きみといっしょに。〜死別。旦那が突然死にました〜

突然天国に行ってしまった旦那のまーくん、そして残された子供達と私の物語。

書籍化

ブログを始めた当初から本を出すことを叫んでいました。改めて叫ばさせてください。本出しますー!!え?また言ってるよって?違います。出版社から声かかりましたーー!ましたー!ましたー!やっと来たここまで来たとうとうここまで来た声がかかる前から決意して来年の8月22 ...

ブログを始めた当初から本を出すことを叫んでいました。

改めて叫ばさせてください。



本出しますー!!



え?
また言ってるよって?


違います。

出版社から声かかりましたーー!
ましたー!ましたー!


やっと来た
ここまで来た
とうとうここまで来た

20191121_3


声がかかる前から決意して
来年の8月22日に出版すると決めていました。(前のめり。笑)

それが現実可能性ありな範囲の声かけ。


そして
出版&命日に
私が握手してもらう会を催すことにしていました。

勝手にそう決めたけども
週末じゃないと来れない人いるんじゃね?
でも日にちずらすのもなぁ…

……週末ってことある?


いやいや、そんなまさか
この2年平日だったし
週末は2日しかないじゃん。
そんな運良く…


………


週末でしたー!!


もう、運命としか思えない。

20191121_1


本当はもっと後で
ちゃんと目処が立ってからお伝えしようと思いもしたけども

このブログは私の人生の記録なので

その時出会ったことや
思ったことを残しておきたい

だから
まだ何も決まってない段階で報告しちゃいます。


もし頓挫したらその出来事も
私の人生さ!




全書き下ろし予定。
(やばない?できるんか私。笑)



本なんて作ったことないし
書いたことないし
どこから手をつけたらいいか
皆目見当つかないけども

人生の正念場だと思って取り組みます。
魂込めます。(まーくんの)

20191121_2


今取り組んでいる映画の仕事が落ち着いて来たタイミングなのも運命。

がっつりやります。
その為に仕事休みます。
働いてる場合じゃない。


収入?


そんなの関係…なくねぇ。
不安…笑。
無収入不安。




そんなことを会社の統括してる先輩に漏らすと

「必要な最低限の金額が払えるように、ちゃんと考えるよ。
やれることをやればいい。」

普通、働けないかもとなったら
最大限優しくて「じゃあ働けるようになったら来てね」だよね。
考慮しまくってくれる。

会社をうまく使ったらいい。って超高待遇。





まーくんと共にお世話になった大師匠に話すと

「俺が何とかするから」

足長おじさん!!?





同僚に話すと

「何でも手伝います!」

もう感謝しかない。





ありがたい限り。
なんて恵まれた環境にいるのでしょう。



ママ友に私がいつか話した言葉で重く響いているものがあると言われました。


「旦那が死んだこと以外
恵まれすぎている環境にいるんだ。」


比べるもの、失ったものが大き過ぎて
軽々しく良いね。とは言えないけども
そう言える事が凄いし
そういう環境を作って来たんだろうと。


まーくんが残してくれたものなのか
私が作ったものなのか


それは分からない。
(まーくんの力は大きいと思う)


それでも今ある有難い環境で
最高のものを作ろうと思います!


発売は
2020年8月22日
2(ピース)がいっぱい!


これから先
挫折したり
技量不足で頓挫したら

それはその時で
また話を聞いてください。


20191121_4


でも絶対やる。
ここでやらずして
どこでやるんだ。

ここで踏ん張らずして
どこで踏ん張るんだ。


というわけで
書籍化着手します!!


だから来年の8月22日に
何かしら催すと思います。
…多分。…きっと。…もしかしたら!


↓死のうと思ったからこそ決意をした『本にする』という目標。


●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2


  ↓旦那が死んで買い物魔と化した私の買ったもの。
   どんどん増えていくでしょう。

rukuten_room20190411


3人で死ぬことが頭をよぎりました。一瞬であろうと結構末期な精神状態。だから決めました。本書く。以前に弟子仲間のタッチと話していてタッチが旧友達と話している時に「あれやりたい、これやりた。でも…」と自分も含めなっていたと。なんてかっこ悪いんだ!と思ったと。 ...

3人で死ぬことが頭をよぎりました。

一瞬であろうと結構末期な精神状態。


だから決めました。


本書く。
20190707_1_1

以前に弟子仲間のタッチと話していて
タッチが旧友達と話している時に
「あれやりたい、これやりた。でも…」と
自分も含めなっていたと。

なんてかっこ悪いんだ!と思ったと。


やりたいことあれば
つべこべ言わずにやれよ!
やってからだろ!
やれるんだろ!


