たまによく聞く


「あなたのせいで死んだ」

「あなたがああしてたら死ななかったのに」

「あなたに責任がある」



………本気で言ってるの?

と思います。 



そりゃ直接手を下したなら別ですよ? 

死ぬという結果が分かっていて
何かをした。もしくはしなかったというなら分かりますよ?



そうでもない限り
責任もないし、死に関係してるとは思いません。
生死なんて司ってません。(神でもあるまい)

20200311_1


何が言いたいの?
苦しめたいの?

自分が楽になりたいから?
誰かのせいにした方が楽だから?
批判したいから?


されるこっちの身にもなれってんだ。べらぼーめ。
 

20200311_2


高みの見物で勝手に人を傷つけて
どれだけの想いで生きてると思ってるんだ。

誰よりも苦しい気持ちを抱えて生きている人に
よくもそんなことがいえるもんだ。



誰のせいにもしてないで
自分を責めてるのに

誰よりも責めてるのに 
誰かに責められる筋合いはない。
それが家族であろうと、義実家であろうと
友人であろうと他人であろうと。




ま、私はまったく責任を感じてないですけどね〜。

なんで私がまーくんの死に責任を感じて
苦しまなくてはいけないのでしょう。


健康面を気にするのも
人に大事にされるのも
全部自分がすべきこと。

してもらえなかったからって人を責めるべきじゃない。 
甘えんな。 

20200311_3


なんで誰かのせいにしたがるんでしょうかね。
一番辛い人が誰のせいにもしてないで受け止めてるのに。

病死なんて、それこそ運命で
医者でもない限り助けられないし
医者ですら助けられないし
医者ですら発見できなかったものを素人がわかるかってんだ。 



その咳一つが
体の痛みが
死に直結してるかもしれない。


そう思って生きている人なんて
どのくらい、いるのでしょうか。
 
20200311_4


事故や事件で
責めるべき人がいるというのも苦しいものがあると思います。
これは私には計り知れない辛さ…。



いろんな状況で
いろんな想いを抱えて
それでも歯を食いしばって生きているのに


そんな人の気持ちも分からずに
自分の思いしか考えられない人は

誰かのせいにして
人を責めて生きていけばいい。 



それを自分の大切な人に向けて
いつしか、自分自身に向けられて
その時に気づけばいい。


人にかける言葉という重み。 
思っても言うべきじゃない言葉があるということ。 



まぁ、そういう言葉をかけてくる人は
今の私を鍛えてくれる人。
精神修行精神修行。 

そんな人によって私が磨かれるのであれば
あなたのそのつまらない話もありがたい。



今の私に一番辛いのは
そのツッマラない話を
伝えて一緒にバカできる
まーくんが死んでいないことです。

何を言われても別に辛くないけど
ただそれだけが辛い。


そこだけが辛い。

20200311_5


↓まーくんは死神に会っただろう。と推察してしまう死に方。


  ●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

※コメント返信をしばらくお休みします。
『せせらぎの部屋』ではコメント返信します。
20191204_5

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2