跡に乾杯!笑前もってお伝えしよう ...

昨日、テレビ出ました。
気づかれた方もいらっしゃる様なので
スルーするのもなと思いお伝えしますね。


せせらぎテレビに出てました。笑



録画したのでまだ見てないのですが
一体どう編集されているのやら…
見てくださった方は、偶然に出会えた奇跡に乾杯!笑


前もってお伝えしようかなとも思いつつ
色々考えお伝えしませんでした。

みんなの顔ががっつり出るので(子供も
何でも叩きたいこの世の中に
あらかじめ身構えて見られるのは怖いなぁと。

偶然にも見てくださった方は、あれが我が家です。
子供達です。よろしくです。

このテレビ関連の話は、記事が作れ次第あげていきますね。
(数日後かな?)



さぁ、今日のお話は〜
昨今のコロナ事情。(書いたのは非常事態宣言が出る前です。)


保育園は一応やってるし
学童も行くことができます。
学童行く子は、小学校で行くまでの間見てもらえることにもなってます。


通常で行こうと思えば
完全に通常に暮らすことができる。


でも、子供含め完全引きこもりを決めました。
(あんまりにも、どーーーしても仕事が出来なくなったら
その時は、再検討しますけども…)

20200408_2



この引きこもり環境にありがたい存在。

それは春からうちに高校3年間、居候が確定した甥っ子ゆーくん!
ちなみにゆーくんも高校休校です。

めっちゃ遊んでくれます。
何がそんなに面白んだか、3人で笑い合ってます。
お風呂も入れてくれて、要望があれば仕上げ磨きも。

料理も作れるし、子供のトイレ(大)のお手伝いもできる。


彼がいなかったら、私は子供との生活で
子供は私しかいなくて
常に絡みついてきて、時にうっとおしく
ずっとついて遊んであげることもできず(家事や仕事で)
お互いに鬱々と過ごしていたことでしょう。


それが、遊んでくれる大人の存在がある。(まだ高校生だけど)
めちゃめちゃ助かります。




そして更に
この引きこもり環境にありがたい状態。


セカンドハウスがあること。



普通家って一つです。
ですが私はなぜか二つ持ってます。


建ったばかりで、家の中は生活するには何もないけど
それでも、今は子供たちが遊び回れる環境になってる。

住んでいる家に飽きたら
セカンドハウス。

ちょいちょい実家に顔を出し
姉の家も近く。


建てなきゃよかったと思ったこともあるけれど
こういう環境化では、本当に建てて良かったと思う。
まぁ、経済の観点からしたら「まじで建てなきゃ良かったーー!」も大いにありえますけど…
それもかなりの高確率で…。はぁ…収入激減…。


20200408_1


いや、でも、すごくない?
外出自粛や休校が微塵も出ていなかった一年前に
彼の居候生活が話に出始め
それを私が受け入れたことで
今、とっても助けてくれています。(主に子供の相手)


頭おかしくなって建てたセカンドハウスも
確実に家族の中でありがたい存在になって(私にしても両親にしても)
犬アレルギーで、実家に泊まれないしーちゃんもここになら泊まることができる。

家の中になーーーんにもないから
キャンプ用のテント張って、キャンプ用の食器で、もはやキャンプです。
刺激のない日々に本当にありがたい存在。





そんな状況にある今
全部巡って来てるなと感じます。


過去にやった自分の行動や決意が
未来の自分を助けてくれている。


その判断をさせてくれたのはまーくんで
やっぱりまーくんに守られてるのだと思う。


このタイミングでセカンドハウスが出来上がっているのも
このタイミングで甥っ子が一緒に住んでいるのも
(このタイミングでテレビに出たのも)