人生は思いの外短い。
グズグズしてる暇なんてない。
グズグズしてたら、まーくんに顔向けが出来ない。

お前は生きてるんだからなんだってできるだろ!


20190707_1_2


ブログを始めた当初。
ゆくゆくは本を書くんだ。なんの当ても実績もない素人がそう思っていました。

今もその気持ちは萎んではいません。

でも、もうちょっと絵が上達してから
でも、どこからも声かかってないし
でも、仕事で時間がなくて
でも、仕事しないとお金がなくて


でも、でも、でも、でも…


っどーーーーーでもいいわ!!



死のうとしたんなら
死ぬ前に本書いてからにしよう。



目標、来年のまーくんの命日。
まーくんがいなくなってから三年後。


死ぬ時を一年延長して
一生生きなくてもいい。ひとまず一年生きてみる。
それでも一年経ったら、きっと違う景色が見えているはず。


誰に話しても「書いたらいい」「書けよ」って言われる。
やらない理由。やれない理由を探していただけかもしれない。


死を意識してスイッチが入りました。

20190707_1_3


やれるだけやろう。



「やれるか」「やれないか」じゃなくて
「やるか」「やらないか」。



まずは一先ずブログの閲覧数を増やそう。
せっかく本作っても誰も見てくれないんじゃ意味ないじゃん。

どこかの情報で100万PVあれば、チラホラ出版の声がかかるレベルだと…
(PVは閲覧者数ではなくて、閲覧ページ数です。)
95万は行ったことあるけど、100万の壁は厚い…。


どうしたら増えるのかは皆目見当つきませんが(当てなし!)
まぁ、そこは皆さんに一日100ページほど読んでいただいて。(半分冗談です。半分!笑)

ひとまず、ちゃんと書こう。文章も絵も。(いや、ちゃんと書いてるけども…)


並行して本の構成も考えよう。
涙も伝えて、笑いも伝えるにはどうしたらいいのか。


やることはいっぱいある。
期限は差し迫っている。


結果、出来なくてもいい。
けど、あと一年で死ぬんだと思ってやりたいことやってみよう。

一年経ってから考えればいいんだから。



そして出来た本を抱えて
みなさんに会える何かを企画しよう。

握手会かな。
私が握手するんじゃなくて
握手してもらう会。
どれだけ励まされて生きていたか。


え?一年後?遅い?


皆さんにお会いしたいけど
幹事って柄じゃないし…
6人以上の食事会苦手だし…
あ、6人しか集まらない可能性もあるけど…


でも繋がりたい人もいるよね…。
何か考えられたらいいな。
何か考えます。
何だろう。斡旋的な…?



何はともあれ
ひとまず本だ。本書こう。


良いものが書けないかもしれない。
読んでくれる人がいないかもしれない。

そんなことをウダウダ考えてるより
まずはやってみよう。

全てはやってみてからだ。



↓命には必ずタイムリミットがある。
その期限は誰にもわからない。だからこそ今しかない。
※昨日は私の血反吐を吐く様な想いに
たくさんのコメントをありがとうございました。浮き沈みが激しくて
数日コメント返信お休みしようと思います!
全部ありがたく、ありがたーく読んでいます。
本当に力になる。
全部受け止めています。
返信しないのは蔑ろにしているわけじゃないですからね!
ただちょっと元気がなくて…
本当にどの気持ちも共感も嬉しかったです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
『2019春夏すくパラダブル総選挙』
ブログ部門にエントリーしています!


エントリーNo.30 せせらぎです!
きみといっしょにです!
サブタイははしょっても良かです!手間でしょ。長いし…

ポチッと応援してくださったら嬉しいです。
(ポチッと言いつつ書き込みですが…)
20190619_1_5
投票はこちらから↓
※期限は2019年8月20日までです。

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2


  ↓旦那が死んで買い物魔と化した私の買ったもの。
   どんどん増えていくでしょう。

rukuten_room20190411


私には密かな野望があります。・本を出すこと・映画を作ることまーくんが死んで、もう居ても立ってもいられなくて、もう誰もまーくんの存在を知ることがなく、むしろ忘れ去られてしまう一方のまーくんが不憫で出来るだけ多くの方に「まーくんという人がいた」「彼の人生はこ ...

