私は旦那と死別して
いろんな人の話を聞いたり
いろんな状況に晒されたりして
変わった考えがあります。
というか腑に落ちました。

 

小児の大きな病院に行くと
本当に様々な子がいて
大変そうだな。可哀想だなとつい目を向けてしまいます。

それは街中でも
自分とは違う人を見ると
つい目を向けてしまう。


主に障害を持ってる方なのですが
気になって見てしまうのは好奇心からか
それでも「見ちゃいけない」と目を逸らすのもおかしい気がして
何だかずっとモヤモヤしていました。

20191118_1

それが、こういう経験をして
人の目とか感情に気づく様になった。


いつもと同じように病院に行った時に
ふと考えが変わったんです。


「見てはいけない。」「見られるのは嫌だろう。」
と思っていたのは偽善心。


見られる方がどうのこうのより
それをそういう風に思うこちらの方が
頭がおかしいんだろうと。


私自身も医療機器を幼い頃から使っています。
知られるのも嫌だった。
どう思われるかが怖かったから。

思う方ではなくて
思われるこちらにダメなところがあると思ってたから。

20191118_3


でも
違うんですよね。
人と違う境遇や状況で
その人は必死に生きている。

それだけで感服です。



そんな人達のことを
好奇の目で見て
バカにして
気持ち悪いと言う(私も言われました)

そっちの方が気持ち悪くない?と。
人間として欠陥品じゃない?と。



ちなみに私は憐れむのはアリだと思っています。
「可哀想に」は別に悪い言葉じゃない。

私も可哀想な状況です。



足があった方がいい。
目が見えていた方がいい。
健康な臓器であった方がいい。

そりゃそうでしょう。
健康優良な人からしたら、私の体の状態も可哀想です。
それは仕方ない。



でも、そこから蔑むのはアウト。

人は誰かを非難し
バカにしたり笑ったり
すべきではない。


だから目を向けた時は
大変だね。頑張ってるね。頑張ろうね。 負けんなよ。
とエールを心で送るようにしました。



見られたくないだろうとかは
「見られたくない存在だ」と勝手にこちらが決めつけていた。
猛省です。

人と違うのは仕方ない。
私も障害児だったので分かります。

でもただそれだけ。

20191118_4



フラットに考えられるようになりました。

大変なのは大変。
別に「悪いから」って目を背けるのがベストではないのかなと。



こんなに頑張って生きてるんだもの
周りであーだこーだ知りもしないのに言う人の方が
心を失った。貧しい人なんだと。

蔑まれたら、蔑み返してやりますよ。


だから、そっち側になりそうな時は
あぁ、自分はなんて浅はかでどうしようもない人間なんだと喝を入れます。




いじめでもそうですよね。
悪いのはいじめられる方じゃない。
いじめる方だと。

とある漫画で
「米国ではいじめが起こると
被害者ではなく加害者がカウンセリングを受けるのが当たり前」
というエピソードがありました。

確かにそうなのかもと。

人を蔑みバカにする人は
それだけできっと、どこかがおかしいのでしょう。



学生時代って、必死に頑張っている人とか
一生懸命やって失敗しちゃった子をバカにする傾向があるけども
バカにする方がバカだと
子供達にも教えていけたらと思います。

頑張ってる人を蔑むのなら
バカにされるべきは自分だよ。と。 


それは身体的なことに限らず
環境や状況的なことも同じ。

あぁ、この感覚が自分の子ども時代にも欲しかったなぁ。
だったらもっと生きやすかったのになぁ。 

20191118_5
↓ただただ人を傷つける人。きっとその人の方がどっかおかしい…。


●まーくんが死んだ時の『始まり』から読む→こちら

 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2


  ↓旦那が死んで買い物魔と化した私の買ったもの。
   どんどん増えていくでしょう。

rukuten_room20190411