命日の過ごし方

決めたのは
『海ほたる』→『木更津アウトレット』

命日だし、ご褒美に色々買っちゃうか!
と息巻いていましたが
思いの外、海ほたるで時間を使っちゃって行けませんでした。

というのも、最後に一本映画を観ようと決めていたから。



別世界へ連れて行ってくれそうな
一つは楽しいことしたぞ!と思えるように。
万が一アウトレットで良いものに出会えなくても
1日ただ疲れた日にしないために。


選んだ映画は

『天気の子』


新海誠監督のアニメーションです。


別世界で、それでも人の気持ちを感じられるようなものが見たくて
前作(『君の名は』)も好きだったからチョイス。



『君の名は』は一人で見ました。
あまりに世の中が絶賛していたので
まーくんに子供達を預けて観に行きました。


ひっさしぶりに見る映画(子育てのため)
泣きましたよね。
本編始まる前の、東宝のロゴが出てくるところで。
(私はこれからエンターテイメント見るんだ!って感極まっちゃって。笑)


『君の名は』は好きだったけど
今回はあまり響きませんでした。
あんまり登場人物達の気持ちに共感できなくて。



でも一つだけ大共感、号泣したシーン。



主人公が命を失おうとしているヒロインのところに
走っていくんです。
長い距離を脇目も振らず。




2年前のこの日。


私も同じく走っていました。(車で)


「死んだかも」という知らせの中
信じたくなくて、信じられなくて
(行かないで!逝かないで!)と震えながら
まーくんの元へ走りました。


それこそ、『天気の子』の主人公と同じように
あなたが戻ってくるなら、世界なんて壊れたって構わないと思った。
こんな世界要らないと思った。
20190902_1


それでも
『天気の子』はフィクションで
私の『生きている世界』はリアルです。

世界なんて壊れないし
まーくんは戻ってくることはありませんでした。


ただ、その想いの一心で駆け出した主人公の気持ち。
走っている時のはち切れそうな心は痛いほどわかる。



同じように走った日に
同じように走っている主人公を観たのも何かの縁でしょう。



私の元にはまーくんは戻っては来なかった。
あの時の感情と、そんな現実と向き合いました。





結局この日私がしたことは
海ほたるのスタバでお茶をしたのと
木更津の方の映画館で映画を一本観たことです。


総往復時間5時間。


スタバなんて家から車で5分の距離にあるし
映画館も15分の距離にあります。

それを片道2時間以上かけて行くという。笑


でも良い日でした。


次の日から旅行を控えていたから
旅行の準備をしたかったけども、
何にも出来ずに子供達をお迎えすることになったけど


一人で食べた夕飯、
まーくんの好きだったとんこつラーメン。
忘れ物をして、一回家に帰ったのに取りに行く羽目になったけど


渋滞にもはまったし
結局やったことは何でもないことで
大してすごく素敵なこともなかったけども


それでも心晴れやかな気分で過ごせた日でした。
嘆くではない
前を向くような日でした。



私にとっての命日は
リスタートの日なのかもしれない。



↓去年の命日も前しか向けなかったな。


●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2


  ↓旦那が死んで買い物魔と化した私の買ったもの。
   どんどん増えていくでしょう。

rukuten_room20190411