未亡人せせらぎ37歳

旦那を亡くして
ひたすらにひたすらに
気持ちの吐きどころとして
ブログを書いてきましたが

執筆を生業として生きていくと決めました



本を出していようと
その本に取材が来ようと
ブログを読んでくれる人が沢山いようと
肯定的な意見が届こうと

執筆で生きていくのは
険しい道




大事なのは
なれるか、なれないかじゃなくて
なりたいかどうか

やれるか、やれないかじゃなくて
やりたいかどうか




まーくんが死んで
私は本にすることを決めました

何も手にしてない状態で決めた
何も出来てない状態で始めた

ヘッタクソな絵で始めたものが
最終的に200ページ近いコミックになった
出来てないところから始めたものだよ
『出来る』からじゃない

やりたかったから
やってやると決めたから

それだけ






だから
執筆して生きていきます





まずはね
『note』というものをやってみようと思うのよ

不慣れだけど
出来てない状態からだけど

何かがうまく出来てからなんて
そんなの待ってたら
人生終わっちゃうわ!



それも
有料記事にしようと思います
月額制の定期購読マガジンというのもあるらしい

私の記事に金を払うんか!
と思われる方もいるだろうし

私がそこまでの価値のあるものを書けるんか!
と自分でも思います


最初からうまくいくとは思ってないし

ゆるゆると
1人2人のところから始められたらなと
(1人2人くらいいるだろ!奇特な応援者が!
そんな応援者が多いことを願うのみ!)




だってね
生きていかなくちゃいけないもの

好きなことをして生きると決めたけど
現実は子供達におまんま食べさせないと


だから
記事に価値がある云々より
助け合い運動だと思って

いや…助け “合って” はないか…
シングルマザーの救済活動だと思って
ゆるく優しい眼差しで
読んでいただけると嬉しいです





マガジンが出せたら
その価格は822円!



友人のタッチが
「生涯『822』という数字にこだわった方が良い」
と言っていたので
822円!

高い!と思われても良いさ!
私はこの数字にこだわる

8月22日
まーくんが死んで『せせらぎ』が生まれた日



でも
その額を出して読んでくれる方がいるのかもしれないとしたら
ちょっぴり気持ちがピリッとする

適当なもんは書けないなぁと


内容は
その時の私の
その時の気持ちで
その時に書きたいもの
(ブログと一緒じゃねーか!)

内容に責任は負いません。
どうしたら良いかもわかりません。笑


ただ
温かい目で行く末を
応援してくれると嬉しいです

20211025_1

小説とか書き出したら
我が子がやり始めたものだと思って(なんでも好意的に読める)
ふふふと見守ってください

20211025_2

漫画の時もあるのかなぁ
フィクション(創作)の時もあるのかなぁ
ちょっと際どいものとか
毒気が強いものとか

それこそ
ブログで書き綴ってきたけど
ブログは埋もれてしまうから
残しておきたい言葉を再編してまとめるとか

何かを書くことに
ワクワクしている自分もいます


気負わず
無理せず
好きなことを書いていくスタイルは壊さずに

でもちょっぴり
背筋をシャキッとして書いていけたらなと

そして
読んでくださる方が増えていったらいいなぁと



この行く末がどこへ向かうのか
それは誰にも
私にもわからない

でもね
きっと
すごいところまで飛んでいく
(どっちのすごいところか分からんよ〜?笑)




せせらぎ育成物語だと思って
読んでくださったら嬉しいです

あなたの温かい応援を
けーくんとしーちゃんのマクドナルド代にさせていただきます!!

20211025_3



私が楽しんで書けて
読んでくれた方の心に何か残すものが書けたら嬉しい
そう思っています

20211025_4



↓試しに初めて書いてみたら!!



▼▼▼本日のPick up▼▼▼

なし



▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲




**************** 
<書籍発売中>『旦那が突然死にました。』

旦那が突然死にました。
著者:せせらぎ
エムディエヌコーポレーション
2020-08-24

サンプルこちら
(一章分、配信しています)

****************  

●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら


 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2