きみといっしょに。〜死別。旦那が突然死にました〜

突然天国に行ってしまった旦那のまーくん、そして残された子供達と私の物語。

三周忌まで

いやー、朝、完全なる下書きが投稿されてしまってコメント貰って気づいて焦りました!失礼しました!なのでちゃんと書いて、イラストも載せて再投稿します。しーちゃん(4歳)は甘党。チョコをこよなく愛しチョコじゃなくても甘いものには目がありません。誰かが甘いものを ...

いやー、朝、完全なる下書きが投稿されてしまって
コメント貰って気づいて焦りました!失礼しました!


なのでちゃんと書いて、イラストも載せて再投稿します。




しーちゃん(4歳)は甘党。

チョコをこよなく愛し


チョコじゃなくても甘いものには目がありません。
誰かが甘いものを食べているのを察知すると
そっと近づいていきます。



それも
「ちょーだい」なんて下品なことは言わないで
「何食べてるの?(キョトン顔)」と、あたかもわからない純粋なふりをして

本当とっても素敵な顔をします。


20200704_1_1



この顔が出来たら、本当CM来るよ。本当に幸せそう。



そんなしーちゃんのほっぺが膨れ上がって来ます。
羨ましいことに筋力があり重力にも負けず
パンッパン!笑

20200704_1_2


何なら顎までプリッとしてる。

羨ましい限りです。
重力に負けない張りのある肌。




そんなしーちゃんの夢は


「砂糖になること」です。


20200704_1_3




一瞬「え?」って聞き返しましたが
紛れもなく砂糖になりたいらしいです。

初めて聞いた…そんな夢…


なれるといいね〜と微笑ましく聞いています。(決して否定しない)

砂糖になったら、お母さん食べちゃうよー。と
「食べたら死んじゃうからダメ!」と。

そんなノホホンな会話をしています。



にしても凄くないですか?

砂糖になりたいって…どんだけ…笑



ヨーグルトに入れる砂糖は
しーちゃんは自分で入れています。

完全に入れすぎているので
都度注意したり見守っていたりするのですが
やっぱり隙を見せるとこんもり入れてる。


私の視線に気づくと
こんもり盛ったスプーンを
何事もなく砂糖の瓶に戻しています。



先ほども揉め事で一悶着して

「飴ちゃんくれないと死んじゃうよー」と
ずっと言っておられました。


あまりに甘いものが好きで
毎夜の晩酌はココア。(粉多め)
朝食のお気に入りはシュガートースト。
おやつにせんべい沢山食べるくらいなら、チョコ一粒がいい。

そんな甘党の為に
砂糖の入ってない飴を用意することにしました。
↓完全にキャラメル。甘い。でも虫歯にならない。

【Dr.John's】HSキャラメルラヴァーズコレクション(約11粒入り)濃厚なおいしさ[ギフト/キャラメル/シュガーレス/キシリトール/ビタミンD入り/個包装][父の日ギフト/虫歯の日プレゼント]
【Dr.John's】HSキャラメルラヴァーズコレクション


一緒に楽天でポチって
今か今かと楽しみにしておられました。
でも届いたのは暑い日で、完全に溶けてて
ビヨーーーンと伸びたよね(30cmはいったよね)
買われる方はお気をつけて…
我が家は冷蔵庫保管しています。

こちらの罪悪感も減って一石二鳥。
普通の飴も常備しようと思います。

【Dr.John's】HSフレッシュフルーツキャンディ—ズ(約24粒入り)[父の日ギフト/キシリトール/シュガーレス/低カロリー/フルーツ/甘さ控えめ/お菓子/シュガーレスキャンディ][虫歯の日プレゼント/ギフト/贈り物]
【Dr.John's】HSフレッシュフルーツキャンディ—ズ


ちょっと割高だけども
それでも奴には必要です。


このままだとどんどん丸くなっていく予感。


チョコレート好きが広まって
みんなくれるくれる。
チョコが集まってくる我が家です。


でも本当に喜ぶの。
ついその顔が見たくて
甘いものを用意してあげたくなっちゃうの〜。


20200704_1_4


↓チョコレートと一緒に寝る男


  ●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




ブログが書籍化することになって書籍化の話が来る前から勝手に出版を8月の22日に決めてその日に読者の皆さんに会う握手イベントを勝手に立てていました。(私が皆さんに握手してもらう会です。) ですがこのコロナ騒動で一体どうしたものかと…握手は流石に無理だろな。一人 ...

ブログが書籍化することになって
書籍化の話が来る前から
勝手に出版を8月の22日に決めて
その日に読者の皆さんに会う握手イベントを勝手に立てていました。
(私が皆さんに握手してもらう会です。)
 



ですがこのコロナ騒動で
一体どうしたものかと…

握手は流石に無理だろな。
一人一人の前にその都度アルコール消毒したら大丈夫かなぁと
友人に話したら「かぶれるわ!」と。笑


フェイスシールドして、マスクして
なんか透明なボード立てて
ソーシャルディスタンスで2m開けて
握手の際は手袋で?


一体何の会でしょう。



わざわざ来てもらうのに
本だけ渡して、はいお終い?

私は旦那が死んで
人の温もりの温かさを肌で感じました。
だから手を握りたかったし
なんなら抱き合いたかった。(迷惑?笑)

20200703_1

完全なる密!!


でもそれが出来ないし
そもそも集まりを開くのってどうなのだろうと危惧していて

それでも、コロナと共に生きていかなくてはいけないし
何でもかんでも出来ないもいかがなものかと。


だから
もう会場押さえちゃって
やること前提で進めちゃおっか!
イベントの前に美容院行って〜。エステも行っちゃおうかしら。
決めたからにはもうお金は度外視だ〜!
このまま感染者が横ばいになるかもしれないし
減っていくかもしれない。
危惧してたって仕方ない。やっちゃおう!
東京で100人超えたら考えよう。超えないことを祈ろう!

と強引にイベントの開催を決めたその日に
東京100人超えたよね〜!


まさかの決意したその日…



ということで止めました。

はい、やめました〜涙。


潔くやめます〜………

20200703_2


本当は無理やり開催して
直近で状況が厳しくなったら
その会場で一人テイクアウトのご飯でも食べようと思ってました。

20200703_3



けど、もう感染広がるのわかってて
開催はできないわぁ〜…くすん。


だって今で100人でしょ?

これからこれ以上の対策ってないでしょ?
自粛入ったとて一ヶ月半後くらいじゃ状況変わらないでしょ?
ワクチン間に合わないでしょ?

夜の街関連ったって
その人たちは昼の生活もあるわけで
もうここまで来たら爆発的に広がるかもしれない
減る手立てがないのにリスク侵せないよ…

だって、来てくれる方は多分ひとり親の人が多い。
お子さんたちにとって唯一の親の命は奪えない。

自主判断で来たい人は来て!と思ってたけど
私が手を握りたいが為のイベントと命は天秤にかけられない…


だからやめます。
会いたかったよぉぉぉぉおおおおぉお。


奇跡的に状況が改善したら
急遽開催するかもしれないけど
難しい…よね


とはいえ大切な命日。
大事な節目。


何かしら出来たらなぁと。


一体何が出来るのかしらと。


インスタライブ?


…って何?笑


よく聞くけど、よく分からない。



というか一般人の顔画面で見て何か楽しいのかしら…
面白いことも言えないし…
基本的に口下手だし…


しゃべらない、動かないであれば
静止画でよくない?


静止画だったら、ブログでよくない?




でも
何か出来たらなぁと。




本当はイベント会場ではこっそり美味しいケータリング用意して
手土産なんかも用意しちゃって
こんな思いをした人たちだもの
素敵な時間を過ごしてほしいと画策していたのですけど
50万円くらいなら自腹切ります!と思っていたけど
(編集さんに「大丈夫?お金かけすぎじゃない!?」と心配された…)


きっとお金を使うなと
まーくんの思し召し。



その代わりに何が出来るだろうか。

私に何が出来るだろうか。


地方で来られないと言っていた方が参加できるのが
唯一の救いだけども

どうしたもんかなぁ〜…………


どうしたら良いですかね。。
一体どうしたら…



この機会を逃したら
きっともう会える機会を作ることはないのかなとも思ってたから
無理やりにでもやりたかったんですけどね。

時間が経って開催するタイミングって…
重版になったら?沢山売れたら?
そしたら感謝の会を絶対開こう。

きっとワクチンが出来ているはず!

20200703_4

帰省はしたいんだけどな〜。
悩ましい…うぅコロナめ!!



↓大切なその日、初めての命日は豪遊しました。
今年も特別なものにしたかったんだけどな〜。


**************
ご予約受付中!!
まーくんが死んでからのことを
綴り続けたものが本になります。

予約開始になった日に
Amazonカテゴリーランキング
一位になりました。(マジか!)

ご予約はこちら↓
旦那が突然死にました。
せせらぎ
エムディエヌコーポレーション
2020-08-24


サンプル(毎日先行配信しています)
●Twitter→こちら
●アメブロ→
こちら

************* ●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




月一の生理。お腹が朝から痛い。朝っていっても、それも早朝5時。作業の為に最近はずっと5時より前に起きてタブレットやパソコンに向かってます。この日も痛いもののいつも通り起きて作業を始めぬか袋を温めてお腹にあてていました。いつも通り、しばらくすると階下から私を ...

月一の生理。

お腹が朝から痛い。

朝っていっても、それも早朝5時。


作業の為に最近はずっと5時より前に起きて
タブレットやパソコンに向かってます。


この日も痛いものの
いつも通り起きて作業を始め
ぬか袋を温めてお腹にあてていました。


いつも通り、しばらくすると階下から私を呼ぶ声
20200702_1




いつも通りまた布団に入り
寝付くまでポンポンしてあげます。


布団の中は暖かいし
お腹は痛い

今日は作業をやめて
このまま布団にいよう。
そう決めました。

20200702_2


女性にだけくる生理って
そして生理痛って
きっと神様からの通達。


「今日は体を休めろよ」と。


イライラするのも不快感も
心を落ち着けて休みなさいの合図。


そう考えるといい日な気がする。

全部生理のせいにして
ゆっくり休んじゃう素敵な日。



昔、働いていた時
取引先の大手の会社に勤める方と
仕事の電話をしてて
「今日は生理休暇なんです」と
言われたことがありました。

制度として世の中にあるのは知ってたけど
初めて利用してる方を見ました。

会社としても
「ゆっくり休みなさい」と言ってくれる。


ほら、
やっぱり月一で心と体を強制的に休める素敵な日なんですね。


さぁ!
今日は出来る限り手を抜こうじゃないか!


20200702_3




↓生理痛の痛みが陣痛に似ていて心身共にノックダウンされる


●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




まーくんが死んでからずっと綴っているブログの書籍化が決まりとんでもない作業量をこなしてやっとこ予約受付までこぎつけました。今日は先行でtwitterやアメブロで配信していたサンプルがAmazon予約ページで全公開される予定なので改めて本の内容に触れようと思います。タイ ...

まーくんが死んでからずっと綴っているブログの書籍化が決まり
とんでもない作業量をこなして
やっとこ予約受付までこぎつけました。

今日は先行でtwitterやアメブロで配信していたサンプルが
Amazon予約ページで全公開される予定なので
改めて本の内容に触れようと思います。





タイトルは

『旦那が突然死にました。』

ど直球です。


文字通り旦那が突然死んだことを描いています。

51SuYbsjHuL._SX350_BO1,204,203,200_


著者が言うのもなんですが
マジで泣けます。号泣しながら描きました。

もはや主観でしかないので
思い入れが強すぎて客観視できないのですが
泣きすぎてちょっと疲れるくらい。


出版社さんが書いてくださった
内容の紹介文だけで泣ける。


*****************
〜結婚4年目、愛する夫が突然死んだ。
3歳と1歳の子どもを残して。
なんの予兆もない晴天の霹靂だった〜

夫の突然すぎる死とその後の日々を綴った話題のブログ、待望の書籍化!
心が引き裂かれる痛み、悲しみ、当たり前の日常を失った絶望。
生きている意味もわからない、希望も見えない……
***********
******

(全文はAmazon予約ページでどうぞ!→こちら



なんなら目次でも泣けるし
人物紹介のイラストにも泣ける。

泣けないページはない!(私的に)
すごくない?
200ページ以上の全てのページに泣けるって…(私的にだけど。笑)

20200701_4


死別って100%全人類に訪れる出来事。


でも、現実味がなくて
自分には起こらない、自分の家族には起こらない
どこか遠くの別の世界の話だと思ってる。

私も思ってた。


なんでそう思えていたのか
今となっては不思議です。

だって100%死ぬのに…
心臓なんて、電源も予備電池もない
なんで動いているかわからないものが
勝手にに自発的に動いているだけなのに

そんな小さなたった一つの臓器で私たちは生きている。
生きている方が不思議。

ちょっとした不具合で人はすぐ死ぬ。


死ぬ方が当たり前の世界だってことに
大切な人を亡くしてから気づきました。

20200701_5


死ぬだなんて微塵も思ってない人が
ある日、心臓の動きを止めて
突然に帰らない人となった。


描いていた未来が一瞬で全部無くなった
過去にあった幸せが二度と手に入らないものになった

20200701_6


死ななくたってそう。
事故でも病気でも何だってそう。
一瞬で今までが覆る。

戻りたくても戻れなくて
どれだけ嫌でも、今を生きていかないといけない。



生きていかないといけないなら…


絶望の中の真っ暗闇は嫌だ。
明るい場所を生きていきたい。

そう決意して
もがき苦しみひたすら自分自身と戦ってきた3年間。

20200701_7


ブログでは毎日心情や出来事を綴っていますが
正直全部読むのが大変な量…(1000記事以上)

ですが!

こちらの本を読むだけで
どういう経緯を辿って、どういう感情に至って、どこに向かうのかが
丸っと全部わかります。(ブログ超凝縮版)


20200701_1



時系列ごとに章をわけ
一年目に起こったこと…2年目に起こったこと…と
時間の流れを進んでいきます。



まーくんが死んで三年。

たった三年。

長いような短いような時間。


その三年の中で
私は資格を二つも取ったし、初めて一人での仕事を受けて、家まで建てた。
3歳だった我が子は小学校へあがり、本を出します。
子供連れて死のうと思ったこと、そこからの気持ちの回復。
どう生きていくかの決意。
幾度となく起こる奇跡的な体験。

全部つめこみました。
普通三年でこんなに盛り沢山にならないだろうと自分でも思う。笑



とても悲しいお話。


けど悲しいだけでは終わらない。
なんならハッピーで終わりたかった。

20200701_2


それは現実世界を生きている自分自身のことでもあります。
悲しいだけでは終わらない。終えられない。

これから先を幸せに生きていかないといけない。
人生は続いているのだから…



死別された方
家族を残す未来が見えている方
苦境に苦しんでいる方
大切な誰かがいる方

沢山の人に読んでいただきたい。


ずっと綴っているブログだと
気にはなっているものの、どこから読んだら良いかわからない。
量多いし、文字だから面倒臭い。
そんな方にもうってつけ!気軽に全部わかる全編漫画!になっています。



もう誰もまーくんの存在を知ることがない。
忘れられるだけのまーくんが可哀想で
「彼は生きていた」と残したい。との思いで始めたブログ。目指した書籍化。

蓋を開ければ
とんでもなく良いものが出来上がりました。

20200701_3


まーくん関係なく
多くの人に読んでもらえたらなと思えるものになりました。


ただ客観視はできていません。(できてないんか!)
もうネーム段階から何十回と読んでいて、その都度泣いて
感覚が麻痺して
もはや、これが本当に刺さるものなのかはわかりません。笑
是非確かめてくだされ…




『大切な人がいるなら大切にしてほしい
その人が隣にいるのは
決して当たり前のことではなく
最高にかけがえのない奇跡なのだから』


旦那が突然_sample_p2

旦那が突然_sample_p3


書籍のサンプルです。

まーくんの葬儀まで(第1章分20ページ以上!)をAmazon予約ページ
どどーんと今日公開予定なので
良かったら覗いてみてください。


もしサンプルが無かったらまだ反映されてないということで
先行で配信していたアメブロ↓をご覧ください〜。





**************
Amazon予約ページです。

ご予約受付中
旦那が突然死にました。
せせらぎ
エムディエヌコーポレーション
2020-08-24


*************


予約が開始された当日にカテゴリーで一位になりました。
皆さんの応援があってこそです。

どれだけの方が手にとってくださるかはわからない。
けど、きっと多くの方に読んでいただけるものになると思っています。
予約の方が確実に手に入ります!




↓想いが動き出す。それを全部連れてきたのは紛れもなく自分。


●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




たまに自分の人生に絶望する時があります。ふとした瞬間に特に何かがあったわけじゃないけどもぐーーーっと心が重くなる時がある。私は一生この人生なんだと。逃げることもやめることもできずずっと悲しみに向き合っていくしかない。そんな中通りがかったお父さんを見つめる ...

たまに自分の人生に絶望する時があります。

ふとした瞬間に
特に何かがあったわけじゃないけども


ぐーーーっと心が重くなる時がある。

私は一生この人生なんだと。

20200627_4


逃げることも
やめることもできず
ずっと悲しみに向き合っていくしかない。



そんな中
通りがかったお父さんを見つめる子供達

何にも思ってないと思いますが
胸がえぐられる思いでした。


20200630_3


あまりにも小さかった我が子たちは
父親がいないということに関して何も思っていません。

でもきっと、何かが心に芽生える時がくる。
その時がいつかはわからないし
その時に胸の内を私に打ち明けてくれるかもわかりません。


子供達は子供達で一生抱えて生きていく。
『お父さん』という思い出が無い人生を…

20200630_1




いくら時間が経とうとも
ふとたまに訪れる絶望。




それが死別なんだ。



愛する人と死に別れるということなんだ。






もうやってらんないよ…
と涙が溢れそうになる時は

こう思うようにしています。



『死ぬまで生きたらいい』



いつか必ず死ぬのだから
今ある日々を大切にして
好きなことをして
そうして死ぬまで生きればいい 



苦しみが強い時こそ
自由に生きていける気がします。

何も縛るものなんてない。
これ以上の苦しみなんてない。


あとは好きなことをして楽しむだけ。
それが出来る人生になったんだ。


絶望を見たからこそ
可能性が広がった。



さぁ、今日は何をしようかしら。

20200630_2



↓絶望に塞ぐのも、希望を見つめるのも自分。


●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

**************
ご予約受付中!!
まーくんが死んでからのことを
綴り続けたものが本になります。

予約開始になった日に
Amazonカテゴリーランキング
一位になりました。(マジか!)

ご予約はこちら↓
旦那が突然死にました。
せせらぎ
エムディエヌコーポレーション
2020-08-24


サンプル(毎日先行配信しています)
●Twitter→こちら
●アメブロ→
こちら

*************

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




けーくんはゲームやYoutubeが大好き。きっとどこのご家庭もそうじゃないでしょうか。私は、画面上でない経験を実体験としてして欲しいから限りなく割と厳しめに制限していました。見なくたって死なない。やれることがやれるようになってから。見てもほんのちょっと。いつまで ...

けーくんはゲームやYoutubeが大好き。
きっとどこのご家庭もそうじゃないでしょうか。


私は、画面上でない経験を
実体験としてして欲しいから
限りなく割と厳しめに制限していました。


見なくたって死なない。
やれることがやれるようになってから。

見てもほんのちょっと。
いつまで見てるの!
すぐにやめなさい!
こっそり見ないの!!


そんなある日の朝方
起き抜けの一言にけーくんが
「おかあさん、ゲーム…」したいと言う間もなく
私が般若の様な顔をしたので
その後モゴモゴ言って退散しました。

20200629_1


そんなにしたいんか。
まったく呆れるぜ!

