きみといっしょに。〜死別。旦那が突然死にました〜

突然天国に行ってしまった旦那のまーくん、そして残された子供達と私の物語。

批判

ブログを書いていて書籍を出版してたまに思うことがあります。この人は一体私の何をわかって言っているのだろう。主に否定的なものに対して。肯定的なものに関してはたとえそれが的外れでも、私を美化に美化しすぎていてもいいんです。(勝手か!)肯定はプラスのエネルギー ...

ブログを書いていて
書籍を出版して

たまに思うことがあります。


この人は一体私の何をわかって言っているのだろう。

20201010_1


主に否定的なものに対して。
肯定的なものに関しては
たとえそれが的外れでも、私を美化に美化しすぎていてもいいんです。
(勝手か!)

肯定はプラスのエネルギーを生むものだから。 
誰かを傷つけるわけでも
誰かが傷つくわけでもありません。

頑張ろうと思える。

20201010_2



否定は…非難は…
もうちょっとよくわかりません。


私の精神や生き方が幼稚だと言う人

正直(えーーーーーーー!)と思いました。
そりゃあ崇高な人間じゃないし
幼稚だと思うところも多々あります。

でも、よく知りもしない人が凄い勝手に決めつけるなと。



私の人生、どれだけのものを抱え(死別前も)
どれだけのことを乗り越え
何に対峙し
今、必死に生きているのか。
全部知ってる?親でも知らないのに。



死別してわかったことは
人は欠片しか見ずに、人のことを判断する。ということ。

笑っていても、その人の裏側には見えない大きなものを抱えているかもしれない。
なんでもない風で、苦痛を抱えているかもしれない。
それぞれに大切な人がいて
それぞれに大切に想われて

たった一つの出来事、一つの会話だけでは
その人のことは測れない。そう思っています。



私の精神論、生き方
ありえない。幼稚。そう言う人は
一体何をどれだけ見て言っているのかはわかりませんが

あなたの価値観の、あなたの人生の、あなたの基準での話。
決めつけはよくないなと思うのです。




私のブログを全部読んでくださっている方は
私の未熟さと良き部分とを知っていてくれているでしょう。
また
まーくんのありえなさと、素敵な部分を知ってくれているでしょう。


でも、一片だけを切り取る人は
まーくんは人格者で、私はわがままな嫁。
まーくんは酷い夫で、私は我慢の妻。
全く両極になる見方を別々にします。

同じ夫婦なのに…。

人は一つのことじゃ語れない。

本当にそう思います。




そういう否定的な言葉に
以前は傷ついていた自分もいましたが
最近はさほど傷つかなくなりました。


人間が出来た崇高な人に言われるならまだしも
未熟な人に何を言われたって
気にとめるほどのことじゃない。

だって人間が出来た崇高な人は
未熟な者を傷つける言い方はしないもの。



人を未熟だと言う人ほどの未熟さったらない。
人をバカにする人ほどバカな人はいない。

人を笑う人ほど笑われるべき存在であり
蔑む人ほど蔑まれているんだろうな。

そう思っています。




嫌だな。って思う人にも大切な人がいて
その人の人生を歩いています。

それを否定する権利ってあるのでしょうか。
否定できるほどの人がいるのでしょうか。


せめて自分は
その『嫌だ』と思う向こう側にある
その人を見たいなと思う。



私の価値観の、私の人生の、私の基準の中で
でも、決めつけることなく
人を見れたらなと思うのです。

20201010_3



ただ、そういう言葉にふれて
「なんじゃそりゃー!」と思う私も
まだまだ未熟な人間でござんす。



↓それこそ、一片だけ切り取られて荒れ狂ったな。笑


**************
そんな私の本が発売しました。
まーくんが死んでからのことを
綴った3年間の記録。

予約開始になった日に
Amazonカテゴリーランキング
一位になりました。(本当ありがたい)

旦那が突然死にました。
せせらぎ
エムディエヌコーポレーション
2020-08-24


サンプル(どどーんと一章分、配信しています)
●Twitter→こちら
●アメブロ→
こちら

************* 


●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




↓批判がいっぱいあった記事 ↓心苦しくて呟いたらコメント欄カオスになった記事 みなさん。こんにちは。せせらぎです。せせらぎは元気です。割と早く元気になりましたが何だか目をキラキラさせて待ち構えている奴がいるような気がして少し寝かせました。もう少し寝かせよ ...

