きみといっしょに。〜死別。旦那が突然死にました〜

突然天国に行ってしまった旦那のまーくん、そして残された子供達と私の物語。

卒園

アメブロ更新しました!ひとり親の私と子供達との日常 NEW! インスタにも同じものを投稿していく予定ですまとめて読みたい方はインスタへ!(アメブロの方が更新が早いです)↓過去分 View this post on Instagram A post shared by せせらぎ (@seser ...

アメブロ更新しました!

ひとり親の私と子供達との日常 




NEW!





インスタにも同じものを投稿していく予定です
まとめて読みたい方はインスタへ!
(アメブロの方が更新が早いです)

62a0ddc9-s
↓過去分





**************
大切な家族が突然死んだ…
そんな本を発売しました。

まーくんが死んでからのこと
起こる奇跡と心の葛藤
死別の3年間を綴った愛と人生の記録。

旦那が突然死にました。
せせらぎ
エムディエヌコーポレーション






サンプル
こちら

(どどーんと一章分、配信しています)


************* 

●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら


 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2

アメブロ更新しました!ひとり親の私と子供達との日常 NEW! インスタにも同じものを投稿していく予定ですまとめて読みたい方はインスタへ!(アメブロの方が更新が早いです)↓過去分 View this post on Instagram A post shared by せせらぎ (@seser ...

アメブロ更新しました!

ひとり親の私と子供達との日常 




NEW!





インスタにも同じものを投稿していく予定です
まとめて読みたい方はインスタへ!
(アメブロの方が更新が早いです)

62a0ddc9-s
↓過去分




**************
大切な家族が突然死んだ…
そんな本を発売しました。

まーくんが死んでからのこと
起こる奇跡と心の葛藤
死別の3年間を綴った愛と人生の記録。

旦那が突然死にました。
せせらぎ
エムディエヌコーポレーション






サンプル
こちら

(どどーんと一章分、配信しています)


************* 

●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら


 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2

この春次男のしーちゃんが保育園を卒園し小学生になりました。旦那のまーくんが突然死んだのはしーちゃんが保育園に入って半年も経たない頃そこから卒園までの5年弱本当に本当に本当に頑張った。私、頑張った。晴れの日も雨の日も雪の日もどんなに具合が悪くても本当に苦しく ...

この春
次男のしーちゃんが保育園を卒園し
小学生になりました。

20220409_1



旦那のまーくんが突然死んだのは
しーちゃんが保育園に入って半年も経たない頃
そこから卒園までの5年弱


本当に

本当に本当に

頑張った。



私、頑張った。




晴れの日も
雨の日も
雪の日も

どんなに具合が悪くても
本当に苦しくても

いつも大泣きしながら送迎し
ワガママばかりの子供たちに付き合い
他の家庭を見る度に羨ましくて

自分で自分を奮い立たせて
夕飯を作ってお風呂に入れて

いつでもギャーギャーしている子供達に
たまにキレながら
仕事に向き合い

死んでしまいたいと
本気で思ったこともあった



少し笑えるようになって
それでも
親子共々、先生方に迷惑をかけて
(長男けーくんは発達障害で
私は常に遅刻魔の提出物遅延…)

延長保育&夕食も度々お願いしたし
雪の日なんて
最高20時お迎えなのに、帰れなくて23時過ぎたり…



沢山保育園の手を借り
まーくんが死んだと知った日の翌朝も
死別されたA先生(私より若い)に
誰よりも先に泣きつきに行きました



本当に本当に沢山支えられました。





それでも

やっぱり

何より讃えたいのは


私自身。



よくやったよ。
20220409_2



まーくんが死んだ時
しーちゃんはまだ1歳でおっぱい飲んでたし
けーくんは3歳で発達遅延が明るみに出て
翌月から療育が始まるという時だった。

突然未来が無くなって
目の前が真っ暗になって
生きていることすら辛くて
ただ耐えるしかなくて

それでも
生活をしないといけなくて
子供を育てないといけなくて
子供たちはまだ何にも1人じゃできなくて

だけど
生きるために自分の人生も諦めたくなくて
子供達の幸せも諦めたくなくて
無理矢理笑って
色々なところに行って沢山のことをしました。




生きるだけで
子供の世話だけで大変だっちゅうに

今までとは違う
初めて責任を負う立場で仕事を引き受けたり

ブログを毎日更新し
出勤の電車で記事を書き
子供達が寝た後&起きる前に絵を描き

資格を3つ取り
本を出版し(全描き下ろし)

