けーくんは優しい。
私が泣いていると慰めに来てくれます。


『慰めている自分』に酔っているふしもある。笑。




けーくんがまだ小さい頃。2歳くらいかしら。
お気に入りの絵本がありました。
『おかおいろいろあかちゃんいろいろ』という絵本

笑ったり泣いたりしている赤ちゃんの顔がメインの本
笑っている顔が見開き左右に一つづつ。
怒っている顔が見開き左右に一つづつ。
泣いている顔が見開き左右に一つづつ。


この泣いている顔のページが大好き。
20180111_1



ん〜〜〜と言って(言葉が話せなかったため)
精一杯悲しい顔をして、絵本のそのページを抱きしめる。
というのを繰り返していました。

20180111_2


すぐにそのページに戻って悲しそうに抱きしめる。
絵本を投げてはそのページを開いて抱きしめる。
ちょっとDV気質。笑。

笑っている顔や怒っている顔には興味があまりなく
泣いている顔を見たさにその絵本を読んでいました。




そんなけーくん。


日々悲しい顔をみせている私のことを抱きしめてくれます。
「大丈夫よぉ」「悲しくないよぉ」
と抱きしめ、ナデナデして、ぽんぽんしてくれます。

すごく癒される。
「けーくん抱きしめてぇ」と自分からも催促させていただいています。



ある時、けーくんがしーちゃんといざこざをして泣いていた時
私が「大丈夫よ。大丈夫よ。」と優しく抱きしめ背中をさすってあげたことがありました。
それが嬉しかったのか
それ以降、同じことをしーちゃんにしているのをよく見かけます。
20180111_6
泣かせたのが自分だとしても。笑。



自分で戸棚におもちゃのトーマスをしまったくせに
「寂しかったねぇ。大丈夫よぉ。」
と三文芝居をしてヨシヨシしてたりします。

20180111_3



私にも、悲しい顔をするとすぐ駆けつけて「大丈夫よぉ」と言ってくれるし
泣いていると「大丈夫ぅ?」と覗き込んで来てくれる
あまりにも「大丈夫」を多様してくれて、ちょっと心配になるくらい。



ただおもちゃを踏んで「いたっ!」と小声で言った時も
すかさず「大丈夫?」と言っていました。
20180111_4


あまりにも間髪入れずだったので逆になんだかこちらが心配…
まぁ、おもちゃ踏むって地味にめっちゃ痛いですけどね。笑。

にしても踏むおもちゃってなんで硬いものばかりなんでしょう。
ぬいぐるみ系を踏んだ試しがない…

20180111_5




環境が人を育てるという。
そうさせてしまっている環境で申し訳ないと思う。 


そんなことを思っているのに今日もけーくんに慰めてもらう。
けーくんの環境改善より、まずは私の環境改善が優先事項ですもの!


kkun_bottun_20180112



↓せせらぎ通信に記事を一つ書きました。
“病気で働けなくなったら”を助けてくれる『医療保険』
20180111_iryouhoken_midashi




 応援をどうぞ!さあ!

ランキングに参加しています。 
クリックしてもらえるとランキングが上がっちゃって
生きる励みになります。
   にほんブログ村 家族ブログ 死別へ  


↓更新すると通知が届きますよ。 line_sab_serihu_20171107_mini
line_sab_20171107_mini