↓批判がいっぱいあった記事
 

↓心苦しくて呟いたらコメント欄カオスになった記事
 


みなさん。
こんにちは。
せせらぎです。

せせらぎは元気です。
20191025_1

割と早く元気になりましたが
何だか目をキラキラさせて待ち構えている奴がいるような気がして
少し寝かせました。


20191025_2



もう少し寝かせようかとも思いましたが
必要以上に心配かけるのもなぁと。


思うことが沢山あって、思いがけず過去最長記事。(多分)
描いてて楽しくなっちゃって過去最多イラスト。笑



昔から人に対して冷めたところがある子供だったので
今回もなんとも思わずいます。
ただ、お迎えに行った時のしーちゃんのワガママぶりが
コラボパンチで
もういやー!まーくん帰ってきてーになりました。


今回、何が1番心を苦しくさせたかと考えたら
私は別に間違っていると思ってないものを
おかしな感じに捉えられて
そしてそれについたハートのクリックの数。

全員に責め立てられているような気がして
自分のブログなのにアウェイ感を感じました。
 

だから助けを求めた。
数は少ないかもしれないけど
心を温めてくれる人が絶対にいると思ったから。

20191025_3


その結果
予想以上に温められました。


20191025_4



子育てって正解も不正解もない。
本当の意味で間違ってなかったが分かるとしたら、
その人が死んだ時でしょうね。 
(そういうことでいうと、まーくんのお母さんは大成功!)




「私はそういう風に思ってやっている」


がなんでダメなんでしょう。
とくに1コメントではなくブログ主だと。


確かにご迷惑をおかけすることではあります。
でも育児上迷惑をかけずに育てるなんて不可能。

その時に本当に申し訳ないという気持ちさえ持っていたらいいのだと思っています。
そう思ってやってきました。

店員さんに言わせた時も
そういう状態でした。

会話を全部聞いて、状況全部を見ていたわけじゃないのに
よくもまぁ、「育児を他人に丸投げ」なんて言えるなぁと。
どんだけのモンスターだと思ってるんだよ…


20191025_5



でもそれがブログ読者の総意に感じてすごく辛かった。
そんなにダメなことをしたのだろうか。



20191025_6


ハートの数は
以前ライブドアさんから「1人一つしか押せないようにしました!」と
知らされた気がしていたので
あまりの多さに全員に責められている気がした。

でも、あれですね。
何度も押せますね。笑



たまーに寄せられる私への悪意。
それに紐付くように多くなるハート数。


アンチの存在はあるのだろうなと感じていました。
でも、アンチは称号だと思っています。
むしろ喜ばしいことです。

20191025_7



私は天邪鬼で頑固者の変わり者なので
申し訳ないながら意見を変えるつもりはありません。


心で舌を出しながら「ごめんなさい」と言うこともできる。
でも言えないんですよ…思ってもいないことを…

記事に寄せられた批判的(意見的)なコメント
学ぶこともありましたし、心に届くものもありましたが
基本的に全然心に響かなかったです。ごめんなさい。

だって見当違いなんだもん。


店員さんとのやり取りの中で、ただ貰えてしまった。
叱ってくれも言ってないし、子供に何も教えてないなんて言ってない。

予想外にも優しすぎる世の中だったというだけの話なのに
本当にその優しさに眉をよせて大困りしたとでも思ったのか
一部だけを見た人がすごい飛躍して解釈し過ぎるのか
はたまた何の汲み取りもせず解釈されたのか


「育児を全て社会に押し付ける!
だって私は死別シングルで大変だから!」


んなわけあるかい!
押し付けられるのなら押し付けたいわ!(あ、本音が)

そして死別シングルは紛れもなく大変だ!



書き方が事足りてなかったのかもしれませんけど
それに気づいてない人も
噂を聞きつけて乗っかってくるくる

まぁ、どちらでも良いですけど
全然自分の事実と違う方向へ行ったなと。
もちろん普通に捉えてくださった方もいらっしゃいました。
事実は自分の中にあるし、それは悪いものではありません。

けど、それが苦しかった。
悪いと思ってもいないものをなぜ受け入れないといけないのか
許しを乞うのか?分かってもらおうと詳細を説明するのか?
なんで?誰の為に?