20200629_2



そう思ってふと考えたのです。
そんなにしたいのに、私の一存でやらせてもらえなくて
今日けーくんが死んだら

彼は一体何をしにこの世へ来たのだろう。


20200629_3


この世を生きるのは楽しむ為だと思っています。
楽しむ為にお金を稼ぎ、人間関係を築く。

子供が楽しく豊かに暮らせる様に
勉強なり躾なり、生活習慣なりを教えている。
将来の為に。


でも、もし今死んだら?



親に限りなく制限されて
親の言いなりで
自分の希望なんてちっとも通らなくて


そんな人生で終わらせていいの?

20200629_4



そう思ってハッとしました。

私にもたった一度の人生なように
子供達にとってもたった一回の人生なんだ。



悔いなく生きさせてあげたい。




もちろん制限はするし
やらなきゃいけないことは、やらなきゃいけない。
やりたい事も出来ない時だってある。


でも、やるべき事が終わっていたら
朝からゲームをしてはいけない理由ってなんだ?

後でちゃんとお風呂に入るのであれば
今すぐに入らなきゃいけない理由ってなんだ?




私はきっと、子供たちを思い通りにしようとしてた。
それは幼い頃からの名残。

この時間にご飯を食べさせて
この時間にお風呂に入れて
この時間に眠らせる。

全てのスケジュールを私が管理していて
私の許可が全てだった。


20200629_5


でも子供達は成長して
やらなきゃいけない事があるってことも分かってきた。


頭ごなしに禁止すべきじゃないのかもしれない。

だって
彼らは彼らの人生を生きているのだから。
決して私の人生じゃない。

20200629_6


そう思うと何かから解き放たれた様でした。

助言はする。
こちらの気持ちも伝える。
でも意固地にならなくたっていい。

これだけは絶対というポイントを決めて
あとは自由にやらせたらいいんじゃないか。



と思って、ゲーム解禁したら関係が良好です。
ちゃんと宿題もお片づけもします。
「沢山やったから、あとは我慢しよう」にも納得している様子も見受けられます。
(そりゃぁ、まだまだ「いい加減にやめなさーい!」の攻防もあるけども。笑)



子供達には子供達の
たった一回の人生を生きている。

そう思うと、なんでもやらせてあげたい。
いろんなところに連れて行ってあげたい。
そんな気持ちが膨らんできました。



人生の基本は自分。自分のたった一回の人生。
それでも、あなたにとってもたった一回の大切な人生だった。

押し付けてはいけない。
自分の人生を歩かせてはいけない。


親はそこにじっといればいい。
たまに助言して
いつまでもそこにあるものとして
彼らの旅の助けになれたらいい。


20200629_7

↓私にとっても、子供達にとっても、誰にとっても
これはかけがえのない『最後の人生』なのだから。



●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

**************
ご予約受付中!!
まーくんが死んでからのことを
綴り続けたものが本になります。

予約開始になった日に
Amazonカテゴリーランキング
一位になりました。(マジか!)

ご予約はこちら↓
旦那が突然死にました。
せせらぎ
エムディエヌコーポレーション
2020-08-24


サンプル(毎日先行配信しています)
●Twitter→こちら
●アメブロ→
こちら

*************

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




けーくんは小学校に行くにあたりGPSをランドセルに仕込んでいます。Botというやつ。(ママ友から教えてもらって、すぐさま飛びつきました)すぐに行方不明になるけーくん。約束はいつも守られることはなくであれば、先手先手で策を講じていくしかない。Botは月額もそんなに高 ...

けーくんは小学校に行くにあたりGPSをランドセルに仕込んでいます。

Botというやつ。(ママ友から教えてもらって、すぐさま飛びつきました)


すぐに行方不明になるけーくん。


約束はいつも守られることはなく
であれば、先手先手で策を講じていくしかない。

Botは月額もそんなに高くないこともあるのか
精度としては、今、この瞬間にこの緯度経度にいるとはわからない。
けども、ここら辺を通って、ここら辺にいるがわかる。

万が一の時のお守り代わりに使っています。



「学校に来ていません!」と言われたら
アプリで位置をみることができる。
何も情報がなく行方不明になるよりはいいでしょう!

20200628_1


そんなBotを一番活用しているのは
まだ自宅自粛が続いている保育園児の弟しーちゃん(4歳)

にーにがいつ帰ってくるかを
心待ちにしているしーちゃん。

20200628_2


見せて見せてと
ちっとも動かないけーくんの居場所をじっと見ています。

にーにはいつ帰ってくるのかと
うるさく聞くしーちゃんに
「ほら、まだここにいるよ」と目で見せてあげられるから
母が言うだけではなく、客観的情報として出される感があるから
ちゃんと納得出来ている様子。

帰宅時間になったら、けーくんの居場所が動くので
家に到着する前から、にーにが帰ってくるのを楽しみに大人しくGPSを見ています。


20200628_3

意外にも
しっかり学校に行って
しっかり帰ってくるけーくん

私も逐一チェックはしなくなりました。
もはや、しーちゃんの為のGPS。


でも、いつか、万が一の時の為に
もうしばらくはGPSを仕込んでおこうと思います。



↓だって、母の心配&注意をよそに行方不明になるんだから…
 

●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

**************
ご予約受付中!!
まーくんが死んでからのことを
綴り続けたものが本になります。

予約開始になった日に
Amazonカテゴリーランキング
一位になりました。(マジか!)

ご予約はこちら↓
旦那が突然死にました。
せせらぎ
エムディエヌコーポレーション
2020-08-24


サンプル(毎日先行配信しています)
●Twitter→こちら
●アメブロ→
こちら

*************

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




梅雨です。ジワジワ来てます。やばい精神状態が…去年は子供連れて死のうと思った今年はわりかし元気。心からの幸せも感じちゃったりしています。それでも梅雨!低気圧!!徐々に精神に元気がなくなっていくのが分かる朝起きるのが辛い日中何かをやる気力がないそれでも迫り ...

梅雨です。

ジワジワ来てます。
やばい精神状態が…

20200627_1

去年は子供連れて死のうと思った
今年はわりかし元気。

心からの幸せも感じちゃったりしています。



それでも


梅雨!


低気圧!!


徐々に精神に元気がなくなっていくのが分かる
朝起きるのが辛い
日中何かをやる気力がない

それでも迫りくる、色々なものの6月〆切。
やらないわけにいかない。
けど心がどんどん重い。



そうだ。

ヨガに行ってない。



私の健康衛生を保つためのヨガ。

去年の死にたい気持ちはヨガに救われた。
それが自粛期間でめっきり行けなくて
ヨガスタジオが再開した今も、やっぱり通えてない。

たっけー 月会費をドブに捨てています。 
(いいんです。ヨガスタジオに寄付したと思えば…)

命を守るための自粛。
それでも行かないことで精神が病んでくる。

もはやどちらが良いのか分からない。



はぁ辛いなと思って
それでも、学校に送って欲しいと言うけーくんに付き合って
途中までついて行って見送ります。

「バイバイ」と「大好き」を伝え
一度も振り返らない背中を見送ります。

こういうところ、まーくんそっくり。
全然振り返らないでやんの。


角を曲がり、姿が見えなくなるけーくんを
後ろから見つめ



『いなくなる』ことを考えました。


20200627_2_midashi


思ってもみない時に別れはやってくる。

まさか、これが最後の姿になろうとは…
予想してなくとも、どんなに信じられなかろうとも
別れは突然にやってくる。

ただ何気ない「バイバイ」が
本当に永遠のお別れになることがある。

「次」はなく
「またね」もなく
プツッとその姿が消える。

20200627_4


今までの当たり前の日常から
その姿だけが消えて無くなる。



そんな世界に私たちは生きている。


切なくて
涙がスーッと頬をつたる。

20200627_5


「これが最後かもしれない」
そう思って生きるようになった。

失ってしまうものは取り戻せないから
せめて目に手に心に焼き付けておこう


20200627_3



「いってらっしゃい」
ちゃんと帰ってくるんだよ。


20200627_6



梅雨は悲しくなる。
世界が悲しくなる。


早く夏が来ますように。
ヨガに行けますように。




↓命をヨガに救われたから


  ●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

**************
ご予約受付中!!
まーくんが死んでからのことを
綴り続けたものが本になります。

予約開始になった日に
Amazonカテゴリーランキング
一位になりました。(マジか!)

ご予約はこちら↓
旦那が突然死にました。
せせらぎ
エムディエヌコーポレーション
2020-08-24


サンプル(毎日先行配信しています)
●Twitter→こちら
●アメブロ→
こちら

*************

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




昨日、予約開始の告知をさせていただきました。ほどなくして担当編集者さんから「すごいです!総合291位!」………すごいの?291位って…笑でもこれって、みなさんが予約してくれたからこそ。そして予約ってことは購入してくれるってことで購入ってことはお金を払ってくれる ...

昨日、予約開始の告知をさせていただきました。

ほどなくして担当編集者さんから
「すごいです!総合291位!」
………すごいの?291位って…笑


でもこれって、みなさんが予約してくれたからこそ。
そして予約ってことは購入してくれるってことで
購入ってことはお金を払ってくれるってこと。


課金されればされるほど順位が上がる…

これは


まさに


ホストクラブ!!

20200626_4

そんなくだらないことをボンヤリ考えました。

一位になったらドンペリ祭りしましょう。(飲めないけど。笑)


いや、冗談はさておき本当ありがたい限りです。
ありがとう…ございます…うぅ


そんな本は予約中です。

**************

ご予約受付中
旦那が突然死にました。
せせらぎ
エムディエヌコーポレーション
2020-08-24


サンプル(先行配信しています)
●Twitter→こちら
●アメブロ→
こちら

*************

そして本日は
そんな私の推しメン良い男のしーちゃん(4歳)の話。



自粛期間3ヶ月
すごく貴重な時間を過ごした気がします。 

4月5月と完全引きこもり生活。
6月になった今は、学校は再開しつつも
保育園は自粛要請が出て

めっきり仕事が減ったということもあり
7月から気持ち新たに取り組もうと
6月いっぱいは保育園を休むことにしました。


日中、けーくん(小学生)とゆーくん(高校生)はそれぞれの学校へ。
しーちゃん(4歳)と二人きりで過ごしています。


朝、送ることもなく玄関先で子供たちを放り出すだけ
時間に追われる事もなく、ゆっくり朝ごはんを食べて
しーちゃんとアハハ、ウフフと過ごしています。



なんて幸せな時間なんだ!!




思えば、しーちゃんが生まれてこのかた、けーくんがずっといました。
しーちゃんが保育園に行くまでは二人の時間もあったものの
それは赤子相手。それはそれで大変でした。

今は、意思の疎通もはっきりできて
自分のこともやってくれるくらいに成長した。

対等な人として
対等な話し相手として
手間がかかることもなくそこにいてくれます。

それは話ができるしーちゃんだからこその時間。


ちょうど書籍の作業も落ち着いて
ゆっくりする時間が出来た。


子供にじっくり目を向けられる時間。

今しかない貴重な時間。

20200626_2


自粛期間中家族とずっといて
時間にゆとりのある生活をしていました。
(書籍化作業に追われつつも)
新たに学校が始まって
いろんな風が吹き始めました。


今まではまーくんが死んだ事で精一杯で
自分の感情のコントロールで精一杯で
自分のことに手をかける事が最優先事項で
子供のことは二の次でした。

今も、これからも必要以上に手をかけるつもりはないけども(ないんか!)
それでも
「おかえり」って言ってあげたり
常に「早くしなさい」って言わないでいたい。

心安らかな状態で向き合いたい。

仕事をセーブしてでも
余裕のある時間を作ることに決めました。



家のことをする。
子供たちと話す。


以前請け負った映画の仕事のピーク時には
保育園での夕飯続きで
帰ってきてはバタバタと洗濯や風呂やらで寝かせるだけ。

些細なことでキレて
子供達にも辛い思いをさせた。


少し余裕が出来て(時間も仕事も心的にも)
改めて子供達のかわいさを感じて

この可愛い時期を見ないでどうすると
重きを子供に置くことにしました。




そして早速
しーちゃんの習い事発掘へ!
(単純に家にいて暇。笑)


けーくんが通っているダンス教室に
体操クラスがあるので
そちらに体験に行き、通うことにしました。


けーくんが最初の習い事『体操』を始めたのも年中さん。
集団行動が苦手で、指示に従う事が難しく
そんな療育の観点からも通うことにしました。

しーちゃんはある日ちょっと高い場所から落ちて
その落ち方に、すごい体幹を感じる様な体の使い方をしていて
(ゆーくんと私で「おおぉぉお!」となった。笑)
話をしっかり聞くしーちゃんには、けーくんが通っている教室の体操クラスがいいだろうと。



ちなみに、けーくんが通っていた体操教室は
複数人で順番に、ジャンプしたり、障害物をまわるみたいな体の基本的な動きを学ぶ場所です。

しーちゃんが通う体操クラスは
最終的にバク宙とかまで出来る様になるクラスです。


けーくんはこの体操クラスに通うことは考えていません。
話を聞かない。すぐにふざけるオッパッピーなけーくんには危険すぎる。
けーくんは、みんなに合わせて、楽しいダンスが合ってると思ってます。



これから先
子供達がどう生きていくかは子供達次第。

それでも
その中でも自分の肥やしとなるような経験を多くさせてあげたい。


それをしっかり見る時間が
今は欲しいなと思う様になりました。

20200626_3

↓天然良い男のしーちゃんの成長を見逃さぬようにしなくっちゃ。


●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




書籍化の話、最初から→(書籍化①出版のきっかけ)私は描き切った。素晴らしく描けた!というより何とか描けた。ぶっちゃけ時間がありませんでした。10月に話が来て出版は8月に決めた。ほぼほぼ全データを渡すのが6月いっぱい。10月に出版が決まって完全に白紙の状態から何 ...

書籍化の話、最初から→(書籍化①出版のきっかけ)


私は描き切った。
素晴らしく描けた!というより何とか描けた。


ぶっちゃけ時間がありませんでした。


10月に話が来て
出版は8月に決めた。

ほぼほぼ全データを渡すのが6月いっぱい。

10月に出版が決まって
完全に白紙の状態から何を描くか考える。
自分の実力でどんなものなら描けるか検証する。

年内に大筋の流れや構成を考えて(重要)
1月〜3月でネームをあげ(ここも重要)
4月〜6月で本描きする(これも重要。もう全部重要!!)


書籍は200ページ越えの全書き下ろし
三ヶ月で200ページやるとして(ネームにしても清書にしても)
一ヶ月、70ページ弱
一週間、16ページ
1日、2〜3ページペース


毎日休むことなく
子供見ながら…家事しながら…仕事しながら…
そして
ブログしながら…(しかも毎日更新)


………無理じゃね?私いつ寝るの?


なんならすくパラ倶楽部さんの本連載も抱えながら(余裕ないのに受ける。笑)

担当の方から「もっと発売、遅くてもいいですよ」とすら言われました。
間にあわせることよりも、満足のいくものを作りましょうと。
「夏出版のスケジュールに入れたけど、間にあわなければ別にいいです。
会社的にはあれだけど、いいです。」
そう言ってくださった。良いものを作ろうとしてくれている。本当ありがたい。


けど、間にあわせたいの!絶対に。


自分で決めたスケジュールに自分の首が締められます。

20200625_1

会社に仕事の相談をして
友人に夕飯作りに来てもらって
友人の実家に乗り込んで、一室借りてこもったり
子供達だけ友人宅に放り込んだり(お泊まり)
夜は寝かしつけてから作業
朝は4時には起きて作業


「助ける」と言ってくださる方々に助けてもらい。
なんとか仕上げました。

そしてこのコロナ渦中で、家にいることしかできずに
仕事が完全にストップして
ありがたくひたすら作業をしていました。


とんでもないスケジュールと作業量。
ぶっちゃけ手直しや何度もネームをしている時間はない。

そして奇跡的にも
構成も、ネームも、ほぼほぼ一発OK。(処女作なのに!)

ここで手間取ってたら、絶対に間にあわなかった。
だから言ったでしょ?やれる気しかしないって。笑



大変でしたよ。
なんせ1000記事を超える出来事を
200ページに収める。

どこを切り取って、どこを繋げるか。
死別って感情の起伏が激しくて、はたから見たら「また同じこと言ってるよ」になる。
でもそれが死別。でもそれじゃ話にならない。
それこそ1000ページかければ、気持ちの機微がちゃんと丁寧に描けるけど
200ページじゃ、今落ちて、今前向いて、はいまた落ちる。の連続で
読者置いてけぼりになることでしょう…

本当はブログの出来事全部描きたかった。
今を作っているのは、それらがあったからこそ。
それでも、そんなわけにいかない。

だから大事なところだけ抜き取って
大きな一つの流れになるようにつなげる。


それでも、個人的なこだわりで
死別した方もカジュアルに読めるように、またパラパラっと見返してもらえるように
全部を一つの流れにせずに
小さなエピソードの集合にしました。
どこから開いても読めるように。

1エピソードは深く描かないけど
それでも全体として繋がるように。(難!!)

そんな感じで描き切った一冊。
客観的に見たらどうなのか…
わかりません!(わからないんか!)


だって自分のことだし
自分の描いた絵だし
自分の言葉だし

ブログと同様、大好きです。


内容が内容だけに
主観でしか見られなくて
一ページ目から最終ページまで
ボロッボロ泣きながら描きました。
私的には号泣必須の本。

20200625_2


こんなに泣ける本が他にあるか!?というレベル。
客観的に見ることができないから
これで伝わってるのか?ちょっとわからない。

20200625_3


それでも担当者さんは
「もう数回泣いた(最初の方だけのネームで)」

「私は涙もろいから…」と言っていたけども
社長に読んでもらったら「…泣ける」と泣いていたらしい。
「社長、子なし独身の男性なので、社長が泣けるなら大丈夫!」
と妙なお墨付き。

デザインを担当してくださった方も作業で読み進めていくと
「油断すると涙腺が崩壊する」と言ってくださいました。

だから
きっと伝わるものになったはず。



どんな本になったか
それはご自身の目でご確認ください。(宣伝。笑)

そんな渾身の力が投入された
魂込めて描き切った本が…

20200626_1

予約が開始されました!



本当は8月22日にイベントでもして手売り販売しようと思っていたけども
コロナでそれ自体どうなることか…
でも、予約してくれた方が、また再度イベントで買ってもらうってのも…


……まぁ、任せます!(丸投げ)

未来はどう描いてたって、わからないもん!
読みたいと思ってくださった方は是非予約してくださると嬉しいです。(確実です)


サンプルページをTwitter(もしくはアメブロで)で今月いっぱい毎日投稿しているので
良かったら覗いてみてください。

●Twitter→こちら
●アメブロ→
こちら


私が描けるのは今のこれが精一杯。
それでも、今の私にしか描けないものが描けたと思います。

謙遜?なんていたしません。
「つまらないと思うけど読んで」って、読みたいですか?
読んでくれる人にも、頑張った自分にも失礼。
最高のものが描けたと思っています。



まーくんが死んで3年間。

ちょうど3年目に出す本。

3年間何を思って、どう辿ってきたのか
今はどう感じているのか
ギュギュッと凝縮しました。



うちの会社(映画制作)の社長が、100万部売ったら映画にしてくれるので(大ベストセラー)
まずは10万部売ってこいとのことなので(ベストセラー。無茶な!)
是非、みなさんよろしくお願いしますわ!


一人が10人に売りつけて
その10人がまた10人に…
10人が100人に1000人に…10000人に…(ネズミ講。笑)


そんな冗談は半分さておき(半分!)
この本、興味のない人もいるでしょう。
でも、関係ない人は一人もいないから〜。

みんな絶対死ぬし
誰か大切な人を残したり、残されたりする。

そんな事態に突然陥った一人の女の物語。
読んでいただけたら嬉しいです!



そんな本の表紙…
考えあぐねました。(デザイナーさんが)

伝えたいことは沢山ある。
けど、物として『持っていたい』ものにしたい。
そして私の描くイラストじゃ無理!
イラスト前面に使って欲しくない。

という無茶苦茶な私の要望を
デザイナーさんが上手いことまとめてくださいました!

