閉店した小料理店。
(まーくんとのごっこ遊び)


対面式のキッチンカウンターに
まーくんが座り
私が料理を出す。

もう開くことはないと思っていました。




でも
なんと
お客様が来たのです。



けーくん(長男6歳)
高いカウンターの椅子によじ登り


「牛乳くーだーさい」


と。



私とまーくんが
そんな遊びをしていたことは知りません。


もう誰も座らないと思っていた客席に
まーくんそっくりの
小さなまーくんが座っています。

20200119_1


真似っこして
しーちゃんもよじよじ登ります。
(でも、しーちゃんは降りられないからめんどくさ…。)


ちょこんと座っている2人。
小さなお客さん。

20200119_2

 
ここにきて
小料理店開店します!



2年半ぶりの再開。



昔はいろんな料理を出したもんです。
パスタに茶漬けに
トルティーヤに生春巻き(多国籍小料理屋。笑)


今のお客さんは
お菓子しか頼みません。


20200119_3



作りがいナッシング。


でも
新しいお客さんで
新しい店としてやっていこうと思います。


時を超えて
形を変えて


今を生きていこうと思います。




まーくん、


あの日々が
もう2年以上も前


当たり前のように座っていたそこには
もう姿はなくて


当たり前のように出していた料理を
もう出すことはなくて


交わしていた会話は
もう二度と交わすことはない


椅子に一人で座れるようになった子供達を
見ることは出来なくて


一緒に笑い合うことは出来なくて


それを寂しいとは思うけど


今は進んでいく一方。
変わりたくなくても変わってしまい
変わりたいと思ったら、やっぱり変わることができる。


心機一転、新装開店するよ。

20200119_5



たまには
来店してね。
そっと椅子に座っててね。

無言の会話を楽しもうぜ。

20200119_4

↓まーくんが死んだことで、色々状況が変わった。


●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

※コメント返信をしばらくお休みします。
『せせらぎの部屋』ではコメント返信します。
20191204_5

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2