きみといっしょに。〜死別。旦那が突然死にました〜

突然天国に行ってしまった旦那のまーくん、そして残された子供達と私の物語。

写真

朝からやる気をそがれました。 今日は何だかやる気がみなぎって「あれもこれもやるぞー!」と子供を保育園に送って帰って、洗濯機を開けたら…やっちまいました。オムツ一緒に洗ってもーた…。心が折れて現実逃避してます。ポリマーめ!ポリマーめ!自分め!!!ああぁあぁ ...

朝からやる気をそがれました。

今からポリマーという格闘してきます。
絵の上達の為にツイッターに日々の些細な事をイラスト付きで投稿していこうと思います。
描けば描くほど上手くなる!はず!


あぁ…今日の記事です。↓

人間は新しいものが取り入れられない生き物です。
歳を取って行けばなおさら。


こうするしかない。
こうであるべきだ。
こうしていたんだから。


誰が決めたわけでもない
自分のルールに縛られてる。


201904024_1


私は写真はプリントアウトしたい派です。
私の母が私の成長を分厚いアルバムに納めていました。
そして、そのアルバムが好きです。


成長した私はプリントしても保存はまちまち。
グッチャグチャになってたので
家族が出来たタイミングで
これからの家族の成長は綺麗にまとめようとごっついアルバム揃えました。
子供達用と私とまーくん用。

量が増えたら色を変えていく。
何冊と増えても見栄えるもの。




でも
何冊も増えることはありませんでした。




まーくんが死んでから一枚も貼られなくなったアルバム。


時の止まったアルバムは部屋の隅にあります。



とはいえ写真を撮らなくなったわけではなく
子供達の写真は日毎に増えていく。


データだけでなく物として持っておくことも痛感しています。


貼ることのできないアルバムに
増えていく写真。


続きを貼るには
今を貼るには
プリントしてなかった、まーくんとの時間も貼らないと進めない。


でも何となく嫌だ。
プリントアウトする写真の選定も面倒くさい。

綺麗に貼ったところで、もう見てくれる人はいない。



そんな思いで手がつけられず一年半。


そんな中に出会った





写真プリントのアプリです。

月に8枚無料でプリントしてくれて
スマホ内の写真を選ぶだけ
正方形のプリントアウトで
その月のマンスリーカードも付いてきます。


手軽だし、無料だし(送料はあり)、もう私以外のスマホから写真を撮ることもない。
そもそもL判プリントじゃなきゃいけない理由もない。


撮りためて、膨大な量を改めて選定して
プリントするとこに持ってったりアップロードしたり…

正直ストレスでした。笑




『家族のアルバムを作ること。
あのアルバムで。』


それは私が勝手に決めた私のルール。


手放しました。
まーくんがいなくなった時間から新たに始めようと。

201904024_2


そして『アルバス』めっちゃ楽!
月毎にお知らせ来るし(先月分無料で印刷できるようになりました!と。)
決済も登録情報で進むし
届いた物を専用のアルバムに入れてくだけ。
何より8枚まで無料だし。(紹介コードをゲットして9枚まで無料になりました。)



私はこれでやっていくと決めたので
大容量が収められるこちらのアルバムを買いました!



ちなみに私からの紹介コードは  
4BNGです!
これを入力して貰えば、新しく始める方も9枚まで無料ですよ!
使う方は是非どうぞ!


こんなに楽なシステムがあったなんて!!
良いものがあったら取り入れて
柔軟にやっていくことの必要性を感じました。

何にこだわってたんだか…


ただ、アルバスはスマホ用アプリなのでパソコンの中にある写真をどうしようかと…


まーくんが死んでからの一年半分。
結局『新しい家族のアルバムはアルバスで!』という新しい自分ルールに縛られてるんですけどね。笑


それでも固執してたことを手放す重要性を学びました。




同様に
子供が産まれた年からやっていた
動画の編集。

その一年を音楽に合わせて編集してDVDに焼く。


すごい大変な作業なんですけど
子供の成長を楽しく見れる物として
まーくんと二人で何度も何度も見ました。


そんなDVDは3枚。
けーくんの0歳、1歳、2歳(しーちゃん0歳)まで。
3歳の時にまーくんが死んだので、その年以降はありません。

201904024_6


同じく溜まっていく日々の動画に
やらねばなと思っていました。

それを思うのもストレスでした。



私の編集を褒めてくれていたまーくん。
私も「ここはこだわりよ!」などと。


201904024_4

いくら凝ったって
胸に響くものを作ったって
もう一緒に見る人はいない。
「すごいすごい」と褒めてくれる人はいない。

201904024_5

これも手放しました。
音楽がついた編集動画はまーくんが生きていた時まで。

今は撮った動画を編集もせずにただ繋いで全部ノーカットで焼きます。
保存だけはちゃんとしないとダメだからね。(いつデータが消えるか…)


