今日は七夕ですが
会いたいと恋い焦がれる旦那のことではなく
気持ちの通じない長男について話そうと思います。


タイトルに
子供を嫌いになりそう

と付けましたが
嫌いじゃないですよ?
愛してますよ?
かわいいですよ?


ただ疲労が困憊しての
盛大なる魂からの愚痴です。


疲弊しているので
今回の記事のコメント返しお休みします。。



けーくん(6歳)はADHDです。

ややこしいのは
一見すると天真爛漫な純粋無垢な子供らしい子に見えること

暴れまくって体張って押さえつけないといけないとか
硬いもので殴ろうとするとか
明らかなる問題行動があれば
こちらも割り切って療育に務めるし、周りもそういう対応になるでしょう。


でもけーくんは
静かなる自分勝手なので
ただのわがままに映ります。

基本的に話を聞いてない
聞いていても覚えてない
覚えていても何とも思わない

人の気持ちや状況を汲むのが苦手で
自分のやりたいこと、やりたくないことが最優先。



小学校が始まって
学童に通うようになって

学童に行く日に帰ってきてしまって
私は家にいなかったので
近くのお友達宅に行ったそうで
その家のトイレでオシッコ漏らし
報告することもなく、そのまま遊びソファーに座り
何事もない顔で帰ってきました。


謝りに行き
学童と家に帰る日がバラバラで分かりづらかったねと
ランドセルの時間割に学童と書きたし
今日が学童かどうか確認してねと言い
「今日は学童だよ」と朝に確認し
「今日はどっち?」「がくどー!!」と本人にも言わせ
安心して送り出したら
やっぱり帰ってきました。

万が一帰ってきて家に入れなかったら
学童に戻りなさいねと散々伝えたにも関わらず
家の外で知らないおばさんと待っていたらしく
一足早く帰ってきた甥っ子ゆーくんが家に上げ
我慢していたようでウ◯コを漏らす大惨事。

私が帰った頃には、楽しそうにシャワーを浴びてたyo。
私がウ◯コの処理をしたyo。



うん。
そうだね。時間割に書いたけども
いつ帰って、いつ学童とか分かりづらいもんね。
もう全部学童!全曜日学童!
早く帰る日はお母さんが迎えに行くね。
けーくんが学校から家に帰ってくる日は1回もありません!
全部学童だよ。
今日も学童だよ。
「わかったー」


そう言った日は丁度家でガシガシ仕事をしていて
あぁ、もう少ししたら学童にお迎えに行かなくちゃ(ダンスの日で早帰り)
と思った矢先にスマホのBotがピコン(BotはGPSで、ランドセルに仕込んでます)


『自宅に着きました』


ホラーか!!!
来るはずのないものが来る感覚。それも今まさにすぐそこに…

したら、オシッコ漏らしたママ友から連絡があり
またウチのトイレにいるよと。


うわぁああぁぁぁあ


何事もなく帰ってきて「どうして帰ってきたのか?」と聞くと
「オシッコ漏れそうだから、おトイレ行ったの」とずれた答えが帰ってくる。


学校の先生は学童の子たちを一応は促すそうで
連絡帳にも『全曜日学童にしました』と書いたその日に帰ってきたから
これは通ってないなと改めてお願いしようと先生に電話をしました。

連絡帳はご家庭で用件を書かれた子のものに目を通すので
朝、連絡あるか聞いたものの「ないー」との返答にチェックはしていなかったと。
もちろん朝「先生に見せてね」と伝えて持たせております。


肩ががっくり落ちる。



そんな日々が続き
セカンドハウスで家族と夕飯後
「ダンス見たい!」と言うけーくんに
もう寝る準備だからテレビは見ないよーと言うも
「見たい見たい。見せたい!」ということで
最近けーくんがどハマりしているUSA(歌:DA PUMP)をYouTubeで流しました。
毎晩永遠リピートして踊っているので一回じゃ足りないだろうと
「二回だけね!二回見たらおしまいね」と約束をして。


そして一回見て、次の別の動画を見ようとしていたので
おいおい、話が違うだろうと
一悶着しました。

くだらない話です。
USAを二回って言ったか、動画を二個って言ったのか。

約束を守りなさい!USA二回って言った!
聞いてなかったとしても、勘違いしたとしてもUSA二回なの!!

