まーくん仕事を手伝う形で一緒に働いていましたが
(『旦那と私は師弟関係』『仕事を引き継ぐ』)
突然死んでしまったので
今後、一緒に働くことはなくなってしまいました。



まーくんの実家へ帰省する前に、不仲になる前に(『死んだ時 最悪の2人の関係①』)
一緒にした仕事があります。
最後に一緒に携わった仕事。本当の最後。


『心が叫びたがってるんだ。』という映画の仕事。
関わり方は、身バレしてしまうかもなの伏せておきますが、
この映画に少し関わっていました。


映画の内容は、
それぞれが想いを抱えた高校生がすれ違ったり想いをぶつけ合ったり
派手さはないけど空気感のきれいな青春ムービーです。

朝ドラの主役も張ったことのある芳根京子さんとジャニーズの中島健人くんが主役かな。

中島健人くんがキャッコイイ!!
いねーわ。こんな同級生。

20171115_1



ふと思い立って検索したら、
近くの映画館で最終上映日だったので義父母様と見て来ました。
(投稿とタイムラグがあるので、もう終わってしまってます。)



もう、号泣でした。

あぁ、もう一緒に映画を見る人はいないんだ。

あぁ、トイレから出ても待ってる人はいないんだ。

あぁ、キャラメルポップコーンは私が全部食べるんだ。(でも買う。笑。)

泣き方が、映画関係ないという。笑。



20171115_2




『心が叫びたがってるんだ。』というタイトルどおり

心の叫びが題材になっている映画です。


伝えたい思い。伝えられない思い。伝えればよかった思い。


「言葉は傷つけるんだから 後悔したって取り戻せないんだから」(劇中引用)


最後がこの映画で良かったのか。

まーくんに見せたいわ!

んでどう思ったか聞きたいわ!
(『死んだ時 最悪の2人の関係①』『死んだ時 最悪の2人の関係②』)



夫婦なら恋人ならの良くある

慣れがゆえのトゲのある言葉。

そんな言葉を投げられて、腹が立って、
長いこと目を見ず、顔を見ずで終わってしまった。


20171115_3



言いたいこと、言わなければいけないことは沢山あったはず。

永遠の別れを前にしたら、とんだ些細なこと。


『あとで』や『今度』なんて無いかもしれない。
今ある思いをちゃんと言葉にしないとだめだ。

本当にそう思います。


ずっと側にいてくれるまーくんの父母に

応援してくれる家族に

大好きだよと言ってくれる子達に

見守ってくれる方々に

『本当に本当にありがとう。』

どんなに力になることか。


て、まーくんが悪いんだけどね!

ごめんなさいも言わず!

反省してるなら言葉にしなさい!

言葉は人を傷つけるんだからね!



でも

私も言わなければいけないことは
いっぱいあったはず。
伝えられずに、いなくなってしまった。


大切な人には大切な想いを伝えてほしい。
明日はないかもしれない。
後悔しないために。



号泣して出てきた私達に、周りは「どんだけ良い映画なんだ!?」と思ったでしょう。

映画の正常な判断は出来ません。。




もう、二度と
まーくんの名前がスクリーンに映ることはないんだな。



応援クリック欄です

世の片隅にこんな家族がいるんだと   
クリックして応援いただけると嬉しいです。


↑ガンバレーで1クリック
※変な絵!?この絵の謎はこちら


ブログランキング・にほんブログ村へ
↑さらにガンバレーで 再度クリック

********************
↓更新すると通知が届きますよ。 line_sab_serihu_20171107_mini
line_sab_20171107_mini
********************