帯で全部伝えて
帯を外すと「あら。可愛らしい。」という装丁です。

是非、お手元に取って
帯を外してください〜。

ちなみに帯を外した後のイラストは
まだ描いていません〜。笑



職業柄(私もデザイナー)本当、いろいろうるさく言ってしまって
担当してくださったデザイナーさんには
とんでもなく面倒臭いやつだったことでしょう。

一般人のこれが初めて書く本の素人から
「特色…」なんて言葉が出てくるでしょうか。


それでも
だからこそ
良いものが作れたと思っています。


そんな本が着々と発売に向けて動き出してる…
それだけで泣ける…


予約はこちら
**************
まーくんが死んでからのことを
綴り続けたものが本になります。

予約開始になりました!

ご予約
旦那が突然死にました。
せせらぎ
エムディエヌコーポレーション
2020-08-24


サンプル(先行配信しています)
●Twitter→こちら
●アメブロ→
こちら

*************
※表紙は多少変更になる場合があります。

予約時で完売とかあるのかしら…?
まぁ、売れっ子作家っていうわけじゃないから……
…逆に?部数少ないからそんなことあったり??


ちょいちょい宣伝していくと思うので

ウザがらずに温かい目で見てやってください〜。



●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→
こちら

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




さぁ、何を書こうか、どう描こうか。というか何からどう進めたらいいのか。「ひとまず一度お話を…」ということで出版社に足を運び担当の方と一度話をさせていただくことになりました。初めての出版社。初めての打ち合わせ。それも自分の本の。ドキドキする。本当に本にして ...

さぁ、何を書こうか、どう描こうか。
というか何からどう進めたらいいのか。

「ひとまず一度お話を…」ということで
出版社に足を運び担当の方と一度話をさせていただくことになりました。

初めての出版社。
初めての打ち合わせ。
それも自分の本の。

ドキドキする。


本当に本にしてもらえるのだろうか。


私は一体どんな本が作れるのかと思ってはいるけど
私以上に相手の方が
あなたは一体どんな本が作れるのか疑問だったことでしょう。


まーくんが死んだこと、ブログのこと
本への思いを熱く語り
ひとまず自由に考えくださいとなりました。

20200624_1



本の出版って企画会議があって
たとえお声がけいただけてても企画会議で通らないと出版にはならないのでしょ?(聞きかじり)
企画書とか…熱意とか…私に用意できるものがあれば…と不安を漏らすと
担当の方が
「同席した男性いたでしょ?あれ社長です。
社長のお墨付きの企画だから絶対大丈夫。進めてください」
と言ってくださいました。
確かに…社長が打ち合わせに同席して話を聞いてくれていた。
そこまでしてNGは出ないでしょう…


だから
考えてみよう。
どんな本にしたいか。
何を私は描きたいのか。




当初考えていたのは
コラムも入り混じった
これさえあれば心情的なものも手続き的なものもバッチリの
死別の指南書のようなものを想定していました。
(担当の方も当初、そういうものを考えておられました。
ブログと同様に文字ベースでイラスト挿絵で、ところどころ実用コラム的な)


実用的なものもわかる本というものを考えていた。
ぶっちゃけ出版の話が来る前から勝手に構成とネームを進めていました。
それも捨てがたかった。


けど
きっとストーリー(物語)なのだろうと。


実用って、必要としている人には必須だけど
自分に関係のない人には全く興味を引かない。

私は死別してない人にも読んでもらいたい。
死別の苦しさと、今当たり前にある日常の奇跡を知ってもらいたい。

それには、文章ではなく漫画で
実用ではなく物語なのだろうと。


さぁ決まった。
漫画だ。



担当編集者さんとの打ち合わせで話をし
ストーリー性のある漫画がいいのではと伝えました。

当初、誰でもとっつきやすくイラストや漫画ベースではあるものの
コラムを挟んだり、細切れでエピソードごとに分けるくらいのものと想定していた。
それを物語として繋げる。って言ってるこの人。


「まぁ…大変…大丈夫ですか?」


20200624_2



………やります。



ちなみにこの出版社さん。

漫画は出していません。コミックエッセイも出していません。
実用的な分野に力を入れ始めようとしている。と言っていました。
そこにぶっこんだ漫画という選択。

みんな畑違い。やったことない。初心者。笑


でも、やってみてください。と言ってくださいました。




さぁ、どうしよう。
漫画…読むのは好きだけど描いたことねーし。笑

練習も含めてちょいちょい試してはいたけども
それを一つの話として繋げる。

私の書いているブログは、私の人生の話なのである種一つの物語です。
でもエピソードは細切れ。数も膨大にある。

それを限られたページの中に
起承転結、締めまで考える。

話が話だけど悲しいだけでは終わらない。
むしろ楽しく読めるような、そんな話にしたかった。

感情も伝わるようにして
暗くはならなくて
カジュアルなんだけど、真面目な話も出来て
泣いちゃうけど、それでもフフフと笑えるような構成と画力…


……………



……描けるか?素人が…



処女作なのに
ストーリー、構成、絵作り、全部伝わるように描けたら
もう漫画家として生きていった方がいいよね。
才能溢れすぎでしょ。

20200624_3


でも、自分が伝えたいものにするには漫画しかないと思った。
だから
自分でできる描き方に落とし込む。


いやー本当大変。
できる気が……………するしかないよね。

いや、まじでできる気しかしなかったです。笑


20200624_4



何の根拠もない。
実力も実績もない。


けど、やれる気しかしなかった。



まーくんが死んでから本当
『謙遜』とか『不安』とか言う言葉をどっかに置いてきたみたいです。



だって私は守られている。
ここに来るまでいくつもの奇跡を目の当たりにし
幾度となくまーくんの力を感じた。

そんな私ができないわけないでしょ。

20200624_5



この本は最高に特別な一冊になる。



言ったでしょ?
『なる』『やれる』かは問題じゃない。
大切なのは『やろうとする』こと。
『そうしたい』と思ったこと。


私はこの本が宝物になる。宝物にしたい。


だから絶対にできる。




ちなみに出版社はエムディエヌコーポレーションという会社。
知らない方もいらっしゃるでしょう。義父母さまは知りませんでした。
こちらの会社、デザイン誌を多く扱っています。

私もグラフィックデザイナーという職業柄たくさん本を持っています。
どれだけお世話になったか…
ウチの会社で知らない人はいません。

この出版社から声がかかったと言うと
同僚やデザイン仲間は
「…なんかもう、全部差し金な気がする」と言いました。

私もそう思う。
この会社から出せること。

全部「デザインだ」そう言われている気がする。
最高のデザイナーだったまーくんが用意してくれた舞台でしかない気がする。


だから絶対に大丈夫。
あとは描くのみ!


さぁ、描けるのか!

20200624_6


昨日から書籍のサンプルをアップしていますが
見ての通り、超絶『THE・漫画』ワンピースみたいな…(描けるか!!)ではありません。(トーンの貼り方とか知らないし…)

でもなんとか描けた気がします。
うまく出来たというより『なんとかできた』。


あとは伝わりますようにと願うだけ!!



Twitterとアメブロのみにサンプル掲載しています。(よかったらフォローをば!)

●Twitter→こちら
●アメブロ→こちら



↓好きなアイドルのライブが、初参戦で最前列。
私には最強の神(まーくん)がついている。



●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




私はブログを始めた当初から読者0の段階から本を出したいと思っていました。漠然とまーくんが存在していたことを残したいと。自分の画力とか文章力とかはさておいてただ出版したい。世に出したいと。そしてそれを何にも恥じることなくまわりにバンバカ言っていました。以前 ...

私はブログを始めた当初から
読者0の段階から
本を出したいと思っていました。

漠然と
まーくんが存在していたことを残したいと。

20200623_1


自分の画力とか文章力とかはさておいて
ただ出版したい。
世に出したいと。



そしてそれを何にも恥じることなく
まわりにバンバカ言っていました。


以前の私なら絶対に言わなかった。
こんな実力で言えるわけがないと恥じ
野心を抱いても、実現してから
「いや〜大したことないんだけど…」と報告する。(嫌な奴。笑)

でも、そんな恥じとかどうでもよくなりました。
やろうと思っていることを「恥ずかしい」とバカにする人がいたら
その人の方がよっぽど恥ずかしい。


最終的なきっかけになったのは
同じLivedoorブロガーであるあいこさんに話したこと。


↓あいこさんのブログです。



あいこさんは本を何冊か出していて
その時の編集さんに私が本を出したいと言っていると話してくださいました。

そんな話をしてくださってから半年以上が経ち
別出版社で、別編集者さんに、また私の話を持ちかけてくださったら
(その間、あいこさんにはお会いしてないにも関わらず)

その編集さんは、私のブログを知ってくれていて、読んだことがあるそうで
そこからお話をいただきました。
その編集者さんが今の私の担当編集者さんです。



私はというと
本を出したいとは言いつつも目処は立たない。
ひとまず画力向上の為にもと
振り返りも含めて、もう一つブログを始めました。(アメブロ)

なんでもやってみようと
すくパラ倶楽部さんのブログ総選挙も出てみました。


そんな中、去年、子供を連れて死のうと思った時に
死ぬくらいなら本出してからにしようと腹をくくり
三年目の命日に本を出すことを勝手に決めました。(最悪自費出版)
PV数UPも考えて、ひたすら二つのブログを更新しました。



そして三年目の命日発売に間に合うタイミングで
出版社からお声がけいただけました。


その手前で
すくパラ倶楽部さんでブログ優秀賞を取ったことと
アメブロで全体の一位を取ったことは大きかったと思います。

↓優秀賞


↓一位


出版社的にも出版に対する安心材料が出来たのかなと、そう思っています。

20200623_3


2019年
2月 あいこさんを食事に誘う
  書籍化を語る

4月 アメブロ始める
6月 総選挙出る
7月 死のうと思ってからの決意
9月 ブログの賞&一位

10月 書籍化が決まる。


長く感じた時間も
こう時系列にするとトントン拍子というか…

でもそこには自分が動いたからというのもあって
自分の前のめりな気持ちがあってこそ
引き込んだもののような気がします。


ブログを始めたのが
2017年10月
書籍化の声がかかったのはほぼ2年後。

始めた当初から本にはしたかったけど
早く本にしたいと思っていたけども
まかり間違って、早々に話が来ていたら
きっと書けなかった。

イラストがとんでもなく描けない。
自分が何を書きたいかもわからない。
この2年間は色々なものを向上する為にも
必要な期間だったと思います。

実は電子書籍の出版の話もありましたが
『紙』『残るもの』にこだわりがあったので
出版するという目先の欲に囚われず、お話を蹴りました。
(これが最後のチャンスだったらとドキドキもしてました。)



そしてきっと、長いこと時間が経ってからでも
気持ちが離れて描けなかった。

今このタイミングがどんぴしゃりだったのだと思います。
これ以上のタイミングはないと思います。
全てがうまくいく奇跡のタイミングだったのだと思ってます。


さぁ、出版の道が一歩進んだ。
私は何を書いたらいいのだろう。
何が描けるのだろう。


サンプルページが公開になります!
Twitterとアメブロに今日から毎日アップしてます。
1日1エピソード。
全部でどどーんと第1章分公開します(20ページ以上)


●Twitter→こちら



●アメブロ→こちら
 


やっとこさここまできた。

あいこさんに「ご飯いきませんか?」と誘ったのも私
何事も言ってみる。本当大事だと痛感する。


20200623_2


↓映画化まで公言してる。言うは無料!


●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら


※まーちゃんさん

メッセージ読みました!
「会いたい…」って骨にってことですよね?
状況、関係性、どうなりたいか…にもよりますが
(それでも子供達には祖母だし…とか、今後もお世話になることが万が一にもあるかもとか)
私は、自分の心が削がれると思ったら、絶対に会いません。
絶対に会わないと決めたら、絶対に世話になりません。

え?だって?誰のため?
自分のためなら、子供達のためならまだしも
義母のため?こちらを大切にしない人を、なぜこちらが大切にしないといけないのでしょう。

納骨とか法要とか、それでも完全に切れない関係なら
家に入れます。
けど、完全に自分の友人(複数)を呼んでる状態で。
なんならDVDもバンバカ流した状態で。

そしたら、義母様がおかしなことを言っても
その後、それをつまみにご友人とパーティできるでしょ?

呼べないなら、その後に素敵な予定を入れます。
午前中に呼んで、午後ディズニーランドとか。
子供達とふざけんなー!と遊び倒します。

何よりも大事なのは、まーちゃんさんの心です。

好きに生きてください。
自分の人生に要らないものは、もう全部バッサリ捨てる。
それが出来るようになったんですよ。

いつ死ぬかはわからない。
だからこそ、今を思いっきり好きに生きる。
そういう人生を我らが主人は残してくれたのだと思っています。

あえて、苦行に身を放り込むというのも
選ぶのであれば、それが正解です。
得るものは絶対にある。(「二度と会うもんか」とか。笑)

超人になりましょう!!



 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




バッタバタと一ヶ月が過ぎ去りました。1ヶ月前、三年目の出版に向けてあの頃の気持ちとか状況とか振り返りたいと書きつつ一回も過去を振り返れなかった。笑いやー忙しかった。けーくんが小学校に行き始めたので時間に余裕ができるかなと思ってたのにけーくんがいなくなったこ ...

バッタバタと一ヶ月が過ぎ去りました。

1ヶ月前、三年目の出版に向けて
あの頃の気持ちとか状況とか振り返りたいと書きつつ
一回も過去を振り返れなかった。笑

いやー忙しかった。


けーくんが小学校に行き始めたので
時間に余裕ができるかなと思ってたのに
けーくんがいなくなったことで
しーちゃんの相手をしなくならないといけなく
むしろ時間が無くなりました。


そんな中
執筆作業もなんとなく落ち着いてきて
まだ作業は残っているものの
早々と予約が近々開始されます!(されちゃうのヨ!)


寝る間も惜しんで忙しさに猛殺されていた、この数ヶ月。

ちょっと時間ができてしーちゃんの相手なんかしちゃってる。
(相手してるから時間が無くなる…)

20200622_1


あーなんか
1分1秒も惜しかった、あの頃から比べて
こんなんでいいのだろうか…

もっとやることは?
もっと何かやりたいことは??


このままじゃぬるま湯に浸かって
忙しい時が来た時に対応できなくなる!!(おかしな焦り)

20200622_2


なので
今までやりたかった記事の整理をしようかなと。


気づけは記事数は1000を超え
カテゴリー分けもしているもののゴッチャゴチャ。
あの時のあの記事を取っておきたいと思っても
もはやいつの何だか忘れています。

私も自分で言っていたことなのに
「おぉ!そんな風に思おう」と思ったりしちゃったりしていて
取っておきたいのです。(主に精神的な話かなぁ…)

たまに「記事見返してます」「ブックマークしてます」と言ってくださる人もいる。
(本当に嬉し恥ずかし、ありがたき幸せ。)



まとめるにあたって
文字ってさらさらっと読む気にならない時もある。


そこで
遡って、ストックしておきたい考え方とか心の変化とかを
漫画かイラストにしようと思います。

で、描き次第Twitterにあげようかなと。(週数回目標!)

それにあたりTwitterでのブログの記事更新お知らせはやめようと思います。
(どんどん漫画が埋もれそうで…Twitterで更新を受け取っていた方は是非ブログで読者登録をば!)

このブログでも、その漫画をTwitterにあげたよと知らせることもしないと思います。
(のらりくらりやろうかと…とか言ってたまにお知らせしたりして…)


本のために漫画を描いていて
一番欲したのは自分の画力!
画力向上も含めてちょいちょい漫画描くの継続しようかと。


そして同じものをアメブロの方にもあげようかなと思ってます。


アメブロ…
まーくんの死んだ時のことを改めて詳細に綴って来ました。
忙しくて、葬儀前で一旦ストップ。…してから早6ヶ月…

書籍にも描いたし
時間が経ったことで正直色々忘れてる…
読んでいてくださった方も
楽しみにしていてくださった方もいらっしゃるかもしれませんが


ごめんなさい!
やめます。(いろいろ考えたけど…潔く!)

20200622_3

あの頃の気持ちにトリップして綴れる心情じゃなくなっちゃった…
本にしたことで燃え尽きちゃいました…
(気になる方は是非本をお手元に!!宣伝。笑)

代わりにアメブロにもTwitterの漫画載せようかなと。
(せっかく読んでいてくださった方がいるのにプツッと切れるのは嫌だなと)
なのでアメブロとTwitterには完全別物がアップされます。



ひとまず一個だけ描きました。
こんな感じで続けようかなと。
テイストも内容も好きな時に好きな感じで描きたいと思います〜。

20200622_2_midashi
※今回だけ、◯び太登場



5年後にはきっと素晴らしき画力を手に入れているはずさ!(5年やれたらな!)
まぁ、2,3ヶ月くらいを目処にしております。
8月、三年目の命日、書籍発売、全てを終えたら廃人になる予定なので〜。
あわよくば、まーくんが迎えに…(来たらマジ本を出すのが私の使命だったのだな)

もし、今後も見てくださる方がいるのであれば
Twitterかアメブロのフォローをお願いします!
(全然更新しなかったらごめんなさい!)


●Twitter→こちら



●アメブロ→こちら




やるやる詐欺だったらごめんなさい!
是非やりたい気持ちはあるから、やれますように(神頼み。←自分次第!)


そんなこんなで後2ヶ月後に自分の本が出ます!

明日からは書籍化の話が来たことを
改めて綴ろうと思います。
全てが巡った奇跡の話。(私的に!)


↓運命が動き出す。


●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




けーくんはADHDでした。でも別に何かが変わったわけじゃありません。 私の接し方も、周りの接し方も今までとなんら変わりありません。『障害』という名がついたけど(発達障害)ただの個性です。起きられない子癇癪を起こす子きれい好きすぎる子体が不自由な子偏食な子注意 ...

けーくんはADHDでした。

でも別に何かが変わったわけじゃありません。 
私の接し方も、周りの接し方も今までとなんら変わりありません。


『障害』という名がついたけど(発達障害)
ただの個性です。

起きられない子
癇癪を起こす子
きれい好きすぎる子
体が不自由な子
偏食な子
注意散漫な子
空気を読めない子
傷つけてしまう子
傷つきやすい子
...etc.


全部ただの個性だと思ってます。
対応がそれぞれ変わるだけ。

その子の持った性質において
経験するものが変わり
得る経験値が変わり
多種多様な人へと成長し社会を動かしていく。


全ての人が一辺倒で、違う人を排除して
みんな同じで、同じ大人になったら
そんな社会怖くてならない。つまらなそう。

20200621_4



『障害』と名のつくものがつくと
そりゃあ人よりは大変なことが増えます。


私は我が子たちだけしか育ててないので
他の育児がどれだけのものかは分からない。

ただ、次男のしーちゃんに比べると
ほんっと大変…


20200621_5



けど、それが障害であろうがなかろうが

けーくんはけーくんで
けーくんでしかない。

何も変わりません。


だから『障害』とつこうが、つかなかろうがどっちでも良い。


ただ体当たりで真正面からぶつかっていくしかない。
一人でな!
20200621_6


本質は何も変わらないのに『障害』がつくことに拒否反応を示す方がいるそうですが
本質が変わらないなら付いた方がお得じゃない?とすら思っちゃいます。

拒否する方が一番『障害』というものを否定的な特別な目で見ているのだろうなと。


私は障害児として育ったので
そこら辺はフラットなのかもしれません。

それにおいて傷ついたことや得た経験は
他では得ることのできない宝だと思っています。

むしろこうで良かったと。
それが今の自分を作ってくれている。
強くしてくれている。


今の自分の個性を作ってくれている自分の障害
やっぱり障害も個性ですね〜。



さぁ個性的な我が子に向き合わなくっちゃ〜

20200621_7


↓ダメだとされているところは、裏を返せば良いところ。


※ひとみさん
メッセージありがとうございます!
貴重な情報!子供達はいずれどっかにぶっこみたいと思っていたので
子供達の経験と、私の自由時間のために。笑
検討させていただきます!!