私には密かな野望があります。


・本を出すこと
・映画を作ること


まーくんが死んで、もう居ても立ってもいられなくて、
もう誰もまーくんの存在を知ることがなく、むしろ忘れ去られてしまう一方のまーくんが不憫で
出来るだけ多くの方に「まーくんという人がいた」「彼の人生はここにあった」というのを知らしめたくてブログを始めました。
(もちろん私の吐き出しの場としても)

できれば本にしたい。
カジュアルに読める死別本。
死別がテーマなのにカジュアルってのかポイントです。
何なら笑えるものにしたい。死を扱っているのに笑える。


誰もが想像し得る悲しみ。
想像の上をいく悲しみ。
そして喜びと幸せ。


誰かを亡くした人にも、誰か大切な人がいる人にも読んでもらいたい。
そして何よりまーくんを知ってほしい。

これは私の画力が向上して、数年経ってもまだ情熱が薄れていなかったら、本気でどこかに売り込みをかけようかと。
最悪自費出版で。
本の装丁デザインはもちろん私。
はい。自己満足です。
でも売りの文句も考えてあります。すでに。笑

20181020_1



そして映画化。


私とまーくんがお世話になった会社で制作してもらって
まーくんと親交のある監督に撮ってもらって
お世話になっている宣伝プロダクションに担当してもらって
私が宣伝デザインをする。(ちょっと不安なのでまーくんの師匠と共に)
撮影は友人のカメラマン。(いっぱいいる…誰にしよう…)


キャストを考えるのがただ楽しいです。
コメントでもいつだかそんな話をしましたが
私役は〜綾瀬はるかさんかなぁ(綺麗でコミカルが出来る方がいいな)
まーくん役は〜ムロツヨシさんかなぁ。山田孝之さんというのもアリかも。(カッコよすぎるのも違うかしら)
そして、どこにも出どころがないのですが、平野くんに是非出演してもらって。

リアリティを追求するなら、素人で私が大抜擢されて…
大丈夫です!中学時代演劇部でしたから。
まーくんはやっぱりケントモリさんでしょう。演技未知数ですが。
『3人は自分と同じ顔が存在するらしい…』

20181020_2


そんな妄想をするのが楽しいです。
私が会いたい人たちを頭の中でキャスティングする。

平野くんは出どころがないけど、成長したけーくんとかしーちゃんとか!と無理やり配役しても
いや、主役級じゃないと事務所が出さないよな。
うーん。10年後くらいの映画化で、まーくん役か?カッコよすぎるか…とか

ただ楽しいです。


これも予告編をすでに考えています。
出だしはこう、カットはこう、歌の入り方はこう。本編ないのに。笑

これもシリアスで泣けるんだけど、でも笑えるものにしたいです。


映画化の為には、私がこの先の人生、とんでもなく羽ばたいて
映画のストーリーとして見応えのあるものにしないと売りが弱いですよね。
観客は “何を見に行くか” が重要です。
これが見たい!を叶えるストーリーにしないと。
でも、次の人との恋愛主軸ではなくて、あくまで大切な人を失った人のリアルなその後を描きたい。
大抵の物語って、『死』がピークで、その後の心情とか状況って描いたものないんですよね。
あっても「前向いて生きるぜ!」みたいな最後の5分くらいで終わる。
そこんとこをリアルにコミカルに描きたい。(何目線!笑)


良いんです。勝手に思っている夢だから。
実現しようとしなかろうと思うはただ。
密かな夢だから。(公言しとるがな!)

口に出したら、実現するかもしれない。
叶えたいことは言い続けるべし!と言いますよね。




そんな私の夢の希望の光。
同じライブドアブログでブログをされている歌川さんの本が映画化しました。

その試写会に誘われました。


初めてのブロガーとしてこういう場に参加しました。
有名ブロガーが集う場。
ドキドキ…



↓その時のお話です。
 応援をどうぞ!さあ!

ランキングに参加しています。 
クリックしてもらえるとランキングが上がっちゃって
更新と生きる励みになります。
  にほんブログ村 家族ブログ 死別へ 


↓更新すると通知が届きますよ。 line_sab_serihu_20171107_mini
line_sab_20171107_mini

『せせらぎ通信』はいかが?

サイドブログを立ち上げております。
癒された曲や、手続きの話など
死別時に役に立てたらいいなという情報やらを書いています。(情報サイトです。)

seseragitsushin_title


文字多めで難しい話もありますがイラストも描いています。
わかりやすく説明している。つ・も・り。
よろしかったらのぞいて見てください。