きみといっしょに。〜死別。旦那が突然死にました〜

突然天国に行ってしまった旦那のまーくん、そして残された子供達と私の物語。

切ない

ダンスを習っているけーくん。年ごとに変わってしまったり卒業でさよならしてしまう人ではなくて長く付き合っていける男の人と関わらせてあげたかったから。 しーちゃんもたまに一緒に行きます。ダンスの後、時間があったら先生が体を使って遊んでくれる。フランクな先生だし ...

ダンスを習っているけーくん。

年ごとに変わってしまったり
卒業でさよならしてしまう人ではなくて
長く付き合っていける男の人と関わらせてあげたかったから。


しーちゃんもたまに一緒に行きます。


ダンスの後、時間があったら先生が体を使って遊んでくれる。


フランクな先生だし
そうやって他の子とも遊んでるって聞いてはいるけど


大人(まーくんに近い年齢)の男の人に絡みついて遊んでいる二人を見ると
つい目頭が熱くなります。

20191117_1


本当はあったその姿。

こうやって遊んでいただろう姿。



「良かったね」と「残念だったね」の気持ちが入り混ざる。

ただ
涙がこみ上げます。

20191117_2

目を真っ赤にしながら
笑顔でそれを見守ります。


満面の笑みで手を振るしーちゃん。
(しーちゃんまで遊んでくれる)

「見てー!!」と楽しそうにはしゃぐけーくん。

20191117_3

泣けます。
視界がぼやけて
先生の姿をまーくんに置き換えたりしてみます。



生きていたら毎日でも遊べたのに…
こんな遊びを一度も出来ずに死んでしまった。
「おとうさん!おとうさん!」といつでも絡みついて
ずっと遊んでいたでしょう。

まーくんなのか
私なのか
子供達なのか

もはや誰が残念だか分からないくらい
残念で仕方ありません。




ちなみに
けーくんは日常でよく
「おかあさん、見ないで!」と言ってきます。


やってるところを見られたくない。
出来てから見てほしい。


ダンスの時も多々言います。
日常なので「はいはい見ませんよー」
と見てないふりして見てるのですが

20191117_4
先生が



「どうしてここに来られてるのか」



という話をしてくれて


「送迎も月謝もお母さんのお陰だ
お母さんには見る権利がある」

と当たり前だけど気づかなかったことに
私が気づきました。


このクラスは3人。
けーくん以外幼稚園。


がっつり働いてるのは私だけ。
家の中でも働いてるのは私だけ。

送迎も協力も私だけ。



私一人の手で
私だけの力で
けーくんはここでダンスを習ってる。

他のお二方は
夫婦で分担しているものを
一人で全部背負ってやっている。



うん。私、権利あるわ。笑


でも分かるんですよね。
頑張ってる努力を見られたくない。
出来てから、出来た自分を見てほしいんだよね。



だから、こっそりガッツリ見てやります!


そんなけーくん、
もうすぐダンスの発表会〜。
どうなることやら〜。

年長さんのけーくん
年中さんまで、みんなと合わせて踊っておりません。(運動会とか)


どうなることやら〜。


↓自分のやりたいことが一番のけーくん。果たして皆んなと踊れるのか…


●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2


  ↓旦那が死んで買い物魔と化した私の買ったもの。
   どんどん増えていくでしょう。

rukuten_room20190411


運動会の前日から体調が悪く運動会が終わった次の日も一歩も家から出ず療養することにしました。曇って、若干雨模様だった天気も午後から日が出てきて「外に出れるよ!どっか行こう!」と言う子供達に「お母さん具合が悪いから今日はお外に出れないんだ。ごめんね。」と言う ...

