次男のしーちゃん(4歳)の運動会でした。
年中さん。


まーくんが死んだのは
長男けーくんが年少の時。しーちゃんは保育園に入った年。

まーくんが死んだ年、いなくなった8月から
時をそんなに経たずして保育園の運動会があって
泣きながら参加しました。 


それから運動会は
小学校に上がったけーくんのを含めて4回やっています。

上の子ということもあって
基本的にどの時もけーくんメイン。

しーちゃんは幼いこともあって
わちゃわちゃとおまけって感じでした。 



今年、保育園の運動会はしーちゃんのみ
けーくんと応援に行こうと思っていたけど
突然熱でダウンのけーくん。

居候高校生ゆーくんに見ていてもらって (本当ゆーくんがいてくれて良かった)
しーちゃんと二人だけで運動会に向かいます。





しーちゃんと二人。


思えばどの運動会もけーくんをメインに見てた。

今日、けーくんは来てもないから、
しーちゃんだけを見つめよう。そう思いました。


コロナなご時世ということもあって
子供たちはクラスで集まらずに基本的に親と一緒にいます。

ずっと隣にいるしーちゃん。

一緒に親子体操している時も
本当楽しそうにずっと笑ってる。

掛け替えのない時間だなと
それだけで泣きそうになりました。

20201027_1




まーくんが死んだ時
まだ1歳だったしーちゃんが
来年はいつの間にか保育園で最年長になります。


こんなに大きくなった。 

こんなに大きくなったんだね。 



一人で写真や動画を撮りに走り回り
しーちゃんに手を振る。
キョロキョロと私を探し
笑顔で応えるしーちゃん。

二人の間に流れる時間。
20201027_4


そんな中
しーちゃんのクラスの家族を見ていると
胸がキュッとなります。


お父さん達が仲が良く、『家族』の印象が強いから。 


けーくんの時は
入園してからしばらく経って
まーくんが死んだということもあって

まーくんのことを知ってくれている人も多く
子供達のこともお母さんのことも良く知っていたし
まーくんが死んだことも皆んな知っている。
助けてくれようとしていました。

でも、しーちゃんのクラスは
もう親睦を深めるとか、そういう状態じゃなくて
ただ、淡々と通うのが精一杯な日々だった。



そこにきて、『お父さん』が見えるクラス。

運動会でも、並んでいる、楽しそうに話している父親達を見て

いて欲しかったのに
いたかっただろうに 

それでも、まーくんだけが世界から消えてしまった。

いたらこうだっただろう
他のお父さんと話をして大笑いしてただろう姿を想像して

その切なさがたまらなかった。



楽しそうにはしゃぐしーちゃんを抱き上げ

この子には、『お父さん』の欠片も思い出がないのだと 
お父さんというものがどういうものか
少しも分からないのだと

20201027_2
それもたまらなく切なかった。



足の速いしーちゃんは
毎日、保育園の送迎時、自転車で10分ほどの距離を
走っています。

そのおかげか
トップバッターのリレーは一番で駆け抜け
人数帳尻合わせで、二回も走りました。


ダンスも楽しそうに
きっちり踊り切りました。



こんなに大きくなったんだよ。 

20201027_3

いつだかスピリチュアルな人に聞いた
まーくんのしーちゃんへの想い


「本当にごめん。ごめんね。
何一つやってあげられなかった。
何一つ思い出すら作ってあげられなかった。」



『まーくん』と『しーちゃん』
 その印象はほとんどない。

赤ちゃんだったこともあり
しーちゃんの担当は私。

手を借りることはほとんどなかった。
その間のけーくんを見るのが、まーくんの役目。


本当に本当に思い出が限りなく無い。 


私が一人で育てたと言える子。
そう言えるしーちゃん。
お父さんのいないしーちゃん。

いつの間にかこんなに大きくなって 
たくましくなって。


しーちゃんだけを見つめられる貴重な時間でした。 



その後、しーちゃんもダウンして
翌日は仕事をしている私の傍で二人で仲良く眠っています。

トントンと背中をさすりながら
割と号泣しました。


お父さんのいない子達
死んでしまったまーくん
全部を背負って残された私



なんだかとっても感傷的になってしまった。
本のレビューを読んだからかもしません。


最初は全部読んでいたけど
最近は星5つのものしか読んでいません。

批判的なものはやっぱり気が滅入るし
どうにも私自身を批判しているものが多いような気がして(最近は見てないけど)

この現実に対峙してない人が
何言えるねん!と反発心も生まれるので
読まないようにしました。


大切な人が突然死んだ辛さ。
心情と現状の辛さ。

残されても生きていかなくてはいけない辛さ。
それでも子供達を幸せにしてしないとと思う覚悟。

分かってくれる人だけ分かってくれればいい。
伝わる人にだけ伝わればいい。



そして分かってくれる人
私の想いが伝わった人のレビューが心を少し温かくしてくれる。




成長をゆっくり見守っていこう。

ひとまずこの日は
家から出ずにゆっくり過ごしました。


二人同時に体調を崩すことは珍しく
どちらの送りも迎えもない貴重な日。
ずっとパジャマでゴロゴロして
昼寝もたっぷりと。

私にもご褒美な、とっても素敵な時間でした。

20201027_5
↓けーくんの初めての小学校での運動会はずっと号泣


**************
そんな私の本が発売しました。
まーくんが死んでからのことを
綴った3年間の記録。

予約開始になった日に
Amazonカテゴリーランキング
一位になりました。(本当ありがたい)

旦那が突然死にました。
せせらぎ
エムディエヌコーポレーション
2020-08-24


サンプル(どどーんと一章分、配信しています)
●Twitter→こちら
●アメブロ→
こちら

************* 


●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2