きみといっしょに。〜死別。旦那が突然死にました〜

突然天国に行ってしまった旦那のまーくん、そして残された子供達と私の物語。

変化

ブログを始めて3年。公式ブロガーになって、 2年?他のブログもちょいちょい見る余裕が出てきてまーくんが死んでから少し時間も経って少し気持ちに新鮮味が欠けるなと読んでくれる人にとっても何か新しい形式にした方がいいのかなぁと最近ぼんやり思っていました。イラスト中 ...

ブログを始めて3年。

公式ブロガーになって、 2年?


他のブログもちょいちょい見る余裕が出てきて
まーくんが死んでから少し時間も経って

少し気持ちに新鮮味が欠けるなと
読んでくれる人にとっても
何か新しい形式にした方がいいのかなぁと
最近ぼんやり思っていました。


イラスト中心?
4コマ?
面白いエピソードがメイン? 
育児絵日記?
もういっそ精神論のみ?


ぶっちゃけ映画化を目指すにあたりpv数(サイトの閲覧数)は
多いに越したことはない。


私のブログは文字中心で
若干重め。

最初の取っ掛かりとしては取っつきにくいと思うし
次へ次へ!と読み進めるカジュアルさにも欠けるだろうと

超更新が滞っているアメブロの方は
漫画を載せていたので
読み易かったのか、ちゃんと更新していた時は
閲覧数はこちらより多かったです。


きっと
漫画中心にして
文字は少なめで
面白いエピソード中心にした方が
沢山の人がカジュアルに沢山読んでくれるのかなと。


もういっそのこと、そっちに振るか!
とぼんや〜り思っていたら

先日、電車の中で悲しみの大波に襲われて
それを、いてもたってもいられなくてブログに呟きました。


20201124_1_1




うん。



無理だ。


20201124_1_2


漫画のみの
面白いエピソードだけを載せるのは
今の自分には早すぎる。


まだ

悲しい…



吐き出したい。


辛い想いを…。



たまに楽しい気持ちになりながら
ただただ思いの丈を綴りたい。




というわけで体裁変わらず!(なんなんだ!)




変わらない方がいいのか
変わった方がいいのか


ちょっと考えたけども
私は好きに好きなこと書いていけばいいやと



きっと今は死別されていない方も沢山見てくださっていて
死別から時間が少し経った今、常に苦しい想いを綴る頻度は減り
死別間もない方に響くものではないかもしれない
興味を持って見てきてくれた方には、もういい加減良くない?って思われてるかもしれない


でもまぁ
私のメンタルケアを兼ねているので

誰かを気にして書くのも違うかなと新たに思い
このままやっていこうと思います。


え?どうでもいい?
誰も気にしてない?


うん。いいの。
私は私の好きなことを好きに書くだけだから〜


読んでくれなくても構わない。
読んでくれる人がいたら嬉しい。

ずっと読んでくださる方はありがたいし
たまーに思い出して見に来てくださる方もありがたい



自分が好き勝手に書いている物を
好きだと言ってくれる人がいるって奇跡だよね。

そんな人たちに会いたい。
で、理由を根掘り葉掘り聞いて菓子折でも渡したい。

20201124_1_3




いづれ体裁は変わるかもしれません。
そうしたいなって思う時期が来たら。




でもイラストも好きだけど
やっぱり文章が好きだ。


だからもう少しこのままで…



ここは、天国のまーくんに日々を報告する場でもあるから。 

20201124_1_4



↓突然悲しさがぶり返すのさ



※コメント返信お休みしてます。
 
貴重なご意見いただいたら返したいので
今回だけ返信復活しまっす!


**************
本を発売しました。

まーくんが死んでからのことを
綴った3年間の記録。

旦那が突然死にました。
せせらぎ
エムディエヌコーポレーション
2020-08-24


サンプル(どどーんと一章分、配信しています)
●Twitter→こちら
●アメブロ→
こちら

************* 


●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




子供達がまーくんの仏壇(に飾ってある人形)で遊んでいる。そんな姿を切ない表情で見ていたらしーちゃん(3歳)に「おとーたんに会いたい?」と切ない表情で聞かれました。「会いたいよ」と微笑み返して答えると「大丈夫よー!しーちゃんの家にいるよー」と温かい返し。ふと ...