本当いろいろ「うまく出来てんなぁ」と思うことばかり。



でも
本当は、今も生きていてくれて
この引きこもり生活を一緒に体験できたら
最高の幸せだったのですけどね。

どれだけ楽しかっただろう。
ずーーーーーっと4人でいるの。

20200408_3

セカンドハウスは、色々整えてから(家の中を)自慢記事あげようと思ってるのですが(自慢。笑)
いかんせん整えてる時間がなくて…
でもいつか書くので、その時は自慢に付き合ってくださ〜い。


↓頭おかしくなって、この家建てたのもきっと運命。


●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

※コメント返信をしばらくお休みします。
『せせらぎの部屋』ではコメント返信します。
20191204_5

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




友人が家を建てたので泊まりがけで遊びに行ってきました。子供達を旦那さんに遊んでもらおうと目論んで。夫婦共に良くしてくれて旦那様は子供達をお風呂にも入れてくれて甘えきって過ごしちゃっています。『旦那さん』のこと『生まれた赤ちゃん』のこと『お父さん』としての ...

友人が家を建てたので
泊まりがけで遊びに行ってきました。

子供達を旦那さんに遊んでもらおうと目論んで。


夫婦共に良くしてくれて
旦那様は子供達をお風呂にも入れてくれて
甘えきって過ごしちゃっています。



『旦那さん』のこと
『生まれた赤ちゃん』のこと
『お父さん』としてのこと


一通り対峙して
その都度泣いて
強くなってきたので

複雑な気持ちを抱えずも
楽しく過ごすことができました。


そんな中で
抑えていたフタが開く。

20200106_4


友人の子がパパと遊んでるのを見たからでも
私の子供達とパパが遊んでくれてるのを見たからでもなく

食器を用意しようと
食器の引き出しを開けた時


何でもないその一瞬。

20200106_5


生活に触れたからだと思います。



ご飯を用意して
家族でテーブルを囲んで
一緒に食べる何気ない日常

新しい希望に溢れた家で
可愛い子供と
頼りになる旦那様と
幸せな日々を過ごす。



それがどんなに欲しくても
もう私の人生では手に入れられないのだと
心が苦しくなりました。

20200106_6
このお家の子は
まーくんが死んだ時のしーちゃんの歳(2歳間近)

今、こんな幸せな状況で父親が突然死ぬという信じられない事態。



新しい父親を迎えて
新しい家族の時間を作ることは出来るかもしれない

でも、やっぱり
色々な面で難しい。

それに、ステップファミリーは沢山の問題を乗り越えないといけない。


純粋に
何のしがらみもなく
自分たちの我が子を愛し
ただ愛を紡ぐだけの日々



それが
絶対にもう手に入らないのだと。


どんなに望んでも
私の人生は
それとは違えてしまった。

それを目の当たりにしました。


それが苦しかった。






でもね



どうしたって
自分だけと思ってしまうし

割と同情される状況だけども



大概の人は

欲しくても欲しくても
手に入らないものを抱えて生きている。



だからやっぱり
手の中にあるものを見ていかないとダメだ。

20200106_2



そんな事を考えながら
お風呂をいただき


作ってくれた夕飯
子供達の遊び相手
布団を用意してくれて
私はのんびり一人で風呂に入ってる。

たまらない気持ちになりました。


20200106_3


「ありがとう」では収まり切らない感謝の気持ち。
そんな友人がいてくれる幸せ。


そっと手を合わせましたよね。笑


まーくんになのか
神になのか
友人になのか


手を合わせると不思議と
心穏やかに温かい気持ちが溢れました。


言葉にしきれない想いが
包み込まれた感。


満たされない心と
満たされる心を抱えながら

合掌です。


20200106_1




ありがたや
ありがたやと
手を合わせるばーちゃんの気持ちが分かる気がしました。


ないものは嘆かない。
あるものに感謝する。


呪文のように唱えて生きましょうかね。



↓嘆いていたって何も変わらない。


●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

※コメント返信をしばらくお休みします。
『せせらぎの部屋』ではコメント返信します。
20191204_5

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2