きみといっしょに。〜死別。旦那が突然死にました〜

突然天国に行ってしまった旦那のまーくん、そして残された子供達と私の物語。

天国

少し前に会いに行ったおばあちゃんが死にました。 手を握り声をかけ抱きしめたその時やれることを後悔ないようにしたので心の準備もあり素直に受け入れることができ訃報を聞いた時それは早朝の電話で覚悟を持って聞けました。そして、割と穏やかな気持ちです。まーくんが死ん ...

少し前に会いに行った
おばあちゃんが死にました。



手を握り
声をかけ
抱きしめた


その時やれることを
後悔ないようにしたので

心の準備もあり
素直に受け入れることができ



訃報を聞いた時

それは早朝の電話で
覚悟を持って聞けました。




そして、
割と穏やかな気持ちです。


まーくんが死んだ時

もう二度と葬式はゴメンだと思いました。


この時の
この感情が
フラッシュバックする気がして
怖くて仕方なかった。


それでも
おばあちゃんの葬式は
大して泣きもせず
心落ち着いている自分がいます。


手も合わせるし
焼香だって出来る。
20200201_1


それは
まーくんの死後
嫌という程
『死ぬこと』
『生きること』
を考えてきたから。

それこそ
二年以上
毎日考えています。


死は怖いものではなくなった。
あちらの世界には沢山の人がいる。
全員あちらに行く。

ただ
それが早いか遅いかだけ。



死に対峙する辛さって
年齢も大きいと思うし
生活を共にするかでえらく違う。


おばあちゃんが死んでも
寂しいけれど
私の生活には何の変化もありません。


昨日まで当たり前のようにいた存在が
今日からいないという空虚感。
それが死別で一番辛い。


それですら
体験してしまったので
もう何が起こっても向き合える。
怖いものなしです。


きっと
子供が死んでも
しこたま泣いて悲しむと思うけど

それでもきっと
(仕方のないことだ)
そう思えると思います。
その覚悟が出来ています。

そしてあちらの世界にはお父さんが待っているからね。


20200201_2


にしてもやっぱり
葬式って何なんでしょう。

まーくんの時は
焼香も手合わせもしなかった。したくなかった。


おばあちゃんの時は
やって欲しいならやりますよ。精神。


お坊さんが戒名について話し
「この名前をないがしろにする人が
最近多いけど
天国へ行く為に大事な名前なんだ」と。



……………




…おかしくない?


その名前つけてもらうのにお金いるよね?
何なら名前のランクもあるよね?


お葬式もそうだけど
お金を持ってる人じゃないと
天国に行けないの?


傲慢なお金持ちが天国に行って
誠実な貧乏人は行けないの?




そんなばかな。

20200201_5




大切なのは
遺された人の想い。
葬式だって墓だって何だっていい。


と思うけど
もし私が独り身で死んで
誰にも想ってもらえなくて
遺体や遺灰を生ゴミで出されるのは
ちょっと悲しい。


そうなったら
坊さんにくらい手を合わせて欲しい。(わがまま。笑)


やっぱり死者を敬うのは大切なことなのかなぁとも思う次第です。。

答えの出ない難問ですな。




ひとまず。


おばあちゃん。


お疲れ様でした!

また会う日まで
ゆっくり過ごしててね。
きっと天国では体は元気。

思いっきり走り回って
待っててくださいな。



ね!まーくん。

おばあちゃんをよろしくね。

天国の先輩として。

20200201_4


けーくんと葬儀に向かう途中
死んだら天国に行くんだよ〜などと話していて
「天国ってどこにあるんだろうね」と(遠い目)で聞きました。




「お空にあるんだよ」



そう言われました。

幼い子供にそう言われると事実な気がする。
お空にいくんだね。みんな。

20200201_3

↓想いが届きますように。


●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

※コメント返信をしばらくお休みします。
『せせらぎの部屋』ではコメント返信します。
20191204_5

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




私にはおばあちゃんがいます。共働きの両親に代わり親代りをしてずっと育ててくれた祖父母。そんな祖母が入院して会いに行ったのが半年以上前 変わってしまったおばあちゃんにしこたま泣きました。いい歳だからいつ何があってもおかしくない。(じいちゃんの時は前日の夕食の ...

私にはおばあちゃんがいます。

共働きの両親に代わり
親代りをしてずっと育ててくれた祖父母。

そんな祖母が入院して会いに行ったのが半年以上前


変わってしまったおばあちゃんに
しこたま泣きました。



いい歳だから
いつ何があってもおかしくない。
(じいちゃんの時は
前日の夕食の肉をペロリとたいらげ
その翌日の朝にポックリと逝きました)



とはいえ
なかなか頻繁には会いに行けない現実。
無精者の薄情者です。


ずっと覚悟はしつつも
まだまだ元気だということで
日々いつも通りに暮らしておりました。
(会いに行った時が一番弱ってて
そこからみるみる元気になったようです)



