まーくんが生きていたらの世界を想像してしまう。


その世界を見たかった。


スーパー平社員だったまーくんは
部の中心として皆んなをまとめ頭に立つ予定だった。
そう言われました。そのポジションに考えていたと。こんなことにならなければ。
一年長く生きていたら、リーダーになっていた。
初めての役職が付いていた。


上の人たちとも、よく食事に行き
同世代とも、よく飲みに行き
後輩にも、よくご飯を奢っていた。(女子会にすら付いて行った。笑)

こんな人はいない。


話を聞き、気持ちを汲んで、思ってもみなかった気づきを与えてくれる。


まーくんがいたから、辞めるのをやめた。と言う人も一人や二人じゃない。


上に立つ者の
こんな適任いない。


部の今後、会社の今後を心配して
本当に大切に考えていた。
確実に上層部を担うはずだった。


愛されていたまーくんが作る部、会社、社会、世界を見たかった。

を、新しいリーダーを見て思う。
彼が悪いわけじゃない。

でも、まーくんがなるはずだったもの。
まーくんがしたかもしれないプロジェクト。
まーくんだったら来てたかもしれない依頼。


まーくんがいない世界で回っていく時間。


もし生きていたら、どんなに素敵な時間が流れていただろう。


会社を辞めてフリーで働くのも楽しかったかもしれない。
会社を起こしてスタッフ抱える未来もあったかもしれない。

子供達にどれだけの経験をさせてくれただろう。




そんな事を考えて、
ふと気づいてしまった。

私が考えているのは
『まーくんに乗っかった人生』



20180821_1

すごくて、素敵で、愛されてて
そんなまーくんが、どんな世界を作るのだろう。
そんなまーくんは、私にどんな世界を見せてくれるのだろう。

どこまでも、まーくん頼りだなと、自分に辟易する。



私は私の人生。
紡ぐのも歩むのも私。



私が
すごくて、素敵で、愛されるようになる。
私が特別な世界を作っていく。

そう気づかせてくれたのもまーくん。
私の人生に光を残してくれた。

寂しいけども
もう頼れない、まーくんのいない世界を充実して歩いていけるよう、再決意。

はてさて、その為には何をしたらよいのやら。


20180821_2

↓そんなまーくんが尽力した会社の片付けを、泣きながらやりました。
 応援をどうぞ!さあ!

ランキングに参加しています。 
クリックしてもらえるとランキングが上がっちゃって
更新と生きる励みになります。
  にほんブログ村 家族ブログ 死別へ 


↓更新すると通知が届きますよ。 line_sab_serihu_20171107_mini
line_sab_20171107_mini

『せせらぎ通信』はいかが?

サイドブログを立ち上げております。
癒された曲や、手続きの話など
死別時に役に立てたらいいなという情報やらを書いています。(情報サイトです。)

seseragitsushin_title


文字多めで難しい話もありますがイラストも描いています。
わかりやすく説明している。つ・も・り。
よろしかったらのぞいて見てください。