きみといっしょに。〜死別。旦那が突然死にました〜

突然天国に行ってしまった旦那のまーくん、そして残された子供達と私の物語。

人間関係

人に好かれなくてもいいという記事を書きました。 多分本質は私が人を好きじゃなかったのだと思います。人にどう思われようが構わない。私もその人のことをどうだとも思わない。どうとも思わないくらい興味がなかったすぐ嘘をついてそのくせ周りにはいい顔して人の本質なんて ...

人に好かれなくてもいいという記事を書きました。




多分本質は

私が人を好きじゃなかったのだと思います。



人にどう思われようが構わない。
私もその人のことをどうだとも思わない。

どうとも思わないくらい
興味がなかった



すぐ嘘をついて
そのくせ周りにはいい顔して
人の本質なんて見えなかった。

信頼できる人なんてないに等しい。


だから自分からシャットダウンしたのだと思います。



相手を信用できなかったとて
周りに合わせて人の顔を伺うようにせず
関係ねい。と切り離せたのがきっと私なのでしょう…




大人になって最近になって
まーくんが死んで
本当に人というものを見るようになって

所詮誰しもが、生きている人間でしかないと思うようになりました。


その中で、本当に関係性関係なく心寄せてくれる人がいたり
思いの外冷たい人がいたり
色々な人がいるなと、ちゃんと人を見るようになりました。

20200903_1


そして
みんなちゃんと人を見てくれているんだなと感心します。
「せせらぎってこうだよね」と私すら気づかないことを言われたり
そうそう!そうなんだよね!とわかってくれていたり

私は誰の何も全くわからなかった。

何が好きで、嫌いで
どういう趣味趣向で
どういう考えを持っている人なのか

きっと全然興味なかったのだと思います。



結婚前、姓名占いで出た結果は
『友人ゼロ』

ゼロってすごくない!?
その場にいた友人たちは「私たちの立場は…」てなりました。笑
多分本当にそうだったんだと思います。

心を開くのが本当に苦手だった。

その分家族には(大切だと思った人には)深い愛情があると占いでは出てました。




最近は人と話すのが好きで
どういう風に考えるのだろう
どういう風に生きてきたのだろう
興味津々です。


まーくんが死んで本当に世界が開けました。


心を通わせることの素晴らしさ
言葉を交わせることの素晴らしさ

こもって、シャットダウンして
世界を広げていかないことの
なんという素晴らしくなさったら…


まーくんがいたらそれで良かった。

それで満たされていて
何も不安はなくて

『家族』という小さな世界だけで満足でした。

20200903_2



でも違うんですね。



世界はもっと広くて
人は大勢いる。

素敵じゃない人もいっぱいいるだろうけど
素敵な人もいっぱいいる。
 

それを知らないことは勿体ないことです。
それに気づけて良かったのだと思っています。

20200903_3


↓まーくんは『人を愛す人生』をくれたんだ。


**************
本が発売中!!
まーくんが死んでからのことを
綴り続けたものが本になります。

予約開始になった日に
Amazonカテゴリーランキング
一位になりました。(マジか!)

旦那が突然死にました。
せせらぎ
エムディエヌコーポレーション
2020-08-24


サンプル(どどーんと一章分配信しています)
●Twitter→こちら
●アメブロ→
こちら

*************

●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2