きみといっしょに。〜死別。旦那が突然死にました〜

突然天国に行ってしまった旦那のまーくん、そして残された子供達と私の物語。

義両親

私はまーくんの故郷が好きでした。(島根県です)付き合って初めて島根県に行きました。初めて家族だとか親戚だとかの素晴らしさを考えました。初めての訪問は大分前まーくんの好きなunicornのライブが島根であるとのことでついで的に実家に行きました。タイミング悪く数日前 ...

私はまーくんの故郷が好きでした。(島根県です)

付き合って初めて島根県に行きました。
初めて家族だとか親戚だとかの素晴らしさを考えました。


初めての訪問は大分前
まーくんの好きなunicornのライブが島根であるとのことで
ついで的に実家に行きました。

タイミング悪く数日前に親戚が死んで
ドタバタの葬儀、真っ只中に…


やはし初対面ということもあって
義母様がどういう人かも分からず

キッチンに立った方がいいのか
それともキッチンに入られるのを嫌がる人か
どうしよう…と人並みに悩むことはありました。



今や勝手に洗い物をして
洗濯をたたみ
掃除機をかけます。

でも基本的にぐーたらしてます。


20191004_1



お義父母様も懐が深いし
私も大概の能天気。


2回目のちゃんとした訪問の時に
温泉宿を取り
なんと4人で混浴までしました。(まだ全然打ち解けてないのに。笑)
あ、タオル巻きですよ!



けーくんが産まれてから
私とけーくんだけで長めに滞在したこともあります。


義実家なのに
まーくんと一緒にお風呂に入ってました。




まーくんは一度も両親に彼女を紹介した事がなく
40歳も見えているのに独り身
ゲイなんだろうか。と疑っていたそうです。

そこへやって来た、一回りも若い女の子(私)
こんなチャランポランの小汚い息子と結婚してくれると言っている。

諸手を挙げて大喜び。
ものすごい歓迎されました。

私は嫁というより、孫の年齢に近い。
本当に可愛がってもらっています。




まだ最初の頃は
義実家へ行って、まーくんが寝ているとどうしたらいいか分からずに
「キミが寝ると困るんだ!!」とアタフタしていましたが

もはや世の中にキミがいなくても
堂々と義実家でくつろいでいます。



生前、きっと希薄な付き合いをしていたら
そのまま希薄になくなっていく縁だったのだろうなと。
大事にしていて、甘えられる関係になれていて本当に良かった。

義実家で何があっても
私にはそれを報告できる、愚痴れる旦那がいません。
旦那を介しただけの関係にしていなくて良かった。




以前一人で滞在していた時に
お昼ご飯だよーと呼ばれて席についた食卓の中心にあったのは


『明太フランスパン』一本。


を囲む様に人数分の白米。(義父母と私)



!!!!?


てなりましたよね。


20191004_2

だけ!!?

え??
おかずなの!?
メインなの???


用意してくれた手前文句は言いませんが
謎の組み合わせに始終???が頭を巡りました。
即座にまーくんに報告しましたよね。

20191004_3

今やツッコミを入れることもなく
誰に報告するでもなく
ふっつーに何の違和感もなく食べるでしょう。


ちなみに、その時は義父様がふりかけをかけたので便乗しました。





まーくんの母校を見たり
友人に会いに行ったり
若者の聖地『イオン』に行ったり
映画を見たり
バーベキューに海水浴
お祭りに冬の神輿
お正月にお盆
長寿のお祝い
公園にお店探索
城巡り

ありとあらゆることをしました。



もう
そこにはまーくんはいない。
まーくんと過ごすことはできない。

楽しさであふれていた場所から
まーくんだけがいなくなった。



だから来るのはキッツかったけど
来て良かったです。



新たな1ページを踏み出した気がします。


20191004_4


まーくんありきでない
私が『帰る場所』として、これからも大切にしていきたい。


これからも帰るから。
そこで眠っているまーくんに会いに
そこにいる皆んなにに会いに。


いつか葬式で帰ることになるのだと思うと
ゾッとしますよね。
あと30年くらいは生きていてくれないかしら。

本当、誰も死なないでほしい。




ちなみに
私の再婚時期の話になって
しぶり出すお義母様。

私が平野くんにどハマりしていることも知っていて
「平野くんだったらよくない!?平野くんつれて来たら、むしろまーくんより良くない!?」
と言っても、平野くんでもNG。


その場にいた親戚一同「全然いい!むしろいい!」になってました。笑




↓まーくんのことなんて「忘れていい」そう言ってたのに!!!!
「生きている内は嫌」に変わってました。平野くんとはこっそり付き合うよ!