と頑なに譲らない私を見て母が
「いいじゃない〜あと一個くらい」と手を差しのべようとするけども
見せたところで、見終わったらじゃあ次…って見ようとするし
おしまいだよ!って切ったら「えーーーー!!!!」って文句を言う。

最初の言っていることなんて関係ない。
こちらが伝えたことも関係ない。

ちゃんと話を聞いて!と何度も言っても
えーえー言いながらYouTubeをいじっています。


けーくんの言うことが信用出来なくて
ダメな言動に我慢が出来なくて
それを抑えて、グッとこらえて
優しめに語りかけるように指摘や注意をしても
はい、聞いてねー。
完全に違うことを考えているのが丸見えです。


何度言っても何度言っても何度言っても伝わらず
匙を投げたところで
「聞くから〜!」と泣きついてきて
ちゃんと聞いてね。と改めて腰をすえて話し始めたら
ものの数秒で意識が違うとこ行ってる
聞いてないくせに
自分の気持ちが通らなかったら癇癪を起こす。
辟易です。


お母さんだって人間だもの。


こんなことを何十回、何百回と繰り返していたら
もう何も話したくない。




他人からしたら大したことじゃない。
実際大したことじゃない。


けど、それに毎度毎度対峙するのは親で
何度も何度も言ってもわからない子に
何度も何度も言わないといけないのは親で
何度も何度も言っているのに
一歩外に出せば躾のなっていない子になって
やっているはずのことが『足りない』『できていない』と言われる。

全部放り投げたいけど
そうするわけにもいかず
一緒に向き合う旦那は死んで(バカヤロー!)


それでもちょっとづつ成長する子に
何度も何度も同じことを伝えます。
その成長が間違った方向に行かないように
たとえそれが、人の何倍もの時間がかかろうと…



何度言っても聞いてくれない
今まさに話してるのに聞いてないけーくんを嫌いになりそう

けーくんに注意することが多くて
しーちゃんを守る状況が多くて

そんな事態が続くと
けーくんは怒られることだけに敏感になり
しーちゃんは自分の方が正しい、けーくんをダメだと思うようになる。


それはイカンと
中立に、なんならけーくんの立場になって話そうとするも
はい、ほらやっぱり聞いてない。

一瞬で辟易する。
けーくんなんて嫌い!
そんな風に思う自分も嫌い。



同じADHDを子に持つ姉も
何度も何度も違うお宅に頭を下げに行き
頼れる旦那もいなく
ノイローゼになりかけたと
いやなってたと。

「人が何を言ってきたって
結局他人事で
やっていかなくちゃいけないのは自分

私もやってきたから
せせらぎの大変さはわかる。
けーくんは大変だ。」



叱ることが常態化すると
何を言っても、強く言っても、声を荒げても通じなくなる。

「もっと強く叱ったほうがいい。」

叱って話聞けば世話ないさ…


親が一人しかいないけーくんは
私が常日頃MAXで怒ってたら心の行き場がなくなる。

外で辛いことがあっても甘えられる場所でいてあげたいのに
外で迷惑をかけないように厳しくしないといけない

でも厳しく言おうが、優しく言おうが
結局は『THE・聞いてない』




そんな中
しーちゃんと何気ない会話をして
涙が溢れました。


しーちゃん、今日ね
にーにの鼻血がシーツに付いたでしょ?

「うん」

保育園に行く前に
シーツをコインランドリーに入れていきたいから

「うん」



……………涙出た。


え?どこに?って?


なんでもない話、大人の都合
いつもなら独り言になる一方的な話に(けーくん相手だと)
相づちしてくれたんですよ!!?

話を聞いているよという姿勢。
けーくんにはないもの。4歳なのに!!!



けーくんだってコミュニケーションが取れないわけじゃないけど
やっぱり、しーちゃんと比べて取りづらい。

「けーくん!聞いて!」
「けーくん聞いてる?」
「おーーい!」
「聞きなさい!」
「けーくん。けーくん!けーーーくん!!!」

親の私だけじゃなく
関わる大人みんながけーくんに対して言う。



でもちょっとづつ、ほんの少しづつ成長は見られるから
あんまり根詰めずに
呑気に関わっていきたいです。



今日は鍋にしよう。
豚しゃぶ。ポン酢に大根おろしに温野菜。
あぁ、楽しみ。
美味しいものだけ考えよう。



まーくんと話したいよう
けーくんの大変さとオッパッピーを
まーくんと分かち合って笑いたいよう
なんで死んだんだよう…





**************
ご予約受付中!!
まーくんが死んでからのことを
綴り続けたものが本になります。

予約開始になった日に
Amazonカテゴリーランキング
一位になりました。(マジか!)

ご予約はこちら↓
旦那が突然死にました。
せせらぎ
エムディエヌコーポレーション
2020-08-24


第1章分どどーんと試し読み公開中
●Twitter→こちら
●アメブロ→
こちら

*************


●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2