思ってもいない倫理観を責められて、それに贖罪するの?

万人に好かれるように
自分の意見を曲げて、実際に思ったことも書けなくて
上っ面の出来事を好かれる様に書く。
それって意味ある?意義ある?




そして思い出した
私とまーくんの師匠(大師匠)の言葉


「せせらぎは
空気を読まずに好きなものを作れ
それがお前にはできる」


褒められてるんだか、いないんだかの褒め言葉。


20191025_8


たとえ大半の人が否定派だったっていいじゃないか。
私は自分を否定する人の為に書いているわけじゃない。

少数でも私を好きだと言ってくれる人のため
自分の為に書いているんだもの。
自己満足でなにが悪い。


私は自分の心地の良い様に生きていくって決めました。
それが周りからみたらおかしな事でも
自分勝手でも構いやしません。

大切なことは私が大切にしている
大切な人達から教えてもらいます。
(読者さんも含めて)


私を否定したい人たちは
特別観覧席をご用意したので
そちらからどうぞ。
20191025_9


それで読者さんが半減しても構いません。
それが私ですので。
私が嫌な人、どうしようもねーなと思う人は是非、別のブログを見てください。


にしても
時間が経つにつれてどんどんカオスになっていく…。
ちょっと面白かった。
『ブログ』とか『ネット社会』という生き物を見ているようで。

20191025_11


言いたいだけの人
傷つけたいだけの人
正論振りかざしたい人
優しいだけの人

あ、ちなみに優しいだけの人を大切にしますので
ご気分を害される方はもう見なくて良いですよ〜!
優しい読者さん大切にして何が悪いさぁ!
(優しさからの助言はちゃんと聞きますよー。)


今回、本当に沢山励ましてもらって
一時、あの記事あげなければ良かったなと思ったけども
逆にあげて良かったと思っています。

温かい読者様がいること
怖い読者様がいること
自分の姿勢
改めて考えることができました。
(そういう事でいうと、批判も感謝!)


いろんな人がいるんだなぁ〜。


その中で
ベストオブコメント
( 皆さんのコメント本当に全部元気になりました!)

ーーーーーー ーーーー
まーくんなら
批判のコメントに反論なんかしないで
めんどくせーとか言い放って
マイペースに自分の仕事とかしてそう
    —同好会キャプ
ーーーーーーーーーーー
 
同好会キャプ様は、生前のまーくんを知っている方です。

めっちゃ分かる。
どんだけ心砕いて話したとしても
自分に響かないどうでもいいことは華麗に無視。
何の一言もなくただの無視。
勘違いでも無視。

同好会キャプさんの声を借りた
まーくんからの言葉だと思いました。 
(まーくんの使いの者もいましたね。笑。ありがとうございます!)
20191025_10


だから私もサクッと無視します。


今回の記事に限り
私の心に響かない
もしくは悪い方に響いたものに関しては返信しません。
腹がたっても事実と違っても
どんなに訂正したくとも華麗に無視します。


それでも書いてくれる方は
そんなに私が好きなんか。と勝手に思いますのでご了承ください。

20191025_15

そういうつもりじゃなかったのに無視されてる!?
と思ったらご指摘ください。
うっかりです。

改めて見直して、うっかりだったら返信させていただきます!
意図しての無視だったら、引き続き無視します。

20191025_12


『返したくなるコメント』

それは内容どうのこうのではなく
意見するとなれば言い回しや伝え方も大事なんでしょう。
『丁寧語』『長さ』ではない、心に響く言葉。
文字だけで伝えることの難しさ。
思い知れ〜。

いつもはどんなコメントにも返していますけど
あまりにも幼い、見当違いなものが多かったので
今回はこうします!

ここまで話して
それでも「私の意見は!!!」と思う方はドシドシどうぞ!
普通に無視しますけど。

別に私の返信なんかいらずに言いたいだけ!
ということであれば気にせずにどうぞ。
返信しないだけなので。



問題の記事も
返信は途中だけどやめますね。
火に油だと思いますので …。

そしてすごい量のコメントをいただいたので
違う記事に関しても、この期間に頂いたものはお休みします!
初めての方もいらっしゃったのに…
別でまたくれることを願うのみ!