●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




ちょっと子育てに手がかかるけーくん(6歳)。子育てって大変なものでしょ?男の子なら尚更。だから一般的に大変なのか、一般以上に大変なのか分からなかった。でも次男だからなのか性格か、しーちゃんは本当に育てやすい。ブログの過去記事を振り返っても、『けーくんガー ...

ちょっと子育てに手がかかるけーくん(6歳)。

子育てって大変なものでしょ?
男の子なら尚更。


だから一般的に大変なのか、一般以上に大変なのか分からなかった。

20200621_1


でも次男だからなのか性格か、しーちゃんは本当に育てやすい。
ブログの過去記事を振り返っても、『けーくんガー!!!』の私の息詰まり記事が多い。




言葉の遅かったけーくんは療育に通い始め
2年弱通い、小学校に上がった事で卒園しました。


後のことは追々問題が起こったらどこか考えようと思ってました。
果たしてけーくんは何かを必要としているのか。ただの手のかかる子供なのか。


そんな中、療育児専門の歯医者に行って、
先生と話して療育の必要性を感じ始めたことで

ちょうど、歯医者の入っているビルは障害児専門機関が多数入っていて
診察をしてもらうことにしました。

療育を請け負っているのは自閉症児専門だけど
診察はできると。診断はしてくれると。



療育に通っていたセンターから以前に受けていたテスト結果を携え
けーくんの状態を見て
私の話を聞いて
今までの成長過程も伝え

やっぱり出ました。
やっと出ました。


『ADHD』という診断。



でしょうね!と少し楽になった気がします。

今までのけーくんに全部説明がつく。
療育で受けたテスト結果も、ADHDで見られる傾向だと。


そして新たに出た『けーくん自閉症説』。


いわゆる重度自閉症ではないけども
赤ちゃんの時のコミニュケーションの淡白さから若干怪しい。
(私にはただの育てやすいスーパーベビーでした。
後追い、夜泣き、ぐずりなど全然なし。)

20200621_2


ADHDにしても、自閉にしても
それを補っている知能がけーくんにはある。

だから、できる部分は飛び抜けてるのに
基本的なことができなくて誤解を招くこともあるかもしれない。
(九九は出来るのに、下駄箱に上履きがしまえないとか。)


自閉症は他者とのコミニュケーションの難しさが主だけど
けーくんは知能で「こういう時はこうする」で補っている。
もし自閉傾向があっても、まだ分からない。
小学校に行って、もっと友達との複雑なコミュニケーションが必要になって
そこで、もしかしたら何か浮き彫りになるかもと。

『ADHD』は黒で
『自閉症』は薄いグレー。

でも疑いが若干でもあるということは、そういう種を持っているということ。


国語力(想像、理解、汲み取り)の低さも、すぐ他に注意が向くことも
何度も何度も同じ注意を繰り返さないといけないことも
そうか。やっぱり発達障害でした〜!



世の中には自分の子がいわゆる『障害』と名がつくことを嫌がる方もいると思いますが
私はむしろ診断が欲しかったです。


状態は結局変わらないのだから
大変さに太鼓判を押された様で楽になりました。
大変さをわかってくれた様な。
仕方のないことなんだと、子供に優しくなれる様な。


ここからは「そうなんだ」と分かった上で接していく。


ま、堪忍袋の尾は変わらずに切れますけどね〜。


20200621_3

汲み取ったり感じ取ったりすることが出来ないけーくんは
経験を知識として蓄えていくことが重要になる。

改めてゲームさせてる場合じゃないなと思いました。
外に出て、沢山の経験をさせないといけない。
彼の力になると信じて。


にしても、
旦那突然死んで
私持病持ってて(一応障害認定)
子供発達障害って
どんだけ〜!


↓ただ呑気に子育てしてたのに、急浮上した療育必要説。
 

●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→
こちら


 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




語呂がいいので三種の神器って書きましたが正確には三種の考え方です。私がこのブログでも散々言っていること。⚫︎ その状況にどれだけの価値と幸せを見つけられるか⚫︎ 後悔は次のための薬にする⚫︎ 大切な人が死ぬ事以上に辛いことってある?人生は順風満帆で嫌な事がな ...

語呂がいいので三種の神器って書きましたが
正確には三種の考え方です。


私がこのブログでも散々言っていること。


⚫︎ その状況にどれだけの価値と幸せを見つけられるか
⚫︎ 後悔は次のための薬にする
⚫︎ 大切な人が死ぬ事以上に辛いことってある?



人生は順風満帆で嫌な事がない時ほど
学びが少ない。 


でも人生いい時ばかりではない。

負に落ちた時こそ
自分自身の力が発揮されるというものです。 




昨日。意気揚々と梅雨時期の掃除の素晴らしさと決意を語りました。



その裏で行われていたもの


PTAの役員決めの会合。 



はい、やっちまったー!
うっかりが故の欠席。

2年時のPTAを希望していたけども
やっぱりね。
6年時になりました〜!涙

20200620_1


ママ友からの連絡で会合の存在を知りましたが
時すでに遅し
1番避けたかった最終学年時でのPTAに決まりましたよね。

そりゃそうだ。
足を運ばない奴の要望なんか通るかい!


大きなため息と共に
バカな自分に呆れ果てるばかり。
20200620_2


毎日配られる大量のプリントを
バッサバッサと選別して捨てていたのが仇になった。笑(選別ミス)


20200620_3


あ〜あ、やっちまったな〜
あ〜あ、やだな…



心がズンと重くなった時は
まーくんが死んで3年、鍛え上げられた精神力で自分を奮い立たせます。




『その状況にどれだけの価値と幸せを見つけられるか』

起こってしまったことは仕方ない。取り戻せない。
時間を巻き戻すことはできない。
どんなに過酷な状況であれ、立ち向かうしかない。
そしてそこには絶対に価値がある。
大変な経験ほど得るものは大きい。

どんだけちっぽけでもそこに幸せを見出す事が
人生を豊かにしてくれる。






『後悔は次のための薬にする』

やってしまったことを悔やむことはある。
でも悔やんでても何も状況は変わらない。

そして悔やむべき事が起こった時は
次へのチャンスであるという事。
同じことはしない。次はこうする。

きっともっと大きな後悔をしないための
布石なのだと思う。

これは必要な後悔だと。





そして


『大切な人が死ぬ事以上に辛いことってある?』


これに尽きるよね?笑
これ以上に辛いことってある?

もはやこれを経験してしまったから
別に他は何とも思わないし
何とでもなるわと思える。


あの日、愛する旦那様が突然に死んで
キツすぎる精神状態と
ヤンチャ盛りの子供達
収入確保に日々の雑務。

それを「ちょっと休憩!」なんて通じるわけもなく
泣きながら必死でやってきた。

もはや、これ以上の頑張りってある?




だから

私は大丈夫〜。


この三つの精神論があれば
どんな苦難も渡っていける。


人生を泳いでいくための
素晴らしいビート板。
これさえあれば絶対に沈まない。

20200620_4




さぁ、これから従姉妹の家に夕飯食べに行くから
慰めてもらおう。(結局。笑)


と、こんな事があったんだよー!と吐き出し泣きつく事。
それに対してヨシヨシしてもらえる事が人生では1番の良薬になることと
まーくんが死んで気づきました。

そして、ちゃらっとPTAの話をしたコメントでヨシヨシしてもらえた(しのさん!ありがとう!)
聞いてもらえるって本当に力になる。

状況何も変わらずとも、心はだいぶ違う。
口に出すってとっても大事〜!

あー、もう5年間は何も考えずにいよー。
って、2年後しーちゃんが入学してくるわ…ぜひ低学年時のPTAになりたい。
プリントを血眼になって隅から隅まで読もう。(読めよ!)


↓どんなことも自分には必須!


 ●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ちなみに、余談ですが
昨日、まーくんを感じた記事を書きました



そんな夜、もう寝静まろうとしていた時
最後にもう一回『HANABI』を聞いている時
居候甥っ子のゆーくんが
「せせらぎちゃんのパソコンのイヤホンから音漏れてるよ」と教えにきてくれました。

え?あぁ、音楽流しっぱなしにしちゃったか
と思い確認しにいくと
スリープを解除したそこには

『まーくんからの着信中』

私はまーくんの携帯番号を仕事用として引き継ぎました。
日中、自分の携帯が見当たらなくて
この仕事用から電話をかけました。
(登録の名前はまーくんのままだから『まーくん』と表示されます)

そうすると、持っているタブレットやPCも音が鳴ります。
携帯が見つかったので着信は切った
そうすると同時に鳴っていたタブレットやPCも鳴り止むはずです。

でもずっと鳴っていた。
鳴ってた?6時間も?
ある一定期間鳴ったら鳴り止むはず。

新たに鳴った?
誰もかけてないのに?

わかったよ。
まーくんがいることは分かったから。
『HANABI』は俺の仕業なのはわかったから。
昨日はちょっとアピールが激しくないかい?笑

大丈夫だよ。
そばにいることはちゃんとわかっているから。

ありがとうね。(言わせたいんか!!)

 

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




感が極まっちゃったので本日2回目の投稿です。今日あげた記事にリンクを貼ってありました。 その記事にいただいたコメント。ーーーーーーーーーーーーーーーーこんにちは。今朝の記事からこちらの記事を拝見しました。しばらく涙が止まりませんでした。。今日まで踏ん張って ...

感が極まっちゃったので
本日2回目の投稿です。


今日あげた記事に
リンクを貼ってありました。



その記事にいただいたコメント。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
こんにちは。

今朝の記事から
こちらの記事を拝見しました。
しばらく涙が止まりませんでした。。

今日まで踏ん張って
たくさんの想いを乗り越えて
過ごしてらっしゃることに
敬意を感じます。

ちょも

ーーーーーーーーーーーーーーーー
※勝手に記事にしてごめんなさい。


リンクは貼ったものの
久しぶりに死のうと思った記事を読みました。



涙が出る。


どれだけ大変だったか。
どれだけ辛かったか。

そんな私の涙にしーちゃんが
「涙拭く?」とタオルを取りに行ってくれました。

「妖怪ウォッチがいい?」と聞くので
「妖怪ウォッチでいいよ」と応えて。

自分が嬉しいものは母も嬉しいだろうと
その浅はかな思いやりの気持ちが嬉しい。



最近はしーちゃん(4歳)と二人きりで日中過ごす時間が増えました。


しーちゃんは珍しく
いつもは手を出さないCDを聞きたいと
泣いている私の手を取ってCDコンポがある部屋へ一緒に行きました。


しーちゃんが聞きたいと手に取ったのは
なんだかオシャレなジャケット。


めっちゃ素敵やん。
ええよ。ええよ。それにしーや。(関西出身ではありません…)

どこの?誰の?

…………HANABI?

……Mr.Children ?

20200618_1_1


これ…泣けるやつや…

誰かの何かの役に立ちたいと
読者さんに教えていただいた曲をまとめていて、その中の一つ。



しーちゃんに「まじめに聞きたい!」とお願いして
しーちゃんを抱きしめながら聞きました。


ーーーーーーーーーーーーーーーー

どれくらいの値打ちがあるだろう?
僕が今生きているこの世界に
すべてが無意味だって思える
ちょっと疲れてんのかなぁ

一体どんな理想を描いたらいい?
どんな希望を抱き進んだらいい?
答えようもないその問いかけは
日常に葬られてく

君がいたらなんていうかなぁ
「暗い」と茶化して笑うのかなぁ
その柔らかな笑顔に触れて
僕の憂鬱が吹き飛んだらいいのに

決して捕まえることの出来ない
花火のような光だとしたって
 もう一回 もう一回
 もう一回 もう一回
僕はこの手を伸ばしたい
誰も皆 悲しみを抱いてる
だけど素敵な明日を願っている
臆病風に吹かれて 波風がたった世界を
どれだけ愛することができるだろう?

笑っていても
泣いて過ごしても平等に時は流れる
未来が僕らを呼んでる
その声は今 君にも聞こえていますか?

さよならが迎えに来ることを
最初からわかっていたとしたって
 もう一回 もう一回
 もう一回 もう一回
何度でも君に逢いたい
めぐり逢えたことでこんなに
世界が美しく見えるなんて
想像さえもしていない 単純だって笑うかい?
君に心からありがとうを言うよ

(歌詞抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーー


ごうっきゅ(号泣)


辛かった。
とんでもなく辛かった。

だって、子供連れて死のうと思ったんだもん。


それが
つい最近、心から幸せだと思えるようになった。



繰り返してきた辛い日々と
振り絞るような気持ちで前を向こうとした日々と
きっと数は同じ。


我が家のCDは9割以上まーくんのもの。
それこそ多分、数百枚はある。

それを適当数をざっとCDラックにいれて
その中の一つをしーちゃんが手に取った。


二人でCDを聞くこともなかったし
私がこのCDラックからCDを選ぶこともなかった。



今、このタイミングで選んだのが『HANABI』

苦しみと、幸せと…もう一回…


とめどなく流れ出る涙を
まだパジャマのしーちゃんをタオル代わりにして
拭きまくりました。




今朝、送ってほしいというけーくんを
手を繋いで小学校まで送り

春から居候している15歳の甥っ子を送り出し

しーちゃんを抱きしめながら過ごしている。



泣きながら幸せを噛みしめました。
苦しかった日々を思い返して。



あ、今も苦しいですよ?
まーくんを想わない日はないし
涙もいつでも出すことは出来ます。



それでも

言える。






君に





心から







ありがとうって。






良いも悪いも含めて
泣きながら
それでも笑って言える。





まーくん







ありがとう。






●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




思えば去年、子供連れて死のうと思ったのも低気圧が蔓延する梅雨時期だった気がします。そんな今年私の心を占拠しているもの。それはSO・U・ZI!(掃除)いつからまともに窓を拭いていなかったのか下手したら彼が死んだあの日から大掃除的なことはしていなかったのか(してた ...

思えば去年、子供連れて死のうと思ったのも
低気圧が蔓延する梅雨時期だった気がします。


そんな今年


私の心を占拠しているもの。




それは


SO・U・ZI!(掃除)


いつからまともに窓を拭いていなかったのか
下手したら彼が死んだあの日から
大掃除的なことはしていなかったのか(してたかな?覚えてません!)
窓、超汚ねー!

自分の心の向くものにだけ取り組もうと決めたこの三年。
窓掃除は心が向かなかったのでしょうね。笑


それを、ある雨の日
しーちゃんといる時に思い立って
掃除をすることにしました。

20200619_1


窓掃除は雨の日がいいって言いますものね。
汚れが落ちやすい。
 


掃除してたら気持ちがいい
なので
決めました!

6月は大掃除月間にします!!


一箇所一箇所100%きれいに…はしません!
80%でいいかなと。
完璧を追っちゃうと疲れるし
結局は汚れるんだし
今後も「あそこはやったからいっか!」になってしまうので
そこそこのキレイさをずっと保つにしました。

たまに箇所決めて一生懸命やろう。



ちょうど保育園を自粛している今
働きにも出ていないし、書籍の作業も落ち着いてきたので
今月ワーッと家を整えようと思います。

部屋をキレイにすると
心がキレイになるって言うじゃない。

スッキリした心で新しい日常を迎えたい。


去年とはえらい違いです。

20200619_2


死のうと思った心を立て直すことだけで必死だった。
今は、健やかに生きようとしている。


今年の梅雨は悪くない。
うん。悪くないよー!

雨の日は掃除をする日!って決めたら 
雨でもなんだか心晴れやか。

子供達の縦横無尽に貼られた壁へのシールも剥がして
磨きあげなくっちゃー!



↓道連れを初めて考えた。


  ●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




書籍の作業が大変で通常で5時起き、起きれて4時起きちょっと作業が滞ったら3時半起き。そんな早起きで執筆活動をしています。そして赤ちゃんの頃から今も変わらず子供達は私が隣にいないと起きるという現象。(本当やめていただきたい。笑)度々「おかーさーーん!」と階 ...

書籍の作業が大変で
通常で5時起き、起きれて4時起き
ちょっと作業が滞ったら3時半起き。

そんな早起きで執筆活動をしています。



そして赤ちゃんの頃から今も変わらず
子供達は私が隣にいないと起きるという現象。
(本当やめていただきたい。笑)


度々「おかーさーーん!」と階下から呼ばれ
その度に「トイレ行ってたんよー」と嘘をつき(起きてたにすると「僕も起きる」になるので)
再度寝かしつけます。


いや、割と執筆活動は趣味に近いから
なんの苦もないけれど
仕事だったとしても同じ感じになる。するしかない。




そんな中疲れが溜まって
まだちょっと肌寒い朝だったということもあって
再度寝かしつけ時に布団に入ったら

もうたまらなく気持ちよくて
両脇に寝ている子供達が温かくて


作業は滞るけども
ほっぽらかすことを決め

ためらいなく
二度寝することにしました。

20200617_1

超幸せ。





二度寝の幸福感。

20200617_2





やらねばならないことを投げ出したけど
自分の選択は間違ってないと薄れゆく意識の中で思いました。



可愛い我が子と触れ合うこと
一緒にいること
そして睡眠


これ以上に大切なことがあるだろうか。



でしょう。





『生活において大切なもの』と
『生死において大切なもの』は
不思議なことに違ってしまっている。




生活するのにはお金がいるし、働かないといけない。
けれど、一度『死』を対象にすると
大切だと思っていたお金や仕事はどうでもよくなる。


まーくんが死んだかもしれないとなった時
死んだかもしれないまーくんに会いに行く道中

仕事なんて辞めていい。障害を負ってもいい。
私が働く。3人を養う。
だから生きていて。

瞬時にそう思いました。


お金にがめつい私が。
結婚相手の収入も大事だと思う私が。
できれば働きたくない私が。

何よりも命が大事だと思った。
それさえあれば、他はどうだっていいと思った。

20200617_3


だから
今、子供達の隣で寝ることを選んだ私は大正解。


かけがえのない時間を
大切な人と過ごすことを選んだ。


書籍作業も大事。
仕事をするのも大事。



でもたまには足を止めて
大切だと思った方を
『死』を前にして後悔しない選択を
あえてするのも大事だなと思いました。


今死んでもいいように。
いつキミが死んでもいいように。

20200617_4


↓大切な命が無くなるという覚悟


●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




まーくんが死んでから もうすぐ三年。日々、そんなに泣くことは無くなりました。まだじんわり涙が滲むこともあるし三年間、1日たりとて思い出さない日はありません。 それでも、あの頃のような身を引き裂かれるような声にならない雄叫びをあげることはなくなった。いない日 ...