運動会の前日から体調が悪く
運動会が終わった次の日も
一歩も家から出ず療養することにしました。


曇って、若干雨模様だった天気も
午後から日が出てきて
「外に出れるよ!どっか行こう!」と言う子供達に

「お母さん具合が悪いから
今日はお外に出れないんだ。
ごめんね。」

と言うと、アッサリ納得してくれました。


天気がいいのに家の中で
キャーキャーギャーギャー部屋を散らかしながら遊ぶ子供達を横目に
横になって転がっています。

20191108_1



まーくんがいたらどうだったんだろう。



具合の悪い私を置いてどこかに出かけはしなかっただろう。

私は一日中家にいて腐ってる男子達を気にして
夕飯の材料を買ってくるというミッションを与え

散歩がてら気分転換がてら公園にでもよって
楽しみながら買い物をしてくるはず

さしずめ鍋というところでしょうか。
(具体的妄想。笑)



食べ終わった後
体調が悪化してたら片付けはまーくんがしてくれただろう。

お風呂も歯磨きもしてくれたはず。


私は「ごめんね。ありがとう。」と言って横になるんだ。
子供達もやる気満々で手伝いながら。

20191108_3



…泣ける。



男同士の絆が深まる日。
どちらが良かったかなんて考えるまでもない。



今はただ転がっている母親だけ。

その横で家から出ずに遊ぶしかない子供達。


弱ってるから余計泣ける。

20191108_2


いてくれた未来を想像せずにはいられない。

どれだけ幸せだっただろう。
その幸せにどれだけ気づけただろう。

20191108_4



そんな母の気持ちはつゆ知らず
生き生きと楽しそうに子供達は遊んでいます。


せめて今日は泡風呂に入れてやろう。

『何か楽しいことをした』
そんな日に思えるように。




↓ひとり親は大変だ。


●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2


  ↓旦那が死んで買い物魔と化した私の買ったもの。
   どんどん増えていくでしょう。

rukuten_room20190411


今回のキンプリコンサートの旅。 友人のメアリーと仙台女二人旅になりました。基本的にキンプリ一色の動きだったのですが旅行としてもとても楽しいものでした。子供から離れ一泊二日。好きなものを見に自由に動く。楽しかったー。最近本当に運や巡りが良くこの旅も常に良い状 ...

