きみといっしょに。〜死別。旦那が突然死にました〜

突然天国に行ってしまった旦那のまーくん、そして残された子供達と私の物語。

苦しみ

いつも気になることがあります。世間の勝手さ。私はブログで自由に好きなことを書いています。そして実生活でも割と自由に無理せず生きています。ダメなところをダメと認めてできないことを無理せずやらずに子供を一人で育てる気もないし育てられるとも思っていません。迷惑 ...

いつも気になることがあります。


世間の勝手さ。



私はブログで自由に好きなことを書いています。
そして実生活でも
割と自由に無理せず生きています。

ダメなところをダメと認めて
できないことを無理せずやらずに

子供を一人で育てる気もないし
育てられるとも思っていません。
迷惑かけてかけられて
そうやって他者と生きていく。それがこの世界だと思っています。




そうすると言われる

自分勝手
人に迷惑をかけるな
自分の子供は自分で育てろ
親としてどうなんだ
大人としてどうなんだ


私は結構心臓が強い方なので
(あ、持病があるので実際は弱いです。笑)
いやいや私はそう思ってるんだしと突っぱねられちゃう。

それが悪いことだとも思っていません。

子供を迷惑かけずに大人の手一つで育てるの無理じゃね?




ワーワーギャーギャー!どうなんだー!と騒ぐ世間。

元気に声高らかにそう言っちゃうから責められるけど

これが私が気にしいで
人の目を気にして、迷惑を気にして、内にこもって、誰にも頼らずに
追い詰められて、苦しくて苦しくて、もう楽になりたいと

子供道連れで死のうものなら
子供を殺そうものなら
自分だけが死のうものなら


なんでもっと早く助けを求めないんだ!
こうなる前に助けはなかったのか。と言う世間。
 「迷惑をかけるな!」と言っていた人たちはサーっといなくなる。
そして、身をひっそり隠していた「私は味方だったよ」達が一斉に現れる。
今までいなかったのに…
 



は?
20201013_1


………勝手じゃね? 
 

なんじゃその世間〜!!!


求めさせなかったのは誰だよ…。
迷惑を許さなかったのはどこのどいつだよ。
一人でやれって言ってた奴はどこへ行った。


人の視線に怯えて苦しんで追い詰められてるんだよ。



しかるべきところに助けを求めろよ。て言うけど
どこだよ。誰だよ。連れてこいよ。
どれだけ助けてくれるって言うんだよ。
その手配は誰がするんだよ。
「知らねーよ」だったら適当なこと言うなよ。


同じことを言ってても
元気な時は「ちゃんと一人でしろ」
死にそうになると「頼れば良かったのに」

え?死んでからじゃないとだめなの?
死ぬほど苦しんでからじゃないと甘えは許されないの?


謎。


謎!!




老人の歩きに「遅いんだよ!(イライラ)」とするのに

カルガモの親子が横断歩道を渡る時
警察官も出動して、車まで止めて
それでもみんなニコニコほっこり。


謎!

謎なぞ!!

20201013_2




人間大事なのは心が健康でいること。
死んでからじゃ、死にそうになってからじゃ遅いんじゃない?


誰も助けてくれないんだから。
世間は何の責任も取らずに勝手なことを言うのだから。

この日々と人生に向き合うのは自分でしかないのだから。 




苦しんだら自分勝手は許してもらえるの?
というか、それってそんなに自分勝手なの?
許されないほどの自分勝手なの? 
人に非難されるほどのことなの?



元気だと叩かれて
弱ると叩いていた人たちはサーっといなくなる。 


弱ると優しくしてもらえる。


何で弱らないと優しくしてもらえないのでしょう。




あ、私は恵まれているので
弱ってても、強気でいても優しくしてもらえています。
突っぱねる強さも多少あるから大丈夫。


でもそうじゃない人もいる。 



弱り切る前に助けを求められる世の中だといいのに 
助けてあげられる世の中だといいのに 
優しい目で見てあげられるといいのに

「そこまでだとは思わなかった」 
そこまでなる前に許してあげられたら良かったのに



さぁ、ということで
今日の夕飯は手を抜きましょうか!

誰が何と言っても、自分の生活に向き合ってるのは自分です!
私が辛いと思ってんだから、手を抜いて何が悪いっていうのさ。 


20201013_3


↓世間は正義の面をかぶって好き勝手に言う


 **************
本が発売しました。
まーくんが死んでからのことを
綴った3年間の記録。

予約開始になった日に
Amazonカテゴリーランキング
一位になりました。(本当ありがたい)

旦那が突然死にました。
せせらぎ
エムディエヌコーポレーション
2020-08-24


サンプル(どどーんと一章分、配信しています)
●Twitter→こちら
●アメブロ→
こちら

************* 


●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2