義父母様が帰る前に、もう一度会いたいと、
少し前、我が家に居候していたタッチが遊びにきました。


一緒に食卓を囲み
子供達と遊び
義父母様と話し
まーくんを悲しむ


当たり前の光景

20180922_1


当たり前のように思ってたけど

ふと


こいつ親族じゃねーんだよな…
と気づきました。



まーくんとの長年の友人でもない。
私との長年の友人でもない。

20180922_2

ただの仕事仲間で(それも数年の)、むしろ怒られてギスギスしてた時もあるし
なのに、こんなに泣いて悲しんで怒って家に来てくれる。



君は一体何ポジなんだ?笑



いわばただの同僚だよね?まーくんはただの先輩だよね?
私なら仕事仲間が死んだら悲しいし涙もするけども、ここまで心を寄せて悲しむだろうか。
頻繁に来訪するだろうか。



それをタッチにぶつけるも
「まーくんみたいな人は他にいなかったからね。唯一無二だったから。」

ただの同僚でも、人生において重要なポジションだったようです。私と同じ。(ちなみにタッチは名前も私と同じ)



私との親交が深まったのなんて、ほんの一年足らずの話。
以前はまーくんの後輩であり、まーくんの妻。
まーくんを介した関係。


それが今や
「昔からの友達みたい」と義母様がいうほど。
気兼ねなく、遠慮なく一緒にいられる。

まーくんがいたら、こうはならなかった。
海外から帰ってきてウチを頼って泊まったのも、頼られはしただろうけど、きっとそこまで仲良くならずにいた。(『弟子帰国』

実際、私がどんなやつかも、前は分からなかったと。
私も自分を出すような人間でもなかった。


顔がキツイからか「何を考えているかわからない」と言われることも多々。
「何考えてるか分からないって思われるてるけど、実際何も考えてないよね」とドンピシャついてくる人もいた。
(そうなんです。何も考えてなかったんです。笑)


でも今は、本当誰とでも話せるようになった。
人が好きになった。人と話すのを気負わなくなった。

何も考えてないのは今も同じだけど、常に好意を持つようになった。
『人が好きになりました。』



タッチもまーくんが残してくれたもの。
私の広がった人間関係もまーくんが残してくれたもの。
ありがたい限りです。
ありがとう。まーくん。大事にするよ。



もしかしたら私の能力が上がったのではなく
コミニュケーション能力の高かったまーくんが憑依してるのかもしれないな。

20180922_3

↓死後に居候していたタッチから、まーくんの言葉を聞くことができました。
 応援をどうぞ!さあ!

ランキングに参加しています。 
クリックしてもらえるとランキングが上がっちゃって
更新と生きる励みになります。
  にほんブログ村 家族ブログ 死別へ 


↓更新すると通知が届きますよ。 line_sab_serihu_20171107_mini
line_sab_20171107_mini

『せせらぎ通信』はいかが?

サイドブログを立ち上げております。
癒された曲や、手続きの話など
死別時に役に立てたらいいなという情報やらを書いています。(情報サイトです。)

seseragitsushin_title


文字多めで難しい話もありますがイラストも描いています。
わかりやすく説明している。つ・も・り。
よろしかったらのぞいて見てください。