まーくんが死んでからずっと綴っているブログの書籍化が決まり
とんでもない作業量をこなして
やっとこ予約受付までこぎつけました。

今日は先行でtwitterやアメブロで配信していたサンプルが
Amazon予約ページで全公開される予定なので
改めて本の内容に触れようと思います。





タイトルは

『旦那が突然死にました。』

ど直球です。


文字通り旦那が突然死んだことを描いています。

51SuYbsjHuL._SX350_BO1,204,203,200_


著者が言うのもなんですが
マジで泣けます。号泣しながら描きました。

もはや主観でしかないので
思い入れが強すぎて客観視できないのですが
泣きすぎてちょっと疲れるくらい。


出版社さんが書いてくださった
内容の紹介文だけで泣ける。


*****************
〜結婚4年目、愛する夫が突然死んだ。
3歳と1歳の子どもを残して。
なんの予兆もない晴天の霹靂だった〜

夫の突然すぎる死とその後の日々を綴った話題のブログ、待望の書籍化!
心が引き裂かれる痛み、悲しみ、当たり前の日常を失った絶望。
生きている意味もわからない、希望も見えない……
***********
******

(全文はAmazon予約ページでどうぞ!→こちら



なんなら目次でも泣けるし
人物紹介のイラストにも泣ける。

泣けないページはない!(私的に)
すごくない?
200ページ以上の全てのページに泣けるって…(私的にだけど。笑)

20200701_4


死別って100%全人類に訪れる出来事。


でも、現実味がなくて
自分には起こらない、自分の家族には起こらない
どこか遠くの別の世界の話だと思ってる。

私も思ってた。


なんでそう思えていたのか
今となっては不思議です。

だって100%死ぬのに…
心臓なんて、電源も予備電池もない
なんで動いているかわからないものが
勝手にに自発的に動いているだけなのに

そんな小さなたった一つの臓器で私たちは生きている。
生きている方が不思議。

ちょっとした不具合で人はすぐ死ぬ。


死ぬ方が当たり前の世界だってことに
大切な人を亡くしてから気づきました。

20200701_5


死ぬだなんて微塵も思ってない人が
ある日、心臓の動きを止めて
突然に帰らない人となった。


描いていた未来が一瞬で全部無くなった
過去にあった幸せが二度と手に入らないものになった

20200701_6


死ななくたってそう。
事故でも病気でも何だってそう。
一瞬で今までが覆る。

戻りたくても戻れなくて
どれだけ嫌でも、今を生きていかないといけない。



生きていかないといけないなら…


絶望の中の真っ暗闇は嫌だ。
明るい場所を生きていきたい。

そう決意して
もがき苦しみひたすら自分自身と戦ってきた3年間。

20200701_7


ブログでは毎日心情や出来事を綴っていますが
正直全部読むのが大変な量…(1000記事以上)

ですが!

こちらの本を読むだけで
どういう経緯を辿って、どういう感情に至って、どこに向かうのかが
丸っと全部わかります。(ブログ超凝縮版)


20200701_1



時系列ごとに章をわけ
一年目に起こったこと…2年目に起こったこと…と
時間の流れを進んでいきます。



まーくんが死んで三年。

たった三年。

長いような短いような時間。


その三年の中で
私は資格を二つも取ったし、初めて一人での仕事を受けて、家まで建てた。
3歳だった我が子は小学校へあがり、本を出します。
子供連れて死のうと思ったこと、そこからの気持ちの回復。
どう生きていくかの決意。
幾度となく起こる奇跡的な体験。

全部つめこみました。
普通三年でこんなに盛り沢山にならないだろうと自分でも思う。笑



とても悲しいお話。


けど悲しいだけでは終わらない。
なんならハッピーで終わりたかった。

20200701_2


それは現実世界を生きている自分自身のことでもあります。
悲しいだけでは終わらない。終えられない。

これから先を幸せに生きていかないといけない。
人生は続いているのだから…



死別された方
家族を残す未来が見えている方
苦境に苦しんでいる方
大切な誰かがいる方

沢山の人に読んでいただきたい。


ずっと綴っているブログだと
気にはなっているものの、どこから読んだら良いかわからない。
量多いし、文字だから面倒臭い。
そんな方にもうってつけ!気軽に全部わかる全編漫画!になっています。



もう誰もまーくんの存在を知ることがない。
忘れられるだけのまーくんが可哀想で
「彼は生きていた」と残したい。との思いで始めたブログ。目指した書籍化。

蓋を開ければ
とんでもなく良いものが出来上がりました。

20200701_3


まーくん関係なく
多くの人に読んでもらえたらなと思えるものになりました。


ただ客観視はできていません。(できてないんか!)
もうネーム段階から何十回と読んでいて、その都度泣いて
感覚が麻痺して
もはや、これが本当に刺さるものなのかはわかりません。笑
是非確かめてくだされ…




『大切な人がいるなら大切にしてほしい
その人が隣にいるのは
決して当たり前のことではなく
最高にかけがえのない奇跡なのだから』


旦那が突然_sample_p2

旦那が突然_sample_p3


書籍のサンプルです。

まーくんの葬儀まで(第1章分20ページ以上!)をAmazon予約ページ
どどーんと今日公開予定なので
良かったら覗いてみてください。


もしサンプルが無かったらまだ反映されてないということで
先行で配信していたアメブロ↓をご覧ください〜。





**************
Amazon予約ページです。

ご予約受付中
旦那が突然死にました。
せせらぎ
エムディエヌコーポレーション
2020-08-24


*************


予約が開始された当日にカテゴリーで一位になりました。
皆さんの応援があってこそです。

どれだけの方が手にとってくださるかはわからない。
けど、きっと多くの方に読んでいただけるものになると思っています。
予約の方が確実に手に入ります!




↓想いが動き出す。それを全部連れてきたのは紛れもなく自分。


●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2