ふと。

本当にふと突然、赤ちゃんが欲しくなりました。
トイレに行こうと階段を上がっている、なんでもない時に。

きっと、けーくんに「触らないで」と言われ
子供の成長を感じつつも寂しくなったのだと思います。

あの、盲目的に可愛くて
私無しじゃ生きていけない、ママママママの存在が欲しい。


20190419_1


でも、旦那はそこまで欲していない。


けーくんとしーちゃんが大きくなって、そんな時に赤ちゃんが出来たら
三人で助け合って、その子を育てるんだ。

年の離れた弟か妹を、彼らはどれだけかわいがるだろう。



元々ワンオペ育児だし、旦那のまーくんが死んだ今や
完全に一人育児。それも二人男児。

それをやりきったら、今更赤子一人なんて、お茶の子さいさいで育てられる気しかしない。
たとえ障害を持っていたとしても、もはや生きていてくれるだけでいいと培われた精神力もある。
しかも、けーくんやしーちゃんという手がある状態なんて!

20190419_2


それには私の経済力。


もうこんな状態になってしまったから、今更旦那という存在に私の幸せを左右して欲しくない。
未婚でも育てられる経済力。
離婚でも屁とも思わない経済力。


もはや、どんな家族の形でも何とも思わないや。
お父さんがいないと可哀想?どんな口が言うんだか。
経済力を手に入れたら、赤ちゃん欲しいなぁ。


でも出産嫌だな…
けーくん手握っててくれるかな…


そしてリミットはあと10年かな。(44歳)
…無理かな…

20190419_3

っていうか、誰の子でしょう。笑


↓幻が幻じゃなくなるか!?


 クリック蘭


  ↓応援ポチッといただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 家族ブログ 死別へ


  ↓LINEで読者登録。

blogreader_201903_2


  ↓旦那が死んで買い物魔と化した私の買ったもの。
   どんどん増えていくでしょう。

rukuten_room20190411