昨今急増したVR(バーチャルリアリティ:仮想現実)を体験してきました。

ゴーグルをつけて360度、仮想現実の世界へ入ることができるというものです。
いわゆるゲームと位置付けてよいのかしら。

「様々な要素で作られた現実のような世界」に「ユーザー自身が飛び込む」ものです。
まるでその世界の中にいる様な感覚。



あるVRの仕事に、まーくんが関わっていて
仕事仲間から「見にきませんか?」という誘いも受けて、行ってきました。
この時はまだ義父母様がいた時。
義父母様と姪ちゃんと一緒に行きました。
まーくんの仕事を見るのは、本当に本当の最後だよ。と伝えて。

まだ完成してないコンクリートの事務所の中に、そのVRの機器は設置されていて
殺風景な事務所内も含め近未来を感じました。

機器の調整に少し時間を要するとのことで
事務所の窓際の席に座って待ちます。


こうやって、まーくんの仕事を見に来るのも最後。
関わった人から招待されて、何かイベントに行くのも最後。


静かな空気が流れる事務所で、言葉少なく時を待ちます。

20180130_1



肝心のVE体験は…





めっちゃ面白かったーーー!
ゴーグルと手と足に器具を付けて体験するのですが


20180130_2




体験した内容は『恐竜世界』
鑑賞したり、逃げたり、美しい景色を見たり。
そんな世界を体感しました。
恐竜初めて見たーー!

20180130_4


仮想現実なんで、本当に起こっているわけではなく
視覚情報から、動いたり、落ちたりをあたかも実体験した様に感じます。


義母様は、本当は落ちるはずのないとこなのに
怖くてしゃがみこんでいました。



この恐竜世界の体験の最後は
隕石が降り注ぐ空を見上げることで終わります。
なんて壮大な美しい風景。

20180130_3



まーくんと見たかった。



まぁ、もれなくそう思いますよね。
「すごかったね!すごかったねー!」と言って
カフェで小一時間議論したかった。

今、議論できる相手は義父母様(&姪ちゃん)
「…すごかった!!」とそれ以上の言葉は出てこない義父母様です。
議論どころか、帰省した際にご近所の友達に伝えられるかも怪しいところです。
「恐竜を見た!」なんて言おうものなら「義父母様ったらボケが始まった」となるでしょう。

難しいですけどねVRの説明。
私も連れて行く時、義父母様にちゃんと説明できなかった。(理解もされなかった。)




このVR体験を通して
仮想現実なら、近い将来、死人に会える様になるのでは!?
と思いました。

あたかもそこに居るかの様に。
もちろん肉体はないですし、正確には人工知能(コンピューター)なのでしょうけど
もっともっと進んで、本人の意識に近いところまでの会話ができる様になれば
バーチャルな世界でも、ゴーグルの向こうにまーくんがいて
やりとりができる様になるのではないだろうか。
まるで現実なのではと思えるレベルで。

本当の現実にはいないのだから、虚しいかもしれない。
でも
二度と会えない人と、二度と会えないのだから
バーチャルの世界でも会いたいと思う人はいると思う。それも大勢。

遠くない未来、本当にそういうことができるのではないだろうか。
そう思ったVR体験でした。


20180130_5



にしても、まーくんの最後の仕事は
どうしてこうも心を揺さぶられる案件なのでしょう。


考えさせられるというか、
なんかどっかの、下品なイベントとか、どこにあるか分からない小さな仕事とか…
そんなものではなかった。
だからこそ、胸を締め付けられて、こんなにすごいことをしていた人なんだと
より悲しみがこみ上げる。

もう、彼の仕事は見ることができないのだと。

最後だからこそ、素敵な仕事に関われて良かったんだね。
良かったね。まーくん。



このVRの仕事には立ち上げから関わっていて
訃報を受けた仲間たちから、クレジットに名前を残したいと言っていただき
クレジットの最後に “ in memory of まーくん(1975 ~ 2017) ” と入っています。

まーくんの魂がそこにも残っています。
見る人はクレジットなんかみないだろうけど、そこに確かにいたのだと刻まれています。
「楽しみだね」「楽しかった!」と体験した人が思えることが
まーくんが何より望んでいたことです。


多くの方にそう思ってもらえることを願います。



 それにしても
本当に子供置いてきてよかった〜。
お父さんの最後の仕事だからと、連れて行くことも考えましたが
何にも体験できなくなるとこでした。ナイス判断!

20180130_6



 応援をどうぞ!さあ!

ランキングに参加しています。 
クリックしてもらえるとランキングが上がっちゃって
更新と生きる励みになります。
  にほんブログ村 家族ブログ 死別へ 


↓更新すると通知が届きますよ。 line_sab_serihu_20171107_mini
line_sab_20171107_mini


『せせらぎ通信』はいかが?

サイドブログを立ち上げております。
癒された曲や、手続きの話など
死別時に役に立てたらいいなという情報やらを書いています。(情報サイトです。)

seseragitsushin_title


文字多めで難しい話もありますがイラストも描いています。
わかりやすく説明している。つ・も・り。
よろしかったらのぞいて見てください。