昨日ブログはお休みしますと言ったのに
すみません…

ここは私のセラピーの場でもあるので
出没させてください。

ただコメント返信はお休みします。
イラストもなし。
通常営業に戻るまで
しばし心のつぶやきをしたりしなかったりしようかと。
ご容赦くだされ…

復活も遅くなるかもしれないし
意外と早いかも
心のままに流れるので、自然に任せようかと思います!



昨日、たくさんの励ましの言葉とご助言に
どの言葉も涙して読ませていただきました。
本当にありがとうございます。
本当に大切な場だなと。相談相手のいなくなった私の相談の場だなと。
ある種こんな大人数の人に相談でき、
助言いただける人ってなかなかいないんじゃないかなと嬉しくすら思います。
感謝しかありません。



実は今週の月曜日に
年明けから寝る間も惜しんでがっつり半年以上向き合った
本の作業の最終データを納品しました。
これで完全に私の作業終了。


その少し前から体が痛くて
これは張り詰めていた糸が切れて
どっと体調崩すやつや。
そう感じていました。


そのタイミングとけーくんの学童問題とが重なり
どどどっと心身ともに崩れた…




今日は5時より早く目覚めて
いつもなら何か作業をするのを
体が痛くて、心が疲れてて
ただ横たわりながら窓の外を眺め
揺れる木々を見ながら泣いていました。


わけもなく流れる涙は鬱の入り口。
そんなことを聞いた気がします。



特に悲しいわけでもないのに
ずっと出てくる涙











…ううん。違う。






私はきっとずっと悲しかった。








昨日コメントの一つに七夕の願いを聞かれたものがあって
何も考えず、すぐに頭に思い浮かんだものは



『まーくんが帰ってきますように』



でした。

自分でもビックリした。
まーくんが死んで、もう三年近く経つのに
今もまだこんなことを考えてる。
帰ってくることを願ってる。


起きてからも一喧嘩する子供達を見ては涙を流し
一緒に行きたいと言うけーくんを学校に送りながら涙し
しーちゃんを送る自転車に乗ってる最中も帰ってくる時も

ずっと泣いていました。






私は



まーくんのいない生活も

一人での子育ても


ずっと悲しかったんだ。
今もずっと悲しいんだ。



悲しくて仕方のない日々を笑ってやってきたんだ。