そんな祖母が危ないと。

食事をすることを忘れた。そうです。
行為としてやらなくなった。と。

食べることは生きること。

食べなくなった祖母は
生きようとはもう思わなくなったのかもしれません。


とはいえ92歳。大往生です。



点滴で栄養を入れる(延命)もあるけども
繋ぐだけの命。
自分で紡いでいこうとはしていない。

数日は大丈夫だろうけど…
と気が落ちているように見える父からの電話を受け
急遽会いに行くことにしました。


その前日に姉と母が会いに行って
「めっちゃ元気だった!」と報告されたけど。笑

動いてたし、話してたし
あれで点滴止める(延命しない)判断をしたら殺人だ!
と息巻いていました。



都合的には来週の方がありがたい。

今帰るのはちょっとドタバタで…
姉の言葉もあるし、
みんな急いで来なくて良いって言ってるし
しばらく大丈夫かも。


と思ったけども
いつも以上に何があるか分からない事態。
死んでから会うのと
生きているうちに会うのはえらい違いだと
身を以て知っているので
強引に行ってきました。

20200128_6


会いに行ったおばあちゃんは
食事を取らない結構シビアな状態にいるので
ナースステーションの奥の特別な部屋にいました。

それでもゼリーは食べたと聞き
状態が持ち返した様でした。



姉と一緒にベッドの横の椅子に座り
思い出話に花を咲かせます。

おばあちゃんの手を握りながら。

20200128_7

うつらうつらとしているおばあちゃんには
聞こえているのか理解しているのか分からない。
でもずっと手は動いていて
ずっと頷いている様にも見えます。

これくらいの年齢、状況(じーちゃんは先に天国へ)
天国の入り口が見えているだろう今
本人どう思っているのだろうね。


って、まだ死なんわ!!って思ってるかもよ。笑

などと、姉と笑い合って話しました。


20200128_1


育ててくれた感謝と
反抗期が全て向かった謝罪を
ハグして伝えました。

20200128_2


悲しみはなかった。
以前会いに行った時のように泣きはしなかった。


ただ一度だけ
涙が出た時。




「まーくんが待ってるからね」




そう言った時に
自然と涙がつたいました。 

20200128_3


おばあちゃんと同じ92歳で天国に逝ったおじいちゃん。
おばあちゃんの兄弟も待っているでしょう。
まーくんが死んでからの年月でも何人かあちらに逝きました。
ただ、あまりにもまーくんは早過ぎた。

想像するあちらの世界が輝いていて
逝くことは悪いことだとは思わないけども
ただ切ない。

なんでお前がそっち側にいるんだよと。


20200128_4




まーくんが死んで2年。

『死ぬこと』
『生きること』
『死んだ後の世界』
『遺された人の想い』

嫌という程考えてきました。

毎日毎日毎日毎日考えてきました。



結果、
『死』は怖いものでは無くなりました。



今、本当に穏やかな気持ちで死を待っています。(私の方が)


いつ死ぬかは分からない。
死に方も分からない。



せめて穏やかな最期であることを祈るけども

祈りは不確かなものです。
願ったって叶わないこともあります。
(初詣の唯一の願い「家族みな健康で」すら叶えてもらえなかった)

苦しみ死ぬかもしれない。それは分からない。止められない。



だから


だからせめて
死ぬその時まで
思いっきり生きられますように。
後悔しない生き方ができますように。

祈ることはそれだけです。




そして




おばあちゃんに会いに行った翌週
おばあちゃんは死にました。

次の週末を待つことなく
まーくんのいる天国へ。


20200128_5



ね。会いに行って良かったでしょ。
『次』なんて不確かなものでしかないんだから。


後悔を一つでもしない生き方。
その時にやれることを考えて
自分の気持ちを大事にする。


まーくんに会いに行くその時まで。


おばあちゃん。おじいちゃん。
まーくんに、ももちゃん(愛犬)


また会おうね。

その時まで
もうちょっと待っててね。



↓スタンバッてはおくから!


●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

※コメント返信をしばらくお休みします。
『せせらぎの部屋』ではコメント返信します。
20191204_5

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




タイトル通り、 旦那がこの夏(2017年8月)、天国へいきました。 1歳と3歳の息子を残して。 なんの予兆もない晴天の霹靂。 心不全による突然死でした。 元々、母子家庭気味だったのに 完全なる母子家庭に。。 今までと同じ生活は辛いから 何でも良いから ...

タイトル通り、
旦那がこの夏(2017年8月)、天国へいきました。

1歳と3歳の息子を残して。
なんの予兆もない晴天の霹靂。
心不全による突然死でした。

20171001

元々、母子家庭気味だったのに
完全なる母子家庭に。。

今までと同じ生活は辛いから
何でも良いから新しいことを始めようと思い、その一つにブログを選びました。

もう伝えることのできないダンナに。
一緒に過ごした日々を忘れないように。
私の気持ちの発散の場として。
残していきたいと思います。

↓そんな旦那のまーくんが死んだ日のことです。

 応援をどうぞ!さあ!

ランキングに参加しています。 
クリックしてもらえるとランキングが上がっちゃって
更新と生きる励みになります。
  にほんブログ村 家族ブログ 死別へ 

↓更新すると通知が届きますよ。 line_sab_serihu_20171107_mini
line_sab_20171107_mini

『せせらぎ通信』はいかが?

サイドブログを立ち上げております。
癒された曲や、手続きの話など
死別時に役に立てたらいいなという情報やらを書いています。(情報サイトです。)

seseragitsushin_title


文字多めで難しい話もありますがイラストも描いています。
わかりやすく説明している。つ・も・り。
よろしかったらのぞいて見てください。