チェルシー夫婦にキャンプに誘われて
行ってきました山梨県。

調べると車で2時間半越え。電車でも同じくらい。
着いてからの利便性や、荷物、時間を気にして動かなくていいことを考えて車移動を選びました。


2時間半以上かかることも覚悟して
幼児二人を乗せての長時間の車移動。
若干ビビりながらも万全の準備をして出発です。


3時間はかかるだろうと見越していたものの、実際はなんと6時間。


なんと6時間ですよ!


6時間も元気有り余る幼児男児を密室に押さえつける。
8時に出発して、渋滞にはまりナビが一度16時着を出した時は目の前が真っ暗になりました。



序盤に突然しーちゃんが「ウンチ出ちゃったー!」と叫び
後部座席で一人でチャイルドシートにくくりつけられて、ウンチが出るのはさぞ気持ちが悪かろうと思うものの
すぐにトイレに行けないのが高速道路。


20181013_1

叫びながら騒ぎながらなだめながら1時間そのままでパーキングエリアに着きました。
着いたらけーくんも私も「しーちゃんよく頑張った!えらいね。すごいね。」と大喝采で褒め称える。

いざトイレに着いたら、ウンチも、オシッコさえも出ていませんでした。
車を降りたくて降りたくての『出た出た詐欺』だった様です。

      20181013_2

でもそこでトイレ休憩できたことで、これからさ先の魔の渋滞にも耐えられたし、
食物も買って、小腹を満たしながら行くことも出来ました。

思ったより長くかかった事で、しーちゃんのお昼寝まで済ませることも出来ました。
(このお昼寝のおかげで長時間移動もなんとか乗り切れた。)



一人で全ての事に対応しなければいけないひとり親。



状況判断と対処能力、
長時間高速道路には凝縮されているなと痛感しました。

一人が運転してる隙に、もう一人が子供達に対処する。なんてことはできません。


渋滞したらどうするか。
トイレをいつのタイミングにするのか。
子供達の寝るタイミングは。


一番困って考えたのは私のトイレ。
子供達はオムツにすればいい。
最悪けーくんもオムツにすればいい。


ただ私は?
一瞬私もオムツが頭をよぎりました。
最悪の最悪はそれで対処すればなんとかなる。(なんとかなるんかい)

20181013_3


子供が起きていたら一緒に行けばいい。
でも寝てたら?
置いてくの?
起こすの?
エンジンはかけたままがいいのか?
ドアを閉める時に起きるのでは?

起こして覚醒して、これからの長時間を騒がれるより寝たまま運びたいとの思いが優先して一度置いて行きました。
そして、帰ってきたらやっぱりしーちやんが泣いている。(ものの3分ほど)
この時は帰りで暗かったので、明るいところ連れてって覚醒させたくないのもあって。


本当に大変だったけど、確実に私の自信になりました。
6時間は車移動いける!と。6時間あったらどこへでも行けると。

まーくんと6時間移動は確実にイライラギスギスしてた。
でも今回、まーーったくしませんでした。

疲れたし大変だったけど
キャッキャキャッキャと話しながら楽しかったです。

渋滞とかって、イライラする人がいるとギスギスしますよね。(まーくんは目に見えてイライラはしないけど、態度が悪くなる。)
イライラを発生させなければ、長い道中も意外と楽しいもんです。


私の行動範囲がえらく拡大してしまいました。
もうどこにだって行ける気しかない!


子供(特に幼児)を乗せての長時間移動は、お昼寝のタイミングを見るのが一番大事だと思います!
これがずれるだけで本当に大変。
その点だけ考慮すれば、本当にもうどこにだって行ける!行ってやるー!


 応援をどうぞ!さあ!

ランキングに参加しています。 
クリックしてもらえるとランキングが上がっちゃって
更新と生きる励みになります。
  にほんブログ村 家族ブログ 死別へ 


↓更新すると通知が届きますよ。 line_sab_serihu_20171107_mini
line_sab_20171107_mini

『せせらぎ通信』はいかが?

サイドブログを立ち上げております。
癒された曲や、手続きの話など
死別時に役に立てたらいいなという情報やらを書いています。(情報サイトです。)

seseragitsushin_title


文字多めで難しい話もありますがイラストも描いています。
わかりやすく説明している。つ・も・り。
よろしかったらのぞいて見てください。