まーくんが死んだことは
隠すことでも恥ずかしいことでもない

隠さなきゃいけないようなことではない。

そう思って生きてきました。


まーくんは立派に生きて
立派に死んだんだと。



どこに行ってもペラペラ喋り
なんなら初対面の人にまで喋り

それが内に溜め込まない発散の一つでもありました。



そんな中
ママ友からたれ込み。



「せせらぎさん家、めっちゃ往復して覗き込んでいる男の人いたよ」


怖っ!!


後日、ピンポンと訪ねられてきて
その方はリフォーム業者だと分かったのですが


いつもの如く
主人が死んでいないとペラっちゃったんですよ〜!!!

20200309_1


超絶後悔…。

20200309_2


ここら辺に現場があって(どこかは言わない)
屋根損傷とか気になる家に声かけていて(古くない家だけど)
見積もりまでは無料でやっているので

と言うので、じゃあ見積もりだけいただこうかなと言ったら
屋根に登って見る。(まぁ、そうだろう)
それをスマホじゃ画面が小さいからお宅のテレビに写して状況を説明します。(家に上がるんかい!)

急に(盗聴器!仕掛けられる!!)と危険信号が働いて
家建てたハウスメーカーに相談してみます。
とお名刺だけ頂こうとしたら

「ちょうど切らしていて
手書きなんですよね」

とまさかの手書き!!!!


怪しさしかない。



しまった〜!!!!
変なやつに女世帯だってバラしちゃった…。

休日を聞かれたので
マチマチですと答えたことだけがギリセーフ…(セーフか!?)


ママ友にことの顛末を報告すると
別の区だけど『屋根の修理をしますよのリフォーム詐欺』が横行しているそうです。



うわ。怖…失敗したなと思ってたら


次の日か、その次の日かの朝に
洗濯物を干そうとベランダを開けたら

知らない男物のサンダルが片方置いてある。


!!!!!?

20200309_3



怖い。怖すぎる。
誰か来た?



ちょうど天気が竜巻予報で
風の仕業やと自分を落ちつけて
家の敷地前に置いておいたんですよ。
 


したら夜に来ました。


ピンポーンて…

ビビってるのでドアを開けずに
インターホンで対応すると

20代〜30代の男の人で (印象としてBboy系)
昨晩、酔っ払って べランダに投げ込む遊びをしていて
大丈夫でしたか?と。何か破損してませんか?と。


怖!!!


だって、サンダルもう返ってきてるんだよ?
万が一破損してたら弁償するんだよ?

そんな家にわざわざ訪ねてくるかね!!?

それも夜の21時に!!!


私だったら行かない。(行けよ)

20200309_4

単純に

屋根の件は気になって声をかけてくれた。
サンダルの件は本当に申し訳ない気持ちだった。

という良い人説もありますが
 

タイミングがタイミングでめちゃめちゃ怖い。
女家庭だから狙われたんじゃないかって…




即、SECOM調べたよね。

めっちゃ高いねSECOM…(断念)


20200309_5



家が小さいのにSECOM入ってたら
逆に宝があるんじゃないかって思われるのではなかろうか!?


狙われたらおしまい。
家に男手がないのがこんなに怖いことだなんて思わなかった。

普段いなくとも
帰ってきてくれる人がいる。
助けを呼べる人がいる。って本当に心強い。



念のために交番に行って相談もしました。
魔除け的な『警察見てますよ』的なステッカーでもないかと。


うん。無かったよね。笑


警察に言ったところで
警察って被害が出なきゃ動かないんでしょ。
みんな被害に遭いたくないからなんとかして欲しいのに。

何かをしてくれる期待はしていなかったけども
話しただけで少し安心しました。

いざとなったら、ここに話はしているんだと。

突発的に人知れず事件に巻き込まれたんじゃなくて
事前に言っていたんだからねと。



防犯意識がめちゃめちゃ高まりました。

夜はシャッター降ろしてチェーンを閉めて寝ることに。
(そうしとけよ)


気安めに防犯ステッカーも貼ってみます。
お巡りさんも「まぁ、何もしないよりは…」とのことで。

でも犯罪のプロだったら
防犯ステッカー貼ったら逆に何もしてないことがバレちゃうのかな…
やっぱ防犯の何か入ろうかな…



一番安心した言葉は
「リフォーム詐欺はリフォーム詐欺以外のことはやらないですよね!?」
の問いに
「まぁ大体はね。」(全部じゃない。笑)

でも、自分の畑じゃない犯罪は手を出さないって聞いたことあるし
ひとまず戸締りだけはしっかりしよう。


でも
狙われたら終わりだね。
 
大人一人だって知ってて
いつもある車がなけりゃ、完全に留守だもんね…



幸いなのは道路に面した死角のない家だということと
家が小さいからお金持ちではないということ。


でも友人が
家は小さい方が空き巣は探しやすい。
と言っていたのはビビリポイント。


空き巣はまだいいにしても(良くないけど)
強盗系は本当に怖い。

相手殺す覚悟で子供達守らないとな…。 




悲しいな。



まーくんがいないことは世間的には負なことで
隠さないといけないようなことだったんだね… 





↓この時も旦那の死をうっかり話さなくて良かったと思った。
隠したくないのになぁ〜。


●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

※コメント返信をしばらくお休みします。
『せせらぎの部屋』ではコメント返信します。
20191204_5

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2