けーくんの療育に通い
子供達の習い事に走り


超人か!
と思うよね。

我ながら信じられない行動量



夫婦揃っている人が
旦那がいるワンオペ育児の人が
ひーひー言っている幼児育児を

心に大負荷を抱えながら
私は1人で文句を言うことすら出来ず
やりきった。

20220409_3



卒園式
泣きませんでした。

何だか達成感の方がすごくて
しーちゃんのおめでとうより
私の誉れ感

けーくんの卒園の時と同様
卒園式の退場は
私の肩車
その場で唯一のママ車

傍には
まーくんの遺影と
兄弟児で唯一参列していたけーくん



卒園式では泣かなかったけど
最終登園日

めちゃめちゃ泣きました。


家族旅行のため
一足早く最終登園日を迎えたしーちゃん


涙ながらに思い出を語る担任の先生につられ
うるうると話をし

まーくんが死んだ翌日に泣きつきに行ったA先生も来てくれ
けーくんの時からも含め
計7年、今日で終わりなのだと
涙が止まりませんでした。


20220409_4


A先生が

「しーちゃんの成長も素晴らしいけど

お母さんが

どんどん強くなっていくのが見えて

それも、すごいよかった」

そう言ってくれて
涙がとめどなく出てきて

本当にこの園に通えてよかったと
私、本当頑張ったと
そう思いました。




この園への希望は
家から遠いこともあり5〜6番目。
決まった時はがっかりしたものです。

遠い&自転車のない我が家は
まーくんに毎朝車で送ってもらっていました。

しーちゃんを妊娠時、切迫早産で入院になり
その間の送迎はまーくん
夕飯をお願いしたり
偏食のけーくんに手を焼いたり
園とまーくんの距離も縮まったと思います。

運動会やお祭りなど
保護者が参加するものには
まーくんと一緒に行きました。


学芸会での劇は
残念ながら、年齢的にまーくんが死んでから初めてだったので
まーくんは見ることが出来なかったけど


短かったけど
まーくんとの思い出も残っています。

20220409_5



まーくんが死んでから
私は自転車を買い

子供たちを前と後ろに乗せ
沢山走りました。

子供たちは「お母さん頑張れ」といつも歌ってくれていました。





けーくんの卒園式の時
私がした挨拶の言葉


「今は大変で、困ることも悩むこともあるけれど
振り返ってみたら
あっという間の愛しい時間だったのだと思うのだと思います」


そんなような言葉。




すごく大変で
手がかかって
イライラもして
キツくて

早く大きくなってくれないかと
思うことも多かったけど


振り返ってみたら

小さな手で私の手を一生懸命握ってくれたこと
「お母さん大好き」と沢山言ってくれたこと
無邪気に前を走っていく姿も
なんでもない道端の石ころを三人で見たことも

とても愛おしく
すごく短い素晴らしい時間だったなと

20220409_6


私はまーくんが死んでから
毎日毎日
「これが最後かもしれない」と
なんでもない
全てのことを胸に焼き付けてきました。


そうしていて良かった。



いつか
記憶は薄れ
あの時の可愛さも時間も
忘れることの方が多いでしょう


それでも
その一瞬一瞬をちゃんと私は噛み締めてきた
噛み締めてこれて良かったと思います。



これからもそう
2人が小学生になり
どんどん手が離れ
生活も環境もどんどん変わる。

もしかしたら誰かが死ぬこともあるかもしれない。



だから
この瞬間をちゃんと噛み締めておこう。




しーちゃん
卒園&入学おめでとう


けーくん
三年生への進級おめでとう


20220409_7



あの時一歳だったしーちゃんが…
い、一年生に…うっうっ
私頑張ったなぁ


そして
子供達が歌ってくれていた歌
(作詞作曲:私)


そして
このタイミングで
家族旅行に行きました!