今回のキンプリコンサートの旅。



友人のメアリーと仙台女二人旅になりました。

基本的にキンプリ一色の動きだったのですが
旅行としてもとても楽しいものでした。


子供から離れ一泊二日。
好きなものを見に自由に動く。
20191013_1


楽しかったー。




最近本当に運や巡りが良く
この旅も常に良い状態で動けました。

時間もゆったり問題なく
キンプリのグッズも並ばずに買え(基本的に長蛇の列になるはず)
レンタカーを手配したことで
時間を持て余すこともなく
ライブ自体は最前列。

帰りに行ったラーメン屋は味玉サービスデー。


次の日に何をしようかと
ホテルの夜で考えた時に

近くにアウトレットモールがあるけど
セールだったらなぁ。行きたいけど…
と調べたら、まさかのセール中。
わんさか買いましたよね。



仙台らしい思い出は
1日目のランチで牛タンを食べたことだけだったけど


本当に楽しい旅でした。


帰りの新幹線に乗る前にお土産を買うことにしていて
旦那とか家族とかにお土産を選んでいるメアリーを見て
私も誰かに何かを買いたい。

20191013_2

買いたい。何がいいだろう。


姪ちゃんにでもあげようか。
楽しかったもんな。
牛タンも美味しかった。
お土産の牛タンも試食が美味しかった。
買って行ってあげようか。

それとも甘いもの?
でも島根の帰省土産もあるし
次いつ会えるかも分からないし…

お土産、買わなくっちゃ。
買いたいな。


買いたいな。


買いたいな。



…なんで買いたいんだろう。

20191013_3

そうふと思いました。



私はこの楽しかった思い出の共有をしたいんだと気付きました。
そしてそれを一番に共有して喜んでくれるだろう相手が
姪ちゃんしかいないことに…。


友人はいますよ?
会社に買って行ってもいい。


でも、どこに行ったから買っていくのではなくて
楽しかった、美味しかったものを再度思い出して共有したいんだと…
この喜びを一緒に喜んで欲しいのだと。



そうメアリーが旦那様にそうするように…




まーくんが生きていたら
間違いなく牛タンを買って行った。それも多分多めに。
家に帰ってからは私が焼いて
美味しいね。美味しいねと。一緒に感動したはず。

何があったかを小さなことまで話して
どれだけ楽しかったかを嬉々として語ったでしょう。

20191013_4


私はそれを、無理やりにでも誰かとしたいのだと気付きました。
本当はまーくんとしたいのに
それには気づかないふりをして…


それに気づいてしまったから
お土産は誰にも買いませんでした。



そんな虚しいことできなかった。





お土産って
渡したい人がいて
喜んでくれる人がいて

そこに価値が生まれることに気づく。


私が1番にお土産を渡したい人はもういないんだ。
1番に思い出を語りたい人はいないんだ。




泣きましたよね。

旅の終わりに。
テンションだだ下がり。
メアリーには悪いことを…優しく一人にしてくれました。



楽しかったからこそ
共有できない寂しさに襲われました。

1番に喜びを伝えたい人。
もうこの世界にはいない。


 ただそれが悲しかった。


お土産…渡したかったな…
一緒に話をしたかったな…



↓これが愛する人がいない世界なんだ…


  ●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2


  ↓旦那が死んで買い物魔と化した私の買ったもの。
   どんどん増えていくでしょう。

rukuten_room20190411


けーくんと二人で暮らしていた時。一緒にラーメン食べました。けーくんが珍しくお昼はラーメンがいいと言って。(いつもはマクドナルド)並んでいた人気店だったけど待つと言うけーくんと一緒に列に並び食券を買って順番を待つ。順番が来てまだかな、まだかなと楽しみに話し ...

けーくんと二人で暮らしていた時。
一緒にラーメン食べました。


けーくんが珍しくお昼はラーメンがいいと言って。(いつもはマクドナルド)

並んでいた人気店だったけど
待つと言うけーくんと一緒に列に並び
食券を買って
順番を待つ。


順番が来て
まだかな、まだかなと
楽しみに話しながら待つ。

ラーメンが来て
子供の器に取り分けて
一緒にはふはふ食べている時

20190624_1

なんだかじーんとしました。


カウンターに二人並んで
ラーメンすすれるくらいになったんだ。


目は離せないものの
それぞれの器に
それぞれのラーメン
それぞれにすする。

食べさせるとかなく
私も自分のラーメンが食べれてる。

自分のを!
それぞれが食べてる!
汁物を!
しかも麺類を!(びっちゃびちゃになるメニュー)

20190624_2

こんなに成長したんだなと。




死別当初
右も左も分からない。というよりは
『目の前どこを向いても真っ暗闇』から
私はここまで育てたんだと。


一人で。

20190624_3

子供の年齢的なこともあって(死別当初3歳と1歳)
男の子ということもあって

本当に物凄く物凄く大変だった。(今も大変。笑)


