ウチには骸骨が沢山あります。
まーくんが生前メキシコ旅行に行って買って来た
大量のガイコツの置物。

今やリアル骨も我が家にあります。

20200731_1

そんなガイコツ。
可愛いんですよ。カラフルだったりおしゃれだったり。

大切に飾っていました。


それをけーくんが家の中で傘を広げて壊しました。


傘を広げるのは、今の子供達のマイブーム。
傘をうまく使って空間演出をしています。

20200731_2

それはいいの。

問題は壊したこと、でもなく

それを悪びれなかったこと。



我が家は
『やってしまったことは仕方ないから、その後が大事』と伝えています。



壊したことで、怒られると思って逃げたこと。
近くに呼び寄せても
気もそぞろだったり、ポーズだけのごめんなさい。

それが許せなかった。

20200731_3

やっちゃったことじゃなくて
その後の言動が自分のことしか考えていことが許せなかった。


大したことじゃないと思っていても
何とも思ってなさそうなけーくんをそのままにしておくことは出来ない。
たとえ理解できなかったとしても、そのままには出来ない。


低めのトーンで話をしました。
壊したことじゃなくて、その態度が許せないと。

それでも違う場所へ意識が飛んでいるけーくんに
一緒に直したり片付けたりするつもりだったけど
一人でやってと放置しました。
「けーくん嫌い!」と我慢できずに言ってから。


事態の深刻さに気づき出して
先ほどよりは申し訳なさそうに謝ってくるけーくん。



「もう二度とお父さんから貰えないんだよ」

「お母さんはとっても大切にしていたのに」 


ちょっと大袈裟目に悲しい顔をして言っていたら
段々本当に悲しくなって来て
最後の方はボロボロ泣きながら言っていました。 

20200731_4

一人で片付けることに納得して
一人でできる限り元に戻しています。
手伝うというしーちゃんに「けーくんの責任だから」と言いながら。

できる限りやらせた後は
一緒に片付けをし

その時もけーくんは率先して掃除機を階上まで持って来ました。
(6歳一人じゃ持って来づらいやつ)

そして
まだ涙を流している母に
こう言いました。


「けーくんサンタさんにお願いするよ」


自分の願いを捨てて
お母さんのお願いを叶えると。


言わせたわけじゃありません

自分で考えた。


想像力が乏しく
気持ちを汲めないけーくんが
泣いている私を前に必死で考えて
出してくれた提案。


嬉しかった。



いいの?けーくんのお願い叶わないよ?
お母さんにくれるの?


そう聞いても「いいよ」と 


さらに涙出ました。




「けーくん誕生日にもらうから(9月)」


…一瞬涙引っ込む。笑

20200731_5


でも嬉しかった。
一生懸命考えてくれた。

何が母の気持ちを救うだろうと。




ちょっとづつ覚えていけばいい。

物を壊すということ
大切な物を壊すということ
誰かの大切な物を壊すということ 


ここぞとばかりに伝えました。 


けーくんには大切なものではなかったとしても
人が大切にしているものは、同じくらい大切にしなさい。
自分を守るための嘘と、逃げるのはやめなさい。
そう伝えました。


いつもよりは真剣に聞いてくれていました。



それにしても
もう二度と手に入らない死んだまーくん関連のものは
サンタくらいファンタジーじゃないと
叶わないんだなと、ちょっぴり切なくなりました。


↓失敗は『教える』チャンス

●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2