まーくん生前は毎年行っていた旅行
まーくんが死んでから
初めて3人で行くことに。


その時の話はまたいつか、どこかで。




↓まーくんが突然死んだ時。
全てが終わって、全ての始まり。




↓大変だった死別子育ての話をまとめた本が出ます



▼▼▼本日のPick up▼▼▼

なし




▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲


いっぱい色々やったんで…
    ↓↓やっていることをまとめました↓↓
 <せせらぎのhandshake>
handshake_202202

**************** 

<書籍発売中>『旦那が突然死にました。』
旦那が突然死にました。
著者:せせらぎ
エムディエヌコーポレーション
2020-08-24

サンプルこちら
(一章分、配信しています)
****************  

●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2

昨日、保育園の最後の日けーくん無事、卒園しました。もう保育園に行ってもけーくんの姿はないと思うとちょっぴり切ない。毎朝、毎朝着替えて!靴履いて!ヘルメットかぶって!自転車乗ってってばー!!と大声を張り上げることもなくなるのでしょう。3人で自転車に乗ってポケ ...

昨日、保育園の最後の日
けーくん無事、卒園しました。


もう保育園に行っても
けーくんの姿はないと思うと
ちょっぴり切ない。

毎朝、毎朝
着替えて!靴履いて!ヘルメットかぶって!
自転車乗ってってばー!!
と大声を張り上げることもなくなるのでしょう。


3人で自転車に乗って
ポケモンしりとりや
歌を歌うこともなくなる。(あ、涙が…)

20200402_1


繰り返された日々が終わることは寂しい。
もう二度と戻ってこない日。


どんだけ「一人で行ってくれたら楽か!」と思っても
手が離れたら、それはそれで寂しい。


終わりを迎える前の数日
噛み締めるように送る時も迎える時も
いつも以上に抱きしめました。

20200402_2


そして最終日
担任の先生は実は初めての卒園児の受け持ちで
新卒で初めて受け持ったクラスもこのクラスでした。(小さい頃)
来年度からは別の園へ行ってしまいます。

なので彼にもミニ卒園式。
卒園証書とちょっとしたプレゼントと寄せ書き。
泣きますよね。私が。
考えてくれた役員の方達は本当に素晴らしい。

しーちゃんのクラスの先生も4月から異動なので
全員とプチお別れの会。

いやー、感動的だったのに
けーくんとしーちゃんが騒ぎまくって
「遊ばないの!」「走らないの!」を連呼し過ぎて
ちょっとグッタリで
もう終わったらさっさと帰りたかった。笑

園庭でちょっと遊んでいる子供達を羨ましそうにしてるのを
有無を言わさず帰ってきました。


寂しさも感じつつ、早く成長してくれとも思う複雑な親心。


20200402_3



入園して2年半、まーくんが死んで2年半。
色々な想いのある園に、翌日からけーくんは来ません。

頑張ったな(主に私が)と感慨深い気持ちを噛み締め
たくさんの別れを経て
次の日には新しいお友達と顔を合わせます。(学童)

母がついていけない。
流れの早さに追いつけません。


新年度の準備も滞り
学童のお弁当作りも面倒くさくて
外出を控えたほうがいいこのご時世。

少しゆっくりします。
けーくんとちょっと休息の日々。
まぁ、傍で本描きますけど。笑


悲しい気持ちや
不穏な空気が薄らいで

みんなに暖かい春が
訪れますように。


20200402_4



そんな保育園の最後の帰り道
疲弊して無言の私に
後ろで歌を歌っているけーくん。

ーーーーーーーーーーー
スピードあげて
どんどん走れ
自転車さん
頑張れ
ーーーーーーーーーーー

私が作った歌です。笑


登降園時に、早く走って!と言われた時や頑張る時に歌います。
いつの間にか子供達も覚えて一緒に歌ったりしました。


その歌をふと口ずさんでいるけーくん。
しかも「自転車さん」というところを「お母さん」にして

急いで自転車を降りて
もう一度お願いして撮りましたよね。




けーくんと自転車に乗ることは
もうこれからほとんどない。

もしかしたら最後の歌だったかも。

ーーーーーーーーーーー
スピードあげて
どんどん走れ
お母さん
頑張れ
ーーーーーーーーーーー

あぁ、泣けちゃうじゃない。


20200402_5


↓急いで再度歌ってもらって撮った。
●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

※コメント返信をしばらくお休みします。
『せせらぎの部屋』ではコメント返信します。
20191204_5

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




この度、長男けーくんが卒園式を迎えました。コロナの影響で、規模は縮小されましたが無事に式を行うことができました。二日前に、卒園式に気づいてうっかり、当日親子ともに普段着で登場するところでした。笑きっと、式が始まる前から泣いているだろうなとは思ってましたが ...

