どんな状況もそれを捉えるのは自分
どれだけポジティブに精神を持って行こうとしても
ずっと肩が痛くて
どうしても気持ちが上向かなかった。


まずは自分の状態だと思い

毎朝5時に起きてはヨガをして
毎日整骨医院に通い
お風呂に浸かる様にしたり
ちょいちょいストレッチしたり
患部を温めたり

体の状態の向上に務めていました。
それでもなかなか改善しなかった。
だからブログ再開が遅くなってしまいました。



年始から書籍の作業がヤバくて時間の余裕はなくて
ヨガも行かず
コロナで引きこもり
ただひたすら体を丸めて作業に没頭し

20200729_1



書籍化の作業の終わりで押し寄せる疲れと
解けた緊張の糸と
体の固まりと
梅雨の低気圧
べらぼうめ生理も来たもんだ

一気に全てが
っどーーーーーーーん!と来た。



整骨の先生は
「肩ガッチガチ」ということで
マッサージ、指圧は痛い痛い
それでも毎日通い
肩が楽になった瞬間はやっぱり心が軽くなりました。

それでも
ずっと左肩が重くて痛くて
合わせる様に首が痛くて、頭がズーンとくる。
腕がだるくなる。

まるでずっと何かが乗っているかの様な重さとだるさ…

20200729_2

体が不調だと
考えがやっぱりどうしても落ち込んで
ちょっとしたことでも許せなくなる。

子供をかわいいと思えなくなってた。


20200729_4



そして本当に大事だと気づいた。

『自分に手をかける時間』


自分の状態を心地よく保つ。
それがあってこそ、余裕を持って子供達に接することができる。
人生を前向きに生きられる。

子供を見つめる時間を増やしたいと思っていましたが
見つめ過ぎはダメですね。
あらが見える。笑

まずは何よりもやっぱり自分です。

自分の状態を良くする。
自分を生きやすくする。

疲れ切った顔を鏡で見ると気が滅入るけど
お肌ピッチピチだったら心も上向くってもんです。


やっぱり自分ありきの人生でした。
その上で大切な子と笑っていけたらいい。

というか自分の状態が健やかじゃないと笑えない。

20200729_3




そして
きっと何よりもの原因なのは…


梅雨!!低気圧!!

同年代の女子と話してると
「まじ梅雨…やばない?」となります。


まじ梅雨…やばない?(繰り返し。笑)

なんなんでしょう。
昔はこんなんじゃなかったよね?というのも同世代で同じ見解。


高校生の頃は
梅雨なんてちょっと雨が多く降る季節くらいの認識でした。


今や
え?
命に関わるレベルの精神的負担なんですけど!!?


北欧にいる友人の知り合いは
太陽がほとんど顔を見せないその地域に嫁ぎ
「ま…じ……やべーーー…ー…ー……………」
となっているそうです。


太陽の力の偉大さったら…




え?
梅雨って毎年くるの?

やばない?


毎年こんなんになるの!?(去年は子連れで死のうと思ったし)

もっとキツくなるの!?(年齢を重ねるとこれ以上!!?)

何か手立ては!!?



ひとまずは自分に手をかけようと思います。

健康に!そして美しく!
久しぶりにネイル塗ろうと思います!

20200729_5


↓絶不調の始まり


●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

**************
ご予約受付中!!
まーくんが死んでからのことを
綴り続けたものが本になります。

予約開始になった日に
Amazonカテゴリーランキング
一位になりました。(マジか!)

ご予約はこちら↓
旦那が突然死にました。
せせらぎ
エムディエヌコーポレーション
2020-08-24


サンプル(どどーーんと第1章分配信しています)
●Twitter→こちら
●アメブロ→
こちら

*************


 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2