私がお父さんに会いたいと
寂しそうにしていると


しーちゃんが優しく声をかけてくれました。

「お母さんのお友達のお父さん
しーちゃんのお家にいるよー!」

(あ、しーちゃんのお家というのは
架空のしーちゃんのお家です。
三階建らしい。笑)
  20200216_2



それは
私が喜ぶと思って言っている言葉。

しーちゃんにはそれが
自分も嬉しいことだとは知らない。

20200216_1
それがたまらなく切なかった。





お父さんという存在は自分には関係なくて
私の友達と思っていること。

しーちゃんの中の家族には
私とけーくんとしーちゃんしかいないこと。


当時1歳だったしーちゃんには
思い出がカケラもない。

20200216_3


そしてふと


「しーちゃん


おとうさんに


会いたかったな」




と言うことが増えました。

端的で破壊力抜群。




事実として会ってはいるけど
記憶としては会ってない。

会いたかったよね。
一つくらい思い出が欲しかったよね。


一つもないお父さんとの思い出。



『死んでいない』ということを
どう捉えていくんだろう。
死ぬということをどう考えるのだろう。

大人ですら受け止めきれない現実を
父親のいない人生をどう受け止めていくのだろう。



『人の生死』なんて深いテーマ。

人生における最大の教えを
まーくんは残していった。

20200216_5


せめてこの出来事が
子供達の人生に功を奏しますように。


幸せを感じる人生でありますように。


そうさせてあげられますように。

20200216_6

↓それでも、私が出来ることなんてほんの少し。



●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

※コメント返信をしばらくお休みします。
『せせらぎの部屋』ではコメント返信します。
20191204_5

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2