この度、長男けーくんが卒園式を迎えました。

コロナの影響で、規模は縮小されましたが
無事に式を行うことができました。


二日前に、卒園式に気づいて
うっかり、当日親子ともに普段着で登場するところでした。笑



きっと、式が始まる前から泣いているだろうなとは思ってましたが
案の定、自転車の上で泣きながら式に向かいます。



けーくんが入園したのは
5年前。(5年前かな?)
一歳になってからの入園。


実は第5〜6希望の園。
家から遠いこともあり、ちょっと残念。
(決まっただけでありがたいんですけどね。)


説明会にはまーくんと二人で行き
運動会も参観も、どの行事も一緒に行きました。

しーちゃんを妊娠中、切迫早産で入院になった時
まーくんがけーくんの送り迎えをしました。


しーちゃんも入園してからは
朝はまーくんが私とけーくんを車で送ってくれて
毎日通いました。

2年前、まーくんが死んだ翌日の朝
何よりも先に泣きついたのはこの園でした。
当時のけーくんの担当先生も若くして旦那さんを事故で亡くされていて…


死んですぐ
園の保護者ラインで、まーくんの死を伝え
葬儀に何人もの先生方や保護者の方が来てくださいました。
お花もいただきました。


温かく見守ってくださり
この園に通えて本当に良かったと今は心から思います。


まーくんが死んでからは
私が一人で毎日二人を送っています。
持っていなかった電動自転車を購入して3人で。
泣きながら毎日送りました。



この晴れの日に
まーくんがいないことが寂しくもありますが
嬉しいような。悲しいような。
感慨深い気持ちで始まる前から始終涙が溢れる。


もちろん。
遺影の彼も連れて参加…。



無事、卒園証書も受け取り
退場する時。

両親とそれぞれ好きな形で退場するのを
けーくんは遠くの自分の席から
私に向かって
「肩車して!」と言っていて


肩車!!!?


何度言われても一回もしたことはなかった肩車。
(私の運動能力が乏しいので…)

