きみといっしょに。〜死別。旦那が突然死にました〜

突然天国に行ってしまった旦那のまーくん、そして残された子供達と私の物語。

突発的心情

なんだかどうしようもなく不安で心細くて泣きたくなる様な心情の時があります。何かがあったわけじゃない。むしろ上手くいった日なのに。私の人生はバラ色になると信じているのに。嫌なことを言われたわけじゃない。何かすぐにやらなければいけないことがあるわけじゃない。 ...

なんだかどうしようもなく不安で心細くて
泣きたくなる様な心情の時があります。


何かがあったわけじゃない。
むしろ上手くいった日なのに。


私の人生は
バラ色になると信じているのに。

20191202_1


嫌なことを言われたわけじゃない。
何かすぐにやらなければいけないことがあるわけじゃない。 


それでも
心が鉛の様

今にも泣いてしまいたい。


得体の知れない
不安感とでも言うのでしょうか。 

20191202_2



もう今日は寝てしまおう。


そう思った矢先に
けーくんが意地悪して
しーちゃんを泣かす


強めに怒っても
ヘラヘラしているけーくんにキレて

必要以上に乱暴な言葉を使いました。

20191202_3


すぐに襲う自己嫌悪


20191202_4


私の異常さにビビった子供達が
片付けをいそいそと始めています。

片付けている子供達の傍で
泣きました。

20191202_5


何が悲しいんだか分からない。


まーくんがいないことなんて分かってる。
毎日毎日対峙して
やっと3人の生活が普通にできるようになって来た。


日常に泣かないくらい強くなった。


でも泣きました。



戻って欲しいだなんて思ってない。(戻らないし)
会いたいだなんて考えてない。(会えないし)


充分すぎるほどに
状況を理解してる。
嫌が応にも強くなった。


ただ苦しい。
今が苦しい。


きっと大丈夫になっても
この鉛のような心は
しこりになって心の奥底にずっとある。

そしてたまに
ぐーっと重くなって存在感を示すんだ。



『大事な人が死んだんだよ』と。

20191202_6


そうか。最近ヨガに行ってない…

体の巡りがおかしいんだ。 


 自分でも訳もわからず泣いている私に
「ごめんね。ごめんなたい。」と謝ってくるけーくん。

「お母さんも、ごめんなさい。」
と抱きしめ合いながら泣きました。



まだ気持ちが不安定。
涙も出てくる。

けど突然に咳が酷くなったしーちゃんに
急遽吸入をする。


泣かせても
沈ませてもくれないこの状況。


20191202_7



涙引っ込めて
薬を飲ませ
吸入を羨ましがったけーくんに薬入ってない状態でやらせ
歯磨いて
トイレ行かせて
寝かしつける



鉛はきっと無くなることはない。


自分のことは自分で整えるしかない。

ヨガに行こう。
そういう自分と付き合っていけるように。


自分でなんとかするしかないんだから…。





↓本当にヨガに救われています。心も体もデトックス!


●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2


  ↓旦那が死んで買い物魔と化した私の買ったもの。
   どんどん増えていくでしょう。

rukuten_room20190411