きみといっしょに。〜死別。旦那が突然死にました〜

突然天国に行ってしまった旦那のまーくん、そして残された子供達と私の物語。

いない父親

いつ何時も、ふとした時に悲しみの蓋が開き感情が溢れることがあります。それがたとえ、仕事中だろうとも…会社の勉強会…のようなもの。いくつかある事例のムービーの中で子供とお父さんのものがありました。会いたくて会いたくて会いに行く話。一人、一番後ろの席で涙しま ...

いつ何時も、ふとした時に悲しみの蓋が開き
感情が溢れることがあります。

それがたとえ、仕事中だろうとも…


会社の勉強会…のようなもの。
いくつかある事例のムービーの中で
子供とお父さんのものがありました。



会いたくて
会いたくて
会いに行く話。



一人、一番後ろの席で
涙しました。

泣いてる場合じゃない場所。
幸い最後尾席。

20191130_1



お父さんに会えた嬉しそうな子供の顔を見て

そんなに
会いたくて会いたくてたまらない
お父さんが


ウチにはいないんだと。


会いたくて会いたくてたまらなくても
もうどこにもいないのだと。



きっと、ここは会えて良かったねと
ホッコリうるうるする場所。


一人悲しみの涙。

20191130_2



父と子の話が一番きついです。



ふと巷で目にする良い話。
お父さん向けの育児特集。

子供の父親に対する想い
父親の子供に対する想い


それぞれが
相手に向ける笑顔を想像すると
涙が出ます。


どんなに幸せだっただろう。

20191130_3


ウチの子はお父さんを知らない。

失う悲しみは味合わなかったけど
一緒に遊ぶ喜びも味わえなかった。



お母さんとは違う
お父さんという人。



いて欲しかったな。
生きていて欲しかった。


けーくんどころか
しーちゃんまでもお話が出来るようになったんだよ。



成長をどんなに喜んだだろう。

お父さんをどれだけ好きになっただろう。




失ったものは戻らない。
失った人生を飲み込んで生きて行くしかない。




たまにこっそり涙して

今までのように
崩れて泣くことは無くなった。



ちょっとだけ涙を流して
何事もなかったように過ごす。


気持ちを閉じ込める蓋が
分厚くなって来た。


心が麻痺していくのを感じる。








『大切な人が死んだ』





その事実は変わらないのに
それに慣れて平気になっていくなんて
何かが麻痺してるに違いない。


麻痺して生きていくしかない。


だって
ウチにはお父さんがいないんだもん。


20191130_4



↓私が一番『お父さん』が欲しいのかもしれない。


●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2


  ↓旦那が死んで買い物魔と化した私の買ったもの。
   どんどん増えていくでしょう。

rukuten_room20190411


いつからだか自然に朝出発する時にする掛け声があります。「お父さん行って来まーす!」何でもない言葉。そう、他の家と一つ違うのはお父さんはいないのです。いない父親に声をかけて出発する。この言葉の裏側に、どれだけの切ない想いが隠されてるかは通りすがりの人には分 ...

いつからだか
自然に朝出発する時にする掛け声があります。




「お父さん行って来まーす!」




何でもない言葉。




そう、
他の家と一つ違うのは


お父さんはいないのです。

20191112_2



いない父親に声をかけて出発する。

この言葉の裏側に、どれだけの切ない想いが隠されてるかは
通りすがりの人には分からないでしょう。


20191112_1

死んでしまったまーくんは
どこにいるかは分からないけど

どこかにいるまーくんに
「行ってきます」と
大きな声で出発します。



出発する時に私が
「お父さん…」との掛け声で


「行ってきマーース!」





ふと(…いいな。)と思って




「お母さん…」と言ってみました。




したら





「頑張れー!」



!!!泣ける。
うん。頑張る。頑張るよ。

20191112_3



ついでに
「けーくん…」



「荷物持ってあげるー!」



おぉ!




「しーちゃん…」



「かわいいねー!」



いいやん。


基本的にけーくんと
このやり取りをしています。


私が問いかける言葉に
けーくんが自分で答えを出す。


たまに、「うまい!」とこちらが感嘆するくらいのものが出てきます。


まーくんの好きな
笑いある知的な言葉遊びだよ。



「おばあちゃん…」の答えは

「また会いに行くからねー!」

なんだかじんわり。




そうやって1日が始まります。




お父さん




「行ってきまーーす!!」




見守ってやっていてね。

20191112_4
↓出かけている場合じゃないよ。


●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2


  ↓旦那が死んで買い物魔と化した私の買ったもの。
   どんどん増えていくでしょう。

rukuten_room20190411


夜寝る時ふと「お父さんのこと覚えてる?」とけーくんに聞いてみました。まーくんが死んだのはけーくんが3歳の時。彼の中でお父さんはいるのだろうか。ふと疑問に思ったから聞いたけども聞いてから 胸がしめつけられました。この子は覚えてるか覚えてないかなんだ…まーくん ...

夜寝る時
ふと「お父さんのこと覚えてる?」
とけーくんに聞いてみました。

20190818_1


まーくんが死んだのは
けーくんが3歳の時。



20190818_2

彼の中で
お父さんはいるのだろうか。



ふと疑問に思ったから聞いたけども

聞いてから 
胸がしめつけられました。



この子は

覚えてるか覚えてないかなんだ…


まーくんも

覚えられているか覚えられてないかなんだ…


どんな人だったとか
何をしてくれただとか

思い出をどれだけ覚えているかじゃなくて

存在そのものを覚えているか。


いたのに。
確実にいて、時を一緒に過ごしたのに。

20190818_3


子供達の中には存在してない。
それが切なすぎて悲しすぎて
胸を締め付けました。



あ、存在はしていました。笑
「覚えてる」って。

20190818_4

とはいえ、どこまで…
後付けの記憶や思い出がそう思わせているのかもしれない。

純粋に覚えているお父さんの記憶はあるのだろうか。


そして
そんなまーくんが悲しくて。

あんなに子供を可愛がってたのに
成長を楽しみにしてたのに



20190818_6



キミは今、存在証明の危機だよ。
ばかだなぁ。
早く死ぬから。

もうちょっと思い出に残ってからにすればいいのに…

一緒にお父さんを語れるくらいさぁ…



…って、語ってもらいたかったよね。
何よりもまーくんが。
語りべとして引き継いでいくよ。
超絶素敵なお父さんにしといてあげる。


20190818_5



↓優しかったお父さんになるんだよ。

●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
『2019春夏すくパラダブル総選挙』
ブログ部門にエントリーしています!


エントリーNo.30 せせらぎです!
きみといっしょにです!
サブタイははしょっても良かです!手間でしょ。長いし…

ポチッと応援してくださったら嬉しいです。
(ポチッと言いつつ書き込みですが…)
20190619_1_5
投票はこちらから↓
※期限は2019年8月20日までです。

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2


  ↓旦那が死んで買い物魔と化した私の買ったもの。
   どんどん増えていくでしょう。

rukuten_room20190411