まーくんが死んでから 
もうすぐ三年。


日々、そんなに泣くことは無くなりました。
まだじんわり涙が滲むこともあるし
三年間、1日たりとて思い出さない日はありません。 
それでも、あの頃のような
身を引き裂かれるような
声にならない雄叫びをあげることはなくなった。

20200616_1

いない日々に慣れたことと
生活が変わって(甥っ子を迎え入れて)
毎日忙しくて(書籍化作業に猛殺)
深く思い返している暇がないからかもしれません。


そんな中
すくパラ倶楽部さんでの本連載が決まって
プロットやネームやらでどういう話を描いて行こうかと練っている時

担当の方から「う〜ん」と
私の出したネームが通りませんでした。


ちょっと、まーくんさん酷すぎやしないかい?
と。美談にする必要はないけども
ちょっとせせらぎさんが心配になるレベル。だと。



そうか…そうなのか…
私はいたってなんとも思わず、なんなら笑い話なんだけども
世間一般からしたら、とんでもない旦那だったのかも。

友達からは「まじ無理」と言われていました。
「せせらぎだからやっていけるんだ」「本当菩薩」と。

最たるエピソードとしては
オムツを取ってもらおうと「オムツ取って」と言った言葉にガチ切れされたことでしょうか。
その場にいた友人夫婦も
(え〜…せせらぎちゃん、むしろ優しい言い方してたんですけど…)と引くほど。



ブログ上でも書くことをはばかれるほどの沢山酷いことがありました。
すくパラ倶楽部さんの連載上も柔らかくしています。




それでも
今でもこんなに愛してる。


離婚してやろうか。
死んだ方がいいのに。

そう思ったこともあったけど
それでも、それは愛が故の腹立ち。



あんなに腹が立ったのに
彼以上には出会えないと結婚した。

結婚した後もそう思ってる。
まーくん以上はいないと。

どんなに酷くても
それを超える魅力があった。
そんな人にはもう出会えない。


そんな話をする度に、担当編集者さんは
「本当、夫婦というものの深みを見ているようだ」と言われます。



世の中がワンオペ育児の大変さ、夫婦間の亀裂を取り上げても
完全ワンオペ育児だった私は
そのことに、たったの一つの不満もありませんでした。
(仕事で帰って来なかろうと、飲んで帰って来なかろうと。)


20200616_2


手は限りなく借りられないけど
誰よりも分かってくれる。
誰よりも話を聞いてくれる。

誰よりも分かり合える相手だった。

20200616_3


誕生日プレゼントはくれなくても
一緒に行ったケーキ屋で
「どっちも食べたいならどっちも買いな」と
まさかのホール二つ買を何とも思わずやってくれる人だった。(二人暮らし)


良いとこも
悪いところも全部わかってた。


唯一だったんだな。
たった一人の人だった。

20200616_4





もう




話すこともない。


20200616_5




三年間、一度も姿すら見てないのに
今でも愛してると言える
たった一人の人。 



唯一無二のかけがえのない人。

もう会えない人。




↓そんな新しい連載が始まっています。


●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




しーちゃん(4歳)といる時間が好きです。心の底からかわいいと思う。…え?けーくん?(6歳)そ、そりゃぁ可愛いとは思ってますよ!?しーちゃんと話をするのが好きです。拙い喋り方なのに大人びていて、本当にたまらなく楽しい。…え?けーくん?…………そ、そりゃぁ… ...

しーちゃん(4歳)といる時間が好きです。
心の底からかわいいと思う。


20200618_1


…え?けーくん?(6歳)
そ、そりゃぁ可愛いとは思ってますよ!?


20200618_2



しーちゃんと話をするのが好きです。
拙い喋り方なのに大人びていて、本当にたまらなく楽しい。



…え?けーくん?


…………そ、そりゃぁ…


…!!?


気づきました!気づきましたよ!




けーくんとは会話が出来ない!



いや、言葉話ているし、理解もしています。
コミュニケーションが取れないわけじゃない。


けども
こちらが話していても途中から話を変え
けーくんの話を聞いていても話があっちへこっちへ飛ぶ
話の途中に何度「聞いてるー?けーくん!!?」と言ったことか

最終的には突進してきたり
大声を出したり
私が不快で終わる。

端的な会話は出来るけども、会話を楽しむ事が出来ない。
「〇〇しないで!」「〇〇やめて!」でほぼ終わります。 



そんなけーくんの2歳も下のしーちゃんとの会話は
とっても楽しい。
嫌な気持ちで終わらない。
心がホカホカして、顔がほころびます。

子供ってこんなに話が通じるものなの!?


20200618_4


しーちゃんのことを愛で過ぎて
けーくんが指をしゃぶってこちらを見ています。

20200618_3

だから、しーちゃんのことを「可愛い」と言う為に
けーくんのことも日頃から「可愛い可愛い」と言っています。

いや、思ってますよ?
でも必要以上に。

多少のいたずらも、手が掛かる言動に対しても。
まわりが「かわいいか?」と思っていても

いいのです。



これは

一種の

暗示だから。



かわいいに違いない。
かわいいに決まってる。

こんなに手がかかって白目むきそうだけど
あーかわいい。



そうでも思わなきゃ負の言葉をかけるだけで終わっちゃうじゃない!
注意ばかりされているけーくんを
注意が多いからこそプラスな言葉もいっぱい与えてあげたいじゃない。


20200618_5


↓しーちゃんより格段に怒られることが多いけーくん


●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




最近のお気に入りはセカンドハウスのウッドデッキにテントを出して風と太陽の陽を感じながら音楽を聞いて過ごすことです。(優雅か!)ブログを書いたり雑誌を読んだりお茶を飲んだり仕事をしたり気分はもはやグランピング。見上げる空の流れる雲を見て風に吹かれて気持ちの ...

最近のお気に入りは
セカンドハウスのウッドデッキにテントを出して
風と太陽の陽を感じながら
音楽を聞いて過ごすことです。(優雅か!)


ブログを書いたり雑誌を読んだり
お茶を飲んだり仕事をしたり
気分はもはやグランピング。


見上げる空の流れる雲を見て
風に吹かれて気持ちの良い時間を過ごしています。

とても贅沢で
まーくんがくれた特別な時間



20200614_1


空を見上げていると自然と涙が流れます。

悲しさを感じているわけでも
寂しさを感じているわけでもありません。

でもじんわりずっと溢れる。


20200614_2



書籍の執筆の為に
今、電子機器に向かう時間は尋常じゃないです。
目が常に痛い。 
だからかな。(だからかよ!)


ドライアイの為にプラグを埋め込みました。
涙の出て行くところがなくて
プラグを入れてからはずっと涙目の状態。
だからかな。 (それだな!)




それとも


やっぱり

幸せ過ぎるからかな。




パタパタと子供達がやってきて
たわいもない話をする。
抱きしめて笑い合う。

この瞬間を
心の底から幸せだと言える。

20200614_3


理由の分からない涙は出続けているけど
あの時の心が引きちぎれんばかりの涙とは全然違う。

こんな時間が来るとは思わなかった。 



時間という風に流されてここまで来た。

やりたいことだけやって
心の向くものだけに目を向けて

それこそせせらぎのように流れて
心に蓋をせずに
自由に素直に。






今幸せだよ。 








幸せだよ。まーくん。







そしてセカンドハウスにいる時は
食事は実家からセカンドハウスへ運ばれてくる。
最高に幸せ。

20200614_4

↓まーくんを感じるとても大切な場所になったセカンドハウス


↓占いで流れて行きなさいと言われてた。


●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

※ねよねよさん
メッセージありがとうございます!
大変参考になります!「こうしたい」を置き去りにしていたような気がします。
苦手な部分がある分、それを補うためにどうしたら良いか考えねばですね!


 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




旦那のまーくんが死んで全てのことに幸せを感じるようになりました。不思議ですよね。周りからしたら不幸なはずなのに不幸であることには変わりないのにそれでも私はまーくんが生きていた時よりも幸福度が高いと感じています。状況は悪いです。収入も減ったし寂しいし悲しい ...

旦那のまーくんが死んで
全てのことに幸せを感じるようになりました。


不思議ですよね。


周りからしたら不幸なはずなのに
不幸であることには変わりないのに

それでも私は
まーくんが生きていた時よりも幸福度が高いと感じています。

20200613_1


状況は悪いです。
収入も減ったし
寂しいし悲しいし
子育ては一人では大変だし
一人で家事育児仕事はマジきつい。

それでも幸福度はあがった。

20200613_2



ということは
幸福に客観的状態って関係ないんです。

その状態をどう感じるかが
幸せには大事なことだと思います。




お金を払ってつまらない映画を見てしまった。
あぁ、時間の無駄。

そう思ってしまったら、その時間は人生の無駄。 


ポップコーンを食べてコーラを飲んで
気持ちの良い時間を過ごせた

そして、睡魔に負けて全てを諦めて眠りに入るあの瞬間
なんて贅沢だと思います。
お金払ったのに眠るという贅沢。笑

状況は同じ。
つまらない映画を見てしまってお金を無駄にした。


でもそれをブチブチ言うより
「凄い贅沢な時間を過ごした。」そう思った方が
断然に幸せ。
 

言わないですけどね
「あーつまんなかった」とブチブチ言う人に
良い時間だったなんて。
なんでもポジティブに受け止めすぎて頭おかしいとしか思われないから。

私は心ひそかに思って幸せを堪能するのみです。

20200613_3



あ、つまらないものを楽しいとは思いませんよ。
不味いものを美味しいとも思わないし
不快なものを心地よいとも思えない。



ただ、 それだけでは終わらせない。
そこに潜んでいる小さな幸福に目を向けるだけ。


同じ時間を過ごし
同じ人生を歩いたとしても
感じ方は人によって違う 


人生をを豊かにするのは
何かになることでも
何かを成し遂げることでもない

何に気づくかということ


どんな日もどんな時間も最高の時である。
そう思えた時間が積み重なった人生。

最高に素敵なものになりそうじゃない。


20200613_4



人生の質を変えられるのは自分。
自分が変われば人生の質が変わる。

周りが、状況が何も変わらなくても
人生は変わる。


最愛の人が死んで
苦しみに満ちた人生。

でも変えてやる。最高に幸せな人生へ。


20200613_5



↓幸せを測るのは他人じゃなくて自分でしかない。


●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら


 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




街を歩いていると死んだ旦那のまーくんにそっくりな人を見つけました。髪質が!髪質だけ。笑少しパサついていて癖っ毛でその上にパーマ。あの何とも言えない手触り。忘れていた触感を思い出しました。一気に当時へ気持ちが戻る。もう決して触ることはできないけどまーくんが ...

街を歩いていると
死んだ旦那のまーくんにそっくりな人を見つけました。




髪質が!



髪質だけ。笑

20200612_1

少しパサついていて
癖っ毛で
その上にパーマ。


あの何とも言えない手触り。


忘れていた触感を思い出しました。
一気に当時へ気持ちが戻る。

20200612_2


もう決して触ることはできないけど
まーくんが振り向くことはないけど


そこにまーくんがいるようで


割と追いかけました。笑


20200612_3



あぁ、会いたいなぁ。


会って
話して
触って
抱きしめて
あんなことも
そんなことも
何でもかんでも
あそこにも行って
あれを食べて…


欲求が止まる事はありません。
そして満たされることもありません。涙



二度と会えない人を想い続けるって
なんて切なくて
なんて温かいのでしょう。


死別した当初は
まーくんのことを考えるだけで血反吐吐きそうだったけど

今も切なさはMAXだけど
少しだけ温かい何かが灯るようになりました。

ほんの少しだけ…


きっといつか
素敵な思い出になる。
そんな予感がします。


↓そんな日がくればいい。


●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら


 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




けーくんの国語力。話聞く力読み取る力汲み取る力想像する力が物凄く乏しいけーくん。4歳から療育に通い始め2年ほど通いました。 国語の授業というものがない段階からこの子は国語に物凄くつまずくだろうなとそして案の定つまづいています。コロナ休校で自宅学習の一環で進 ...

けーくんの国語力。


話聞く力
読み取る力
汲み取る力
想像する力


が物凄く乏しいけーくん。

4歳から療育に通い始め
2年ほど通いました。

 
国語の授業というものがない段階から
この子は国語に物凄くつまずくだろうなと

そして案の定つまづいています。



コロナ休校で自宅学習の一環で
進研ゼミをやっていたのですが

初っぱなから「答えがわからなーーい!」

「問題は何?」と聞くと
「問題はどこ?」


「文章を読んでって書いてあるけど文章は読んだ?」
「文章はどこ?」


………


答えどころか

あんなでかでかと面積を取っている
文章すら目に入っていない。


ちなみに文章題は初めてではなく
以前おなじことがあった時に

「国語はまず文を読む、そして問題を解く」

と散々伝えた後です。

20200609_1


問題の文は

『くまさんが ふくろを見つけて
「なにかな。いっぱいはいってる」
くまさんは友達のリスさんに聞きに行きました』(文章要約)
というようなもの。


さぁ、くまさんはりすさんに何を聞きましたか?



「わかんない」




わかんない!!?
書いてある書いてある!!!


何度も何度も読ませ
細切れにして読ませ

その都度想像させ
説明させ

最終的には演じさせ(けーくんが、くまさん役。袋も用意。)

それでも「分かんないよ!!!」とキレ出したから




もうくまさんとかどうでもいい!

くまさんをけーくんに置き換え
りすさんをお母さんに置き換え

けーくんが袋を拾いました。←実際に動きもつける。
「おや?何が入っているかな」←けーくんに言わせる。

はい!その段階でけーくんは袋の中身が分かっていますか?

そこで、お母さんにけーくんは聞きにきました。

何て聞きましたか?


「何が入っているの?」



そう大正解!!!



……長かった。


20200609_2



国語は
『文章の中から答えを探し出すゲーム』と話し
そこまで苦手意識は持たせないようにしています。

「けーくんは国語が苦手だね」とは絶対言いません。
「国語もできるね!」って言ってます。

『ゲーム』というワードがひっかかって
そこまで毛嫌いもしていません。

でも確実に完全に国語が苦手。


文章で書かれていない部分の察する力が本当に乏しい。




そこで考えたのは将来のことです。

国語力がこれからメキメキ上がらない限り
国語がけーくんの将来の足を引っ張るだろうと。


数字が大好きで
算数は得意なけーくん。


でも、できるところがあるからと言って
入試では『英語・国語・数学』がメイン。


どんなに数学ができるようになろうと
国語で弾かれる。


こうなりゃ数学をとんでもなく伸ばすしかないのかな
ちょっと得意レベルじゃなくて
国語をもろともしないくらいの力を…


そろばんやめようかなと思ったりもしたけど
(自分で計算できるようになるが目標だったので)
続けようかしら…


それにしても国語力…

国語力…


国語力〜!!!


物理的に見えないものを伝え教えるって
本当に難しい…


20200609_3

↓算数力は教えてもいないのに抜群…こくごよ…


  ●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら


 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




姉と話していて「世界はせせらぎを中心に回ってる」そんなふうに言われました。「きっと、こうなるように 道が出来ている」のだと。せせらぎの為に周りがいてせせらぎが困らないように周りが動くようになっている。姉の子はADHDで、家族全員それに向き合ってきました。そして ...

姉と話していて


「世界はせせらぎを中心に回ってる」


そんなふうに言われました。


20200611_1



「きっと、こうなるように 道が出来ている」のだと。


せせらぎの為に周りがいて
せせらぎが困らないように周りが動くようになっている。


姉の子はADHDで、家族全員それに向き合ってきました。
そして、けーくんもADHDの甥っ子にそっくり。

でも、対処の仕方を、そういう気質なんだということも家族全員が知ってます。
それもきっと、せせらぎが困らないようにと皆あらかじめ対処出来る様にされていたと。
そういうことでせせらぎの人生は出来ているのだと。




ぶっちゃけ私もそう思います。 

20200611_2


私を中心にとは思わないけど
全部が繋がって良い方へ巡るようになっている。


幼少期、文章を書いていたことで今ブログを書いているし
ピアノを習っていたことで、セカンドハウスでグランドピアノが弾ける
絵が好きでデザインの道に進んだことで、今書籍執筆に大いに役立つ知識がある

持病を持っていたことで人生を達観して生きてきた。
まーくんが死んだことで人生が開けた。
甥っ子(15歳)を預かることで、自宅自粛の子供達と鬱屈な時間が楽になった。
収入減少と危惧したら、別の臨時収入が入る。


20200611_3


小さいことも大きいことも
今までの私が、今の私を作り
全て未来へ繋がっていると感じています。



でもそれは
全部自分で作ってきたものだと。姉は言いました。

住みもしない家を大金をはたいて建てる(セカンドハウス)
責任が生じる人の子供を預かる(甥っ子の高校三年間)

普通その判断が出来ない。
その思い切りがせせらぎを引っ張っているのだと。

20200611_4


人生は思いもよらないことが起こる。


でもそれを連れてきたのは自分で
そこから、また自分を動かすのも自分です。


まーくんが死んで強くそう思うようになりました。




『一生懸命生きていればいいことがある』

そんな陳腐なことは言わないけれど
その時を精一杯向き合って
心がプラスに動く方へ向かっていけば

たとえそれが他人からしたら馬鹿げたことでも
少しエネルギーのいることでも

自分の心を大切にすれば
きっと幸せな未来へ続いている。




一つ言えるのは

『やってきたこと』が次を連れてきてくれた。

『やらなかったこと』は絶対に次に繋がらない。



私は自分の人生に自信があります。
きっと良い人生になるだろうと。


神様に選ばれ恵まれたから
ではなく

それは

恵みを自分で作れると知ったから。
そのタネを撒いたのは自分だから。




家族は死んだし
何か大きなものを得たわけではありません。
それでも沢山の恵みが周りにはある。


「今までのことが今に繋がって
せせらぎは作家になる運命だったんだよ」

そう言った姉に対して

そうか。
作家として生きていこうか。
そう思いました。


20200611_2


本はまだ出版していないし
いわばただのブログをやってる女です。

「作家なんて…いやいやいやいや
文章レベルも知識も実力も全然素人だから」


なんて思いません。笑




「やってみようか」それが全てを連れてきてくれる。

『やれるか、やれないか』は問題じゃなくて
『なれるか、なれないか』も問題じゃない

「やってみよう」が全てを連れてきてくれる。

20200611_5


それを知った人生になった。
それを知れた人生が神に選ばれた人生なら
誰でも神に選ばれた人生になれる。


今の自分が未来の自分の力になりますように。

一生懸命、心がプラスに向くものに
取り組んでいこうと思います。


まずは汚れてきたセカンドハウスのウッドデッキの雑巾掛け。
かけ終わったらそこで朝日を浴びながら外ヨガをするんだい!

そしたら、そこにたまたま通りすがった大富豪と目が合って
意気投合の後、再婚するかもしれない。

それが『動く』ことで起こる『可能性』というやつや。


20200611_6

↓点は全て繋がって未来へ続く線へ



↓実際掃除したのは子供達。
●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




「死にたくない」「生きていたい」そう思うのは当然でみんな死から逃げて生きている。死は悪いこと。避けたい。なりたくない。絶対に嫌。でもそうしたら死んじゃった人可哀想じゃない?みんなが避ける嫌なことになってしまってはい。人生おしまい。なんて…みんな死ぬのに… ...

「死にたくない」
「生きていたい」



そう思うのは当然で
みんな死から逃げて生きている。



死は悪いこと。



避けたい。
なりたくない。
絶対に嫌。




でも


そうしたら
死んじゃった人可哀想じゃない?



みんなが避ける嫌なことに
なってしまって
はい。人生おしまい。なんて…




みんな死ぬのに…




死んだ方がいいとは言わないけれど
死ぬことは悪いことじゃない。


死を身近に感じるから
そう思うんです。




この世に生きることの喜びと苦痛
死んでしまうことの苦痛と喜び

きっとあるはず
喜ばしい部分が。



ひとまずは
この世の苦しみを考えなくて良くなること。


この世界の苦しみから解き放たれる時が来る。
楽しみじゃないか。

20200607_1


最後は楽しみなことが待ってるんだから
死は怖くない。


いつか終わりが来るのだから
今の苦しみも苦しくはなくて

限りがあるのだから
精一杯生きられる。


20200607_2



全ては死ぬために。
死ぬために生きる。


それに気づけるか
いつ気づくか。


割と早いタイミングで気づけて良かった。
まぁ、旦那が死んで気づいたんで遅すぎる説もありますが…


20200607_3

↓死神が来る時まで楽しく生きる。


●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら



 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




けーくんはオッパッピーです。注意散漫、話を聞かない、自分のやりたいことが一番。たまに堪忍袋の尾が切れて声を荒げて激ギレするけれど出来るだけ穏やかに注意する程度にしています。昨日記事にした笑っちゃった悪戯も声を荒げることなく対処できました。それでいいと思っ ...