●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2


  ↓旦那が死んで買い物魔と化した私の買ったもの。
   どんどん増えていくでしょう。

rukuten_room20190411


まーくんの実家へ帰省してる間二泊で旅館を取りました。少し長めの滞在ずっとお世話になるのも申し訳ない。何もしない日を作ってあげたかった。日常から離れさせてあげたかった。というわけでいつもは遠くて回れないところまで観光に行こうと旅行中に旅行を計画しました。お ...

まーくんの実家へ帰省してる間

二泊で旅館を取りました。


少し長めの滞在
ずっとお世話になるのも申し訳ない。

何もしない日を作ってあげたかった。
日常から離れさせてあげたかった。

というわけで
いつもは遠くて回れないところまで観光に行こうと
旅行中に旅行を計画しました。


お義父さまの車を借りて
私がみんなを連れて行きます。

20191001_1



私が良い宿じゃないと嫌なので
割と良い宿。

しかも離れの別邸。


流石に露天風呂付きの特別室には腰が及んで(値段的に)
1つ下のランクです。

それでも良いお値段。
5人2泊で20万ほどです。

高っけ!
でもまぁ、いいさ!

これが最後の親孝行になるかもしれない。
最後の思い出になるかもしれない。

ケチるとこじゃないさ!

20191001_2


ただ、ちょっとだけ懸念してました。
離れは二階建てで、メインの部屋が二階にあるんです。

トイレは二階にはあるものの
温泉だとか食事だとかで階段を使う機会も多いでしょう。

足の悪い義父さまの事を考えて躊躇したけども
この宿しかめぼしいとこがなかった。
この部屋が素敵でここにしたかった。


頑張ってもらうか。
と半ば勝手に決めて宿に着きました。


そして
宿に着くと中居さんから話が…



離れの別邸、空調の故障でエアコンが効かない部屋があると。


だから
「良かったら
特別室ご用意しましたので…」


!!?


私が日和った特別室


露天風呂付きの三部屋。
ここも二階建だけどもメインは一階で
義父さまへの負担も少ない。


まーくんが用意してくれた部屋。
そうに違いない。

ありがたく特別室にしました。


子供達はいろんな部屋を走り回り
二階の部屋は秘密基地っぽくて
テレビ観賞用の椅子がありました。

堂々とくつろぐ子供達。


義父母さまもたいそう喜んでくれて
ご馳走を二泊たらふく食べました。

空いている席に
ビールと子供達が食べない食事を集めて
まーくんの特別な席。

20191001_3


この旅行中
沢山の素敵なとこに行って
世界遺産の麓まで行って
(ご高齢の両親と幼児じゃ徒歩で行く世界遺産まで行けず、雰囲気だけ堪能)
色々満喫しまくりました。


「ありがとう」としきりに言うお義母さま。


「ここにいたら…」
幾度となく出る言葉だけど


そんな時は

生きてたらきっと『ない未来』だよ!
と言います。


もしかしたら離婚していたかもしれない。
そしたら孫に会うことなんて無くなるだろうし(絶対に私が親権者だから)

こうやって来るとこも
旅行に一緒に行くこともなかったんだよ。きっと。

それは可哀想だと
まーくんが身を引いたんだよ。


私も義父母さまに会えなくなるのは嫌だけど
別れた嫁だけが実家に来てるっておかしいでしょ。笑

だから
今こうしている時間は
まーくんがくれたものなんだよ。

と冗談めかして話します。


「今は子供達だけで飛行機に乗れるしねぇ…」
とお義母さま。

そうそう。小学生になったら添乗員さんが手厚く連れてきてくれるもんね…孫には会えるね。
…って私は要らんのか!笑


そんな冗談が言える関係。
まーくんが繋いでくれた縁。


まーくんの分も大切に
親孝行してきます!

20191001_4
↓そんな義母様とまーくんのエピソード。
私が一番大好きな話。


●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら


※あかねさん
ありがとうございます〜!
部屋は空いている。笑。
いつか全国をそんな感じで泊まり歩けるかしら!!
ありがとうございます!気持ちが嬉しいな。

※ポポさん
そう!田舎の方なの!
だから街は歩いていないの。笑
いいですよね〜。街もいっぱい行きました。イオンとか。
ビンゴ屋っていう洋服屋があるのですけど(表記は忘れた…)
まーくんの友人が経営していて、すごく良いのが揃った
島根にしては(失礼)おしゃれなセレクトショップがありますよ〜。
そこそこ大きくて、メンズ&レディース。
良かったらぜひ〜(宣伝。笑)