今回、知ったことは

何百もの温かいモフモフの気持ちより
小さな棘の存在感がすごい。

20191025_14



そして、温かい人ほど低姿勢

20191025_16



辛辣な人ほど高飛車


20191025_13

自分が正論だと思っているものほど
自信があってためらいがなくて
人を傷つける。

一昔前の自分を思い出しました。

20191025_17


「人に正しいことを言う時は謙虚であれ」


結婚した時に友人にもらった詩の本に書いてあった一節です。
改めて自分の人生で取り入れていきたい。



「人に聞いてほしい、やって欲しいことがあるのなら
それを聞いてもらえる、叶えてもらえる様に話しなさい。」

と子供達には日頃から言っています。


 
コメントを下さる方の中には
驚くほど低姿勢な方もいて

20191025_19


いっくらでも話を聞いてあげたくなる。


反面
全然話を聞きたくない人もいます。


20191025_18



限られた文字の中で全部を詳細に伝えるなんて無理だし
今後もするつもりもありません。
そんなん書き方一つやん。
疑問に思ったことは聞いていただければ答えるし
変に誤解して批判してくるものはサラッと受け流します。
理解も求めません。
私はありのままのことを、ちょっと面白く書いていくだけです。


どう受け止めていただこうが自由です。
その受け止め方を非難するのも自由ですし
その非難を私がどう受け止めるかも自由。



都合の良いように生きていきます。
ここは私のブログだもの。

これは私の人生だもの。


自分の心地の良いものだけ大切にして何がいけないのでしょう。

20191025_20


誰かを負かさなきゃいけないなんて思ってないし
戦っているつもりもありません。
(でも負かしたい人が多いんですよね〜。)


『死別様』でも『母子家庭様』でも
『信者』でも『教祖』でも
『モンペ』でも『とんでもない親』でも
思いたい人は勝手に思えばいい。

なんて思われようが興味ないです。

私が戦っているのは
顔の見えないどこぞの誰かさんではなく
いつも常に自分自身。


寂しい日々と
壊れそうな心と
ままならない子育て

それだけが私が戦う相手です。





ちなみに今回、1番申し訳なかったことは
ご飯を作れる気持ちじゃなくて
夕飯をコーンフレークにしたこと。

20191025_21


泣いていることを
「仕事で怒られた」と伝え
翌日それを兄弟間で共有して
20191025_22


それぞれに慰めてくれて

またいつものように

怒られて保育園に行きました。


20191025_23



応援してくださる方
本当に本当に本当に有難いです。
頑張れます。

同じ境遇の方
頑張ろうね。何があっても頑張るしかない。
頑張れよしよ。負けたらあかんで!


せせらぎは大丈夫ですよー。
なんかコメントが多くなるにつれて
逆に冷静になりました。笑。
人が透けて見えて
心砕くのバカバカしくなっちゃった。



今後もこういうことはあるでしょう。
自分と違う意見の批判に(アドバイスという皮をかぶった批判も)
心削ってたらブログなんかできるかい。
面の皮厚くして生きてやります!
と上司と話したら「面の皮」は違うだろと。笑

※面の皮が厚い
【意
恥を恥とも思わない。ずうずうしい。厚かましい
↑そんなに間違ってもない。笑


おかげさまで面の皮が一枚厚くなりました!
倒れては大きく強くなって立ち上がるモンスターになります!
(コメントにありましたね。ちょっと笑っちゃった。笑)

悲しいながら98%の人に否定されてもやれちゃう自分も確かです。
自分の大切に思っているものが、たとえ2%の人しか理解してくれなくても
その大切なものは譲りません。


私の人生はもう幸せに続くことしか起こらない。
だから今回のことも必要なこと。


そして、この事態の中
キンプリ平野くんの舞台が第一希望で当たりましたー!
去年は外れたのに…
やったーーーー!


と、ちょっと早いかもと思いつつ
通常営業に戻ります!
よろしくお願いします!



↓大師匠から「空気読まずにやれ」と、お言葉を頂いた時のこと。


↓この先、幸せへと続くとしか考えられないもの!


●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2


  ↓旦那が死んで買い物魔と化した私の買ったもの。
   どんどん増えていくでしょう。

rukuten_room20190411