けーくんはオッパッピーです。

注意散漫、話を聞かない、自分のやりたいことが一番。


たまに堪忍袋の尾が切れて
声を荒げて激ギレするけれど

出来るだけ穏やかに注意する程度にしています。


昨日記事にした笑っちゃった悪戯も
声を荒げることなく対処できました。それでいいと思っています。


昨日のことに限らずたまに
「もっと怒った方がいい」
と言われることがある。


20200608_1

わかるんですけど
今だったらそれで押さえつけることができるけど


怒りや力で押さえつけたら
行き着く先は『暴力』になる。
怒るの最上級は暴力でしかない。
暴力に頼るしかない。



最初は声を強めに出す
効かなくなったら体を使う(押さえる、押す)
効かなくなったら痛めつける(殴る)

それでも効かなくなったら
もう殺すしかありません。



『怒る(力)』で解決しようとすると
それが通用しなくなった時に
更に大きな力を使うしかない。

力ってエスカレートしちゃう…

それって、あんまり良い解決策にはなってない気が…




あ、怒るのは別に怒ってますよ?一切怒らない菩薩ではありません。
けど解決しようというより、一種のストレス発散な気がしています。笑


20200608_2

だから『怒らない解決方法』を探さないと
結局解決しないだろうと。
あ、探し途中なんで打開策はありません。(ないんか!)





でも力でねじ伏せるやり方は極力避けようと…

今までは多々やっていましたよ?
連れ出す。押さえつける。お尻、頭を叩く。

でもこれは幼児だから通用したこと。
体が大きくなって、ましてや男の子なんで力では確実に叶わなくなるし
力で関係を築くべきではない。




いつだか姉が、悪いことをした我が子の頭をバシーーンと叩いた瞬間に
バシーーンと頬を叩き返されたそうです。

「グーじゃなくて良かったね。」と
今じゃ叩いた方、叩かれた方共に笑い話ですが
力ってそういうことだと思う。
相手も力でねじ伏せようとすると思う。それが解決策なんだと。


20200608_3




『怒らない育児』



怒りを押さえる。
気持ちを保つ。クールダウン。

自分の怒りのコントロールを教えてくれる本が多々ありますが
怒ったっていいと思う。こっちにもストレスがたまるのだから。(適度にね!)


ただ、怒って解決しようとするのがダメなんでしょうね。(怒っちゃうけど…)
怒ったって結局、慣れるだけ。
他の解決策に目を向けるべきなんだと思います。

ま、見つかってないけどね〜。
誰か教えて〜!


…というか根気一本勝負…?

20200608_4



↓手を焼く個性溢るる長男


●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら


 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




あまりに衝撃的だったのでいつもは絵日記ですけど写真でお送りします。私は実生活を営む家とは別にセカンドハウスを建てました。死んだ旦那の残してくれたお金を使って今は彼を感じるとても大切な場所です。  そんなセカンドハウスに滞在している時お風呂に子供達と三人で漬 ...

あまりに衝撃的だったので
いつもは絵日記ですけど
写真でお送りします。


私は実生活を営む家とは別に
セカンドハウスを建てました。

死んだ旦那の残してくれたお金を使って
今は彼を感じるとても大切な場所です。 



そんなセカンドハウスに滞在している時
お風呂に子供達と三人で漬かり
早々と出ていく子供達を見送り
ゆっくり小顔体操なんぞやをして風呂から出たら

遊びに来ていた姉が
「けーくん。お母さんに何か言うことがあるんじゃない?」

と何かを話すことを促しています。


「怒るかどうかは、せせらぎ次第だけど
怒られるんじゃないかな〜?」


きつく問いただすこともせず
何か話すことあるの?と聞いても「ない」と言うけーくんは
テレビを見る準備をしています。

玄関の方に…と言う姉の言葉を聞き
何かを指差して話をしているしーちゃんを見ましたが
一見気づきませんでした。 

83EF4EB1-48D1-4F81-A28D-54C7456E2462


ん?

え?


ええ?



はぁああああ!?


7FEF8E8D-361D-4629-9BA9-84263434C974


何の躊躇いもなく大きな文字で

0CC018C2-EE57-47CA-9FB0-A02BABE6B8F9



オープンハウス!


CF9E527C-01AB-4BDA-B186-D665CFBD7BA4


いや、『おうふんはうす』になってるけど…
『お』の点足りないけど…



てか、オープンハウスって何!?
なぜその言葉をチョイス!!? 



オープンハウスって… 
普通「ばか」とか「名前」とか「すき」とかでしょ…

…ちょっと面白いやん…




笑っちゃったけど一応怒りはしました。
見ようとしていたテレビは反省のため禁止。

玄関に文字を書いてはいけないなんて
教えてはいなかったから
全面的に責めることもできない。(初回はきつく怒らない方針)
普通やらないけどな!

家に落書きって3歳くらいがやって母が落胆するやつでしょ…
4歳のしーちゃんはやらないもん…

でも楽しそうに、けーくんのやることを見ていただろうから同罪。



もう!本当にダメだからね!次はないよ!と
内心許してるものの(許してるんかい!)
叱っておきました。



「……せせらぎ…写真撮っときな!」
との姉の助言に大きく頷きベストアングルで撮り終えた後に。笑




そこへ隣のおばあちゃん家にいた甥っ子たちがやって来て
「ここにも落書きある〜」 と。



…も?




も?? 



なんてこった…

DD5A8F8E-22C8-4B42-9C55-E42AB4CDD295


外壁にもやられてました。

AE340408-A3A6-48B4-8C40-80601EB32D56


『引く』だけどな!!(そこか!)

 ギャーギャー騒いで(もちろん写真も撮って)
まったく、けーくんは!!! と声を荒げている私が家の中に入ると
姉が「ちょっと面白いから!」とこっそり教えてくれました。


1CDB4062-1672-4042-9EE1-E3D4A27880A2

隙間から何かが覗いてる… 
(部屋の散らかり具合は目を瞑ってくだされ) 



407A4CE7-8B7B-44E6-8DB3-98AAACA2EA75

指しゃぶって見てる。眉を困らせながら。
様子を伺ってる…



E934751E-6680-4CA6-9ACC-D6460078BC03

出て来た。笑

最後の方、ちょっとやってる感ありました。
写真撮り終えた後「あ〜疲れた」って言ってたし。笑



って、おい!!!
ご家庭がご家庭なら家の外に放り出されるくらいの出来事だぞ! 


自分で言うのも何だけど
もはや何も動じなくなった私だから優し目の注意だったんだぞ!
むしろちょっと「あっぱれ」って思ったんだぞ!(思ったんか!)



にしても

すごくない?
オープンハウスって…
オープンハウスって何さ…


なぜにオープンハウス…




けーくんは本当予想もつかないアーティステックボーイ…



でも、けーくんの凄いところは
どんなことでも、どんだけ迷惑かけても
ちょっと笑えちゃうところがあること。


友人が夕飯を食べに来た時
あまりにけーくんが話を聞かないもんだから(「座って食べて」など)
どんどん声が大きくなって、何度も言ってるから疲弊して
最終的に「ちょっと笑けてくるわ…」と言っていました。

普通、激怒するところ(もちろん激怒することもあるけれど)
それでも笑えちゃう方に心を向けさせるけーくんは
本当に天性のオッパッピーボーイ。


もう気にせず、そのまま自由に生きていって欲しい。
私に怒られることをもろともせずに…



ちなみに落書きは落ちました。
私がパックをしている間に
甥っ子と父とで何やかんやと落としてくれました。(家主何もせず。笑)


ちょっと取っておいてもよかったんだけどね〜。
衝撃とけーくんの可愛らしさが永遠に語り継げるものとして…



でも、もう二度目はダメだからね!!!
 

本当育てるのに手がかかるけーくん…
誰か代わって…


↓いくら言っても家からいなくなる



↓まーくんが死んでから、本当に何でも何とも思わなくなった

 
●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




一日中部屋を片付けてと言い続けて子供達は「やるよー!」と言いつつ結果、より散らかっている惨状。部屋がキレイじゃないとおばあちゃん家行かないからね。置いて行っちゃうよ?と言っても「いいよー(テレビこっそり見てるから)」としーちゃんと結託して笑い合ってます。 ...

一日中部屋を片付けてと言い続けて
子供達は「やるよー!」と言いつつ結果、より散らかっている惨状。


部屋がキレイじゃないとおばあちゃん家行かないからね。
置いて行っちゃうよ?と言っても

「いいよー(テレビこっそり見てるから)」としーちゃんと結託して笑い合ってます。


腹が立ってリモコンを取り上げてしばらく経つと
リモコンを置いた場所から(高いところ)リモコンが無くなっていて
逆に子供達に隠されました。

20200527_1


所詮子供が隠す場所だと、絶対見つけ出してやる!と息巻いたものの全く見つからず
6歳といえど知能の高さに感服。
結局スパイゆーくん(居候甥っ子15歳)の助けがあってリモコンを無事保護。

20200527_2


あんまりにも言うことを聞かないもんだから

20200527_3


私も話が聞こえないことにしました。


20200527_4


「話を聞いてあげない子は
話を聞いてもらえなくなるんだよ」


と常日頃言っているので実行に移すことに。


私の声が聞こえてないように
子供達の声が全く聞こえない。 


ということを大きな声で子供達の前で
ゆーくんに伝えました。(間接的に子供達にも伝わるように) 

20200527_5


夕飯の食事中は話すのはゆーくんのみ

子供達がどんなに話しかけようと
完全無視です。


「お母さんの話聞いてくれないから
けーくんとしーちゃんの声が聞こえなくなっちゃった…」
とたまに呟やきながら…



けーくん(6歳)は途中から事態の深刻さに気づき
大人しく夕飯を食べ始めました。
いつもなら立ち歩いたり、おもちゃをいじったりするのに
そんなことをせず、苦手なおかずも自ら頑張って食べる。

20200527_9

しーちゃん(4歳)は大きな声でお母さんを呼んでも気づいてもらえず
泣き喚き

20200527_6


「お母さんの家燃やすよ!」などと脅迫しながら怒りちらし


20200527_7



甘え


20200527_8



強攻突破

20200527_10



何をされても無視です。



おかわりが欲しいというしーちゃんの声を受けて
無視しているお母さんの代わりに
けーくんがご飯をよそってくれようとしました。


はい、落としてて茶碗割ったよねー。


それでも無言で処理しました。


基本的に無視。




そしたら結果

一日中言っても片づかなかった部屋が(というか家が)
私がお風呂から出る頃にはキレイになっていました。


全部わかってる。
ご飯を残さず遊ばずしっかり食べないといけないことも
部屋を片付けないことも。


できるだけ怒鳴りちらしたくはない。
怒鳴られることに慣れてしまうから。


今回は完全に『静』で制しました。

20200527_11



最終的に子供達の声が聞こえるようになって
二人をハグしました。

20200527_12


そして
しーちゃんに一言尋ねる。

「しーちゃん、お野菜食べた?」(残したまま部屋の片付けに行った)


は!(しまった)とするしーちゃん。
食べなきゃいけなかった。忘れてた。またお母さんの耳が聞こえなくなる。
に頭を巡らせて

「しーちゃん保育園のお野菜は食べたよ」

と謎の報告をくり出してきました。

20200527_13


かわいかったんで、ひとまず流しておきましたよ。
「次から食べようね 」と話して。



今回は勝利をもぎとりましたが
どう接するのが子育ての正解かはわからない。


怒鳴って怒って育てたくはないけども
怒鳴られて育ったゆーくんは

「今思えば怒鳴られてしかるべきたった。怒鳴られないとわからなかったかも。」
と怒鳴り援助派。

といいつつも、怒鳴ることが頻発すると
それに慣れることも「まぁそうだね」と。


あぁ子育てって難しい…。 



↓自由に生きて欲しいけど、話も聞いて欲しい…

 
●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




未亡人たるもの不幸に見えないといけない。楽しいことをしたり笑ったりするのは問題外で故人を死ぬまで想い続け万が一、新たに人を愛すなら相当に時間が経った後遺産には手をつけず慎ましやかに残されたお金は子供達にのみ使うべしいつまでも悲しみに暮れある程度時が経った ...

未亡人たるもの


不幸に見えないといけない。





楽しいことをしたり
笑ったりするのは問題外で



故人を死ぬまで想い続け
万が一、新たに人を愛すなら
相当に時間が経った後



遺産には手をつけず
慎ましやかに
残されたお金は子供達にのみ使うべし



いつまでも悲しみに暮れ
ある程度時が経ったら周りの気分の為に話題にはするな




未亡人たるもの


不幸で周りに同情を誘う暮らしをするべきだ。



20200605_1_1






クソ喰らえー!


20200605_1_2





私は金も井戸水の様に使うし(無駄に家も買った)
美容にも勤しんでいます。

恋愛にも積極的で(精神論だけ。相手なし。笑)

豊かで楽しげな未亡人といったところでしょうか。





それを面白く思わない人もいる。





なんでなんでしょう?




生きている旦那のお金は使ってもいいのに
ひとたび死んだとなるとお金の使い方にケチがつく。



必要以上に楽しく弾けて暮らしていると
頭がおかしいと言われる。



「大好きなダンゴムシの映画を作るぞー!」と声を上げたら
生温かい眼差しで誰も何も言わないだろうに

「死んだ大好きな旦那の映画を作るぞー!」と言うと
批判が飛んでくる。

趣味嗜好は個人の自由で
それをどう思おうが勝手じゃないのかね?




ましてや未亡人なんて
戦ってるのは常に自分の心で
誰を悪く言ったり、蹴落そうとなんてしてないのに
自分に向けた自分の言葉に誰かが何かを言ってくる。


すぐに元気になったら「故人がかわいそう」
いつまでもグチグチしてたら「いい加減にしたら」


勝手に思わせろっちゅーねん!


20200605_1_3



ウチの経済状況を知っているのでしょうか?

もし私が資産家の令嬢で、まーくんの遺産なんか屁でもなかったら。
実はバリバリキャリアウーマンで、月月収が高給取りなら。
副業でやっていた投資が大当たりして、ちょっとした財を築いていたら。

なのに、主人が死んだとなると
お金は全部主人のもので、それを自分の為に使うだなんて!になる。

誰が稼いだ金だろうと我が家の金だー!

好きに使わせろー!


20200605_1_4


未亡人というだけで自由を縛られる。
そう。これは…未亡人差別!



大体批判的な意見を投げてくる人は
私からは遠い人です。

私の状況や実情を近くで見ている人は
そんなこと絶対に言いません。
むしろ応援してくれている。

よく分かってない、想像でしかない人(それも想像力も乏しい人)が
決めつけてかかってくる。

20200605_1_5




愛する人が死んだ姿


それも覚悟も予想もなく
突然に目の当たりにした。

こればっかりは経験しないと分からない衝撃 



3年が経ちそうな今も
時に鉛のようになる心を抱え
「いかんいかん」と涙を拭いて前を向こうとする。



その中で生きるということが、どれだけのものか。
どれだけのエネルギーを必要とすることか。

一回壊れた人生に向き合う苦痛と必要となる強さ。
知らんもんが勝手に押し付けんなぁ〜!

エステにでも行かないとやってられんわ!


「エステに行けるお金があるなんていいですね。」


あるわ!悪いか!
なんで順風満帆に稼いでいるご主人がいる主婦がエステ行くのに何も言われないで
未亡人が行くと批判されるんですか?


私はお金を使うのも稼ぐのも好きです。
お金の話も好き。小銭数えるのも好き。笑
資格取っちゃうくらい。



FPの人がお金の話をするのはよくて
セレブがお金を使うのは良くて
未亡人だとヒソヒソされるのか甚だ不思議でなりませんわ。



なんで見ず知らずな誰かの為に不幸でいないといけないのでしょう。
なんで一ミクロも生活を助けてくれない人の思い通りでいないといけないのでしょう。
私の周りはみんな幸せに生きることを応援してくれているのに…。




「まーくんがかわいそうだ」
「まーくんはこう思ってる」


出会って10年間毎日一緒にいて
仕事もがっつり4年昼夜問わずタッグ組んで
子供が生まれても毎日平均2時間は話(仕事、家族、金、雑談…etc.)をした私より
まーくんのことが分かりますー!という人がいたら目の前に連れてこいってんだ。



なんで見ず知らずな、一言も話したことがない誰かが
生活を共にしていない誰かが
私よりまーくんのことを知っているのでしょう。
知っていると思えるのでしょう。





『不幸を押し付ける』



不幸だろうから。
不幸でいて欲しいから。


人の幸せを喜べない人の方が
不幸なんですからね〜だ!

20200605_1_6



いつまでもまーくんの話題を出して
時に豪遊し、時にメソメソし
自由に生きてやりますよ。


押し付けになんか押しつぶされないんだから〜

20200605_1_7


↓憂いを帯びる未亡人なんて幻や〜。


●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

※わんをさん
メッセージありがとうございます!
頑張ります!


 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




けーくんは4度行方不明になったことがあります。1度目は3歳の頃気がつくと家からいなくなっていて顔面蒼白で探し回った後警察に保護されて無事戻ってきました。2度目は同じく3歳いなくなって、旦那のまーくんが探したら近所のコンビニで買い物カゴを持っているところを発見3 ...

けーくんは4度行方不明になったことがあります。

1度目は3歳の頃
気がつくと家からいなくなっていて
顔面蒼白で探し回った後
警察に保護されて無事戻ってきました。

20200604_1


2度目は同じく3歳
いなくなって、旦那のまーくんが探したら
近所のコンビニで買い物カゴを持っているところを発見

20200604_2


3度目は
いなくなった!と気づいて急いで家から出たら
また逃走中でした。(颯爽と歩いている後ろ姿を発見)

20200604_3

4度目はまーくん死後。
雨の日にけーくんをお留守番をさせて
しーちゃんを保育園に迎えに行って帰ってくると
忽然と姿がなかった。
(ママ友宅で捕獲)

20200604_4


そして、今回5度目の行方不明。



なんかもう
ここまで来ると
事件性や事故の心配ではなく
意思を持って出て行ったと思えるので
ある意味お気軽に構えてしまいます。

1度目は本当に生きた心地がしなかった。
(3歳だし!話せないし!)


とはいえ心配しないわけじゃないし
事件や事故の可能性もあるので
気が気じゃありません。




5度目のそれは
セカンドハウスに行っている時に起こりました。

子供達はセカンドハウスと私の実家(おばあちゃん家)を
自由に行き来しています。(隣の家)



朝同じようにおばあちゃんの家へ出かけ
たと思っていたら、おばあちゃん家に行ってない。
セカンドハウスに戻るも姿がない。

というか二人のサンダルがない。
(しーちゃんも行方不明)




セカンドハウスには何度も行っているものの
都内の自宅より周りのことは把握していないし

犬の散歩で決まったコースを歩くのと
山にたまに遊びに行くくらいです。


そんな状態でどこに行くというのか…
誘拐?二人同時に?
隣の家に歩いていく2mほどの間に!?
犯人はご近所さん!?


いく場所の心あたりがなさすぎて
逆に不安になります。

山に入った?
冒険に出た?


