三浦春馬さんの件
仲間たちが悼んで書いた寄せ書きの呼び名や
撮った写真のピースサインに「不謹慎だ」と非難が寄せられたと少し前に聞きました。




やだねー。
何考えてんだろうねー。




と友人タッチと非難しまくる。
もちろん「不謹慎」と言った人たちに。




不謹慎てなんでしょう?
故人を悼むってどういうことでしょう?



私も言われることがあります。




私よりも辛くもない奴に。
私よりも、まーくんを大切に思ってない奴に。


世界中の誰よりも想って
毎日四六時中、彼のことを考え
一体どれくらいの涙を流したことか。 

どれだけ苦しくて寂しいか。
それを飲み込んだ上で、どんな気持ちでピースをしているのか。
わかります? 

20200910_2


私も葬儀会場で
棺前にして義母様と思いっきりピースして写真撮りました。

平和だ平和だ!
幸せにならなくてどうすんだ!
幸せのピースサインだ!!

後で見返すと思いっきり不謹慎。(結局。笑)



でも、これは誰よりも愛して
近しい間柄だから許されやれること。
やってあげたいことです。
人から非難されることじゃない。


それでも笑っていることが
いなくなってしまった人へのせめてもの弔い。

20200910_3

どれだけの想いが
その一言や、笑顔に隠されているのか
わからないのかい?


苦しい顔をして
不幸せそうに生きることが
笑わないで生きることが
本当に慎み悼むということなのでしょうか?

20200910_4



あたかも正論のように
言葉を投げつけるけども

あなたにはその権利があるのでしょうか。




一見、何かを思いやってのことに思えるけど
その薄っぺらさ。



ちなみに
「ご愁傷様です」
「お悔やみ申し上げます」
にも薄っぺらさを感じます。

形式ばった、文字通り形だけの式。
そこには何の感情も乗ってない。 



形式に囚われて
常識とされるものに囚われて
大切なものが見えない人がいる。 


私はこの勝村政信さんのピースサインと三浦さんへの呼び名に
物凄い深い愛を感じますけどね。 

謝る必要なんてどこにもないのに。 


「ただの飲み会なのでは?」との声に
ただの飲み会の何が悪いの?と思います。

まーくんが死んでからの食事は
葬式の会食時も含めて全部「乾杯」にしています。
「献杯」ではなく。

その想いがわからない?


「おかしいんじゃない?」って思ってたっていいよ。
でも、それはぶつけることじゃない。
自分よりも辛い思いをしている人に対して。



私がまーくんに対して「死んでくれてありがとよー!!」
と言う言葉に、きっと避難轟々でしょうね。 

その裏に隠れている、深い愛と、辛い現状が見えもしない人たちから。  


20200910_1


↓責任をなすりつけられるのもそう。辛くもない奴に。


**************
そんな本が発売しました。
まーくんが死んでからのことを
綴った3年間の記録。

予約開始になった日に
Amazonカテゴリーランキング
一位になりました。(本当ありがたい)

旦那が突然死にました。
せせらぎ
エムディエヌコーポレーション
2020-08-24


サンプル(どどーんと一章分、配信しています)
●Twitter→こちら
●アメブロ→
こちら

************* 


●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2