ADHDでASDのけーくん(7歳)

自分の欲求が一番で
周りが見えなくなっちゃうところがあって

小学校に上がってから
学童に行く日に帰ってきちゃって
家についてから度々漏らして
何なら勝手に遊びに行った友達の家でも漏らして

学校の先生
学童の先生
ご近所さん
ママ友
いろんなところに迷惑をかけて


一生懸命話をしても聞いてなくて
理由に耳を傾けても明後日の方向の答えしか返ってこなくて


びっみょーに取れないコミニュケーション具合に
本当に疲れて悩んで



悩んだ結果、吹っ切れて

もうこの子はこの子だと思って
「して欲しいも、して欲しくない」も求めない。
と腹を括りました。

20201110_1



良いところはあるのだから
そこを伸ばして

全員に好かれなくても良い。
良いところを認めてもらえて
自分らしく生きてくれれば良い。

そう思ったことを
親戚の子に言うと


「それはインクルーシブ教育だね」と。

い?いん?
インクルー?

初めて聞く単語。


調べてみると


おおおおおおぉぉおおおお!
これやーー!


インクルーシブ教育!!!



出来ないからと、排除する方向ではなく
出来るところを活かし
お互いを認め合って共存していく社会


発達障害に限らず
身体障害も
どんな人も
排除せず共存を目指す社会

そんな教育論?社会論?があると聞きました。


そんな崇高な考えを
自分で考え出してしまった!笑



弱者に救いを!
マイノリティーに光を!

とか正義っぽいことを掲げて酔っているわけでも
自分(と子供)に都合よく社会があれば良いと思っているわけではないです。



何なら子供が発達障害でなければ
旦那が死んでなければ
何事もなく順風満帆に生きていたら
目を向けなかったことかもしれません。

迷惑をかける人を迷惑だと思う。
ただそれだけ。



でも

子供が発達障害だからじゃなく
旦那が死んだからじゃなく

一生涯誰にも迷惑をかけずに生きる人がどれだけいるでしょうか?
果たしているのでしょうか?


妊娠出産、子育て中に迷惑をかけたことは?
自分が子供だった時は?

声高らかに「迷惑かけてねーし」
と言う人は、老いることはないのですか?
病気になる可能性もなし?



結局みんな誰かに迷惑をかけて生きるのです。

迷惑をかける人を排除したら
世界から人はいなくなってしまう。


その人の良いところを認める社会。
障害を持つ人も持たない人も共存できる社会。
出来ないところは致し方なく
出来るところに目を向ける

そういう考えが
自然にみんなに溶け込むと良いのに。



インクルーシブ教育は深い話なので
ご興味がある方は調べてみてください。(丸投げ!笑)

私はざっくり受け取っただけなので…

出来ないところは出来ないところ
できるところもあるのだから
排除せず同じ場で活かして欲しい

そう思っていたことが
自分勝手な思いではなく
社会全体として目指すべきものだという論があって
嬉しかったのです。


発達障害→ついて来れなかったら→通級or特別支援学級という
一見配慮されたかのような排除感…


知能はあるのに
その場の授業についていけないからと
支援学級に通うことになった子を知っています。
その時はいい、でもその先が限りなく狭くなる。

違うやり方で学べな、ちゃんと学べるのに
今の教育現場では、なかなか難しいことではあるけども…

インクルーシブ教育が当たり前にある
素敵な社会になるといいのにな。

20201110_2

↓このサイトが適切かはわからないけど…ご参考までに!


 **************
そんな私が本を発売しました。
まーくんが死んでからのことを
綴った3年間の記録。

予約開始になった日に
Amazonカテゴリーランキング
一位になりました。(本当ありがたい)

旦那が突然死にました。
せせらぎ
エムディエヌコーポレーション
2020-08-24


サンプル(どどーんと一章分、配信しています)
●Twitter→こちら
●アメブロ→
こちら

************* 


●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2