まーくんが死んで数ヶ月。
早いものであっという間に過ぎました。

あの日のことが昨日の様で
その間の期間は、それなりに色々あったのに
ぽっかりない様な気にもなります。



一番最初にブログに書いた私の気持ち
『今の気持ち』

どんだけ暗い気持ちが綴られているかと読み返して見たら
割と明るい文面。笑。
でも、やっぱりどん底で苦しい状態でした。



前向きに捉える時と、後ろしか見れない時
どうしようもない気持ちに襲われたり、強がってみたり
行きつ戻りつゆ〜らゆら

でもベースはずっと「辛い悲しい会いたい」でした。





その中でちょっとして心の変化



「でも、あなたに出会えてよかった」
と暖かい気持ちになる瞬間が訪れました。



強がりでも思い込みでもなくて
本当に心からそう思う瞬間。

24時間ずっと「辛い悲しい会いたい」と沈んでいるとしたら
そのうち15秒くらいですけどね。(少な!)

でも、本当に純粋な気持ちでそう思える時間が出て来たのです。
そう思おう!とか、思わなきゃ!ではなく、本当に自然に。




ありがとう。出会えてよかった。
子供達を残してくれて、幸せにしてくれて。




って思った瞬間、「やっぱり辛いわーーー!!」てなるんですけどね。
だって、暖かい気持ちはほんの数秒だから。笑。


私にしたら小さいけど大きな変化です。
死んだことが辛過ぎて「出会わなければよかったわー!」
とは思っていませんでしが、なんとか無理にでも前向きに捉えたいと思っていました。
出会わなければよかった。とは思わない。
結婚しなければよかった。とは思わない。
子供を産まなければよかった。とは思わない。
だから出会えてよかったんだ。と結論に至る思考回路とは違うところで

ホワッと
暖かい、陽だまりの様な気持ちが生まれました。

20180203_1
この陽だまりが大きくなって
「やっぱり辛いわーーー!!」となる時間が数秒になればいいなと思います。
この陽だまりを育てる方法はやっぱ


私が幸せでいること


なのかな。
笑い声だとか、感謝だとか、小さいことの積み重ねで大きくなるのだと思います。
なってないので、分かりませんがね。





起こってしまったことは仕方なくて、本当に心苦しい状況ですが
そのことに溺れていても、誰からもわからない。助けてくれない。
20180203_2



水面からちょっとでも手を出す努力が必要なんだと思います。


20180203_3


その小さな努力が世界を広げてくれるのだと信じています。
手を掴んでくれるのがアラブの石油王かもしれませんし。(しつこい)

20180203_4


もっともっと頑張って這い出たら、
自分から島(幸せ)を見つけることもできるかもしれない。
諦めてふてくされて、ただ底に沈んでいたら見つけられないものはたくさんあります。


20180203_5


生まれてくれた暖かい気持ちを大事に育て
少しでも、ほんのちょっぴりでも水面に上がる努力をしようと思います。
しばらくは浮きつつ沈みつつ、ゆっくりとでも上がることを諦めないで。


最近漫画で読んだのですが
実は、人間の体の2%は水面から出るようになっているんですって
だから、下手にもがいて必死で手を出すより
流れに身を任せて、息をするのも立派なサバイバル方法ですね。

20180203_6



ちなみに実際の水泳技量は
本気クロールで15mほどです。
小学校2、3年?くらいの時の検定で、他の子が普通に泳ぎの距離を評価されているところを
私は「水の中を1人で歩くことができる」という評価をいただきました。笑

けーくんとしーちゃんが溺れていても助けに行くことはできません。
確実に私が溺れるから。遠くから助けを呼ぶよ…。
まーくんは泳げたからなぁ。海には行けないな…。


「人生という大海原を泳ぐ技量には長けている」ことを願います。


 応援をどうぞ!さあ!

ランキングに参加しています。 
クリックしてもらえるとランキングが上がっちゃって
更新と生きる励みになります。
  にほんブログ村 家族ブログ 死別へ 


↓更新すると通知が届きますよ。 line_sab_serihu_20171107_mini
line_sab_20171107_mini


『せせらぎ通信』はいかが?

サイドブログを立ち上げております。
癒された曲や、手続きの話など
死別時に役に立てたらいいなという情報やらを書いています。(情報サイトです。)

seseragitsushin_title


文字多めで難しい話もありますがイラストも描いています。
わかりやすく説明している。つ・も・り。
よろしかったらのぞいて見てください。