再婚するわけじゃありません。
めぼしい相手もいません。


再婚…
いつかするのだろうか
20180114_1


葬儀社の人が
「まだ若いのだから、墓を構えて全部かかえる必要はない。今後のことも考えて…」
と言っていました。それって、そういうことだよね。


ぼんやり、考えてみました。



愛する人がいなくなって、とても悲しい。
生涯の伴侶だと決めて結婚した。

結婚の誓いの言葉に
「死が2人を別つまで」
とあるけど、死が2人を別つたらどうするのだろう。

この先独りで、心を通わせる人がいなくて
子供達が巣立った後、一緒に食卓を囲む人もいなく
死ぬまで独りで生きていくのだろうか。
20180114_2


寂しい。
ものすごく。




私になにかあったら、子供達には親がいなくなってしまう。
じーちゃんばーちゃんはどうしたって先に死ぬ。(本来なら!)
子供達になにかあったら、その辛さを一人で抱えなくてはいけない。
何かあったら時に支えてくれる人がいてほしい。




そして
できることなら、お父さんのいる人生を子供達に与えてあげたい。

でも、子供達がまーくん以外の人を「お父さん」と呼ぶのに耐えられるだろうか。
まーくんはどう思うだろうか。
自分は忘れられて、自分じゃない人を慕い、懐く子供達を見て悲しくなるんじゃないだろうか。
私が悲しい。



もし万が一再婚したとして
うまくいけばいい。
でもそうとも限らない。

離婚したらどうするのか。
遺族年金もストップされ、ただ窮地に追い込まれるだけ。子供達をも傷つけて。

相手の言葉に子供達が傷つくこともあるかもしれない。
相手の両親に傷つけられる事もあるかもしれない。
20180114_3

子供達が悲しむのだけは許せない。



では
結婚せず、彼氏止まりにしておけば良いのか?
子供達が懐いたところで、別れたら?
それを何回か繰り返したとしたら?
20180114_4
会わせなければいい。
としたら、夜や休日に子供達と居ずに彼氏と遊ぶのか?

子供達が悲しむことはしたくない。




なんだかんだとうまく行ったとして
長年連れ添ったところで、結局また死別を経験しなくてはいけなくなるし
長年連れ添って、お互いを疎ましく思うようになるかもしれない。
色々頑張ったところで、行き着く先がそれか…


そもそも、また一から誰かと関係を作るのか?
子供を2人も産んだ後に、またあのやりとりを最初から?

20180114_5


でも、誰かと分かち合うことの出来ない人生が悲しくて寂しくて仕方がない。


堂々巡って、いつも最後には
「まーくんがいれば全部丸くおさまったのにぃ!ばかぁ!」となります。
「いれば良かった」と「いて欲しかった」と、悲しみの原点に戻ってきます。
もうどうしようもないのに。


もし誰かと巡り会えたとして
新しく出会った人とまーくんを絶対に比べる。断言できる。
「まーくんはこうしてくれたのに」
「まーくんはああしてくれたのに」
「そんなことしないのに」
「まーくんが良かった」「まーくんが良かった」
「まーくんが良かったぁよぉ…」
てなるのが目に見えてる。


でも、もし
もしも素敵な人が現れて
思ってもみなかった素敵な人生を一緒に歩めるなら
まーくんも応援してくれるかな。



とりあえず
・まーくんよりも稼いで
・まーくんより優しくて
・まーくんより時間に融通のきく仕事で
・まーくんよりセンスがよくて
・まーくんより面白くて
・まーくんよりかっこよくて
・私を何より一番に愛してくれて
・それ以上に子供達を愛してくれて
・天涯孤独で(まーくんの義実家や親戚を大事にしたいから)
・できれば同じ苗字



…いないかそんな人。
苗字は別にしても、他の条件が揃ってたらもう他の女が離さないか。
独り身でいたら、逆になんか怪しいか。


死別同士の再婚が気持ちを理解し合えそうだけど、
お互いがお互いの一番を心に残してるって。思いが至らないわ、そこまで…
でも、気楽なのかな。
死別ジョーク飛ばしたりして…「もう!そんなことしたら死んじゃうぞ!(ハート)」みたいな。
そして2人で泣くのかな。笑。

20180114_6



でも思い描くは自由!
可能性は無限大です。
なんてったって独身ですもの。
恋に落ちても不倫じゃない。


大金持ちかもしれない。(プール付きの家に住めるかも!)
アイドル並みのイケメンかもしれない。(むしろアイドルかもしれない!)


と、夢見ております。


これ以上の人には出会えないと思って結婚したまーくん。
人生で一番過酷でしんどい気持ちにさせられた今、
全部を払拭できるくらいの人でないと…
アラブの石油王くらいじゃないと
割りに合わないわ。


どこで出会えるのかしらアラブの石油王…アラブかしら。
来日して、なんだか見初められちゃって、日本妻として暮らして
年に一回くらい遊びに来た時に、ポンと数千万単位でお小遣いくれて…
もう、そうなりゃ、老後まで心を通わせる人が欲しいとかどうでもいいわ。笑。


夢見るは自由!
というか、これくらい大きな夢を描かなきゃこの先の人生やっておれんわ!
きっと素敵なことが待っている。と思わなきゃ…



↓嘆きや決意や思いが投下されています。
『私の気持ちカテゴリー』
kimochi_bottun_20180112


↓せせらぎ通信に記事を一つ書きました。
“病気で働けなくなったら”を助けてくれる『医療保険』
20180111_iryouhoken_midashi



 応援をどうぞ!さあ!

ランキングに参加しています。 
クリックしてもらえるとランキングが上がっちゃって
更新と生きる励みになります。
  にほんブログ村 家族ブログ 死別へ 


↓更新すると通知が届きますよ。 line_sab_serihu_20171107_mini
line_sab_20171107_mini