子供達の保育園で行事があり
続々とおじいちゃんおばあちゃんがやってくる。


私はそのまま出勤するから
出ようとしたら

1組の老夫婦が目についた。


笑い合って
おじいちゃんの頭を触るおばあちゃん。

20200213_1


心が締め付けられる。




私達の未来に
そんな日々があったのだろうか。


歳をとって会社勤めが終わり
もしくはデザイナー業を気ままにやって
孫の行事なんて楽しむ老後。


きっと素敵な
白髪のダンディなおじいちゃんになった。


きっとまだ長髪で
クルッとお団子にして結ぶんだ。

20200213_2


私はその隣で
笑いながら相変わらず呑気に過ごし
健康器具や食品にハマってるんだ。

20200213_3



そんな老後


もう
あり得ない老後。




どんなに願っても
絶対に叶わない生活。




さあ、どうしようか。



この寂しさは
何で紛らわそうか。



無くなってしまった生活の代わりに
なんならそれ以上に
幸せに過ごさないといけない。


じゃなきゃやってられない。


20200213_4


触れる愛するおじいちゃんはいなくなってしまったから

モテモテのおばあちゃんにでもなろうか。


だってもう不倫じゃない。
誰と恋をしたっていいし
何人と恋をしたっていい。


モテモテのおばあちゃんて
あんまり想像つかないでしょ?

いるのかな?実際。

20200213_6

この際なってやる。


やっぱりアレかね。
筑前煮上手に作れないとダメかね?


20200213_5

↓結局一人で死ぬのだろうか



●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

※コメント返信をしばらくお休みします。
『せせらぎの部屋』ではコメント返信します。
20191204_5

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2