一応パッといける山のふもとまで走って見に行ったものの姿は見えず
(流石にパッと山には登れなかった…)

その時点で父と母にいなくなった事を伝えました。
一気に空気が変わります。





救いなのは二人同時にいなくなったこと。
しっかり者のしーちゃん(4歳)がついているから
けーくん(6歳)一人より突飛なことはしないに違いない。



そして
私に一つだけ思い当たった心あたり。


朝、子供達は玩具箱から『お金(子供銀行)』を発見していました。
二人で出て行ったのなら、目的があって、結託して出て行ったはず。

いつも行っている散歩コースにあるコンビニ
まさかそこまで…(意外と距離ある。)
いや、でも他に思い当たらないからひとまずそこへ行ってみよう。

と、父がすぐに自転車を走らせ行ってくれました。
私はすれ違いにならないように別ルートでコンビニに向かいます。


一緒にセカンドハウスに来ていた甥っ子のゆーくんは山へ登ってくれました。



もしどこにもいなかったら…
警察?
どうやって探すのだろう…

町内放送?
唯一の頼みは、けーくんに私の携帯番号を覚えさせておいたこと。


そんなドキドキにかられながら
コンビニに着くと

父が手を振って待っていました。
足元には二人の幼児。



いた。
無事保護。




良かった。






どうやら父がコンビニに着いた時に
二人はコンビニから出てきたところらしく

私の読み通り
子供銀行のお金を握りしめて
お菓子をレジに持って行ったそう。

そして買えなかったそう。(そりゃそうだ)

20200604_5



我が子ながらあっぱれ。

コンビニへの距離は子供の足で15分ほど。
それでもあの短時間で着くわけがないと言った父の読み通り
走って向かったそう。

途中、田舎にしては車通りが多い道路もあるし
しかも信号はない

ただいつもついて歩いている犬の散歩道を
けーくんはしっかり覚えていた。



いや、本当心配した。

けーくんは頭がいい部分があるので
ある意味信用しているところもあるけども(記憶力)
何も考えず根本的なところが心配(人についていく)



けーくんにはいくら言っても響かないところがあるので
絶大なる信頼を寄せているしーちゃんに

「けーくんを止めるのはしーちゃんの役割でしょ!
一緒にやってどうするの!
よろしく頼むよ!」

「けーくんが話をきかずに行こうとしたら
お母さんに伝えに来て!」

と何度も 言いました。

普通話しきかせる方は逆。
うちの影の長男はけーくん(6歳)よりも二つも下のしーちゃん(4歳)です。 
 
20200604_6


にしても以前の行方不明(3歳)は近所のコンビニで買い物してようとしてた…
6歳になった今も同じじゃないか。

ただ、買い物はお金がないとできない。と知恵はつけ成長しました。
けど、「勝手に家から出てかないで」は守られることはありません…
 

やっぱりけーくんには「しないで」を教えるよりも
その先の知識をつけていくことが最善のようです。



そして、思いもがけず知ることができた

『10分以上離れた場所でも、一人でお使いができる』 と言う事実。
懸念していた小学校への一人登校も
一緒に行こうかと思っていたけど、もう何の心配もせず放り出します。
(小学校の方が慣れ親しんだ土地だし、距離が近い)


未遂に終わりましたが
これが子供達の実店舗での『初めてのおつかい』 



そして再三注意した翌週
また出て行きました。

今度は私の財布を発見してたので
リアル現金(それも万札!)を持って…

ちゃっかり買い物していたところを
現行犯逮捕。


20200604_7

だから〜!
しーちゃん止めてってばぁ!
ミイラ取りがミイラになってるんじゃないよ〜…


↓今までの行方不明のまとめ



●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→
こちら


 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




私はけーくん(6歳)に激怒りすることがあります。原因はけーくんで私はちっとも悪くないと思っていますが感情が先に立って怒りすぎちゃう事もあります。そんな私の隣で私をプリプリ怒っている存在。それは、しーちゃん。4歳のけーくんの弟です。けーくんとしーちゃんはケン ...

私はけーくん(6歳)に激怒りすることがあります。

原因はけーくんで
私はちっとも悪くないと思っていますが
感情が先に立って怒りすぎちゃう事もあります。


そんな私の隣で
私をプリプリ怒っている存在。
20200603_1


それは、しーちゃん。
4歳のけーくんの弟です。


20200603_2


けーくんとしーちゃんはケンカをよくします。



しーちゃんは場の空気を読んだり
汲み取る力に長けているので

もっぱら怒られるのはけーくん。
(自分のやりたいが最優先)

けーくんがしーちゃんに意地悪したことが発端なのに
気がつくと何故か私がしーちゃんに怒られてます。



20200603_3


けーくんを連れ出そうとする私の足にしがみついたり
けーくんに怒っている私に向かって「もう遊んであげないからね」と
ブチブチ私に文句言っています。



そうなんです。
喧嘩はするけどとっても仲良しなのです。


怒られているけーくんを守るしーちゃん。
いつの間にやら私だけが悪者です。
(おかしくない?しーちゃんをかばったはずなのに〜!)


けーくんに怒っているのに
全然関係ないしーちゃんとの関係までこじれる。

20200603_4




でもまぁ、面倒臭!と思っていたけど
よく考えると素敵なことですよね。


怒り散らしている親に
大切なもの(兄)を守る為に果敢に向かっていく姿勢。

普通、我関せずで存在を消していい子にしてますよね。


やっぱり男気のある、いい男のしーちゃん。
(乙女趣味だけど。プリキュア大好き。)


素敵な我が家の実質の長男です。

20200603_5
↓しーちゃんは、純粋無垢なやらせのない良い男


●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら


 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




ブログのコメントを待ちわびている自分がいます。忙しさに追われコメント返信は今お休み中なんですがそれでも逐一開いてコメント来てないかなぁと。特に心が疲れている時は尚更。 もう依存です。そして気づきました。本当にこのブログが心の糧なんだと。読んでくださる方コ ...

ブログのコメントを待ちわびている自分がいます。

忙しさに追われ
コメント返信は今お休み中なんですが

それでも逐一開いて
コメント来てないかなぁと。
特に心が疲れている時は尚更。

 


もう依存です。




そして
気づきました。


本当に
このブログが心の糧なんだと。


読んでくださる方
コメントくださる方
同じ境遇の方


一人じゃないと思えた。


ここが無かったら
きっと私は耐えられなかった。



吐くところもなく
分かってくれる人もいなく


独り寒い場所で
一体どんな風に生きていたのでしょう。



意外とやっていけちゃうだろう自分がいるのも確かですが。笑



ここが無くなったらどうなるんだろう…





そんなことに気付いたら
突然寂しさに襲われて
ありし日々に思いを寄せました。





あの頃はなんて幸せだったのだろう。



何も知らず幸せに生きていた


日々の大切さも
失うことの怖さも





知らないで




そして幸せだった。


20200605_2


だから
知ってしまった今は
あの頃以上に幸せにならないと。


幸せにならないといけない。





大切なものに気づけたから。


20200605_3




私がここをもんの凄く拠り所にしてるのと同じように
拠り所にしてくださってる方

独りだと思ってしまってる方

繋がることが心を癒し
返ってくる言葉が力になることがある。


そう改めて思ったから
コメント返信復活します!

私が救いを求めているように
誰かの救いにももしなれたらと…

それが
このブログの意義なのかもしれない。

続けることの答えなのかもしれない。



本当は子供達二人が無事家からいなくなるだろう
6月からと思っていましたが
蓋を開ければ
けーくんは半日授業で(小学校)
しーちゃんは6月いっぱい家にいます。(保育園)

けーくんが小学校に行っている時間
暇を持て余したしーちゃんの相手をしないといけなくて
なんなら全面自粛自宅時より手がかかります。笑


でもコメント返信再開します。



お休み期間中にも沢山の「はじめまして…」や辛い言葉があったのに
返せないことがもどかしかった。(だったら返せよ!)
誰に返して、誰に返さないが出来なくてグッと堪えていました。


投げっぱなしって寂しいものね。
受け取ります!(受け取ってはいたけど)
そして投げ返します!
是非是非、以前に「初めまして」くださった方も「二度目まして」待ってます。


よろしくお願いします。


また切羽詰まったらおやすみさせていただくかもですが…
ひとまず再開いたします!

20200605_4

↓本当に命救われた…


●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら


 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




私には困っている自分勝手な癖があります。『ひとまず人のせいにしてみる』それはしっかりしーちゃんにも遺伝していて何か自分の大切なものが見当たらなくなるとまず第一に人を疑います。私は一瞬で(は!いかんいかん!私に原因があるはずだ)となりますがしーちゃんは割と ...

私には困っている
自分勝手な癖があります。


『ひとまず人のせいにしてみる』



20200601_1



それはしっかりしーちゃんにも遺伝していて

何か自分の大切なものが見当たらなくなると
まず第一に人を疑います。


20200601_2



私は一瞬で
(は!いかんいかん!私に原因があるはずだ)
となりますが
しーちゃんは割とずっと人のせいにしています。

それが誰かのせいではなく
自分の過失or紛失物が見つかった時は
テヘペロしています。

20200601_3




『誰かのせいにする』




それってとても簡単なこと。

自分は悪くない。
こうなったのは私のせいじゃない。

20200601_4


自分を守るためのもの。





でもそれって意味あります?


だって、責任を押し付けられた人が責任を取ってくれるわけじゃない。


もちろん、実質的に責任が応じている事情なら
その人が責任を取るべきです。

でも人生において
心情的な部分において
それは全く意味をなさない。

なんなら責任が応じていることでも
責任者を探さない方が不満を減らせます。

20200601_5



楽なんです。
誰かのせいにしている内は。



だって
自分が悪いわけじゃないから。
怒っていればいいから。


幸せになれないのも
嫌なことが起こるのも
全部私じゃない誰かのせい


あの人がこうだったから
状況がこうだから
みんなが分かってくれないから


でも責任を押し付けた人が責任を取ってくれない限り
事態は何も変わりません。
だから何も変わりません。


とはいえ、嫌なことが起こるのは自分のせいじゃないことも多い。
(自分のせいじゃないことの方が多いかな。)


けど、人のせいにしていても事態は変わらない。


だから
その後のことに目を向けるようにしました。

何が理由で誰のせいでそれが起こってしまったとしても
その後を動かすのは自分

大事なのは『その後』の方。
 
どう対峙して向き合って
どちらの方向へ進んでいくか。

20200601_6




まーくんが死んだせいにして
私は不幸な人生を歩くことができる。

でも自分の頑張りで
幸せな人生も歩くこともできる。 

選ぶなら絶対に後者。




『誰かのせい』の人生ではなく
『自分のおかげ』の人生になるように


何かのせいで起こったことも
自分のおかげで立て直す。


「自分のおかげでここまで来た」そう言えること。
こんなに誇らしいことはない。

人のせいにしているよりずっと
自分の人生が誇らしくなるさ。 


20200601_7



↓今幸せだと言えるのは、頑張ってきたと言える自分のおかげ様

 
●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

※コメント返信をしばらくお休みします。
『せせらぎの部屋』ではコメント返信します。
20191204_5

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




怒号を撒き散らし関係を悪化させてるけーくん(6歳)の歯医者通い。 現在虫歯は3本。歯医者に通うこと何回か…(もう数えるのも嫌になる)一向に進まぬ治療。(いつも「やるやる」騒ぐだけ騒いで帰る)私の方が疲れ果てて突き放しました。『タスクの分離』や!その人の問題 ...

怒号を撒き散らし
関係を悪化させてるけーくん(6歳)の歯医者通い。



現在虫歯は3本。

歯医者に通うこと何回か…(もう数えるのも嫌になる)

一向に進まぬ治療。
(いつも「やるやる」騒ぐだけ騒いで帰る)


私の方が疲れ果てて
突き放しました。

『タスクの分離』や!


その人の問題はその人のもので
困っても対処するのはそん人自身。

こちらが身と心を削るべきではない。

困るのはおんどれじゃ〜!


20200531_1

ということで放置することに決めたものの
放置し過ぎて、歯が真っ黒になるとこまで行っても何とも困ってなかったら…


という今の悩みを療育センターの人に相談したら

やっぱり療育を受けている子は
歯の治療は遅れる傾向にあると。

センターの人が同僚に相談してくれて
割と評判の良い歯医者を紹介してくださいました。



行ってみたらそこは
障害児、療育児を専門に診ている様な場所で
障害児の色々が入っている建物に構えている歯医者さんでした。

一般の歯医者さんからしたら完全に寂れてる感じ。
人気のない廃業寸前の雰囲気です。(失礼。笑)
 

なのに予想外にスタッフは多く
六人ほどいたかしら。

おじいちゃんの様な先生に
若い女の子の歯科助手さんもいます。
スタッフの層の幅広さにちょっと安心。


流石は療育児に慣れたお医者さんで
話を聞かないことも、注意散漫なことも屁とも思わず
治療椅子に座って、本来なら絶対に触らせてもらえないであろう治療器具で
遊ばせてくれます。
(吸うやつとか、水出るやつとか) 

20200531_2


けーくんの様子を見て
私と話をして

「この子は時間がかかるかもね」とのお医者様の判断。



普通の子は歯医者が怖い。
『怖い』は場に慣れたり、経験を積むことで克服することができる。

けど、けーくんはプラスして意識がいろんなところに飛び
『怖い』だけの問題じゃない。


似た子が、ただ通うだけで 椅子に座るだけで
半年間通い続けていると。

まじか半年かかっても治療にならずなのか… 


そしてふと先生の口をついた
「自閉傾向もあるのかな」




…自閉症



けーくんを産んでからずっと頭の片隅にある言葉。


目も合うし、コミュニケーションも取れるけど
表情の少ない、後追いもしない、抱っこも好きではない淡白な赤ちゃんでした。
怪しむけど決定的な何かがあるわけじゃない。


20200531_3




そして、そんなけーくんの事を先生と話して
あぁ、やっぱりけーくん療育っ子なんだなと
改めて思いました。

障害とまではいかなくとも

療育を必要とするほど
何か圧倒的に問題があるんだ。


そう思うと少し優しくなることができました。 


けーくんが悪いわけじゃない。
そういう子なんだ。
脳の中がそうなってるから
仕方がないんだ。



そして、改めて『療育』を受けるか考え始めました。

小学校にあがるにあたって、幼児期に通っていた療育センターは卒業した。
けど、やっぱりけーくんには何かが必要かもしれない。


↓突然療育に通うことになったけーくん。



  ●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

※コメント返信をしばらくお休みします。
『せせらぎの部屋』ではコメント返信します。
20191204_5

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




三人で寝室でコロコロ眠りにつこうとしているとけーくんが突然「けーくんが赤ちゃんの時もここで寝てたんだよ」と言い出しました。昔の記憶に瞬間的に感情がトリップします。悲しみにさらされることは分かっていつつも会いたくてあの時の幸福感に触れたくて思い出そうとして ...

三人で寝室でコロコロ眠りにつこうとしていると
けーくんが突然

「けーくんが赤ちゃんの時もここで寝てたんだよ」

と言い出しました。


昔の記憶に瞬間的に感情がトリップします。



悲しみにさらされることは分かっていつつも

会いたくて
あの時の幸福感に触れたくて
思い出そうとしてしまう。






『まーくんがまだ生きていた世界』





ゆーくんが来て生活が変わって
最近泣くこと自体少なくなったのに
急に溢れてくる涙


そうか
『涙が出る時は側にいる時だ』と
そう思ったら余計に涙が溢れる




けーくんが赤ちゃんの時
しーちゃんはまだお腹の中にもいなくて

生まれてすぐに今の家に越してきました。


まーくんは平日に帰って来ることなんてなくて(良くて終電)
ずっと、けーくんと二人で過ごしてた。

今思えば何をしてたのか疑問に思うくらい
ずーーーーっと二人きり。(育休中)

引越しの荷造り(身重の体)も荷ほどきも(出産後すぐ)
全部私一人でやった記憶があります。


20200530_1



それでも寂しくはなかったし
ワンオペに一ミリも不満はありませんでした。

いないけど、まーくんの存在はずっとあって
電話をすればいつでも出てくれるし

初めての二人の子供の成長を
「かわいーね」「かわいーね」とずっと愛でていました。


何て幸せだったことか。

20200530_2



今、横を見ると
まーくんが死んだ時のけーくん(長男)の歳(死別時3歳)を
超えているしーちゃん(次男・現4歳)がスヤスヤ眠っています。

20200530_3


3人になってしまってから
大分、時間が経ってしまった。


まーくんは
どんな気持ちなんだろう。



その透明な手で
しーちゃんの頬を撫でているのだろうか

20200530_4



けーくんを抱きしめて


私を見つめているのだろうか。 





今はもう
失った悲しみに嗚咽を漏らすことは無くなってきました。

それでも
あった時の幸せを感じてなのか
いない今の寂しさからか
見えない何かを感じ取ってのことなのか

どの感情にも収まらない
涙が流れ続けます。


20200530_5




泣いている私を見て

「何泣いてるの?」って聞かれたら

「別に」と返して
ギュッと後ろから抱きつくんだ。


20200530_6



「お茶でも飲む?」って言ってくれて

二人で仲良くカウンターに座るんだ。






もうない。





もう二度とない。






絶対に永遠にない。






離れる覚悟も
最後の言葉もない別れだった。


幸せな日々が
ある日プッと終わった。



まだきっと
何もカタがついてないんだ。



20200530_7

↓突然に幸せが終わった『あの日』


↓どこかで見ていてくれているのかな
●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

※コメント返信をしばらくお休みします。
『せせらぎの部屋』ではコメント返信します。
20191204_5

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




けーくん(6歳)は療育に通っていました。色々グレー。 ADHDを疑いつつも、以前に行った小児精神診療の先生はけーくんが幼すぎて(3歳)判断できず。何度も同じ事を繰り返し教えたまに激ギレしながらけーくんを育ててきました。そんな中、心の支えというか気持ちを楽にさ ...

けーくん(6歳)は療育に通っていました。

色々グレー。 


ADHDを疑いつつも、以前に行った小児精神診療の先生は
けーくんが幼すぎて(3歳)判断できず。

20200529_1


何度も同じ事を繰り返し教え
たまに激ギレしながらけーくんを育ててきました。


そんな中、心の支えというか
気持ちを楽にさせてくれるのは姉の存在。

ADHDの子を持つ姉は
これまでに何度も何度も何度も修羅場を迎え
たくましく、やはり激ギレしながら育てています。笑


医者にも足繁く通い
本も読み
勉強会にも参加し
学校の先生とも何度も話す

そんな地道に手に入れた知識が
まるっと入っている姉が
私にはいる。
生きる知恵袋です。笑


そして姉の存在で「なんとかなるもんだ」とも思える。

20200529_2



色々集めた情報の中で
世の中にはこんなに我が子に手を焼いている相談集みたいなプリントアウトがあって
よくよく読んでみると
いろんな状況で我が子に手を焼いて
解決策は…まぁない。笑



側から見ればあるんです。


もっとかまってあげた方がいいよ。
話を聞いてあげた方がいい。
優しく語りかけて
決して声を荒げずに伝える。
寂しいんだよ。


20200529_3



療育に必要な対応の仕方も
マニュアルには書いてあります。

良いところを見つける
否定しない
自信をつけさせる
…なんやかんや。



それを見ていて思ったんです。




分かってるわ。



何が必要で
何が大切で
何をしちゃいけないかってことくらい。


20200529_4



でもね。


無理なの。


20200529_5


時間をかけてあげたくても時間はなくて
優しく接しようにも、自分の心すらままならない。
何かのスイッチが入った様に突然泣き喚く自分が
子供が必要としている事全てに応えられない。


子供に必要な環境が与えられない。
与えられる状況じゃない。

だから
子供に必要なものを与えられる環境を得るには
自分がそれを与えられる環境にないといけない。



優しく穏やかに
何度も同じことを繰り返し教えてあげられる様な

時間の余裕と心の余裕。




でも療育で目を向けられるのは常に『子供』
こうしてあげて、こうしなさい。言われるのは常に『親』


自分の環境が整わないのに
子供に最適な環境が整えられるものか


だから救うべきはまず親の方なんだと思います。
親を救う事。


子供の対応に親を責めるのではなくて
そんな親の話を責めずに受け止める。

手を差し伸べるべきは子供ではなくて親なんじゃないかな。


20200529_6



そんな話を
同じ母子家庭である姉と話してます。


分かり合える人が家族にいるって最強。

20200529_7

↓分かっちゃいる。分かっちゃいるけど鬼婆になってしまう…

 
●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

※コメント返信をしばらくお休みします。
『せせらぎの部屋』ではコメント返信します。
20191204_5

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




だいぶ前のコロナ自粛が始まる前の話です。(投稿の機会を無くしてしまって…)ある雨風の強い日ゆーくんが雨が入ってきてるよ!と教えてくれました。え!?窓開いてたかな!?と確認しに行くと窓はきっちりしまっていて窓の内側のサッシから水が滴り落ちてきてます。ポタッ ...