※tonpyさん
期待させやがって〜!!!ですね。
とても残念です…。
きっと飲み友達になれますよ。お互い顔知らないけど、そこは超人だし…。
まだまだ亡くなられたばかり。
私も当初は刺々しく、殺伐と嗚咽を漏らしながら生きていましたよ。
2年経ってだいぶ丸くなりました。
今は地獄でしょう。でも少し軽くなる時もくる。
耐えるしかないことは多い。けど耐えた分身になるものもあります。
無理なさらない様に、嫌なことも嬉しいこともいっぱい教えてくださいね。


 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2


  ↓旦那が死んで買い物魔と化した私の買ったもの。
   どんどん増えていくでしょう。

rukuten_room20190411


旦那がこの夏、天国へいきました。↑ご挨拶。世の中の嫁姑争いが騒がれてる昨今。 申し訳ないくらい関係がすこぶる良いです。 遠く離れているというのもあると思うけど、何より義母さんの人格の為すところ。 もう、菩薩の様です。 ですので、ここからは義 ...

旦那がこの夏、天国へいきました。
↑ご挨拶。



世の中の嫁姑争いが騒がれてる昨今。
申し訳ないくらい関係がすこぶる良いです。

遠く離れているというのもあると思うけど、何より義母さんの人格の為すところ。
もう、菩薩の様です。

ですので、ここからは義母様と呼ばせていただきます。

義母様は、認める。尽くす。文句を言わない。
こんなに穏やかで、何でも受け止めてくれる人は私の人生の中ではいませんでした。

まーくんは遅くできた子で、私とまーくんも歳が離れているので
嫁というより、孫に近い感覚なのかも。(まーくんと初孫の間くらいの年齢)


「私さんは、私さんは」と私の事もすごく大事にしてくれるので
けーくんが産まれた1歳前の夏に、
旦那より一足早く帰省して嫁と子だけで2、3週間居座った事もありました。

さすがに疲れた様で、まーくんも帰省してしばらく経った明け方。
まーくんがトイレに行こうと扉を開けたら…
明日のジョーの様に、真っ白な廃人と化した義母様が座っていたそうな。
義母様の記憶はまったく無いそうな…ごめんね。お義母様。
まーくん、マジでビビったそうな。

そんな義母様、まーくんが死んでからも長い事一緒に暮らしてくれてます。
2ヶ月ほど。お義父様と。

私の次に辛いのは義母様。(私が一番!と思ってます。)
二人で辛いね。悲しいね。と慰め合い、愚痴を言い、寄り添って生きてます。

私の家族は、
死んだ旦那より、旦那に死なれた私の方が大事なわけで
今後のこと、起きてしまったことは仕方のないことと、前向け前向け感が強くて辛い時があります。

保育園の送迎も義母様・義父様にお願いしていて
園の先生が、本当に良いおじいちゃんおばあちゃんだね。と言ってくれました。
「私さんが一番。私さんに笑ってほしくて。元気になってほしくて。」と
それを聞いて泣いちゃったそうです。
それを聞いて私も泣きました。


先日、葬儀の時の写真を見ました。
大好きなカメラマンさんにお願いしていたものです。
一部を義母様にあげたいと。
そこに義母様とのツーショットもありました。

まーくんが死んだことは、悲しいことなんかじゃない!
悲しいだけで終わらせてはいけない。ピースだ!平和だ!
お義母様ピースだよね。とピースサインで撮りました。

この葬式において、
私と義母さまの悲しみビッグ2がピースすることに
誰が文句を言えるだろうか。
これ以上に悲しんでいる人はいるだろうか。その二人がするのだから良いじゃないか。


         20171017


改めて見たら
いやー、まー、見事に不謹慎。笑。
おススメしません。笑。

ちょっとテンションがおかしくなっていたのでしょうね。
うわ〜。て自分でも思いました。

でも仲は良さそう。笑。

大事な義母様・義父様、よいお年だけど、
ずっとずっと長生きしてもらいたい。
あと20年くらい…無理かしら。無理かなぁ。

もう誰も見送りたくないなぁ。



↓そんな義母様。本当に優しい菩薩です。
応援クリック欄です

世の片隅にこんな家族がいるんだと   
クリックして応援いただけると嬉しいです。


↑ガンバレーで1クリック
※変な絵!?この絵の謎はこちら


ブログランキング・にほんブログ村へ
↑さらにガンバレーで 再度クリック

********************
↓更新すると通知が届きますよ。 line_sab_serihu_20171107_mini
line_sab_20171107_mini
********************