きみといっしょに。〜死別。旦那が突然死にました〜

突然天国に行ってしまった旦那のまーくん、そして残された子供達と私の物語。

人との関わり

夏休みの最後の日曜日私の大好きなチェルシー夫婦の誘いを受け子供達連れて遊んできました。遊ぶって言ったって一体どこにこのご時世出かけていいのか出かけない方がいいのか全くわからないそんな私に思ってもいなかった提案『富士サファリパーク』(さすがチェルシー夫婦! ...

夏休みの最後の日曜日
私の大好きなチェルシー夫婦の誘いを受け
子供達連れて遊んできました。

遊ぶって言ったって
一体どこに

このご時世
出かけていいのか
出かけない方がいいのか
全くわからない

そんな私に
思ってもいなかった提案

『富士サファリパーク』
(さすがチェルシー夫婦!ツボをおさえてる!)

朝早く出て、子供達に素敵な思い出をつくってあげられました。

20200902_1_1

…子供達てか
私に素敵な思い出ができました。


少なくとも今年に入ってから
子供達の喜ぶ場所には連れて行ってあげられてなかった。
下手したら一年近いかも。



本当によくしてくれて
車に乗せて連れてってくれるし
私、この日お金を全然出していません。

チケットは事前にオンラインで手配されてて
動物に餌をあげられるジャングルバスのチケット購入も
私が支払うものの、鮮やかな手つきで
私の財布に戻ってくる…
ランチも当たり前のように奢ってくれて
思い出にとお土産のぬいぐるみももちろん買ってくれました。


サファリパークの後に行った御殿場アウトレットでも
子供達見てるから好きに買い物しておいでと自由をくれ

すっごい広いからただ見て回るも楽しくて
ウィンドショッピング後
子供達の元へ戻ると
そこにはしーちゃんが欲しすぎてたまらなかった
LEGOのマリオブロックがプレゼントされてる!
(そんなことを知らないし、本当にツボをおさえてる!!)
しーちゃんのその後のテンションの上がりっぷりったら!


20200902_1_2


有料の遊具も親族ばりに普通にお財布を開いてくれる。






せめてもと私が夕飯奢るからぁ!と言うと
「やったーーー!」と喜んでくれて

回らないお寿司を自分のお金だしバカバカ食べて
さぁ、お会計と思ったら
「もう払ったよ」と。
20200902_1_3


帰りの車は
大人として運転してくれる人に失礼にならないように
寝ないようにしようと思いましたが

ここまで来たらもう、思いっきり甘えてしまおうと
爆睡しましたよね。笑


20200902_1_4




いつもは私が一から十までやらなきゃいけなくて
気を抜ける時なんてない子供達とのおでかけ。
とことん甘え尽くすのが、むしろ嬉しいのでは!と勝手に思って。笑

そんな私も温かく見てくれて
子供達も愛してくれて
けーくんとしーちゃんは肩車を旦那様に交互にせがむ。(大丈夫かな?筋肉痛…)


まーくんが死んで
最初に抱きしめてくれたのは妻のちーちゃんでした。


死後すぐに訪れた結婚記念日も
お店に行っておいでと手を貸してくれた。


クリスマスはいつもサンタをしてくれて
ふとした時に贈り物をくれる。
(それもまたセンスがいい!)




いや、もう
本当に心が温かい。

何が返せるかいつも考えるけど
今に至るまで何も返せず…

20200902_1_5




御殿場アウトレットでも
本当はお礼になるようなちょっとしたものを探したんです。

負担にならなくて
要らなくても邪魔にならなくて
そっと渡せるようなかさばらないもの…

何軒も入ったけど
好みかとか、サイズとか
悩んで悩んで結局うまいこと買えず…

いえね、絶対なんでも喜んでくれるとはわかってるんですよ!
でも「うわぁ!」て言うのあげたいじゃない…(自分でハードル上げた結果、ハードル越えられず。笑)



私は自分勝手で気が利かなくて…
本当にサラッとできる人のことを尊敬します。


まーくんが死んでの、この三年間
チェルシー夫婦もしかり
沢山の人に甘えて助けられてきました。


私なんて
助けてきたこと一回もないのに。笑


そういう能力はどうしたら育めるんでしょうかね?


ひとまずチェルシー夫婦のどちらかが死んだ際には
全力で支えるから!
(死ぬ前からも支えたいよ!もちろん!)




それともう一つ
帰りの車で、ふと意識を取り戻した時に
頭は動いてなかったから
何話してたか内容も入らないし、覚えてないけど

運転席と助手席で話してる2人を見て
仲良いなぁ〜と思いました。(そしてまた寝ました。笑)

朝、お家に少しお邪魔した時も
本当に素敵な家で
2人の好きなものが詰まってる感じがして
2人の生活を垣間見た気がして

やっぱり
思い合える人が隣にいること
一緒に生きていけるのはいいなと思いました。


だから、いつか
そうやって生きていこうと思いました。

誰かを大切に想って、想われて
言葉を交わして生きていきたいと。




私に子供がいなかったら
チェルシー夫婦に子供がいたら
まーくんが死んでなかったら

関わり方は違ったかもしれない。



でも、今こうして繋がっていられることに
ありがたさを感じて
私がそこで貰った想いを次に繋げて

いつか
貴方たちのような素敵なパートナーを見つけてやりますわ!

そして貴方たちのような素敵な家に…(3軒目!笑)

そして、いつかの死別を支え…(しつこい)



ていう、口下手な私なんで
チェルシー夫婦に向けたラブレターでした。
(やっぱり書く方が得意かな。)

大好きだよ。ありがとう。

20200902_1_7


私が帰り際に渡した何でもない人形
(アウトレットで買った何でもないものです。でもかわいかったの!)
そっと素敵ハウスに仲間入りさせてください。

本当『そっと感』が尋常じゃないフィギュアだったから…。


20200902_1_6

↓サンタになったチェルシー夫婦


**************
本が発売されました。
まーくんが死んでからのことを
綴った3年間の記録。

予約開始になった日に
Amazonカテゴリーランキング
一位になりました。(本当ありがたい)

旦那が突然死にました。
せせらぎ
エムディエヌコーポレーション
2020-08-24


サンプル(どどーんと一章分、配信しています)
●Twitter→こちら
●アメブロ→
こちら

************* 


●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2