最近、休日に来客の予定もなく、実家に帰る予定もなく
時間を持て余している時は公園でお昼を食べることにしています。

おにぎりだけでも、公園スペシャル感で物足りなさを感じさせない作戦。



保育園の役員の打ち合わせでお昼前まで、集合していた日
昼過ぎからは何の予定もなく
スーパーでおにぎりを買って公園でたべることにしました。


集まっていた他の役員の方達は
子をお父さんに預けて来たとか
お父さんと公園で遊んでいるとか
様子を見にお父さんが会議の場へ来たりとか

打ち合わせが終わっても、それぞれがそれぞれへ待つ人のいる所へ帰って行きました。


とてつもなく寂しい感覚に陥る。


誰も待たない家へ帰る気も起きず、かと言って男児2人を相手にどこかへ行く気力も起きず
とりあえず公園へ作戦です。


しーちゃんが遠くの遊具でギャーギャー騒いでいます。
足場が不安定でちょっと足が外れただけでも大騒いでおられる様子。

行ってやれよ。というところですが
私はココで(陣取ったベンチ)強風に襲われている弁当を死守せねばならんのです。
(ごめん!しーちゃん。がんばれ!)と心でエールを送ります。

けーくんが見かねてしーちゃんを助けに。
声をかけリードして、なんとかゴールしました。

でもゴールの滑り台を1人で降りることもできず
またギャーギャー騒いで、元来た道を1人で戻って来ました。(けーくんはもう滑り台を滑って他の所へ)


人手があったら、すぐにしーちゃんの所へかけつけていた。
しーちゃんは騒ぎながらも1人で自分の力だけでやりとげる事はなかっただろうし(自立心と努力)
けーくんも見かねてしーちゃんを助けることもなかったかもしれない。(思いやり)

環境が人を育てるってこういうことを言うんだろうな、と
弁当を守りながらぼんやり思っていました。

20180712_4



最終的には
絶対できないボルタリングみたいな坂を上がろうとして
ギャーギャーまた騒いでいるしーちゃん
それを助けようとけーくんが引っ張りあげようとして反動で手が離れてしまい
豪快に落ちるしーちゃん。大泣き。土まみれ。
さすがに状況がやばかったので駆けつけました。

大騒ぎ&大泣きしながらも「ここが登りたいんだ!」とアピールされて
補助してあげて何とかボルタリングみたいな坂を上がることに成功。

けーくんと比べてどんどん逞しくなっていきそうなしーちゃんです。

20180712_3


逞しく育って行くしーちゃん
弟を思いやるけーくん
子供を放置せざるを得ない私(いっぺんに2人は無理!)気にしないという技を習得。
父親がいないという人手不足の中で育ったものです。



まーくんがいたらきっと

私にべったりなしーちゃん
まーくんにべったりなけーくん
私もまーくんをあてにして
ちょっとの事で「だから見ていてって言ったのに」等と険悪になっていたことでしょう。



良いか悪いかわかりませんが
人生のスパルタ教育に遭っています。
皆んな心の成長著しい。


だって、ある日突然
(人生の)崖から突き落とされたのです。
何の装備も知識もなく。

かろうじて一命はとりとめたものの
崖を上がるのは自力です。
命削って協力し合って血を滲ませて這い上がっているんです。

20180712_1

地上で、本読んで装備を選んでのらりくらりしている連中とは
崖登りの習得スピードが違います。
辛くて必死だからこそ体得の速さは尋常じゃないです。


でも、そういう人こそ
新たに尋常じゃない崖壁がそびえ立っている よ・か・ん。

20180712_2
辛く大変な環境だからこそ
人は育って行くんです。


育っていくタオル!?
拭いて、洗って、乾かして、使い込むほどにふっくら育つようです。
嘘でしょ!?タオルなんてゴワゴワになるだけなのに!
育つのはふんわり感だけではなく、吸水性や速乾性も育つ様です!どゆこと!?
気になる…気になりすぎる…
多少高くてもいいから、CMで見る様なふんわりと包まれるタオル欲しい!
しかもゴワゴワになっていかないなんて!

 応援をどうぞ!さあ!

ランキングに参加しています。 
クリックしてもらえるとランキングが上がっちゃって
更新と生きる励みになります。
  にほんブログ村 家族ブログ 死別へ 


↓更新すると通知が届きますよ。 line_sab_serihu_20171107_mini
line_sab_20171107_mini

『せせらぎ通信』はいかが?

サイドブログを立ち上げております。
癒された曲や、手続きの話など
死別時に役に立てたらいいなという情報やらを書いています。(情報サイトです。)

seseragitsushin_title


文字多めで難しい話もありますがイラストも描いています。
わかりやすく説明している。つ・も・り。
よろしかったらのぞいて見てください。