けーくんと虫歯の物語。

けーくん7歳には虫歯があります。
記事を省みるだに3月から、この物語はスタートを切りました。



発覚したけーくんの虫歯は4本。


通ったのは近所の歯医者。


やるやる治す!と言って
何度も行くも騒ぐだけ騒いでやらずに帰ること数回。


けーくんは発達障害を抱え
我慢がきかずに、注意散漫で、人の気持ちが汲み取れない。

いつも歯医者さんで3〜4人がかりで声をかけ
抑え付け、応援し、時間をかけ
なんとかやろうと励まし
そして小一時間騒いで帰る。
それも治療せずに。

やらないなら、やらないでいい。
でもやるって言うから
私も時間を割いて
先生達も時間を空けて
けーくんに時間を作っているのに結局無駄な時間。

治すからゲームする。お菓子食べる。と
約束を取り付けていたりするのに
結局いつもやらず
もう本当いい加減にして!
と爆発し、ほとほと困った期間、数ヶ月。

慣れるところから始めましょうと通い続け始めました。

 

 


もうどうにもこうにも変化がなくて
療育センターの人にも相談して
療育児専門に見ている歯医者さんを紹介してもらい

この子は大変だとその医院の先生からも言われ、別に通い続けた数ヶ月


何回通っても、その間、治療はほぼゼロ。

椅子に乗る。
器具で遊ぶ。(遊ばせてくれる)
口の中を見る。
電動ブラッシング。
で、終了。


近所のも含めて、何度通ったことか。
何ヶ月通ったことか。
その間、治療できた軽いものもあるけども
基本的に完治せず。


最終的には全身麻酔で。までもできる
療育児専門の歯医者。



まぁ、痛くなったら痛くなったで
自分が悪いのだからと
長い目で見ることにしました。



そして突然
眼科に行っていた時に
大粒の涙を流しながらほっぺが痛いと訴える。

20201024_1


最近、ほっぺが痛いと言うことが増えたけど
どのレベルかもわからないし
ほっぺを見てもなんともなってないし

そもそも説明が下手な子なので
どこまで本気かもわからなかったけど

大粒の涙を流しながら痛がっている様子を見て
涙が出るほど痛いって、虫歯じゃないかなぁと
急遽、以前に通っていた近所の歯医者に行きました。


案の定、バタバタして動き回るけど

「今痛いの我慢して治すのと
ずっと今のまま痛いのとどっちがいい?」


と聞くと「治す」と腹を括ったようです。

やっぱり親がいくら言っても
体験として経験しないとわからない。


以前はレントゲンを撮ることすらできなかったけど
相当痛かったのでしょう。

頑張って乗り切りました。
そしてやっぱり虫歯が見えない内側を浸食していたようです。



治したい気持ちはあるけど
とはいえ治療は怖いし痛いし嫌。


幾度となく起き上がるけーくんを
なだめ話しかけ、押さえつけ鼓舞させ
「すごいすごい!!」「かっこいい!」「あとちょっとだよ!」
と先生や助手や私がワーワーギャーギャーしている最中

20201024_2




………………






…………あれ?







……寝た?


20201024_4

なんだか時折体がピクっとなる。

先生も
「寝息な気がする…」



目…開いてるけど…


目開いてるから誰も気づかなかった。笑


いつからどこから寝てたのかわからないけど
今の内だ!とバリに治療を終わらせる。



最終的には治療が終わった歯の噛み合わせをみる為に
「けーくん起きて!噛んで!」と揺さぶり起こされるくらいの熟睡。

でも起きないので
無理矢理に口を閉じさせ
無意識下に噛んだものでなんとか治療を終えました。

20201024_5


きちんと治療するのに九ヶ月?くらいかかった。

20201024_3



通い始めた頃の
私の鬼の形相も知っているし

手のかかる子だと、歯科医院の人たちにも
本当に苦労をかけたので

大人たちは何か大きなことを成し遂げた感で溢れていました。


「なんか、もうちょっと感動する」とまで言ってくださって。


感動のフィナーレを迎えたのです。

20201024_6



にしても、こんだけ人と時間をかけてワーワーギャーギャーうるさく騒いで
治療せずに帰るを繰り返したにも関わらず
嫌な顔一つしないで受け入れてくれる。
本当ありがたい医院です。

けーくんにはなくてはならない。
もう他に通えない。くらいけーくんというものを知ってくれている。
ここがあって本当よかった。


そして
めちゃめちゃ虫歯が痛かったことで
けーくんは『歯を磨かなくてはいけない』ということも
頭の片隅にこびりついた様子。



しーちゃんなんか4歳で一発で男らしく30分で治療が終わったけど
けーくんの虫歯物語は壮大なものになりました。


そして、これを機に歯医者なんてなんのその!にならないのも
またけーくんの味でしょう。
物語は第二章へ続くのでしょう。


ちなみに治療後のケアで行った時も
また振り出しに戻りギャーギャー騒ぎ
最終的にまた寝たそうな。

キミは本当にすごいな…  



↓私はたまにホワイトニングに行ってます。ほんっとーにたまに。
でもくすみが取れて白くなる。心も軽くなる。


↓でもお金と時間がかかるので
自宅セルフケアが今一番気になる…
ホワイトニングと同等の効果が得られるって…
どうなんだろう…気になる…



**************
そんな我が家の本が発売しました。
まーくんが死んでからのことを
綴った3年間の記録。

予約開始になった日に
Amazonカテゴリーランキング
一位になりました。(本当ありがたい)

旦那が突然死にました。
せせらぎ
エムディエヌコーポレーション
2020-08-24


サンプル(どどーんと一章分、配信しています)
●Twitter→こちら
●アメブロ→
こちら

************* 


●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2