時間は刻々と経っていきます。
同じではいられない。

今までを大切にするのも大事です。
でも新たなシステムを採用して
今をより生きやすくする。これも大事。


いつまでも前の時代は良かったなんて言ってないで
柔軟に若い子の話に耳を傾けて
新しいものを突っぱねないで取り入れていかないと。



『柔軟に変わること。』



きっとそれが世の中を生きやすくするのに大切なことだから。


201904024_3

↓良い風に変わっていくんだったら、むしろ変わった方がいい。


↓DVDも見れないものだった。今でも過去に作ったものは辛くてあまり見てない。
 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2


  ↓旦那が死んで買い物魔と化した私の買ったもの。
   どんどん増えていくでしょう。

rukuten_room20190411

人は愛している、とてもとても大好きなものを写真に撮るのだと思っています。だから子供の写真はバシャバシャ撮るし、ペットの写真もバシャバシャ撮るのだと思います。気持ちの大きさがシャッターの回数になるのではないでしょうか。よく彼女の写真をバシャバシャ撮る彼氏を ...

人は愛している、とてもとても大好きなものを写真に撮るのだと思っています。

だから子供の写真はバシャバシャ撮るし、ペットの写真もバシャバシャ撮るのだと思います。
気持ちの大きさがシャッターの回数になるのではないでしょうか。
よく彼女の写真をバシャバシャ撮る彼氏を見ることもあります。(観光地とか)


私はまーくんの写真を撮り、沢山の動画を残しました。

20190305_2

反面私の写真や動画はありません。
うん。ありません。
ものすごく少ない。まーくんや子供達に比べたら…



愛されてなかったのかなぁー?


私の写る写真は
「撮ろう!」と二人で撮ったものか
「撮って!」と強制的に撮らせたもの。
もしくは自撮り。
まーくんに送りつけるためのもの。笑。

こうなると分かってたから
まーくんの写真をたくさん残したのかな。
分かってたから無理やり二人で撮ってたのかな。


そんな中
出てきました。

幻の一枚。

まーくんが自発的にカメラを取り出し撮った私とけーくん。


写真て不思議なもので
撮った人の気持ちが写ると思うのですよね。

私にはまーくんの慈しむような愛が見えます。
まぁ、けーくんがいたから撮ったのでしょうけども。


けーくんもしーちゃんも
まーくんに愛を向けられてバッシャバシャ撮られてました。

私の写真のまぁ少ないこと。
撮るから入って!なんて言われることもなく、勝手に無理やり入ってました。

20190305_1

そんな中の一枚。
まーくんは写ってないけど
まーくんの愛が写ってる一枚。
私には見える!まーくんの愛が!ほとばしる愛が!!
↓こちら
seseragi_instagram
※顔がっつり出たんで、いつか削除するかもです。

もうまーくんの目に私が写ることもないし
私の目にまーくんが写ることもない。


…泣けちゃうよ。

20190305_3

↓これ以上ない奥さんだったはずなのに…写真撮ってくれなかったな…
 応援をどうぞ!さあ!

ランキングに参加しています。 
クリックしてもらえるとランキングが上がっちゃって
更新と生きる励みになります。
  にほんブログ村 家族ブログ 死別へ 


↓更新すると通知が届きますよ。 line_sab_serihu_20171107_mini
line_sab_20171107_mini

『せせらぎ通信』はいかが?

サイドブログを立ち上げております。
癒された曲や、手続きの話など
死別時に役に立てたらいいなという情報やらを書いています。(情報サイトです。)

seseragitsushin_title


文字多めで難しい話もありますがイラストも描いています。
わかりやすく説明している。つ・も・り。
よろしかったらのぞいて見てください。