子供を育てていると

どう教えるのが正解か?

と思うことがあります。



けーくんが友達に言われたそうです。

「あいつ、面白いから無視しようぜ」


!!!?


なんの屈託もなく「そう言われたから無視したんだよー!」と伝えてくれます。

20201110_1_1

来た…
無視問題…


まだいじめとか、からかいとかじゃなく
単純にわーっと逃げることが楽しかったとか
無視している感じを「プクク」と笑い合っている(本人も含め)のかもしれない。


無視はいけないことです。
誰かを傷つけることです。


でも…無視自体いけないことでしょうか?


嫌なことを言われた、された時にスルーするのも無視だし
私自身、ワーワーギャーギャーしている子供達を無視します。



『無視はいけないことだから、してはダメです』

と一辺倒に教えて良いものだろうか。



でも
こういう時はこう
ああいう時はこうなんて
けーくんにはハードルが高すぎる。



親としての正しい指針がわからない



含みを考えることや、感情を考えるのが苦手なけーくん
言葉も文字通り受け取ります。

私が可愛すぎて食べちゃいたいー!と言うと
大粒の涙を流して嫌がっていました。

本当に食べられると思って…
(食べるわけなかろう…私を何だと思ってるんだ…)

20201110_1_2



友達が「面白いから無視しよう」と言うと
無視は面白いことなんだと捉えます。


丁寧に教えても
けーくんにはすぐ抜け落ちちゃう

無視は絶対ダメなことでもないと私が思ってる


難しいなぁ。


ひとまず
「面白がってやるのは止めなさい。
嫌なことを無視はしても良いけど
誰かと一緒にやるのは止めなさい。」
とだけ伝えました。


面談の時に先生に話すと
「難しいですよねと。
コミュニケーションが複雑になってくると
そういう力も必要になってくる場面もある。
一概にダメとは言えないけど
今はまだ年齢的に「みんな仲良くしましょう」ですかね…。 」

とのこと。
まぁそうだよなぁと。
柔軟な時期だからこそ、今は『みんな仲良くしましょう』だよねぇ…

個人的にはみんなと仲良くしなくても良いと思っていたりもするんだけど
年齢的にはそうした方が良いのかなぁ。




もう一つ

我が家ではその日あった嫌だったことを聞いているのですが
あまり良くないと言われました。(学校の先生にではないですよ)

その子の悪いとこばかり
嫌なことばかり目を向けるようになるから
良いところを見つけられるような声かけをしましょうと。


…そうなんですけどね。
(ちなみに、思いやりをした、されたも報告しあってます)


でも私は大事なのは
良いことよりも悪いことをアウトプットする方だと思うのですよね。

特にけーくんなんて、すぐ忘れちゃうから
私から掘り下げない限りは何も出てきません。


先輩ママの話で
発達障害の子が明るくニコニコと普通級で何事もなく通っていたのに
ある日突然、全部放り投げて、全く笑わなくなったと。


ストレスって知らず知らずに蓄積する。


友達みんなと仲良くすることも
良いところを探すことも
無視しないことも

とっても大事なことだと思うのです。


でも
そればかりを押し出すと
本当に一番大事な知っておいた方がいいことが
隠れてしまう気がなんだかするのです。

明るいところばかり教えていると
暗い部分に対時した時にどうしたら良いか分からなくなるんじゃないかなと。

『無視はやめましょう』より

『無視してもいい。されてもいい。
ただ人を傷つけるかもしれないこと。
されたことは自分に返ってくること。
それでも、それが必要な場面があること。』

後者の方が大事な気がするんですよね。
それも小さい時から。

当たり前にちゃんと
嫌な出来事に向き合う姿勢を教えることが必要な気が…
嫌な出来事を作らないことよりも、むしろ大事なのではと…


嫌なことを認識しないことよりも
嫌なことの捉え方や解決方法の方が必要ではないのかなぁと。

それでも、まだ幼いうちは
言葉尻だけ残っちゃうから「無視はしても良いんだ!」になっちゃうのだろうし…


難しいなぁ。


でも回避よりも、遭遇しちゃった時の方が大事やん?



大人なんて合わなければ、うまく行かなければ
職を変えたり、場所を変えたりすぐ出来ます。

でも子供はその場でうまくやっていくことだけを求められる。

うまく出来る子は良いけども
合わない子には辛いだろうなと。

逃げることも
受け入れないことも大事なのだと。
従順にやっていくだけが全てじゃないと教えてあげられたらいいな。


一体何が教えられるのだろう。
どう教えたらいいのだろう。
それでもやっぱり『正しさ』って大事だし。
そこに向かうのは悪いことじゃないし。


あ〜あ。難しいな。


まぁ、我が家は引き続き
「嫌だった出来事」は聞いていきます。
「良かった出来事」も聞きながら。   

20201110_1_3
↓親は良かれと思って色々考える。伝わっているんだかいないんだか…



※コメント返信お休みしてます。


**************
そんな我が家の本が発売しました。
まーくんが死んでからのことを
綴った3年間の記録。

予約開始になった日に
Amazonカテゴリーランキング
一位になりました。(本当ありがたい)

旦那が突然死にました。
せせらぎ
エムディエヌコーポレーション
2020-08-24


サンプル(どどーんと一章分、配信しています)
●Twitter→こちら
●アメブロ→
こちら

************* 

●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2