子供達がまーくんの仏壇(に飾ってある人形)で遊んでいる。

そんな姿を切ない表情で見ていたら
しーちゃん(3歳)に


「おとーたんに会いたい?」と
切ない表情で聞かれました。



「会いたいよ」と微笑み返して答えると
「大丈夫よー!しーちゃんの家にいるよー」と温かい返し。




ふと横に目をやり、そんなやりとりを黙っているけーくん(5歳)に
「お父さんに会いたい?」と聞いてみました。

ちなみに以前聞いた時は「別に」との返答。

今回は
しばらく沈黙があった後に


「…うん。


だって


肩車とか
抱っことかするもん。」



その沈黙と小さな声と物語る表情に
けーくんの心が見えました。

  20190604_1


『お父さん』を「良いな」と思い始めてるんだ…。


「そっかーそうだよね。」と明るく返しつつも
ちょっと席を外して泣きました。


20190604_2

けーくんは『お父さん』を知らない。
他の子に当たり前にある『お父さんとの遊び』を知らない。

生前たくさん遊んだし、肩車もしたけども
それは、けーくんの記憶には残っていない。(死別当初3歳だった)

『お父さん』というものを知らずに
「いいな…」と思って生きていくんだ。

胸が押しつぶされそうになります。



誰も望んでいなかった。

『お父さんがいない人生』
『伴侶のいない人生』
『家族を残して天国へいく人生』

誰一人として望んでないのに
そんな結果になってしまった。


けど、私が泣いていたらダメだ。
子供の心に触れるたびに私が暗い顔をしていたら
子供達は本心を言わなくなる。
「言っちゃいけないことなんだ」と思ってしまう。


受け止められるようになろう。
「大したことじゃない」と彼らが思えるように。



深呼吸して、なんでもない顔をして
風呂に入る前の裸だったけども
しばらく長めに抱っこして遊びました。



肩車をせがまれたけども
サラッと断り。(いや、本当身体能力低くて…)
いつもはしないおんぶまでして、つかの間遊びました。


どうしたらいいのだろう。
彼らが健やかに傷つかずに生きていくには。
傷ついた時に折れない心を作っていくには。

私に何ができるのだろう。


20190604_3


明るくいることくらいしかできない。
せめて唯一の親が明るくいてあげられるように…

↓私がやれることなんてないんですよね。対峙するのも彼らの人生の一つ。
 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2


  ↓旦那が死んで買い物魔と化した私の買ったもの。
   どんどん増えていくでしょう。

rukuten_room20190411


旦那様のまーくんが死ぬまで私の世界は1つでした。今、この時この場所。私がいる場所。それがまーくんが死んで世界はここだけじゃないんだと感じました。霊界とか天国とかを明確に信じているわけではないんですよ。なんていうんでしょうか。全てだった世界が、本当は大した ...

旦那様のまーくんが死ぬまで
私の世界は1つでした。

今、この時この場所。私がいる場所。


それがまーくんが死んで
世界はここだけじゃないんだと感じました。

霊界とか天国とかを明確に信じているわけではないんですよ。


20190208_2


なんていうんでしょうか。
全てだった世界が、本当は大したことない世界なんだなと。
いずれ離れていく場所なんだと。


突然愛する人を失った世界は、何だか一枚のフィルターを挟んで見ているようで
どこか現実味がなく客観視してる気がします。

20190208_1


他人だった人たちは、それぞれの人生や愛する人がいて、いつ離れるかも分からないこの世を生きている。

だって、みんな死ぬんだよ。
永遠にここにいるわけじゃない。

仮住まいとでも言いましょうか。
それとも留学?出向?