だいぶ前のコロナ自粛が始まる前の話です。
(投稿の機会を無くしてしまって…)

ある雨風の強い日
ゆーくんが雨が入ってきてるよ!
と教えてくれました


え!?
窓開いてたかな!?と
確認しに行くと

窓はきっちりしまっていて
窓の内側のサッシから水が滴り落ちてきてます。

ポタッポタッと一定のリズムで上から落ちてくる。



そう
それは

THE・A・MA・MO・RI〜!
 


ここで驚くのは
全然動揺しなくて、何とも思わなかったんですよね。


建てて6年のまだ新しい家

ローコスト住宅だから
手を抜かれたか?欠陥住宅か?
と思ったけど焦らなかった。

建っちゃったもんは仕方ない。
粛々と対処していくのみです。

20200528_1


そう自然と思った。
建てた会社への憤りとか
かかる費用とか
今後の不安とかを考えて
心臓バクバクなんて全くしなかった。


起こってしまったことは
起こってしまったことで

そこに文句や不満を抱いても
何も状況は変わらない。

大事なのはそこからどうするかってこと。



そしてやっぱり

命の問題に比べると
ほんの些細なことでしかない。


家に雨漏ってるんだよ?
決して些細なことじゃない。笑



数日後業者さんが来て
見てもらうと


「解決策はなく
仕方のないこと」


らしいです。



はぁぁあ!?

20200528_2



説明は難しいのでざっくり言うと
家の内部の問題ではなく

いわゆる外側とされる部分が
本来なら重力で水が落ちたり乾燥したりするものの
あまりの強風で圧力がかかって
水の行き場がなく溜まってしまい
そこから沁みてきたのだろうと。

沁み出た場所もサッシの外側の部分とされるところで
(たとえ窓の内側であろうと)
そこから水が出ても下部に水が逃げるところがあるから
問題ないと。

施工も問題ないし
サッシメーカーもそういう作りをしている。



いやいやいや!
理屈はわかるし、そういうもんなのかもしれないけど
台風来るごとに家に雨入ってきたら困るでしょ!

外側って言っても
完全に家の中でしょ。
と笑いながらツッコミます。

20200528_3



さぁ、この話が本当なのか嘘なのかもわからない素人の私。


救いを求めたのは
セカンドハウスを施工していただいた
木下工務店さんの現場監督さん。

完全に関係のない家の話だけど
ちゃんと聞いてくれるって確信してました。
そして施工には今や絶対の信頼を寄せてます。


少し前に来てやっていただいた
定期メンテナンス検査でも
私はまだちゃんと使えてないから不具合も把握しておらず
なので何の要望も文句も言ってないのに

きっちり検査して
直すべきところはチャチャっと直したり業者手配してくれたりと
もう完全に信頼してます。



そんな建築のプロに状況を聞くことができた。


電話越しの説明にもかかわらず
ありえる状況を全て教えてくれて

言ってることも、雨漏り見に来てくれた人とそんなに違いはないし

最終結論的には
まぁ有り得なくはないと。
限りなく稀なケースだけど。


ということで
有り得てしまう稀なケースに入ったと思って
納得しました。


ま、サッシから水が入ってくるくらいじゃ死なんさ。



見に来てくれた業者の方とも
大問題になりそうなものの
終始和やかムードでした。

20200528_4


本当に色々動じなくなったと痛感。


目くじらを立てることも
イライラすることも無くなった
(あ、子育ては別で!笑)

世の中への不満なんて思いつきません。
穏やかな心情が大半の人生。


不平不満を持ち
文句ばっかり言って
生きなくてすむようになった。

今あるものだけがありがたい。


幸せな生き方が出来てきそうです。


20200528_5


↓長い自宅自粛中も、とんでもなく平穏。

 
●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

※コメント返信をしばらくお休みします。
『せせらぎの部屋』ではコメント返信します。
20191204_5

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




世の中には『傷つけたいだけの人』がいます。私の人生の中にも何人かいました。事実がどうであれただ傷つけたい。妬みなのか嫉みなのか嫌いだからかはたまた好きの裏返しか理由は分かりません。というか理由は上記くらいしかないですね。さぁ、そこで考えるのは傷つけられた ...

世の中には『傷つけたいだけの人』がいます。

私の人生の中にも何人かいました。

事実がどうであれ



ただ傷つけたい。


妬みなのか
嫉みなのか
嫌いだからか
はたまた好きの裏返しか

理由は分かりません。
というか理由は上記くらいしかないですね。


さぁ、そこで考えるのは
傷つけられた当事者は
その人のことを大切にしないといけないのでしょうか?


否でしょう。


完全に否でしょう。


私は自分と
私が大切に思う人の幸せだけのために生きると決めました。 


だから、その幸せを損なおうとする人は
完全にどうでもいいです。


 
助言とかじゃなく
ただ腹が立ったから、気に入らなかったからと
乱暴な言葉を投げる人は
精神構造が4歳と一緒 

20200602_1



好きだからと気を引きたいのも4歳と一緒


20200602_2


しーちゃんのことは気にしますが
なんならプリプリぶりに むしゃぶりつきますが

20200602_3




子供じゃないのに
どういうつもりなのかしら…
傷つけるのが楽しいのかしら…


 傷ついてあげな〜いけ〜どね〜

20200602_4


嫌味とかも最たるもので
どうでもいいです。


「おしゃれだね」も嫌味になることがあるらしく
「おしゃれ」と言うことで「ダサい」を伝えるのだと。

なんて回りくどくい。

「おしゃれ」を素直に受け取れないと思う方も一定数いる様です。
私は完全に「ありがとう」でした。笑


というか、たとえ嫌味で言われてても
素直に受け取って「ありがとう」の方が幸せじゃない?

それを相手の思惑通り受け取って(嫌味と捉えて)
気持ちを削がれるのであれば
気づかない方がいい。

そうしたら嫌味を言った人の言い損だから。


20200602_5


傷つけるなんて誰でも出来ることで
それこそ頭が悪い言い方の方が傷つける言葉が多い

笑わせる方が何万倍も難しい
それこそ頭が良くないと出来ない。 


まーくんは悪口も嫌味も言うけれど
言われた本人が笑っちゃうくらいのセンスの良さ

悪口なのに誰も傷つかない 
本当に頭が良かったんだなと痛感します。

20200602_6


木村花さんが急死した件で
SNS上の誹謗中傷が話題になって

改めて、そういう言葉を投げつける人たちの
浅はかさとか幼稚さとかを見た気がします。

100万人肯定的でも100人否定的で
その100人の熱が凄くて、その人たちだけの意見が目についたら
自分に非がなくても心が削られるものです。

私のブログが炎上した時もそう思いました。


どこかの記事でも書いてありましたが
そういう誹謗中傷する人は社会的強者ではない。

自分の意見が通らない。言えない人たちが
顔を隠して鬱憤を晴らしているのでしょう。

実際の人間関係でもそんな精神で、そんな言葉を使っているのなら
友人は少ないでしょう。

本当、小さっ!て思います。

やってることも
言ってることも
幼稚さ極まりない。

自分の言葉が人を死に追いやるだなんて考えもしない。


って思ってますからね〜!
顔の見えないどこぞの誰かさん。


腹が立つなら
自分の優位性を知らしめたいなら

笑わせてみろってんだ。



それが1番難しくて
ぐうの音も出ない勝利だと思いますよ。


そんな事を話したいな。

あ〜あ、話したいな。


↓ブログが炎上した時


●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→
こちら

※コメント返信をしばらくお休みします。
『せせらぎの部屋』ではコメント返信します。
20191204_5

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




旦那のまーくんが死んでから彼が使っていたスマホを手放すことができませんでした。 まーくんの携帯電話は会社からの貸与品で結果、私が仕事復帰することもあって本体も番号も引き継いて使えることになりました。我が家で携帯を持っているのは私だけだったので(ゆーくん居 ...

旦那のまーくんが死んでから
彼が使っていたスマホを手放すことができませんでした。 

まーくんの携帯電話は会社からの貸与品で
結果、私が仕事復帰することもあって
本体も番号も引き継いて使えることになりました。


我が家で携帯を持っているのは私だけだったので(ゆーくん居候前)
携帯が紛失した時は、会社の携帯を借りて居所を探したりしました。



そう。


私の携帯に残る着信は…



まーくんの名前。

20200526_1_1


いっつもドッキリしていました。


一瞬で胸がキュッと締め付けられる。



まーくんの着信が私の携帯に表示されている。
もう二度とかかってこない電話なのに…


分かってはいるけど
もういないのは知っているけど


それでも
あの頃の

いつもかかってきた電話を思い出す。


着信があったら嬉しくて
飛び跳ねて喜ぶことはもうなかったけれど
それでも嬉しくて電話を返した。
 

(あ、まーくんからだ)


もう二度とかかってこない電話
もう二度とかけることのない電話


 もういない。




もういない。




いないのに、着信に残る名前が切なくて悲しくて
まーくんの番号の携帯を使った時は
出来るだけ着信を見ないように自分の電話の操作をしていました。

20200526_1_2


そんなことを繰り返した今


また同じ様に、まーくんの番号の携帯を使った時
残った私の携帯の着信に
温かいものを感じました。 


まーくんからの番号。


まーくんの名前。


今も変わらず私の人生に現れる名前。



ずっといつまでも一緒にいるのだと思いました。
(私が使用しただけ。笑) 

20200526_1_3


たかだかスマホの画面に表示された着信の名前を
指でなぞる人なんているでしょうか。

どんだけ愛しいんだか!
文字て!!


でも、もう二度と触れることの出来ない人に
触れられるもの。


あ〜あ…
寂しいでやんの。


また話したいな。
直接じゃなくてもいいから。
電話でいいから。


20200526_1_4


↓もう繋がらないけど、最後の繋がりの様な気がしてた



  ●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

※コメント返信をしばらくお休みします。
『せせらぎの部屋』ではコメント返信します。
20191204_5

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




うちは今四人家族です。私と、ゆーくん(15歳)、けーくん(6歳)、しーちゃん(4歳)。以前も四人家族でした。私と、まーくん、けーくん(3歳)、しーちゃん(1歳)。人数構成は一緒。自分の感情の穏やかさも、ゆーくんが来てから大分穏やかになったと思います。でも、も ...

うちは今四人家族です。
私と、ゆーくん(15歳)、けーくん(6歳)、しーちゃん(4歳)。

20200525_1


以前も四人家族でした。
私と、まーくん、けーくん(3歳)、しーちゃん(1歳)。


20200525_2


人数構成は一緒。
自分の感情の穏やかさも、ゆーくんが来てから大分穏やかになったと思います。



でも、もしまーくんが生きている時にゆーくんが来て
五人家族から一人減った(まーくんの死)としたら

20200525_3


今とは全然違う心情だった。
たとえ人数が変わらないとしても。
人員構成が変わらなかったとしても。



だから思う。
新しい家族を迎えるのは有効手段なのかもしれない。

ペットでも。
犬でも猫でも魚でも。



彼といた時間から
『彼だけがいなくなった』のキツさ。


まーくんが生きてた時にゆーくんが来るのと
まーくんが死んでから来るのでは全然違ったはず。


改めてありがたいと思う。

新しい家族の形をくれたゆーくんに。
子供達の世話をしてくれるゆーくんに。
子供達と遊んでくれるゆーくんに。
夕飯を作ってくれるゆーくんに。笑



失っただけでは辛いものがある。
新たに迎え入れることも生きていく力になるのかも。


一応いい年齢の子ということもあって
目の前で大人気なく号泣したり、怒鳴り散らしたりはなくなった。

『出来なくなった』のかもしれないけど
それは我が家にとって必要なことで、今がその時期だったのかもしれない。 


新たに進んでいく、それも穏やかに。
そういう時期にきたのかもしれない。


↓新しい家族を迎え入れての新しい生活


  ●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

※コメント返信をしばらくお休みします。
『せせらぎの部屋』ではコメント返信します。
20191204_5

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




新しいスーパーに行くとワクワクします。どれもこれも美味しそうに見える。自宅にいる時間が長い今やっぱり楽しみなのは『食』で食卓を囲むことが1日の中でイベントになる。「何食べる?」「今日は何する?」そんなことが1番幸せだったと知る。「あんなのもあるよ」「こんな ...

新しいスーパーに行くとワクワクします。

どれもこれも美味しそうに見える。


自宅にいる時間が長い今
やっぱり楽しみなのは『食』で
食卓を囲むことが1日の中でイベントになる。



「何食べる?」
「今日は何する?」


そんなことが1番幸せだったと知る。


「あんなのもあるよ」
「こんなのも美味しそう」


「今日はスペシャルにしちゃおう」



何でもないことが
今1番欲しい。 


食品棚の向こうにまーくんを見つけて
飛んで駆け寄りたい。


「何見てたの?」
「そんなのあるんだ」


なんでもない会話が
今まではあったのに


まーくんにご飯を作るのが好きだった
まーくんとご飯を食べるのが好きだった

何も文句言わず沢山食べるまーくんが好きだった。


餃子でも
お好み焼きでも
手巻き寿司でも
カレーでも

全てのメニューが特別だった。

20200524_1_2

仕方のないことだと分かっていて
帰りの車内は唇をキュッと結んで帰りました。




『仕方のないこと』
『どうしようもないこと』


一体どれだけのものを諦めたのだろう。

その数の多さは数えたくもない。



三年が経とうとしている今でも
スーパー一つで泣いているだなんて

一体誰が知っているだろう。 



まだ結婚する前
何かのタイミングで惣菜を買い込み
惣菜パーティをすることがよくあった。

新商品よりも定番品を好み

『良い(高い)肉』を好み

ちょっぴりメタボも気にしてた

重いものは当たり前の様に持ってくれて

酒代は全額まーくん持ち(他は二人のお金で)





まだ泣けるだなんて
誰が分かってくれるだろう。

20200524_1_1
↓食べることが一番のコミュニケーション


  ●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

※コメント返信をしばらくお休みします。
『せせらぎの部屋』ではコメント返信します。
20191204_5

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




ドラえもんの『宝島』を見ました。何度も子供達は見ていて私がいる時も見ていてそれでも家事片手間にとか だったのでなんとなくあらすじや結末は知っているもののちゃんとは見ていませんでした。そんなある日何故かガッツリ一緒に見ていてボロ泣きしました。簡単に言うと奥さ ...

ドラえもんの『宝島』を見ました。

20200523_2

何度も子供達は見ていて
私がいる時も見ていて

それでも家事片手間にとか だったので
なんとなくあらすじや結末は知っているものの
ちゃんとは見ていませんでした。


そんなある日
何故かガッツリ一緒に見ていて

ボロ泣きしました。



簡単に言うと


奥さんを亡くした旦那さんが
彼女の意思を受け継ぎ、研究を重ね
没頭するあまり残された子供達と関係がこじれるって話。
(死別者目線のあらすじ。笑)


没頭するあまりって書いたけども
わかりやすく言うと
頭おかしくなっちゃったの。

20200523_1


分かる〜。


悲しみのあまり頭壊れるよね〜! 
精神崩壊するよね〜!


死んでいく者の言葉とか
残されたものの想いとか
子供達の気持ちとか


いや〜、まぁ泣けたよね。



愛する人が死んだ時
きっと人は簡単に壊れることができる。



ある種きっちり真っ当に向き合ったらだと思う。


それは悪いことではないけども


一緒にいた思い出や
これから先、二度と会えない人生や
目を見ることも、話すことも、触れることも二度とないこと。
子供達に大切な存在がいなくなり
亡くなった人の想いを考える。


全部真っ当に考えたら、頭もおかしくなるさ。

20200523_3


そんなことを毎日毎日休みなく考え続けたら
考えも偏ってくるさ。

自分(家族)だけが大事で
地球(他の人)のことなんてどうでも良くなるさ。

20200523_4


でも、やっぱり大事なのは
残された人とどう過ごしていくかということ。
それに気づくこと。
 


それをしなければ、誰も幸せになれない。
死んでしまった人も。


その方向に目を向けるのは別のエネルギーも使う。 
負の気持ちに引っ張られてるところを
倍の力で抜け出そうとするんだもの。

それでもそちらに目を向けないと
幸せになれない。

20200523_5


だから
ある種真っ当に考えない。


一緒にいた思い出や
これから先、二度と会えない人生や
目を見ることも、話すことも、触れることも二度とないこと。
子供達に大切な存在がいなくなり
亡くなった人の想い。


大したことじゃない。
大したことじゃない。


全くもってモ〜マンタイ〜(無問題)!

家もお金も残してくれたし
喧嘩もこれから一生ないし
子育ての方針も分かれることもない!


無理矢理いいところを探すのは
頭が壊れないための予防策なのかもしれませんね。


それは何事もそう。
どうしようもないことを考えすぎると頭がおかしくなる。
であれば、深く考えないのが解決策さぁ!


20200523_6
↓まずは自分。何より自分。自分を大事にすることが一番。


 
●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

※コメント返信をしばらくお休みします。
『せせらぎの部屋』ではコメント返信します。
20191204_5

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2




5月22日です。月命日です。えーーと…33回目?(死後2年9ヶ月)死んだ翌月の1回目の月命日から数えてはいませんでした。 ここに来て数えてみたのはちょっとまーくんを遠くに感じ始めたから。良い意味なのかもしれません。まーくんがいた日々に思いを馳せても失ったものでは ...

5月22日です。
月命日です。


えーーと…33回目?
(死後2年9ヶ月)


死んだ翌月の
1回目の月命日から数えてはいませんでした。 


ここに来て数えてみたのは
ちょっとまーくんを遠くに感じ始めたから。



良い意味なのかもしれません。


まーくんがいた日々に思いを馳せても
失ったものではなく
過去にあったものとして思い始めてきた。


それも

それは寂しいことではなく
温かいものとして。


けれど
少し切ない。 



涙ももちろん今も出るし
考えない日があるわけじゃない。

それでも、あの頃のような
ずっと心がひりついて痛いというようなことは無くなりました。
考えると心臓が鷲掴みにされている気になることも減った。





春になり高校進学と同時にゆーくんが我が家に居候することになり 
コロナやなんやで
生活が激変しました。 


正直、まーくんがいた生活とは大きく違う。
日々が忙しく終わって
考えることも涙を流すことも減ってきました。(ゼロではないよ)


それが進んでいく。生きていくということなのでしょうけども
2年9ヶ月という月日を経て
「大分遠くへ来てしまったな」と感じました。



まーくんといた日々が遠い昔になっていく…
あの頃のまま、側に感じていたいのに
確実に『過去』になっていく。

それが
とても寂しい。

20200522_1




だから
ちょっとあえて、考えるようにしようと思います。


この3年間の想いを綴っている本の執筆作業を毎日しているので
常に感覚は『死』を捉えていますが、日常を綴るこのブログは
平穏になってきたなと感じます。

死別から時間が経って
あの時の死別当初の感覚が薄れてきているような気がする。

そんな今だから、少し時間が経った私の気持ちに向き合ってみようかなと。




ちょうど今日から3ヶ月後
一つの区切りとなる本が出ます。

それまでの3ヶ月間
この3年間を振り変えろうかなと。


何を感じ
何を考え
どうやって生きてきたのか
どこに向かっているのかを


もちろん日常の何でもないことも(子供のことも)
いつも通りに記事にすると思いますが

一つの振り返るいい期間なのかなと。


まーくんが死んでからブログを始め
ブログにあげた記事は優に1000を超えました。
もはや最初の投稿はえらい昔に感じます。
(1000て!1000も書いたのかぁ〜)
 

ということで暫くは
『死別』要素が強めになるかと思います。
(とかいって違うかもしれませんが。笑) 


3年後(あと3ヶ月)
ちゃんと自分に向き合って
どういう気持ちで本を抱えているのでしょう。 


まーくんが死んだ日からは
到底考えられなかった場所にいるのでしょうかね。 


20200522_2
↓全てが一つの道へ通じた。


●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→
こちら

※コメント返信をしばらくお休みします。
『せせらぎの部屋』ではコメント返信します。
20191204_5

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2