それが今や
傍で一人でラーメンすすってる。

沢山話をして、冗談言って笑って
対人間として向き合え始めている。

今も変わらず大変だし
大きくなったらなったで別の大変さがあるだろうけど

なんだか『よくやった感』を感じて
目頭がじんわりしました。



そしたら突然

「お父さんも来たら良かったのにねぇ。」

と、思いがけずのお父さん発言。

理由を聞くと
「ここには一緒に来たことないから」と。



そうだよね。
来たかったね。

でも死んじゃうんだから
しょうがないねぇ〜。

と若干冗談めかして
受け止めました。



にしてもラーメンて
やっぱり注文難しいですよね。

色々考えて一人前の大盛りにしたのですが
すごく美味しかったようで
一人前は食べたんじゃないか?と思うくらい。
みるみる減っていく私の麺。笑


いいんです。
息子が美味しそうに食べてくれるなら。

たとえ三枚あったチャーシューが
三枚とも食べられたとしても。

たとえ私が食べたのは
メンマと汁がメインだとしても。


次はしーちゃんも一緒に食べられるようになるのかな。

いつか
それぞれ一杯好きなの頼んで
「美味しいね」って言い合いながら

さらに
子供達は大盛りになって

遠い未来
奢ってくれるようになるのかな


その時に
隣にいたかったね。まーくん。
一緒にいたかったよ。

20190624_4


↓本当どこもかしこも真っ暗闇から頑張ったなぁ。
※bin-0314さん
そんな集いがあるんですね!
いやー、私もぶっこんだ内容かなとも思いましたが
気にせずぶっこんでしまいました。
だってそう思っちゃったんだもん。
私の心の記録ですから〜。
色々な考えがある。
その中で自分が信じられるものを
他人に押し付けることなく
信じたらいいのだと思います。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー
『2019春夏すくパラダブル総選挙』の
ブログ部門にエントリーしています!


エントリーNo.30 せせらぎです!
きみといっしょにです!
サブタイははしょっても良かです!手間でしょ。長いし…

ポチッと応援してくださったら嬉しいです。
(ポチッと言いつつ書き込みですが…)
20190619_1_5
投票はこちらから↓
※期限は2019年8月20日までです。

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2


  ↓旦那が死んで買い物魔と化した私の買ったもの。
   どんどん増えていくでしょう。

rukuten_room20190411


久しぶりに夢を見ました。まーくんの夢会社の子たちと「まーくんがいたら良かった」と話したからでしょうか。私の心の中には、まだそういう気持ちがあるからでしょうか。一年半経って病気かなんかで帰れなかったけどやっとこ帰って来ることができた。そんな夢。死んだと思っ ...

久しぶりに夢を見ました。
まーくんの夢

会社の子たちと
「まーくんがいたら良かった」と話したからでしょうか。


私の心の中には、
まだそういう気持ちがあるからでしょうか。


一年半経って
病気かなんかで帰れなかったけど

やっとこ帰って来ることができた。そんな夢。


死んだと思って過ごしていた家族や友人は
一年半という時間の重みを
それぞれに噛み締めて

諸手を挙げて喜ぶとは違う
けども
心の底から喜んで涙を滲ませる。

そんな再会でした。

20190330_1



まーくんが生きてたことで
でも病気だということで
仕事を辞めることを勧め、

返却しないといけない保険金のことや
収入の減るこれからの生活のことを考えても

「私が働くから」と
まーくんの隣にいることを
何のためらいもなく決めました。

20190330_2



でも


夢が覚めて気がついた。




まーくんは



一言も喋らなかった。



20190330_4



まーくんが帰って来ることは



皆んなの願いで



でも



分かってる



もう永遠に帰らないことを。



きっと心配して
会いに来てくれたのでしょう。

逆効果だけどね。

会いたくなっちゃったよ。
隣にいたかったよ。

もう二度と会えないのに…

20190330_3
↓『会いたい』たったそれだけの願いなのに、二度と叶わない願い。
 応援をどうぞ!さあ!

ランキングに参加しています。 
クリックしてもらえるとランキングが上がっちゃって
更新と生きる励みになります。
  にほんブログ村 家族ブログ 死別へ 


↓更新すると通知が届きますよ。 line_sab_serihu_20171107_mini
line_sab_20171107_mini

『せせらぎ通信』はいかが?

サイドブログを立ち上げております。
癒された曲や、手続きの話など
死別時に役に立てたらいいなという情報やらを書いています。(情報サイトです。)

seseragitsushin_title


文字多めで難しい話もありますがイラストも描いています。
わかりやすく説明している。つ・も・り。
よろしかったらのぞいて見てください。