長くても90年ほど
短いとそれこそ数日
数時間もあるだろうし生まれてこないこともある。

永遠に続くことって苦痛です。
有限だから楽しめることもある。


せっかく今、この時この世にいるんだから、期間限定なんだから楽しまなくちゃ。


そして楽しめるようになりました。


皮肉なものです。
大切な人を失って人生を楽しもうとする様になる。


限りのあるこの世界。
偶然にも出会えた人達。


いつかまーくんのいる世界に行くのだから、
今やれること、ここだから出来ること、やりたい事を残す事なく、楽しみ尽くして旅立とうと思います。


グズグズしてたら勿体無い。
不安に思ってたら勿体無い。
恨んだら勿体無い。
妬んだら勿体無い。


いつしか離れるこの世の為に
人は社会を発展させ
医療に立ち向かい
向上して、日々働いて生きている。


すごいじゃないか
高くそびえるビル
すぐに各国の料理を食べれること
いつでも誰とでも連絡が取れること
何処へでもいける交通手段。



今、この時代にいられることを楽しく満喫して過ごさなくちゃ。
人ってすげーなぁと感心しながら。



20190208_3


↓まーくんを失って、世界が輝いて見えるようになりました。

※ゆかりんさん
メッセージありがとうございます!
目安箱にて取り上げさせていただきますね。しばしお待ちを…。

※なすりんさん
メッセージありがとうございます!
是非お聞きしたいです。合うところで書き込んでいただければと思います〜。
・私だけに聞いてほしいであれば(非公開希望)→メッセージ欄
・みんなに見てもらっても構わない→コメント欄(どの記事でも良いですよ)
・みんなに是非教えたい!取り上げて欲しい。→メッセージ欄(いずれ目安箱か記事にて取り上げます)コメント欄でもいいです。(一旦こちらで非公開にします。)

 応援をどうぞ!さあ!

ランキングに参加しています。 
クリックしてもらえるとランキングが上がっちゃって
更新と生きる励みになります。
  にほんブログ村 家族ブログ 死別へ 


↓更新すると通知が届きますよ。 line_sab_serihu_20171107_mini
line_sab_20171107_mini

『せせらぎ通信』はいかが?

サイドブログを立ち上げております。
癒された曲や、手続きの話など
死別時に役に立てたらいいなという情報やらを書いています。(情報サイトです。)

seseragitsushin_title


文字多めで難しい話もありますがイラストも描いています。
わかりやすく説明している。つ・も・り。
よろしかったらのぞいて見てください。

まーくんが死んだことによって多くの変化が起こりました。それは環境的にもだし、心境的にも。この夏、まーくんが死んでから初めての夏。一つの変化に気づく。とても小さな小さな変化。それは…日焼けが気にならなくなったこと!(小さい!笑)私はグングン陽を吸収する質で ...

まーくんが死んだことによって多くの変化が起こりました。
それは環境的にもだし、心境的にも。



この夏、まーくんが死んでから初めての夏。一つの変化に気づく。
とても小さな小さな変化。



それは…



日焼けが気にならなくなったこと!(小さい!笑)



私はグングン陽を吸収する質で
油断するとドンドン黒くなります。
     20180818_1

学生の頃、登校すると友人に
「どっか行った?」と言われるほど黒くなる。
いやいや、昨日も学校だから。来てたから。
どうやら行きのたった今の登校のものの15分で陽を吸収したようです。(どんだけ!)

20180818_2


去年は常に帽子を被り
通気性のいい長袖を羽織り
よくおばさんが着けているような、腕焼け防止の手袋?をつけ、
極力、肌の露出を抑えていました。
(基本家で、車移動なのに、それでも焼ける。笑)


それが今年は
帽子も気が向いた時だけ
なんならノースリーブで自転車で走り回ってます。

そして、ジンワリジンワリ黒化してます。


なんなんでしょう。この変化。笑
本当、小さいことが気にならなくなった。

ま、いっか!
と思えることが多くなった。(前からそんな感じですが、より多く。)


死別前よりも、本当に囚われず自由に生きている気がします。


未来の自分のために、そこは日焼けの恐怖に囚われて、ぜひ日焼け防止を頑張ってもらいたいものですがね。


↓そして美白に燃え始める。日焼けしていた私のバカ!
 応援をどうぞ!さあ!

ランキングに参加しています。 
クリックしてもらえるとランキングが上がっちゃって
更新と生きる励みになります。
  にほんブログ村 家族ブログ 死別へ 


↓更新すると通知が届きますよ。 line_sab_serihu_20171107_mini
line_sab_20171107_mini

『せせらぎ通信』はいかが?

サイドブログを立ち上げております。
癒された曲や、手続きの話など
死別時に役に立てたらいいなという情報やらを書いています。(情報サイトです。)

seseragitsushin_title


文字多めで難しい話もありますがイラストも描いています。
わかりやすく説明している。つ・も・り。
よろしかったらのぞいて見てください。