2冊目を考えている時に
編集さんと『ママ友』の話になって
その時話に出た

『消えたママ友』を読みました。


その繋がりで『ママ友が怖い』も。
 


いつだか記事で
体調不良の時にママ友に頼ったら
「あなたがママ友じゃなくて良かった」と
コメントがつきました。


ママ友って一体なんなんでしょう。



私の中では『友達』の範疇なんですけど
リアルママ友から「あなたは距離感がおかしい」と指摘を受ける。

その話を友人にすると
「ママ友こわ〜っ!」って言われます。


ちなみに、指摘をしてくれたママ友との関係は良好で
ブログで、本人が見ているのかもしれないのに
「言われた時はザワザワした…」と空気読まずに書いて

後日
ママ友「ザワつくと思って言ったよね。」
私「いや、吹っ切れたというか、飛び散ったよね。」
と冗談めかして言えるくらいです。
愛があってからこそよと。今はむしろ感謝してるくらいです。


正直言われた時は
ママ友って友ってついてるけど友達じゃないんだな…
どう付き合っていけばいいのだろう…

とプチ悩みましたけど
プチで終わりました。(結局!笑)


付き合っていける人と
受け入れてくれる人と関係していけばいいじゃんと。
ママ友でも、どこの人間関係でも同じ。

いつもの極端な割り切りで無問題。




ママ友の問題って、本人同士じゃなくて
子供にも関わってくるから
当たり障りなく、嫌われないように、様子伺いながら付き合っていく。

…私にはそれが出来ないのです…苦手分野



だから私のせいで子供達に影響があったらどうしようと
プチ悩みましたが

別に悪いことをするわけじゃないし
万が一、弾かれても別にいっかと思っている自分もいます。


悪いことしてないのに、合わないからって子供巻き込んで
何かしてくる人がいるのであれば
その人に大問題があるじゃない…

それに、所詮親の指図での子供の友人関係なんて
小学校、せいぜい低学年くらいじゃない?


結局は子供達は、自分たちで付き合う人を選んでいく。
親の言葉なんて関係ないでしょう。


だし、我が子にも
親がそう言ってるからと
友人を選ぶような、そんな子供になって欲しくない。
そんなこと言う親、嫌でしょ。



なんでママ友って問題視されることが多いのですかね?

「昔からの友人のようには付き合えない。」
「距離がやっぱり遠い」
「久しぶりにあった学生時代の子の方が心開ける」
「気を使う」

そう友人が言っていて


もしかして
逆に、限りなく距離が近いのが問題なのでは?と思いました。


だって、卒業以来にあった子なんて
その子がどんな子か、当時たくさん話したわけでもないのに
仲良くなれる。

なのに、下手したら毎日顔を突き合わせるママ友の方が
仲良くなれない。



同じ地域
同じ学校
同い年の子供
なんとなく離れ過ぎてない経済状況

状況が限りなく近い。


だからこそ、小さな違いが亀裂になるのかなと。

自分じゃ変えられない不満が
人に向けるトゲとして出てくるのかな。
(夫婦間とか、義実家とか、家計状況とか)

同じ状況にいると思っている人が
『幸せに見える』『うまくいっている』ことへのトゲ。



なんか小学校時代を彷彿とさせますね。

誰ちゃんが何を持っていて羨ましい。
旅行に行って羨ましい。

生意気じゃない?
仲間外れしよう。

子供も自分じゃどうにもならない世界で生きていますからね。




なんかそう考えると
やっぱり気を揉むことじゃないなと。



無理して付き合うこともないなと。

自然に仲良くなったらそれはそれで良しで
だからと言って
絶対にいないといけないものでもないと思うようになりました。
(というか私が根本的に友達作るの下手なだけですけど…)

だから気負わずに
ママ友だからとかではなく
ただの人として付き合っていけたらと思ってます。


ありがたいことに(気付いてないだけか?)
みんなよくしてくれるので

私は私で呑気に生きていけばいいやと思う次第です。




通っている近所の英会話教室で
ママ同伴だった時
「次はパパ同伴でどうかしら?」と一人のママ友が何気なく提案されて

しばらく経って
ものすごく謝られました。
なんて配慮のないことを言ったのかと。


私、全く気にしておらず
その提案された時に
(おじいちゃんじゃダメか?姪ちゃんの彼氏はどうかしら?
気まずいかしら。ふふふ)

などと呑気に思ってました。

謝って欲しいとは思ってなかったけど
そういう気遣いができるとういことに逆に感銘を受ける。

今は、学校の緊急連絡先に
お互いの住所を貸し借りしています。


先の忠告をしてくれたママ友との関係もそうですけど
一つの些細な出来事で一線を引いていたら
きっと関係なんて築けない。


それは、どこの関係でもそうなのだと。


結局は『人』ですね。




ママ友であろうとなかろうと
仲良くなる時はなるだろうし

仲良くならなかった時は
別に無理して関係を築こうとしなくていいのだなと。
絶対に『ママ友』がいないといけないわけじゃない。


みんな大人なので
『同級生の親』として当たり障りなく付き合っていけるでしょう。



超絶大きな出来事に見舞われたから
もう生きている世界が別次元。
ありがたい次元に飛ばしてくれたなと
まーくんに感謝する日々であります。

20201109_1


嫌なことが目に入らなくなった。
目に入っても、すぐに消化できるようになった。

不満も愚痴も全部自分との戦い。
なんとかするのも
なんとかしなきゃいけないのも自分。
死んでしまうことに比べたら何でも屁のかっぱ。

あの地獄のような心中と日々を超えたのだから
それを超えたことのない人の悪意なんてカスやで!

20201109_2



にしても『ママ友』って言葉がいけないんだろうな…
友じゃないじゃん!

当たり障りなくて、本音が言えなくて
遠慮して、気を使って…って、友じゃないじゃ〜ん!涙

言ってよ。気づくのに時間かかったよ… 
20201109_3


↓好かれようとしなくたっていいじゃな〜い。


※コメント返信お休みしてます。

**************
本を発売しました。

まーくんが死んでからのことを
綴った3年間の記録。


旦那が突然死にました。
せせらぎ
エムディエヌコーポレーション
2020-08-24


サンプル(どどーんと一章分、配信しています)
●Twitter→こちら
●アメブロ→
こちら

************* 


●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2