20200325_1

でも
周りの子が父親に肩車をされている中
けーくんはお父さんがいないから出来ないにはしたくなくて

周りに乗せるのを手伝ってもらいながら
人生で初めて子供を肩車しました。 

もちろんママで肩車をしてるのは私だけです。笑



けーくんは以前から、この時を「肩車をしてもらう!」と楽しみにしていたようで
断らなくて本当に良かった。




卒園証書をもらった時、
親に渡す時にメッセージを言うことになっていたようで

けーくんの言葉は
「いつも送ってくれてありがとう」でした。

なんらない言葉。
他にもこう言っていた子たちは多かったので
特段すごい思い入れがある言葉なわけではないでしょう。


その言葉に対して親も言葉を返すのですが

いろんな想いが溢れて
なんて言っていいか分からず

しばらく時間が経ったあとに





「一緒にいてくれてありがとう」





とだけ言って抱きしめました。





持ってきた遺影を
「けーくんのお父さん!」と
いろんな人に言って回ってて
そんな姿を涙ぐみながら見守りました。

20200325_2



子供達の成長を残した映像を見たり
親が書いたメッセージを見たり
赤ちゃんの頃から一緒に過ごした仲間が
大きなお兄ちゃんお姉ちゃんになってる姿を見て

ここに来るまで
あっという間だった。

そして、とても幸せだった。




子供達の写真を見て感じたことは
「幸せになれ」ではなく「幸せであれ」。



きっと人生は今幸せでいる為に生きている。


いつか幸せになるためではなくて
ああなったら幸せではなくて
ここまでいったら幸せではなくて

今、この瞬間に幸せを感じる為に生きている。

そう思いました。

20200325_3



まーくんが死ぬとは思わなかった。
いつ誰が死ぬかも分からない。


彼が死んで
それまでの日々がどれだけ輝いて幸せだったのかを知り

そして、その後の今も
きっと振り返ればとんでもなく愛しくてかけがえのない時間なのでしょう。



どれだけ大変でも。
苦しんでもがいても。
子供が言うことを聞かなくても。

きっと過ぎ去れば、どれだけ大事な時だったか気づく。

20200325_4


だから、そんな今生きている時間も

「幸せであれ」

そう思います。
そう感じて生きていきたい。





いつ何時も

「幸せである」

そう感じて生きていてほしい。






けーくんへ。



卒園、おめでとう。

立派なお兄ちゃんでした。



20200325_5




まーくんへ。



けーくんが卒園したよ。

ここからは
まーくんが少しも見れなかった世界が始まる。

何が始まるんだろうね。



けーくんを守ってあげてね。



代わりに肩車をするから。


守ってあげててね。



20200325_6




私へ。


お疲れ様でした!

一人終了!
あと一人だ!

楽しんでやっていくべし。


20200325_7


↓常に幸せであれ



●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

※コメント返信をしばらくお休みします。
『せせらぎの部屋』ではコメント返信します。
20191204_5

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




子供達の通っている保育園で卒園式が執り行われました。園児代表クラスとして卒園式に参列するけーくん(次年度年長さん)保育園に送る時に前を卒園式に向かう卒園児のご家族が歩いていました。楽しそうに走っている子供その後をにこやかに歩くお父さんとお母さんみんなきち ...

子供達の通っている保育園で卒園式が執り行われました。



園児代表クラスとして卒園式に参列するけーくん(次年度年長さん)

保育園に送る時に
前を卒園式に向かう卒園児のご家族が歩いていました。

楽しそうに走っている子供
その後をにこやかに歩くお父さんとお母さん

みんなきちんと正装して
今日のこの日を迎えます。



園に着くと、同じく正装している先生方
いつもと違う雰囲気に『特別な日』を感じます。
けーくんが卒園するわけじゃないのに、もうすでに泣ける。

20190320_1


けーくんが卒園するのは来年。



晴れやかなる門出。
私はその時に一体何を思うのでしょう。

20190320_2


まーくんとの間に出来た初めての子供

新しく家を買って生活を始めた土地

1歳の頃から通い始めた保育園

毎朝まーくんと一緒に送った場所

第二子妊娠中に切迫早産で入院になり、まーくんがずっと送り迎えをしていた日々

そして、まーくんが死んだ日
同じ死別者の先生に泣きつきに行ったこと

それから最大限の配慮をしてもらったこと

一人で二人を育てる生活が始まり

泣きながら自転車を漕いだ日もあった

ガムシャラにガムシャラに必死で生きてきた



そして後一年。


私はどこまでいって、何を感じているのでしょう。
まーくんに何を報告するのでしょう。

20190320_3


個人的には入学より卒業の方が感慨深いです。
入学は新たな世界への希望がいっぱい。
卒業は、それまで培ったもの、成長したこと全部持って旅立つ。それまでの時間の価値。



その日はきっと、まーくんも横に立つ。
きっと涙なんか見せずに笑っているけーくんに対して
私の涙が止まることはないでしょう


ありったけの想いをこめて、けーくんに「おめでとう」と言ってあげたい。
ありったけの想いをこめて、自分に「頑張ったね」と言ってあげたい。


なによりも


まーくんに


心を寄せてあげたい。



子供の晴れの姿を見ることなく死んでしまったまーくんに。
成長を一緒に喜ぶことができなかったまーくんに。


「バカヤロウ…」と呟きながら。
「なんでいないんだよ。」と空の隣を睨みながら。

20190320_4



↓晴れの舞台にはきっとまーくんも来ているから。
 応援をどうぞ!さあ!

ランキングに参加しています。 
クリックしてもらえるとランキングが上がっちゃって
更新と生きる励みになります。
  にほんブログ村 家族ブログ 死別へ 


↓更新すると通知が届きますよ。 line_sab_serihu_20171107_mini
line_sab_20171107_mini

『せせらぎ通信』はいかが?

サイドブログを立ち上げております。
癒された曲や、手続きの話など
死別時に役に立てたらいいなという情報やらを書いています。(情報サイトです。)

seseragitsushin_title


文字多めで難しい話もありますがイラストも描いています。
わかりやすく説明している。つ・も・り。
よろしかったらのぞいて見てください。