今回の帰省
まーくんの指輪をはめていきました。

20190924_5

いつか無くすだろうと思いながら…



旅館で豪勢な夕食を食べている時
中居さんから

「お客様のではないですか?」

と指輪を差し出されました。


落としたことすら気づいてない。笑

20191002_1


旅館の大浴場で
先に上がった子供達がキャッキャしていて
カラーン!と指輪が落ちた音がしたんですよね。

拾わねば無くすなと思ってたのですけど
案の定拾わずに無くす。



ありがとうございます!
大切なものなんです!

とジッと見てる義母さまを横目にお礼を言うと


「大切なものは
戻ってくるようになってるんですよ」


と話してくれました。



まだ、まーくんと離れられないんだ。



戻ってこない時が訪れたら
きっとそれは
「もうせせらぎは大丈夫だよ。」という合図。(その前に無くすな!)



先日行った水族館のあまりになついた
白イルカちゃんに心を持ってかれ

普段はそんなことしないのに
ショップで2000円を超えるヌイグルミを買いました。

20191002_2


そして見事に次の日に行った場所に忘れる。(やっぱり私の過失)


戻ってきましたよ。
宅配で。笑


忘れた場所が分かってたので
電話して送ってもらいました。



いや、本当は水族館が宿に近いので
新しいの買おうとしたのですが
(金で解決すんな!)

入場券ないとショップに入れないと言うもんで送ってもらいました。
 
新しいのを買おうとした手前
戻ってきたイルカちゃんの目が怖かった。

20191002_3


『大事なものは戻ってくる。』



そう出来てるそうですよ。
そう願えば。


だからきっと
まーくんも戻ってくる。


何十年後かもしれないけど
私が天国へ行った時かもしれないけど
もしかしたら形を変えてかもしれないけど



私の腕の中に
戻ってくるのでしょう。


まーくんの腕の中に
戻る時が来るのでしょう。




きっと




いつか…


20191002_4

↓いつか『戻る日』までの我慢我慢。



●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2


  ↓旦那が死んで買い物魔と化した私の買ったもの。
   どんどん増えていくでしょう。

rukuten_room20190411